mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年12月5日 更新

和楽器バンド、ベストアルバム『軌跡BEST COLLECTION+』を語る【2/3】鈴華ゆう子、いぶくろ聖志、神永大輔、蜷川べにのお気に入り曲は?

結成から4年、満を持して和楽器バンドがベストアルバム『軌跡BEST COLLECTION+』をリリース。これまで発表してきたMVの全楽曲と新曲を含むバンドの軌跡が詰め込まれた1枚だ。第二弾となる今回はメンバーから鈴華ゆう子、いぶくろ聖志、神永大輔、蜷川べにの4名がそれぞれ選ぶお気に入り曲を答えてくれました。巻末の読者プレゼントもチェック!

PHOTO:川田洋司

鈴華ゆう子(Vo)

鈴華ゆう子(Vo)

via

『軌跡 BEST COLLECTION+』収録曲で、特に思い入れの深い曲を教えてください

「暁ノ糸」

私が初めて、自身のツールである詩吟を取り入れた曲です。「事に感ず」の起句が曲冒頭に入っています。
また、ミュージックビデオの中では、初めて詩舞もみせています。
ファンの皆さんがアンコールでこの曲を歌ってくれるようになりました。

これまでに撮影したMusic Videoでお気に入りの楽曲とシーンを教えてください

「Strong Fate」

ダークなシーンで、化粧を薄くし、髪を下ろして撮影しました。ナチュラルな感じが気に入っています。

和楽器バンド / 「Strong Fate」Full size music video

冬寒くなったら絶対にやる!という防寒対策を教えてください(ななさん/20代/女性からの質問)

インナーにヒートテックキャミを着ています。

いぶくろ聖志(箏)

いぶくろ聖志(箏)

via

『軌跡 BEST COLLECTION+』収録曲で、特に思い入れの深い曲を教えてください

「戦-ikusa-」

思い入れが強いのは色々ありますが、「戦-ikusa-」の撮影は一生忘れないと思います。生まれて始めて深夜に柵に向かって鎖鎌を投げる練習をしましたし、撮影自体が冬の海辺ですごく寒かくて一週間経っても寒気が抜けなかったり、1ヶ月経っても楽器のどこかに砂が付いてたり。撮影前も後も思い出深い日々でした。
48 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

和楽器バンド、ベストアルバム『軌跡BEST COLLECTION+』を語る【1/3】“軌跡”であり“奇跡”…より良い音を出すためにたどり着いた8人の境地とは

和楽器バンド、ベストアルバム『軌跡BEST COLLECTION+』を語る【1/3】“軌跡”であり“奇跡”…より良い音を出すためにたどり着いた8人の境地とは

結成から4年、満を持して和楽器バンドがベストアルバム『軌跡BEST COLLECTION+』をリリース。これまで発表してきたMVの全楽曲と新曲を含むバンドの軌跡が詰め込まれた1枚だ。今回は鈴華ゆう子(Vo)、町屋(Gt)、いぶくろ聖志(筝)の3人にアルバムへの思いや、これまでの和楽器バンドのイメージを一新する新曲のこと、そして4年の間での変わったことなどメンタル的な部分も語ってもらった。巻末の読者プレゼントもチェック!
mu-mo station編集部 | 4,493 view
今は雨でも、流れ星が見えたら願いをかけて伝説を残していこう…和楽器バンド「雨のち感情論」インタビュー

今は雨でも、流れ星が見えたら願いをかけて伝説を残していこう…和楽器バンド「雨のち感情論」インタビュー

和楽器とロックを融合した唯一無二の音楽を奏でる和楽器バンド。なんと、デビュー4年目にして1stシングル「雨のち感情論」を2017年9月6日にリリース! なぜ、今シングルなのか。そしてタイトルに込められた思いとは。メンバーを代表して鈴華ゆう子(Vo)、町屋(Gt)、黒流(和太鼓)の3人に話を聞きました。巻末の読者プレゼントも要チェック!!
mu-mo station編集部 | 10,244 view
春は日本の音楽で女子力磨きましょ【其の二】和楽器バンドの神永大輔&蜷川べにの「心に残る春うた」

春は日本の音楽で女子力磨きましょ【其の二】和楽器バンドの神永大輔&蜷川べにの「心に残る春うた」

3月22日(水)に3rdアルバム『四季彩-shikisai-』をリリースする和楽器バンドに、全4週に渡りインタビュー! 詩吟、和楽器とロックバンドを融合させた新感覚ロックを「日本人にしか表現出来ない音楽エンタテインメント」として海外に向けて発信し続けている彼らの“いま”をお届けします。
春は日本の音楽で女子力磨きましょ。和楽器バンドの鈴華ゆう子&いぶくろ聖志の「心に残る春うた」

春は日本の音楽で女子力磨きましょ。和楽器バンドの鈴華ゆう子&いぶくろ聖志の「心に残る春うた」

3月22日(水)に3rdアルバム『四季彩-shikisai-』をリリースする和楽器バンドに、全4週に渡りインタビュー! 詩吟、和楽器とロックバンドを融合させた新感覚ロックを「日本人にしか表現出来ない音楽エンタテインメント」として海外に向けて発信し続けている彼らの“いま”をお届けします。
mu-mo station編集部 | 1,101 view
遠藤舞 First&Last アルバム『最終回』インタビュー【後編】今までお世話になった方やファンの方に対して感謝を伝える、区切りの一枚として。

遠藤舞 First&Last アルバム『最終回』インタビュー【後編】今までお世話になった方やファンの方に対して感謝を伝える、区切りの一枚として。

2017年12月13日(水)にリリースされた、シンガー遠藤舞の最初にして最後のアルバム『最終回』。彼女の音楽への真摯な想いが丁寧に重ねられた本作を、音楽ライター藤井美保がじっくり紐解きます。レコーディングへのこだわり、音楽制作、そして芸能界を引退する未来について…前後編でお楽しみください。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。

この記事のキーワード