mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年9月11日 更新

SKY-HI「観客5人」から日本武道館…日高光啓が乗り越えた「挫折の日々」

2017年5月31日(水)に発売されるSKY-HIのNewシングル「Silly Game」を記念して、彼の想いの丈を語るロングインタビューを実施! 5月に行われた日本武道館公演について、また社会派ソングともとれる歌詞が詰まった新曲について、そして自らのアイデンティティと未来について…じっくり語っていただきました。

武道館公演を成功させたSKY-HI。踊れるアッパーチューンな新曲「Silly Game」は“国民総クレーマー化”問題など、社会派ソングともとれる歌詞が話題です。アイドルグループとしてスタートしたAAAのメンバーでもある日高光啓さんが、なぜ自身のアイデンティティとしてラップ表現を選び、10年間やり続けられたのか。その過程にはたくさんの葛藤と苦悩がありました。そして、夢は海外へと広がります。ロングインタビューで迫ります――。

TEXT:ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)  出典:朝日新聞社「withnews」

◾️SKY-HI×AWAプレイリスト企画も掲載中◾️

武道館が自分の家のように

——SKY-HIとして初の日本武道館公演(2017年5月2日、3日)をやり終えていかがでしたか?

 去年、のどの手術をしたこともあり、必要以上のプレッシャーを背負っていました。でも、ステージに立ったら自分の器と武道館が見合っているなと感じることができて。そこからは、どれだけ自分をさらけ出せるかを大事にしました。感慨深さはなくて、最終的にはナチュラルなテンションで武道館が自分の家のように楽しめました。

PHOTO:川田洋司
via
——楽しさの方が伝わってきましたね。

 ただの記念ライブになったらおしまいですから、そんな意味で、自分の器が試される日になると思っていました。自分と、一緒にステージに上がっているバンド、“SUPER FLYERS(スーパーフライヤーズ)”。築き上げてきた関係に自信があったから、堂々とやりきることができました。2日間やったのも良かったなと思います。2日続けてなのに、2日目の方が疲れてなかったから。

社会派ソングの原体験はMr.Children

——武道館でも披露されてましたが、新曲「Silly Game」は“国民総クレーマー化”問題など、社会とリンクする歌詞に驚かされました。

 社会派ソングの原体験はMr.Childrenでした。小4の時に「everybody goes ~秩序のない現代にドロップキック~」を好きになって。小学生の時にすごい響いたんですよ。いわゆるラブソングみたいなのは一切響かなかったから。ガキだったから当たり前かもしれないんだけど(笑)。

SKY-HI / Silly Game

――比喩が絶妙な歌詞の魅力にもひかれました。 

 歌詞のテーマは、今の時代って誰もがツッコミ待ちみたいなご時世じゃないですか? “国民総クレーマー化”的な問題というか。それを書かずにはいられなかったんです。いまニュースを騒がせている諸問題からの影響がテーマとなりました。ワイドショーとかでたたかれている人にフィールすることが多すぎて。
――サウンド自体はキャッチーですが、読み解いていくと攻めている歌詞ですよね。

 こういった歌詞って、義務感や使命感から書くと説教くさくなるんですけど、今回、十分すぎるくらい能動的に出てきた言葉たちなんです。早く届けたい、リリースしたいっていう気持ちが強いですね。

いろんな楽曲に挑戦できる時代

――エンターテインメントの世界においては、ネットやスマホの浸透もあり個人の趣味嗜好(しこう)が細分化している時代だと思います。誰もが知るヒット曲も生まれづらい時代となりました。アーティストがよりどころにする指標ってどんなポイントだと思いますか?

 それは簡単で、ライブで感じる最後の気持ちかな。最後に何をお客さんに渡して、どういう感情を持って帰ってもらうかがゴール。そこにたどりつくためだったら、なんでも許されるって感じかな。

PHOTO:川田洋司
via
――シンプルでわかりやすいですね。 

 逆に思うこともあって。昔の方が1曲当たったら、いくつも同じ曲調を求められる風潮があった気がするんですね。なので、単曲のビッグヒットは無くなってきたけど、リリースのペースさえ落とさなければ、いろんな楽曲に挑戦できる時代だなと思っていて。

 海外のヒップホップ・シーンに顕著ですけど、楽曲をセレクトしたプレイリストや、ミックステープ時代に入ったことで変わりつつありますよね。でも、そんな中でも俺は、コンセプトを大事にアルバム作品自体の構成力でまとめていきたいなと思っています。

 アルバムでストーリーとして伝えたいレトリック(※修辞法、自分の主張をわかりやすく伝える技術)って、以前なら解説する場がなかったと思うんですけど。今はネットインタビューも多いから伝えやすいかなって。

 自分に興味ある人がキャッチしてくれる情報をいっぱい出せるから、やりようがあるんですよ。アルバムを通じて、渡すメッセージと渡すべき感情が伝わったら、それもまた正解かな。

挫折の繰り返しの人生なんですよ

37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

人工知能で音楽はどう変化する? 新ユニットPANDORAを始動させた小室哲哉が語る「音楽のこれから」

人工知能で音楽はどう変化する? 新ユニットPANDORAを始動させた小室哲哉が語る「音楽のこれから」

TM NETWORKをはじめ、シンセサイザーを駆使した音作りで早くからデジタル技術を音楽に取り入れてきた小室哲哉。この度、浅倉大介との新ユニット“PANDORA(パンドラ)”を結成して音楽シーンへ新たなアプローチを試みる事になった彼に、AIで音楽はどのように変化していくのか、そして小室哲哉自身の音楽はどのように進化するのか伺いました。
mu-mo station編集部 | 1,921 view
イトヲカシが生み出す、応援歌でありJ-POP王道を突き抜ける至宝のポップサウンド『中央突破』ロングインタビュー【後編】

イトヲカシが生み出す、応援歌でありJ-POP王道を突き抜ける至宝のポップサウンド『中央突破』ロングインタビュー【後編】

2017年6月21日(水)に待望の1stフルアルバム『中央突破』をリリースするイトヲカシに、最新作『中央突破』に収録された全10曲の“応援歌”に託された思いを伺いました。メンバーが文字通り筆を走らせた「直筆『中央突破』暑中お見舞いはがき」のプレゼント情報や、メンバーが紹介するオリジナル特典「オリジナル缶ミラー」も要チェック★
mu-mo station編集部 | 1,562 view
イトヲカシが生み出す、応援歌でありJ-POP王道を突き抜ける至宝のポップサウンド『中央突破』ロングインタビュー【前編】

イトヲカシが生み出す、応援歌でありJ-POP王道を突き抜ける至宝のポップサウンド『中央突破』ロングインタビュー【前編】

ネット発、路上育ちの2人組音楽ユニット“イトヲカシ”が2017年6月21日(水)に待望の1stフルアルバム『中央突破』をリリース! 「王道の音楽をやりたい」というテーマを常に掲げてきた彼らが本作に込めた思いとは…? 「直筆『中央突破』暑中お見舞いはがき」のプレゼント情報や、メンバー自ら紹介するオリジナル特典も要チェックです!!
mu-mo station編集部 | 2,745 view
urata naoya (AAA)ロングインタビュー【後編】自分の中だけにある“真実”。本当に作りたかったもの。

urata naoya (AAA)ロングインタビュー【後編】自分の中だけにある“真実”。本当に作りたかったもの。

2017年4月26日(水)にリリースされるurata naoya (AAA)のオリジナル・アルバム『unlock』。音楽への愛、作り手への敬意をしのばせた静かな筆致で数々のトップ・アーティストを紹介してきた音楽ライター・藤井美保のインタビューで、本作に込められた浦田直也の想いに迫ります。
urata naoya (AAA)ロングインタビュー【前編】歌という武器を使ってリアルなことを全部しゃべろう。

urata naoya (AAA)ロングインタビュー【前編】歌という武器を使ってリアルなことを全部しゃべろう。

2017年4月26日(水)にリリースされるurata naoya (AAA)のオリジナル・アルバム『unlock』。音楽への愛、作り手への敬意をしのばせた静かな筆致で数々のトップ・アーティストを紹介してきた音楽ライター・藤井美保のインタビューで、本作に込められた浦田直也の想いに迫ります。

この記事のキーワード