mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年6月20日 更新

JAY'ED「気付いたら過去の曲に頼っていた」仲間に支えられリスタート

2017年6月21日、約3年ぶりのNewアルバム『Here I Stand』をリリースするJAY'ED。「ヒット曲が出なかった時期は数字に振り回され、純粋に音楽と向き合えていなかった」という彼に、ようやくたどり着いた2ndステージへの想いと、支えてくれたEXILE ATSUSHIをはじめとする仲間の存在についてお伺いしました。

TEXT:黒川秀紀(オフィスキューブ) 出典:朝日新聞社「withnews」
2008年にメジャーデビュー後、「ずっと一緒」「最後の優しさ」「明日がくるなら」(JUJU with JAY'ED名義)で注目されたJAY'EDさん。その後はなかなかヒット曲に恵まれませんでした。今年、EXILEが所属するLDHと契約、3年振りにオリジナルアルバム『Here I Stand』をリリースしました。「ヒット曲が出なかった時期は数字に振り回され、純粋に音楽と向き合えていなかった」と言うJAY'EDさん。くすぶっていた時、支えになったのはEXILEのATSUSHIさんら、仲間の存在だったと言います。

ライブで音楽のパワーを感じて

PHOTO:栗栖誠紀
via
――JAY'EDさんは、日本人の父とニュージーランド人の母を持ち、幼い頃は母の母国で暮らしていたそうですね。10歳から家族で大阪に引っ越してきたそうですが、そもそもの音楽との出会いは何だったのでしょうか。

 単にリスナーとして音楽は好きでしたが、カラオケとかで歌うキャラでもありませんでした。高3になって進路を考えた時も、やりたいことが特になくて、ついには高校も辞めてしまいました。

 当時は工事現場で働き、仕事が終わったら友達と遊びにいく毎日で、それが楽しくて「こんな生活でいいや」という感じ。目標も持たず、友達と一緒にいても意見を言わずに周りに合わせてしまうおとなしいタイプでした。

 でも一方では、アイデンティティーを持たない自分に何となく不安や嫌気を感じていて……。そんなもやもやした気持ちでいた時に、友達にライブに誘ってもらったんです。

 当時人気のあったケイシー&ジョジョ(K-Ci & JOJO)というR&Bグループで、彼らの音楽が観客を魅了しているのを見て衝撃を受けました。僕自身も数日間、ライブの興奮が余韻として残っていたんです。

 その時に音楽のパワーを感じて、「自分も歌ってみたい」と初めて自分から行動を起こしました。今まで歌うキャラではなかったので、当然、恥ずかしさもありましたが、友達に隠れて1年ぐらいブラックミュージックを練習したんです。

 そして練習を積み重ねていくうちに、音楽が自分に欠かせないものと強く思え、「プロになりたい」と初めて“目標”を持てたんです。

PHOTO:栗栖誠紀
via

売り上げ届かないと落ち込んだ

――プロを目指してクラブで歌い始め、インディーズシーンで注目をあび、2008年にはついにメジャーデビューしました。JUJUさんとのコラボで注目されるなど順風満帆という感じでしたが、そのままの勢いに乗れなかった感じがします。

 それはありますね。インディーズから出てメジャーデビューもできたので、やっぱり高い目標とか自分で設定してやっていました。少しずついい形になっていくなかで、周囲の期待もひしひしと感じるようになっていきました。その結果、例えばCDの売り上げなど、少しでも求めているラインに届かないと、反動が強くて、落ち込んだりしたんです。

 デビュー当初は、いい音楽を多くの人に届け、感動してもらえたら。そして自分がブラックミュージックによって“目標”を見つけられたように、多くの人にパワーを分け与えたいというポジティブな思いがありました。

 でも、周囲の期待が手に取るようにわかり、数字的な結果をださなきゃといろいろ考え過ぎたんだと思います。今思えば、そのまま純粋な自分と向き合うべきだったんでしょうね。

【JAY'ED】Here I Stand -Special Teaser-

コラボに力を入れる理由

――JAY'EDさんがデビューしたころから、音楽もデジタル配信などが進み、CDが売れない時代と言われるようになりました。インディーズとメジャーの垣根もあいまいになりはじめ、音楽業界全体が大きく変わりつつある時代でもありましたよね。

 その通りですね。そういう話は聞いていましたが、制作チームのことを考えると、CDセールスとか少しでも上げていきたいという思いが強くて。そういう時期なんだと割り切り、受けとめれば、数字に振り回されなかったかもしれません。

――そんななかで他のアーティストとのコラボは積極的でした。

 元々好きで、インディーズ時代からフィーチャリングやコラボレーションはしていました。特別な意味はなくて、「この人と一緒にやったら何か面白い音楽ができるなか」という興味からです。彼だけ、彼女だけでは生まれないもの、僕だけでも生まれないものが、2人でやれば化学反応みたいに、新しい音楽が生まれます。それが楽しい。音楽の向き合い方やジャンルが違う場合もあるので、勉強にもなるし、そういう意味でもコラボは積極的にやってきました。

【JAY'ED】 The Paradise -Music Video-

「また歌えるチャンスがあるなら…」

――来年、デビュー10周年を迎える年に事務所とレーベルを移籍しました。新しい事務所LDHへは、EXILEのATSUSHIさんに誘われたそうですね。

 はい。ATSUSHIさんとは10年来のお付き合いです。インディーズ時代、初めて東京でライブをした日の打ち上げで、お会いしたんです。当然、「うわ~、EXILEだ! 東京スゲー」みたいな感じだったんですが(笑)、なぜか音楽の話で盛り上がって意気投合し、その後もたまに会っていました。

 去年、久しぶりに飲んだ時、「一緒に音楽をやろうよ。よかったらウチ(LDH)に来ない?」とATSUSHIさんが言ってくれて。でも飲み会の席だし、半信半疑でしたが、翌日、LINEで「昨日の話だけど、マジでよかったら来てほしい」と、それがすごく長い文章で送られてきたんです。

 正直、煮詰まっている自分がいて、「また歌えるチャンスがあるなら、しかも尊敬するATSUSHIさんに誘われたのなら断る理由もない」と決断しました。

「気付いたら、過去の曲たちに頼っていた」

34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

lolが衝撃の告白!?メンバーの本心をみせちゃいます?「アイタイキモチ / nanana」インタビュー【前編】

lolが衝撃の告白!?メンバーの本心をみせちゃいます?「アイタイキモチ / nanana」インタビュー【前編】

2017年12月6日(水)に6thシングル「アイタイキモチ / nanana」をリリースするlol。初タイアップ、初バラードなど“初めて”がたくさん詰まった本作に掛ける想いを5人に語ってもらいました。前編はライブでお馴染みの「think of you」と、佐藤友祐の映画特別出演秘話が飛び出して…?巻末の読者プレゼントも要チェック★
SUPER JUNIOR-D&EのDONGHAEとEUNHYUKが“子供の頃に聴いていた洋楽”とは…?【2017年11月15日O.A.】

SUPER JUNIOR-D&EのDONGHAEとEUNHYUKが“子供の頃に聴いていた洋楽”とは…?【2017年11月15日O.A.】

InterFM897にて毎週水曜日24:00~O.A.中のラジオプログラム『mu-mo Premium club presents SUPER JUNIOR-D&E fellows』公式ブログ★記念すべき初回放送の今夜のプレイリストは“子供の頃に聴いていた洋楽”。ダンスに定評のあるドンヘとウニョクらしいセレクトとなりました。子供の頃の思い出とともにお楽しみください。
mu-mo station編集部 | 4,943 view
Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【後編】削ぎ落としたなかで奏でられるものを…サウンドとボイスの隙間から生まれる大人の音楽とは

Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【後編】削ぎ落としたなかで奏でられるものを…サウンドとボイスの隙間から生まれる大人の音楽とは

スムーズで、クールで、セクシーで、音に身を委ねていると、いい女、いい男になった気分に。そんな素敵な勘違いをさせてくれるSkoop On Somebodyの『State Of Soul』。今年20周年を迎えた彼らの新作にして6年ぶりのオリジナル・アルバムだ。スキルにもハートにも大人の魅力いっぱい。なのに、「今まででいちばんやんちゃな作品」という。「CDが売れない時代というけど、これから絶対さらにいいものが生まれてくるはず」とも。大人が夢見るフューチャー・ソウル。それは若い世代の憧れの世界でもあるはず。アルバムに込めた思いを、じっくりと訊きました。
mu-mo station編集部 | 1,041 view
パノラマパナマタウン、独占取材。アニメ『十二大戦』主題歌「ラプチャー」の真意を聞く。〜生きたまま 死ぬんじゃねぇぞ〜

パノラマパナマタウン、独占取材。アニメ『十二大戦』主題歌「ラプチャー」の真意を聞く。〜生きたまま 死ぬんじゃねぇぞ〜

西尾維新×中村 光のタッグで話題のTVアニメ『十二大戦』のオープニング曲に抜擢された「ラプチャー」を手がけるインディーズバンド“パノラマパナマタウン”。その詞曲をすべて手がける岩渕想太(Vo&Gt)に『十二大戦』の物語や、彼自身の幼少期について聞いてみました。落ち着きながら丁寧に言葉を選び、哲学を感じさせる発言に心が躍りました。言葉の魅力を持つ新しい才能を持つバンドの登場です。巻末の読者プレゼントも要チェックです。
mu-mo station編集部 | 1,508 view
Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【前編】好き嫌いは分かれるけど、嗜好品としては最上級…大人のためのフューチャー・ソウルを

Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【前編】好き嫌いは分かれるけど、嗜好品としては最上級…大人のためのフューチャー・ソウルを

スムーズで、クールで、セクシーで、音に身を委ねていると、いい女、いい男になった気分に。そんな素敵な勘違いをさせてくれるSkoop On Somebodyの『State Of Soul』。今年20周年を迎えた彼らの新作にして6年ぶりのオリジナル・アルバムだ。スキルにもハートにも大人の魅力いっぱい。なのに、「今まででいちばんやんちゃな作品」という。「CDが売れない時代というけど、これから絶対さらにいいものが生まれてくるはず」とも。大人が夢見るフューチャー・ソウル。それは若い世代の憧れの世界でもあるはず。アルバムに込めた思いを、じっくりと訊きました。
mu-mo station編集部 | 1,617 view

この記事のキーワード