mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

特集・インタビュー

アーティストインタビューを中心に、特集企画の掲載など「作品」「人」にフォーカスをあててその魅力を皆さんにお届けします。

特集・インタビューの記事最近投稿された記事

デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

2018年12月19日に自身初のベストアルバム『ボイメン・ザ・ベスト』をリリースするエンターテイメント集団BOYS AND MEN。今年で9年目となる彼らが初のベストアルバムを出す心境やMVの撮影秘話を語ってくれました。さらにナゴヤドームに向けての意気込みや2019年の目標にも迫ってみました♪巻末の読者プレゼントも要チェックです!
精神的な閉塞感から抜け出す唯一の鍵は“自分との対峙”だった。SKY-HI『JAPRISON』インタビュー

精神的な閉塞感から抜け出す唯一の鍵は“自分との対峙”だった。SKY-HI『JAPRISON』インタビュー

SKY-HIが、2018年12月12日に4枚目となるオリジナルアルバム『JAPRISON』をリリースする。“JAPanese Rap IS ON”(=日本のラップはイケてる)と“JAPAN”と“PRISON”(=刑務所、牢獄)という一見、相反する2つの意味を持つ本作に込めた想いを熱く語ってくれました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
JUNGLE LIFE×mu-mo station連動企画SPECIAL TALK SESSION フルカワユタカ × 岸本亮 (fox capture plan)

JUNGLE LIFE×mu-mo station連動企画SPECIAL TALK SESSION フルカワユタカ × 岸本亮 (fox capture plan)

【フルカワユタカ PROFILE】1997年にDOPING PANDAを結成、2005年にメジャーデビュー。2012年惜しまれながら解散。翌年ソロ活動をスタート。これまでに3枚のアルバムをリリース。2018年に初主催フェス“フルカワユタカ presents「5×20」”を新木場スタジオコーストにて開催。12月5日に盟友・安野勇太(HAWAIIAN6)とハヤシヒロユキ(POLYSICS)とのコラボ曲を収めた両A面シングルを発売。[Official HP] http://furukawayutaka.com/
ジャズがあればどこまでだっていける気がする。JUJU『DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~』インタビュー

ジャズがあればどこまでだっていける気がする。JUJU『DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~』インタビュー

デビュー15週年を迎えたJUJUが、アルバム『DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~』を12月5日に発売する。シリーズ第3弾となる今作は、前2作に引き続き松尾潔氏が総合プロデュースの元、NHK総合『世界はほしいモノにあふれてる』のオープニングテーマ「Remember(The Good Times)」から「Fly Me To The Moon」をはじめとする、ジャズ初心者にも耳馴染みのある名曲を多数収録した珠玉のアルバムが完成した。
心に空いた穴は“音楽”でしか埋まらなかった。伊藤千晃『New Beginnings』インタビュー

心に空いた穴は“音楽”でしか埋まらなかった。伊藤千晃『New Beginnings』インタビュー

音楽活動を本格始動した伊藤千晃が、2018年12月5日に初のソロミニアルバム『New Beginnings』をリリースする。自分をさらけ出したと語る本作について、恥ずかしさも覗かせつつ、等身大の自分を表現することへの真っ直ぐな想いを語ってくれました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
他愛もないことでも書ける交換日記というところに恋愛感をステップアップさせて…MACO『交換日記』インタビュー

他愛もないことでも書ける交換日記というところに恋愛感をステップアップさせて…MACO『交換日記』インタビュー

2018年12月5日に全曲新曲のNew Album『交換日記』をリリースするシンガーソングライターMACO。デビュー5年目に突入した彼女が4枚目のアルバムで全曲新曲という新しいチャレンジをした思いを語ってもらいました。さらにレコーディング秘話にも迫ってみました。巻末の読者プレゼントも要チェック♪
“これが俺だ”タイトルに込めたソロとしての決意。SHINJIRO ATAE (from AAA)『THIS IS WHO I AM』インタビュー

“これが俺だ”タイトルに込めたソロとしての決意。SHINJIRO ATAE (from AAA)『THIS IS WHO I AM』インタビュー

11月26日に30歳となった與真司郎が、Anniversary Album『THIS IS WHO I AM』をリリースした。小学校5年生からダンサーとして活動し始めた彼は、10代後半からAAAとして時代を駆け抜け、10周年を機にかねてから希望していたアメリカに留学。そのさまざまなバックグラウンドで彼が培って得た「今」が、「これが俺だ」という強い名を持つこのソロ作品に凝縮されている。座右の銘は「You Only Live Once」=「人生一度きり」。瞬間、瞬間にとことん没入し、心からそれを楽しむことを信条としてきた與真司郎に、作品にこめた思いを聞いた。
一つ一つを大事にしながら進んでいきたい。番匠谷紗衣デビューシングル「ここにある光」インタビュー

一つ一つを大事にしながら進んでいきたい。番匠谷紗衣デビューシングル「ここにある光」インタビュー

大阪出身、19才のシンガーソングライター、番匠谷紗衣(ばんじょうや さえ)がシングル「ここにある光」(テレビ朝日系 木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌)でメジャーデビューを果たす。中学生のときから路上ライブを行い、切実なメッセージを放つ楽曲、色彩豊かな感情を伝えるボーカルによって徐々に注目を集めてきた彼女。「ずっと音楽に救われてきました」という彼女にこれまでの音楽キャリア、メジャーデビューに向けた思いなどについて聞いた。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく♪
Da-iCE「雲を抜けた青空」リリース記念特集【6/6】工藤大輝の壁にぶつかったときの乗り越えかたとは?

Da-iCE「雲を抜けた青空」リリース記念特集【6/6】工藤大輝の壁にぶつかったときの乗り越えかたとは?

Da-iCE 5周年イヤーのラストを飾るにふさわしい、あたたかなミッドバラード「雲を抜けた青空」が2018年11月21日(水)にリリース!“自分たちの言葉で、聴いてくださる皆さんにメッセージを届けたい”という強い希望のもと制作された本作を徹底取材!全6回の短期連載でその魅力に迫ります★
Da-iCE「雲を抜けた青空」リリース記念特集【5/6】岩岡徹にとって理想の結婚式とは?

Da-iCE「雲を抜けた青空」リリース記念特集【5/6】岩岡徹にとって理想の結婚式とは?

Da-iCE 5周年イヤーのラストを飾るにふさわしい、あたたかなミッドバラード「雲を抜けた青空」が2018年11月21日(水)にリリース!“自分たちの言葉で、聴いてくださる皆さんにメッセージを届けたい”という強い希望のもと制作された本作を徹底取材!全6回の短期連載でその魅力に迫ります★
Da-iCE「雲を抜けた青空」リリース記念特集【4/6】大野雄大のリフレッシュ方法はやっぱり…?

Da-iCE「雲を抜けた青空」リリース記念特集【4/6】大野雄大のリフレッシュ方法はやっぱり…?

Da-iCE 5周年イヤーのラストを飾るにふさわしい、あたたかなミッドバラード「雲を抜けた青空」が2018年11月21日(水)にリリース!“自分たちの言葉で、聴いてくださる皆さんにメッセージを届けたい”という強い希望のもと制作された本作を徹底取材!全6回の短期連載でその魅力に迫ります★
Da-iCE「雲を抜けた青空」リリース記念特集【3/6】花村想太が自分を弱虫だなと思う瞬間は?

Da-iCE「雲を抜けた青空」リリース記念特集【3/6】花村想太が自分を弱虫だなと思う瞬間は?

Da-iCE 5周年イヤーのラストを飾るにふさわしい、あたたかなミッドバラード「雲を抜けた青空」が2018年11月21日(水)にリリース!“自分たちの言葉で、聴いてくださる皆さんにメッセージを届けたい”という強い希望のもと制作された本作を徹底取材!全6回の短期連載でその魅力に迫ります★
ライブでみんなとどう楽しむかっていうことが、大切なものの大半を占めてる…西野カナ『Love Collection 2 〜pink〜』『Love Collection 2 〜mint〜』インタビュー

ライブでみんなとどう楽しむかっていうことが、大切なものの大半を占めてる…西野カナ『Love Collection 2 〜pink〜』『Love Collection 2 〜mint〜』インタビュー

デビュー10周年を迎えた西野カナが、5年ぶりのベストアルバム『Love Collection 2』を“pink”と“mint”のそれぞれ2枚、11月21日に発売する。西野カナに来年3月には30歳になる現在の心境と、ベストアルバムを通してこれまでの活動を振り返り語ってもらった。
Da-iCE「雲を抜けた青空」リリース記念特集【2/6】和田颯が結婚式に呼びたい人とは?

Da-iCE「雲を抜けた青空」リリース記念特集【2/6】和田颯が結婚式に呼びたい人とは?

Da-iCE 5周年イヤーのラストを飾るにふさわしい、あたたかなミッドバラード「雲を抜けた青空」が2018年11月21日(水)にリリース!“自分たちの言葉で、聴いてくださる皆さんにメッセージを届けたい”という強い希望のもと制作された本作を徹底取材!全6回の短期連載でその魅力に迫ります★
214 件

特集・インタビューで人気のキーワード