mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年11月9日 更新

舞台『夢王国と眠れる100人の王子様 ~Prince Theater~』衣裳展 in ツリービレッジ レポート

2017年夏、東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoで上演され、多くの観客を魅了した舞台『夢王国と眠れる100人の王子様 ~Prince Theater~』の衣裳展が、東京スカイツリータウン®東京ソラマチ®内にあるツリービレッジにて開催中!その模様をお伝えします。

舞台『夢王国と眠れる100人の王子様 ~Prince Theater~』衣装展

2017年夏、東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoで上演され、多くの観客を魅了した舞台『夢王国と眠れる100人の王子様 ~Prince Theater~』の衣裳展が10/27(金)よりスタート!
via

展示されている衣装は…

ティーガ役: 小澤 廉

ティーガの衣装

via
via
シンプルながら王子の気品とティーガらしさを兼ね備えたデザインです。公演でたくさんのアクションシーンを演じたため、動きやすさも考慮して製作されました。
そして、舞台上で映える赤をベースとしたネクタイやパンツは鮮やかで、ベストの刺繍や腰に巻いたチェーンもおしゃれです!

マッドハッター役: 碕 理人

マッドハッターの衣装

via
via
帽子のタグやコサージュなど、細部までこだわって作られた装飾品が見どころ!シャツはオリジナルの生地を用意して仕立てた特別仕様です!ステッキも間近で見ることができます。細身なジャケットのシルエットも素敵です。

フロスト役: 吉岡 佑

フロストの衣装

via
via
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

SUPER JUNIOR-D&EのDONGHAEとEUNHYUKが“子供の頃に聴いていた洋楽”とは…?【2017年11月15日O.A.】

SUPER JUNIOR-D&EのDONGHAEとEUNHYUKが“子供の頃に聴いていた洋楽”とは…?【2017年11月15日O.A.】

InterFM897にて毎週水曜日24:00~O.A.中のラジオプログラム『mu-mo Premium club presents SUPER JUNIOR-D&E fellows』公式ブログ★記念すべき初回放送の今夜のプレイリストは“子供の頃に聴いていた洋楽”。ダンスに定評のあるドンヘとウニョクらしいセレクトとなりました。子供の頃の思い出とともにお楽しみください。
mu-mo station編集部 | 4,815 view
Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【後編】削ぎ落としたなかで奏でられるものを…サウンドとボイスの隙間から生まれる大人の音楽とは

Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【後編】削ぎ落としたなかで奏でられるものを…サウンドとボイスの隙間から生まれる大人の音楽とは

スムーズで、クールで、セクシーで、音に身を委ねていると、いい女、いい男になった気分に。そんな素敵な勘違いをさせてくれるSkoop On Somebodyの『State Of Soul』。今年20周年を迎えた彼らの新作にして6年ぶりのオリジナル・アルバムだ。スキルにもハートにも大人の魅力いっぱい。なのに、「今まででいちばんやんちゃな作品」という。「CDが売れない時代というけど、これから絶対さらにいいものが生まれてくるはず」とも。大人が夢見るフューチャー・ソウル。それは若い世代の憧れの世界でもあるはず。アルバムに込めた思いを、じっくりと訊きました。
mu-mo station編集部 | 1,013 view
パノラマパナマタウン、独占取材。アニメ『十二大戦』主題歌「ラプチャー」の真意を聞く。〜生きたまま 死ぬんじゃねぇぞ〜

パノラマパナマタウン、独占取材。アニメ『十二大戦』主題歌「ラプチャー」の真意を聞く。〜生きたまま 死ぬんじゃねぇぞ〜

西尾維新×中村 光のタッグで話題のTVアニメ『十二大戦』のオープニング曲に抜擢された「ラプチャー」を手がけるインディーズバンド“パノラマパナマタウン”。その詞曲をすべて手がける岩渕想太(Vo&Gt)に『十二大戦』の物語や、彼自身の幼少期について聞いてみました。落ち着きながら丁寧に言葉を選び、哲学を感じさせる発言に心が躍りました。言葉の魅力を持つ新しい才能を持つバンドの登場です。巻末の読者プレゼントも要チェックです。
mu-mo station編集部 | 1,417 view
Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【前編】好き嫌いは分かれるけど、嗜好品としては最上級…大人のためのフューチャー・ソウルを

Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【前編】好き嫌いは分かれるけど、嗜好品としては最上級…大人のためのフューチャー・ソウルを

スムーズで、クールで、セクシーで、音に身を委ねていると、いい女、いい男になった気分に。そんな素敵な勘違いをさせてくれるSkoop On Somebodyの『State Of Soul』。今年20周年を迎えた彼らの新作にして6年ぶりのオリジナル・アルバムだ。スキルにもハートにも大人の魅力いっぱい。なのに、「今まででいちばんやんちゃな作品」という。「CDが売れない時代というけど、これから絶対さらにいいものが生まれてくるはず」とも。大人が夢見るフューチャー・ソウル。それは若い世代の憧れの世界でもあるはず。アルバムに込めた思いを、じっくりと訊きました。
mu-mo station編集部 | 1,590 view
『感覚ピエロ』横山直弘、秋月琢登×『ブラッククローバー』アスタ役 梶原岳人 鼎談 【後編】アスタ役を射止めた裏話&自分に似てるキャラ談義

『感覚ピエロ』横山直弘、秋月琢登×『ブラッククローバー』アスタ役 梶原岳人 鼎談 【後編】アスタ役を射止めた裏話&自分に似てるキャラ談義

2017年10月よりテレビ東京系にて放送が開始されたTVアニメ『ブラッククローバー』。同作で主人公・アスタの声優を務める梶原岳人さんと、OP(オープニング)曲「ハルカミライ」を手掛けるロックバンド『感覚ピエロ』のギターボーカル・横山直弘さんとギター・秋月月琢登さんによる鼎談後編となる今回は、物語の魅力やキャラクターなどをテーマにお話を伺った。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく!

この記事のキーワード