mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年2月6日 更新

純度100%の“今の私たちの歌声”を感じてほしい…Little Glee Monster 3rdアルバム『juice』インタビュー

 大みそか恒例の『第68回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たし、国民的アーティストの階段を上りつつあるLittle Glee Monster。1月17日には、Newアルバム『juice』を発売した。あくまで夢の途中段階だと語る彼女たちに、『紅白』初出場の舞台裏から最新アルバム、2020年に開催される東京五輪への夢について語ってもらった。

TEXT:児玉澄子 PHOTO:西田周平 出典:オリコン『コンフィデンス』
via

コーラスにこだわった最新アルバム

──3年連続で1月にアルバムをリリースしてきたリトグリですが、『第68回NHK紅白歌合戦』初出場を果たしてのNewアルバム『juice』は、今まで以上に多くの人が待っていたはずです。まずはどんなアルバムになったか教えていただけますか?
manaka「『紅白』で披露したシングル曲の『好きだ。』も新バージョンで収録したりと、これまで応援してくれてきた方にとっては“今のリトグリ”を感じていただけるアルバムになったんじゃないかなと思っています。『juice』というタイトルは英語で果汁100%を意味する言葉なんですが、それと同じように私たちの純度の高い歌声をこのアルバムに詰め込みたいなという思いを込めています」
アサヒ「シングル曲から新曲までいろんなタイプの曲が揃ってますが、すべての曲に共通してこだわったのがコーラスです。リトグリにしか出せない5人の声が合わさったコーラスの厚みは、それこそリトグリを知ってくださったばかりの方には“純度”を感じていただけるんじゃないかなと思っています」

アサヒ

via
──収録曲では、2017年はTBS系ドラマ『陸王』の劇中歌として起用された「Jupiter」で、リトグリの世界に触れた方もたくさんいたのではないでしょうか。
manaka「そうですね。音楽番組に出させていただいたときに、今までお話したことのなかったアーティストさんから『すごくいいカバーですよね』って声をかけていただいたり、『Jupiter』が繋いでくれたコミュニケーションがたくさんありました」
かれん「実は『陸王』の放送前には、私たちが『Jupiter』を歌うということを告知していなかったんです。それがドラマ第1話の終盤でいきなり流れたので、ファンの方もびっくりされたみたいですよ」

かれん

via
──SNS上でも、『もしかしたらリトグリ?』からの、エンドロールでクレジットが出て『やっぱり!』みたいなコメントがすごかったですよね。
アサヒ「はい、うれしかったですね。毎話とても大切な場面で流していただいたことも、みなさんの心に深く届いた理由だったのかなと思います」

日本中のみなさんに認めてもらえるアーティストになりたい

──『第5回全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール』規定曲の「Go My Way!」や、『第96回全国高等学校サッカー選手権大会』応援歌の「いつかこの涙が」といった、若い世代にエールを送る曲も印象的です。
43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

2018年7月18日にソロ第2弾シングル「Summer Mermaid」をリリースする宇野実彩子(AAA)。「夏を楽しく過ごせるようなサマーチューンが欲しくなったんです」という思いから生まれた表題曲は、キラキラしたサウンドと恋の楽しさがひとつになった大人なサマーラブソング。本作の制作をフックにしながら、ソロアーティストとしてのビジョンについて語ってもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!
モダンでありながらクラシカル…様々な魅力を持つ国“日本=enigma”を旅してできた最新作『enigma』をMONKEY MAJIKが語る

モダンでありながらクラシカル…様々な魅力を持つ国“日本=enigma”を旅してできた最新作『enigma』をMONKEY MAJIKが語る

2018年3月21日にリリースされるMONKEY MAJIKのNewアルバム『enigma』。“神秘”“謎”“解き明かせないもの”といった意味を持つタイトルを冠した本作はいかにして制作されたのか…メンバー4人に改めてインタビューしました。さらにmu-moショップとライブ会場のみで販売中の【mu-moショップ・会場限定商品】に付いてくる「MONKEY MAJIKオリジナル弁当箱3点セット」大解剖も!巻末の読者プレゼントまで要チェックです。
こうやって3人で集まってみて”やっぱりこの人たちしかいない”と思った。m-flo「the tripod e.p.2」インタビュー

こうやって3人で集まってみて”やっぱりこの人たちしかいない”と思った。m-flo「the tripod e.p.2」インタビュー

今年20周年を迎えたm-floがオリジナルメンバーのLISA、☆Taku Takahashi、VERVALの3人で約15年ぶりに再始動。2018年3月7日にリリースされた新作「the tripod e.p.2」で本格的な活動をスタートさせる。リユニオンに至る経緯、映画『去年の冬、きみと別れ』の主題歌「never」を含む新作の制作、今後のビジョンなどについて3人に聞いた。
“ひとりじゃない 君がいるよ”これは普遍的な愛の歌。Beverly 1stシングル「A New Day」インタビュー

“ひとりじゃない 君がいるよ”これは普遍的な愛の歌。Beverly 1stシングル「A New Day」インタビュー

母国フィリピンで数々の賞に浴した後、活動拠点を日本に移し、昨年デビュー・アルバム『AWESOME』でその実力を証明したBeverly。その後も、アリアナ・グランデのサポート・アクトを務めたり、ASEANに集う各国首脳陣の前でパフォーマンスを行うなど話題は尽きない。もはやカリスマ的歌姫と言っても過言ではないのだが、その素顔は異国の地で夢に向かって一生懸命頑張るキュートな女の子。フジテレビ月9ドラマ『海月姫』の主題歌含む1stシングル「A New Day」(2018年2月28日発売)を軸に、そんなBeverlyの今に迫ってみました。
10代ガールズバンドGIRLFRIEND、独占取材。甘く魅惑的な1stアルバム『CHOCOLATE』ができるまで

10代ガールズバンドGIRLFRIEND、独占取材。甘く魅惑的な1stアルバム『CHOCOLATE』ができるまで

“日本で1番のガールズバンドになる”、それを成し遂げるべく活動する4人組 GIRLFRIEND。バンド結成まで、全く楽器を触ったこともなかった彼女たちが、3年という月日でいかに成長したか。それを感じるには十分すぎる魅力を解き放つのが2018年2月21日にリリースする1stアルバム作品『CHOCOLATE』。時にはスウィートに時にはビターに。10代のメンバー各々が詞曲に携わるからこそ鳴らせる、等身大でリアルな言葉と音楽がそこにはありました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★

この記事のキーワード