特集・インタビュー

アーティストインタビューを中心に、特集企画の掲載など「作品」「人」にフォーカスをあててその魅力を皆さんにお届けします。

特集・インタビューの記事 最近投稿された記事

JAY'ED「気付いたら過去の曲に頼っていた」仲間に支えられリスタート

JAY'ED「気付いたら過去の曲に頼っていた」仲間に支えられリスタート

2017年6月21日、約3年ぶりのNewアルバム『Here I Stand』をリリースするJAY'ED。「ヒット曲が出なかった時期は数字に振り回され、純粋に音楽と向き合えていなかった」という彼に、ようやくたどり着いた2ndステージへの想いと、支えてくれたEXILE ATSUSHIをはじめとする仲間の存在についてお伺いしました。
Do As Infinity×澤野弘之 「Alive/Iron Hornet」対談インタビュー

Do As Infinity×澤野弘之 「Alive/Iron Hornet」対談インタビュー

Do As Infinityの最新シングルは、TVアニメ「進撃の巨人」、TVドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」などの音楽を手がけ、多岐にわたるジャンルで絶大な支持を得ている音楽プロデューサー、澤野弘之とのコラボレーション。これ以上にないほどの科学反応が生み出した「Alive」「Iron Hornet」という2曲。独特の世界観とサウンドクリエイティヴに秘められた謎と制作過程に迫った。 text by 熊谷美広 photo by 川田洋司
【Da-iCEリレーインタビュー後編】大野雄大・花村想太が答える、最強夏ソング「トニカクHEY」完全攻略法☆

【Da-iCEリレーインタビュー後編】大野雄大・花村想太が答える、最強夏ソング「トニカクHEY」完全攻略法☆

6月14日(水)に11thシングル「トニカクHEY」をリリースするダンス&ボーカルグループDa-iCEの5人に、ファンの皆さまから募った「トニカクHEY」にまつわる質問に回答していただきました! 後編は大野雄大・花村想太のボーカリスト2名の登場です!!
イトヲカシが生み出す、応援歌でありJ-POP王道を突き抜ける至宝のポップサウンド『中央突破』ロングインタビュー【前編】

イトヲカシが生み出す、応援歌でありJ-POP王道を突き抜ける至宝のポップサウンド『中央突破』ロングインタビュー【前編】

ネット発、路上育ちの2人組音楽ユニット“イトヲカシ”が2017年6月21日(水)に待望の1stフルアルバム『中央突破』をリリース! 「王道の音楽をやりたい」というテーマを常に掲げてきた彼らが本作に込めた思いとは…? 「直筆『中央突破』暑中お見舞いはがき」のプレゼント情報や、メンバー自ら紹介するオリジナル特典も要チェックです!!
【Da-iCEリレーインタビュー前編】岩岡徹・工藤大輝・和田颯がこの夏“トニカク”アガる方法、教えます!!

【Da-iCEリレーインタビュー前編】岩岡徹・工藤大輝・和田颯がこの夏“トニカク”アガる方法、教えます!!

6月14日(水)に11thシングル「トニカクHEY」をリリースするダンス&ボーカルグループDa-iCEの5人に、ファンの皆さまから募った「この夏“トニカク”アガるための質問」の回答をいただきました! 前編は岩岡徹・工藤大輝・和田颯のパフォーマー3名の登場です!!
“クレイジーでカッコいい”夏の爆アゲダンスナンバー「トニカクHEY」で見せる、Da-iCEの新たな魅力とは?

“クレイジーでカッコいい”夏の爆アゲダンスナンバー「トニカクHEY」で見せる、Da-iCEの新たな魅力とは?

2017年1月に初の日本武道館公演を成功させ“NEXT PHASE”へと歩みを進めている5人組ダンス&ボーカルグループDa-iCEが、6月14日(水)に11thシングル「トニカクHEY」をリリースします。新たなステージで彼らが目指したものとは? ファンの間でも話題の大胆な“Da-iCE的衣替え”についても伺いました! 「直筆サイン入りチェキ」のプレゼント情報も要チェックです☆
空前絶後、超絶怒涛のキラーチューン。J-POP、ダンス・ミュージック、アニソン。すべてのポップスの生みの親!? 「Get Wild」が与えた衝撃とは?【後編】

空前絶後、超絶怒涛のキラーチューン。J-POP、ダンス・ミュージック、アニソン。すべてのポップスの生みの親!? 「Get Wild」が与えた衝撃とは?【後編】

現在のJ-POPやEDMブームの源流となっただけではなく、アニメソングに至るまで色濃くその影響を残すなど、大きなインパクトを日本の音楽シーンに与えたレジェンダリー・アンセム「Get Wild」。 その偉大さ、影響力の大きさを「Get Wild」に関係する3人のキーマンによるクロストークで語り尽くすだけでなく、「Get Wild」をより楽しめるイヤホン&ヘッドフォンもご紹介!
SKY-HI「観客5人」から日本武道館…日高光啓が乗り越えた「挫折の日々」

SKY-HI「観客5人」から日本武道館…日高光啓が乗り越えた「挫折の日々」

2017年5月31日(水)に発売されるSKY-HIのNewシングル「Silly Game」を記念して、彼の想いの丈を語るロングインタビューを実施! 5月に行われた日本武道館公演について、また社会派ソングともとれる歌詞が詰まった新曲について、そして自らのアイデンティティと未来について…じっくり語っていただきました。
空前絶後、超絶怒涛のキラーチューン。J-POP、ダンス・ミュージック、アニソン。すべてのポップスの生みの親!? 「Get Wild」が与えた衝撃とは?【前編】

空前絶後、超絶怒涛のキラーチューン。J-POP、ダンス・ミュージック、アニソン。すべてのポップスの生みの親!? 「Get Wild」が与えた衝撃とは?【前編】

日本のポップシーンにダンス・ミュージックの要素を入れ込み、後にTKムーブメントとしてレイヴシーンを席巻する引き金をとなり、現在のJ-POPやEDMブームの源流となっただけではなく、アニメソングに至るまで色濃くその影響を残すなど、大きなインパクトを日本の音楽シーンに与えたレジェンダリー・アンセム「Get Wild」。 その偉大さ、影響力の大きさを「Get Wild」に関係する3人のキーマンによるクロストークで語り尽くす。
2017年5月31日、待望のデビュー・アルバム『AWESOME』をリリース! 次世代シンガーBeverlyが歌う意味、歌う理由

2017年5月31日、待望のデビュー・アルバム『AWESOME』をリリース! 次世代シンガーBeverlyが歌う意味、歌う理由

小栗旬×西島秀俊 出演ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』主題歌(オープニング曲)「I need your love」で一躍注目を集めるシンガー、Beverly(ビバリー)。突き抜けるハイトーンボイスを武器にアルバム『AWESOME』でデビューを飾る彼女が歌う理由とは…?
母への感謝の気持ちを届けたい…May J.と八代亜紀が語る異色のデュエットナンバー「母と娘の10,000日 ~未来の扉~」ができるまで

母への感謝の気持ちを届けたい…May J.と八代亜紀が語る異色のデュエットナンバー「母と娘の10,000日 ~未来の扉~」ができるまで

May J. 10thシングル「母と娘の10,000日 ~未来の扉~」は、10,000日=27歳4.5ヵ月に結婚を控えた娘と母の想いを歌ったウェディングソング。しかも母親役として演歌界の大御所・八代亜紀とのデュエットが実現! まるで本当の母娘のような暖かい絆に結ばれたふたりに、本作にかける思いや母親への愛、理想とする生き方などをうかがいました。
urata naoya (AAA)ロングインタビュー【後編】自分の中だけにある“真実”。本当に作りたかったもの。

urata naoya (AAA)ロングインタビュー【後編】自分の中だけにある“真実”。本当に作りたかったもの。

2017年4月26日(水)にリリースされるurata naoya (AAA)のオリジナル・アルバム『unlock』。音楽への愛、作り手への敬意をしのばせた静かな筆致で数々のトップ・アーティストを紹介してきた音楽ライター・藤井美保のインタビューで、本作に込められた浦田直也の想いに迫ります。
urata naoya (AAA)ロングインタビュー【前編】歌という武器を使ってリアルなことを全部しゃべろう。

urata naoya (AAA)ロングインタビュー【前編】歌という武器を使ってリアルなことを全部しゃべろう。

2017年4月26日(水)にリリースされるurata naoya (AAA)のオリジナル・アルバム『unlock』。音楽への愛、作り手への敬意をしのばせた静かな筆致で数々のトップ・アーティストを紹介してきた音楽ライター・藤井美保のインタビューで、本作に込められた浦田直也の想いに迫ります。
ケータイ世代が泣いた!笑った!共感した! もう一度聴きたい、思い出の着うたソング特集

ケータイ世代が泣いた!笑った!共感した! もう一度聴きたい、思い出の着うたソング特集

ケータイからダウンロードする「着うた」ブームが到来した2000年代前半。 思わず涙してしまう共感度120%の「泣き歌」が流行りました。ちょっぴりせつなくて、でも笑顔になれる。そんな時代を象徴する着うたソングの火付け役となった大ヒット曲をまとめてご紹介!
「毎日がクレイジー!」伝説のディスコ・ジュリアナ東京のDJジョン・ロビンソンがバブル時代を語る!【独占インタビュー】

「毎日がクレイジー!」伝説のディスコ・ジュリアナ東京のDJジョン・ロビンソンがバブル時代を語る!【独占インタビュー】

就職先は一流企業!高給が当たり前!ハイブランドを身に纏い、愛車はスーパーカー!今では考えられないような贅沢三昧ができた1980年代後半から1990年代初頭の超好景気といえば「バブル時代」。 夜な夜な若者たちが集うディスコにはワンレン・ボディコンの美女たちが「お立ち台」でゴージャスな羽付き扇子を振り回して踊り狂う…!!なにもかもが華やかだったバブル時代の伝説的ディスコ「ジュリアナ東京」で毎晩引く手多数だった現役DJジョン・ロビンソンの独占インタビューに成功!!
34 件

特集・インタビューで人気のキーワード