mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年6月6日 更新

国籍も個性もバラバラな9人のパワーが重なったときの爆発力で魅せる。NCT 127『Chain』スペシャルインタビュー&ファンからの質問に答えます!

日本、韓国、中国、アメリカ、カナダ…このところトレンドになりつつある多国籍ユニットの中でも、いまSNSを中心に人気を集めているNCT 127が2018年5月23日に華々しい日本デビューを果たしました。そのデビュー当日に行われたスペシャルインタビューと、前もってファンの皆さんから募集した「NCT 127に聞きたいこと」へのメンバーの答えをお届けします。

メンバーが持っているオリジナル特典「下敷き」付き『Chain』はmu-moショップで販売中!

【mu-moショップ限定】NCT 127『Chain』リリース記念コメント

TEXT:川倉由起子

日本デビュー当日(5月23日)に行ったインタビューの模様をお届け!

--- まずは本日、5月23日の日本デビューおめでとうございます!

全員:ありがとうございまーす!(拍手)

--- 日本デビューを迎えた率直な気持ちはいかがですか?

マーク:ものすごく幸せに感じていますし、今日がその1日目ということでとてもワクワクしています。この後、ファンの皆さんとリリースイベントでお会いできるのが楽しみですし、早くステージでみんなと喜びを分かち合いたいです。
ジェヒョン:僕は日本でデビューする機会が与えられたことに対する感謝の気持ちが本当に大きいです。だから今後も日本のファンの皆さんにたくさんお会いできることを願っています。
--- 唯一の日本人メンバー、ユウタさんはどうですか?

ユウタ:まずは日本の待っていてくれた皆さんに「ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えたいのと、デビューミニアルバム『Chain』を通して今後皆さんと少しでもつながっていけたらいいなって思っています。
--- 家族や友達など、周りからのメッセージはありましたか?

ユウタ:友達からは「(『Chain』の)CM見たよ」ってメールが来たり、あとはお母さんから「すごいね、今までよく頑張ったね」って。うれしい言葉をもらいました。
マーク:僕たちNCT 127はメンバーに日本人がいるということで、その日本でデビューができるのは他のメンバーにとっても特別なことだと思います。

NCT 127

via
--- そんなNCT 127というグループについて、まだよく知らない読者もいると思うので聞きたいのですが、皆さんは、日本、韓国、中国、アメリカ、カナダと多国籍のメンバーからなる9人組。韓国では2016年にデビューされていますが、自分たちの武器や個性はどこだと思いますか?

ユウタ:9人全員の個性や魅力が違うんですけど、それが合わさったときのパワフルなパフォーマンスだと思います。それが一気に合わさることで生まれる爆発的なステージに注目していただきたいです。
テヨン:僕たちは9人がいい意味で本当にバラバラのキャラクターを持っているんです。ステージはもちろん、韓国ではバラエティの中でもいろんな魅力をお届けできていると思うので、日本でも機会があればバラエティやトーク番組に出てみたいです。
--- そんな9人が放つ日本デビューアルバム『Chain』。こちらの聴きどころを教えてください。

ウィンウィン:タイトル曲「Chain」だけでなく、アルバムに収録された全曲がすごくいいんです。本当に良く仕上がった1枚になっているので、たくさん聴いてほしいです。
66 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

NCT 127 日本デビューミニアルバム『Chain』発売記念リリースイベント@東京・お台場パレットプラザレポート

NCT 127 日本デビューミニアルバム『Chain』発売記念リリースイベント@東京・お台場パレットプラザレポート

2018年5月23日(水)、待望の日本デビュー当日に東京・お台場パレットプラザにて開催されたNCT 127『Chain』リリース記念イベントをレポート! メンバーのトーク&ライブの詳細をお伝えします。
日本デビュー直前!NCT 127初の全国ショーケースツアー“NCT 127 JAPAN Showcase Tour “chain””東京公演レポート

日本デビュー直前!NCT 127初の全国ショーケースツアー“NCT 127 JAPAN Showcase Tour “chain””東京公演レポート

日本・韓国・中国・アメリカ・カナダなど、多様な国籍のメンバーで構成され、2016年7月に韓国でデビューした9人組男性グループ・NCT 127(読み:エヌシーティー イチニナナ)。2018年5月23日にJAPAN DEBUT MINI ALBUM『Chain』で日本デビューを飾る彼らが、初の全国ショーケースツアーを実施!そのラストを飾る東京・豊洲PIT公演の模様をレポートします。
デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

2018年12月19日に自身初のベストアルバム『ボイメン・ザ・ベスト』をリリースするエンターテイメント集団BOYS AND MEN。今年で9年目となる彼らが初のベストアルバムを出す心境やMVの撮影秘話を語ってくれました。さらにナゴヤドームに向けての意気込みや2019年の目標にも迫ってみました♪巻末の読者プレゼントも要チェックです!
精神的な閉塞感から抜け出す唯一の鍵は“自分との対峙”だった。SKY-HI『JAPRISON』インタビュー

精神的な閉塞感から抜け出す唯一の鍵は“自分との対峙”だった。SKY-HI『JAPRISON』インタビュー

SKY-HIが、2018年12月12日に4枚目となるオリジナルアルバム『JAPRISON』をリリースする。“JAPanese Rap IS ON”(=日本のラップはイケてる)と“JAPAN”と“PRISON”(=刑務所、牢獄)という一見、相反する2つの意味を持つ本作に込めた想いを熱く語ってくれました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
ジャズがあればどこまでだっていける気がする。JUJU『DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~』インタビュー

ジャズがあればどこまでだっていける気がする。JUJU『DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~』インタビュー

デビュー15週年を迎えたJUJUが、アルバム『DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~』を12月5日に発売する。シリーズ第3弾となる今作は、前2作に引き続き松尾潔氏が総合プロデュースの元、NHK総合『世界はほしいモノにあふれてる』のオープニングテーマ「Remember(The Good Times)」から「Fly Me To The Moon」をはじめとする、ジャズ初心者にも耳馴染みのある名曲を多数収録した珠玉のアルバムが完成した。

この記事のキーワード