mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年4月20日 更新

わかりやすいくらいシンプルな歌詞で、春を歌う。ポップスの王道を突き進むビッケブランカ「ウララ」インタビュー

2018年4月18日に4曲入りの1stシングル「ウララ」をリリースするビッケブランカ。2017年7月にリリースされた1stフルアルバム『FEARLESS』によって、新世代のポップマエストロとして名乗りを上げた彼自身のルーツ、音楽制作に対する独特なこだわりに迫ります。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。

ビッケブランカ /『Get Physical』(official music video)

text:森朋之 photo:八木虎造
華やかな色彩に溢れたサウンドメイク、切なさと解放感を併せ持ったメロディライン、別れと出会いの季節を叙情的に描き出した歌詞。ビッケブランカの1stシングル「ウララ」は、昭和歌謡へのオマージュを感じさせる“懐かしくて新しい”ポップチューンに仕上がった。
2017年7月にリリースされた1stフルアルバム『FEARLESS』によって、新世代のポップマエストロとして名乗りを上げたビッケブランカ。mu-moステーション初登場となる今回は、Newシングルを軸にしながら、彼自身のルーツ、音楽制作に対する独特なこだわりなどについて語ってもらった。
via
--- 1stシングル「ウララ」の話をする前に、これまでの活動を簡単に振り返ってみたいと思います。昨年7月に1stフルアルバム『FEARLESS』をリリース。ビッケブランカさんにとってはどんなアルバムですか?

ビッケブランカ あのときやれることは全部やったなと思いますね。リリースから9ヶ月くらい経ちましたが、ようやく「おもしろいアルバムだな」と感じるようにもなりました。ミックスにしても歌詞にしても「いまだったらこうするな」と思うけど、それがアルバムを作ったときの感覚だったわけですからね。そうやって作品を積み重ねていくなかで、自分の道が出来るんじゃないかなと。時間が経ってから聴き直したときに「この頃はこれをやりたかったんだな」と思えるって、いいじゃないですか。

ビッケブランカ / 『FEARLESS』 ティザー映像

--- 時期によって音楽的なモードはだいぶ違うんですか?

ビッケブランカ かなり目まぐるしいですね(笑)。『FEARLESS』に関して言えば、ジャンル的にはファンクだったんです。ラッパ(ホーン・セクション)が入っていたり、横ノリの感じだったり、そういうものに傾倒していたというか。もともとなじみがあったというか、好きで聴いていたタイプの音楽なんだけど、自分のなかで「これはファンクだ」と捉えていなかったんです、ずっと。アルバムの制作の時期はそこを意識していたんですよね。
--- ブルーノ・マーズに代表されるファンクミュージックのトレンドに乗ったわけではなくて、ビッケブランカ自身のルーツにあった音楽なんですね。

ビッケブランカ そうですね。たぶんブルーノ・マーズとルーツが近いというか、同じようなものを聴いて育ってると思うんです。マイケル・ジャクソンだったり、スティービー・ワンダーだったり。ブルーノほど濃くはないけど、そのエッセンスは自分のアルバムにも出てるんじゃないかなと。いちばん根っこにあるのは、やっぱりマイケルなんですよね。
彼が影響を受けてきた音楽には、僕自身も間接的に影響を受けているので。特に後期のマイケルはすごく聴いてますね。
--- ビッケブランカさんの音楽はファンクだけではなく、いろいろな音楽の要素が絡み合っていて。聴いてきた音楽も幅広いんですか?

ビッケブランカ はい。すごく掘り下げたのはマイケルとミーカ(レバノン出身、ロンドン在住のシンガーソングライター)だけで、あとは二人から派生したアーティストのヒット曲を聴いて。広く浅く聴いてきたなかで、ふたつだけ深く掘り下げたということですね。
--- ミーカから影響を受けた部分というと?

ビッケブランカ いちばんは裏声で歌うことですね。僕は地声が低くて、どんなに声を張っても、なかなか気持ちいいところまで届かない。ミーカの曲を聴いたときに「裏声で歌っていいんだ!」って思ったんです。そこからエルトン・ジョン、クイーンのフレディ・マーキュリーなどを聴いたんですけど、ミーカと同じような歌い方だったんですよね。自分も裏声で歌うようになって、すごくシックリきたんですよ。
--- なるほど。日本のアーティストはどうですか?

ビッケブランカ 子供の頃に聴いてたのは宇多田ヒカルさん、モーニング娘。とか。あとはSMAPですね! SMAPとマイケル・ジャクソンをカセットの両面に入れてずっと聴いてました(笑)。
--- SMAPもファンキーな曲が多いですからね。

ビッケブランカ そうなんですよ。マイケルと同じような音作りの曲もあるし。さっきも言いましたけど、それがファンクだとはまったく思ってなかったんですが(笑)。
via
--- アルバム『FEARLESS』以降は全国ツアー、フェスの出演などが続きました。そのなかで次のビジョンも見えてきた?

ビッケブランカ そういうことは考えないようにしてるんですよ。「次はこれをやろう」とか「ここを目指す」みたいなことは何もないんです、ホントに。それは覇気がないとか、ゆとり世代だからというわけではなくて(笑)、大きい目標を決めてしまうと、その道しかなくなるからなんです。そうじゃなくて、目の前のことを一生懸命やることが大事かなと。右往左往しちゃうこともあるだろうけど、そのときにやりたいことだったり、「これをやってください」とお願いされたことに向き合い続けたいというか。そうすれば自然と道も出来ると思うし。
--- 1stシングル「ウララ」も“いまやりたいこと”を具現化したということですか?

ビッケブランカ そうですね。まずスタッフに「シングルを切りたいんだけど」と言われて、「はい!」って答えて(笑)。どういう曲にしようかと考えたときに「そういえば以前は季節に密着した曲をよく作ってたな」と思ったんです。冬が好きだから、“シャンシャンシャン”ってベルが鳴るような曲ばっかり作ってたり(笑)。『FEARLESS』は音楽性に寄ったアルバムだったから、もっと日常にリンクできる、親しみやすい曲を作ってみようと思ったのが「ウララ」のきっかけですね。
47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

1つのジャンルに固執することなく、世の中的にいいとされるものだけを聴いて育ってきた世代…ビッケブランカ『wizard』インタビュー

1つのジャンルに固執することなく、世の中的にいいとされるものだけを聴いて育ってきた世代…ビッケブランカ『wizard』インタビュー

ビッケブランカが、2ndアルバム『wizard』を11月21日に発売する。現在放送中の新垣結衣と松田龍平がダブル主演を務める日本テレビ系ドラマ『獣になれない私たち』挿入歌「まっしろ」やTVアニメ『DOUBLE DECKER! ダグ&キリル』(TOKYO MXほか)EDテーマ「Buntline Special」などの話題曲を収録したアルバム制作やタイトルに込めた想い、音楽ルーツについて話を聞いた。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく♪
ビッケブランカの幅広い創造性が楽しめる両A面シングル「夏の夢/WALK」インタビュー

ビッケブランカの幅広い創造性が楽しめる両A面シングル「夏の夢/WALK」インタビュー

2018年8月8日にメジャー2ndシングル「夏の夢/WALK」をリリースするビッケブランカ。兄者(あにじゃ)と慕うSKY-HIが参加したカップリング曲「Black Rover(feat.SKY-HI city raven remix)」についてもたっぷり語ってくれました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
何も持ってなかった子たちが偶然や努力が重なって何者かになっていく…『THE EMPiRE STRiKES START!!』EMPiRE×渡辺淳之介 対談インタビュー

何も持ってなかった子たちが偶然や努力が重なって何者かになっていく…『THE EMPiRE STRiKES START!!』EMPiRE×渡辺淳之介 対談インタビュー

BiS、BiSHら話題のユニットを輩出し続け、いま乗りに乗っている音楽プロダクション“WACK”から新たなグループが誕生する。2018年4月11日に1stアルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』をカセットテープでリリースするEMPiRE(エンパイア)だ。プロデューサー渡辺淳之介とともに彼女たちの魅力、戦略、そして今後の展望を語ってもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!
人には超えなくちゃいけないことがたくさんあると思うから。SWANKY DANK「Amazing Dreams」ロングインタビュー

人には超えなくちゃいけないことがたくさんあると思うから。SWANKY DANK「Amazing Dreams」ロングインタビュー

テレビ東京系にて好評放送中のテレビアニメ『ブラッククローバー』の1月クール EDテーマ「Amazing Dreams」。この曲を手がけたのは、国内のみならず、韓国や台湾でのライブも成功させてきた今最も注目のロックバンドSWANKY DANK(スワンキーダンク)!今回は、新曲「Amazing Dreams」に込めた想いや制作秘話、そしてSWANKY DANK結成エピソードや今後の展開について、メンバーにインタビューしました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
『感覚ピエロ』横山直弘、秋月琢登×『ブラッククローバー』アスタ役 梶原岳人 鼎談 【後編】アスタ役を射止めた裏話&自分に似てるキャラ談義

『感覚ピエロ』横山直弘、秋月琢登×『ブラッククローバー』アスタ役 梶原岳人 鼎談 【後編】アスタ役を射止めた裏話&自分に似てるキャラ談義

2017年10月よりテレビ東京系にて放送が開始されたTVアニメ『ブラッククローバー』。同作で主人公・アスタの声優を務める梶原岳人さんと、OP(オープニング)曲「ハルカミライ」を手掛けるロックバンド『感覚ピエロ』のギターボーカル・横山直弘さんとギター・秋月月琢登さんによる鼎談後編となる今回は、物語の魅力やキャラクターなどをテーマにお話を伺った。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく!

この記事のキーワード