mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年6月13日 更新

あなたが「自分最高!」と気付けるようにまっすぐに歌うから。お守りみたいにそばに置いて。Crystal Kay『For You』インタビュー

2018年6月13日に12thアルバム『For You』をリリースするCrystal Kay。2019年に活動20周年を迎える彼女がいま改めて感じる自分の“歌”と“声”とは。そして新作に込められた、まっすぐな想いを語ってくれました。巻末の読者プレゼントも要チェックです!

TEXT:児玉澄子 PHOTO:鈴木かずなり
来年活動20周年を迎えるCrystal Kayが、2年半ぶりのアルバム『For You』をリリースする。リドリー・スコット製作総指揮の映画『アースクエイク・バード(原題)』にも出演することが発表されるなど活躍の場を広げる彼女が、2年間のニューヨーク生活を経て30代のいま追求する“歌”と“声”、新作について話を聞いた。
via
--- Newアルバム『For You』を聴いて、私が女性だからかもしれないですが、落ち込んだときに励まして背中を押してくれる"女友だち"のような曲がいっぱい詰まっていると思いました。

Crystal Kay:よかった~! そういうアルバムにしたいなと思って作ってたので。今の私の思いとして自分のためじゃなくて、誰かのために歌いたいっていう気持ちが強いんです。そうすると歌詞を書いてても、自分のことじゃなくて、みんなが抱えてる不安や悩みに寄り添うような言葉が出てくる。リード曲の「幸せって。」も歌詞は私じゃないけど、「そうそう、こういうことを伝えたかったんだ」という言葉が詰まってて。
--- ドラマ『デイジー・ラック』主題歌ですね。歌い出しの「友だちへのいいね!ができない」という歌詞にひそかに、だけどものすごく共感する女性は多いと思います(苦笑)。

Crystal Kay:『デイジー・ラック』の主人公たちと同じ20代終わり頃って、周りがどんどん変化していくから、なんだか自分だけ取り残されてるみたいで焦ってしまう。で、自分もカッコつけて幸せを演出したり、でもそんなことしてると余計ストレスが溜まるという悪循環にハマっちゃったりして。
--- SNSをやっててツライことあるあるだと思います。Crystal Kayさんにもそんな時期があったんですか?

Crystal Kay:SNSの使い方はともかくとして、私は今32歳なんですが、20代終わりの頃は迷ってました。結婚や出産はいつするんだろう? そうしたらキャリアはどうなるんだろうとかいろいろ考えちゃって。ちょうどその頃だったんですよ、ニューヨークに腰を据えて、歌とダンスに改めて向き合おうって決めたのが。でもニューヨークでの活動は想像していたよりもハードで、失敗してヘコんだこともいっぱいありました。でもそれ以上に、精一杯やって掴んだちっちゃな成功が大きな誇りに繋がったりもして。歌やダンスもそうだけど、他人と比べたりしないで「自分は自分なんだ」と再確認できたことがニューヨークでは大きかったですね。

Crystal Kay「幸せって。」Music Video (Short ver.) - NHK ドラマ10『デイジー・ラック』主題歌

--- まさに「幸せは競うモノじゃなくて」という歌詞に象徴されてますね。

Crystal Kay:はい。いらない悩みや焦りを乗り越えると、自分らしい幸せに気付けるというか。でもその幸せを掴むためには、やっぱりチャレンジすることも必要で。それが私にとっては、歌やダンスなんです。
--- そういう意味では、今回のアルバムではどんなチャレンジをされてたんですか?

Crystal Kay:ここ最近、自分の中で課題にしているのが、テクニックに頼らずにいかに芯の深い歌を歌えるかということなんです。若い頃はとにかくフェイクとかビブラートといった技を駆使してキレイにカッコよく歌おうとしてたんですよ。だけど何も飾りを付けずにまっすぐ歌って、それで伝わったら最強じゃないですか。今回も、たとえば新曲の「I Just Wanna Fly」とか「Can't Stop Me」なんかは、わりと声を張り上げる系のダンスミュージックなんですが、ストレートに歌いつつもいかに強さを出すかを意識しました。
--- Crystal Kayさんの抜群の歌唱力に酔いしれたいというファンもいると思いますが……。

Crystal Kay:でも、パッケージされた音源でそればっかりやられると疲れません? ビヨンセやテイラー・スウィフトも昔みたいにぜんぜん歌をこねくり回さないようになってるし、それこそダイアナ・ロスとかシャーデーとかも音源では何もフェイクとか入れてないのにただただカッコよくて。テクニックって実はカッコつけるというか、何かを隠すためにやってるところもあると思います。若い頃はそれでもいいけど、年齢を重ねたらそれだけじゃ言葉が伝わらない。まだまだ完璧じゃないけど、今回のレコーディング中にそんな魂の声みたいなものが出たかなという瞬間があったので、今後はさらに追求していきたいです。
via
--- この7月に2013年以来復活するライブシリーズ“クリカフェ”では、そんなアップデートされた歌を堪能できることに期待してます。

Crystal Kay:今回はダンサーとかも入れないアコースティックスタイルでやるので、かなりお客さんとの距離感が近いライブになると思います。みんなともっと親密になれる感じかな。アルバム収録のダンスミュージックがどんな感じにアレンジされるのか楽しみにしててほしいし、普段やらないカバーやメドレーなんかも盛り込んだスペシャルなライブにしたいと思ってます。
--- アルバムにはAlphavilleの名曲「Forever Young」のカバーも収録されてますね。肉体の若さではなく、情熱を忘れない精神の若さこそが輝きである、といったような本当にステキな訳詞だと思いました。

Crystal Kay:今までもビヨンセとか本当にたくさんの方にカバーされてる曲ですが、今回が初めて日本語詞カバーらしいんです。それもオリジナルの世界観を崩さずに訳していてくれていて、私もパフォーマンスするのが大好きな曲です。もともとCM(ネイチャーラボ「LITS」CMソング)のためのカバーだったんですが、このアルバムのコンセプトにもぴったりだったので収録しました。
via
--- そもそもになってしまいますが、『For You』というアルバムのタイトルにはどんな思いが込められているんですか?

Crystal Kay:さっきも言ったように、私は自分のためじゃなくて誰かのために歌いたい。それはやっぱり、活動を続けてきた中でずっと付いてきてくれてるみんなの存在を知ってるから。だからこれはみんなのためのアルバムだよ、という意味を込めてシンプルに『For You』。自信をなくしそうなときにセルフチェックできるような、「自分最高!」ということに気付けるような、みんながラッキーチャーム(お守り)みたいにそばに置いてくれるアルバムになれたらいいなと思ってます。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

2018年7月18日にソロ第2弾シングル「Summer Mermaid」をリリースする宇野実彩子(AAA)。「夏を楽しく過ごせるようなサマーチューンが欲しくなったんです」という思いから生まれた表題曲は、キラキラしたサウンドと恋の楽しさがひとつになった大人なサマーラブソング。本作の制作をフックにしながら、ソロアーティストとしてのビジョンについて語ってもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!
mu-mo station編集部 | 3,039 view
『unlock』からのプロセスがあってやっとフル・アルバムが完成した感じです。urata naoya(AAA)『unbreakable』インタビュー(前編)

『unlock』からのプロセスがあってやっとフル・アルバムが完成した感じです。urata naoya(AAA)『unbreakable』インタビュー(前編)

2018年7月25日に1年3ヶ月ぶりのNewアルバム『unbreakable』をリリースする浦田直也。前作『unlock』で全曲作詞を手がけ、「心を解放して本音を吐き出した」と力強く語っていた彼が発表するのは、昨年のツアーのバンマス・宗本康兵が全曲を作曲し、浦田が再び全曲の作詞に挑んだ意欲作。作品完成までの繊細な心の機微を、ほとばしる思いのまま語っていただきました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 1,026 view
「これでいいのだ!」マインドで作り上げた快作!TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「BAKA-BONSOIR!」制作インタビュー

「これでいいのだ!」マインドで作り上げた快作!TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「BAKA-BONSOIR!」制作インタビュー

“20世紀最強のギャグ漫画”と謳われた赤塚不二夫の代表作が18年ぶりにアニメで帰ってきた! 『深夜!天才バカボン』のOPを飾るエキセントリックなナンバー「BAKA-BONSOIR!」の作詞・作曲・編曲を手がけたTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDに、本作の制作への思い入れや、主要キャストによるスペシャルユニットB.P.O -Bakabon-no Papa Organization- (古田新太、入野自由、日髙のり子、野中藍、森川智之、石田彰、櫻井孝宏)のレコーディング秘話などを伺いました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

TVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』OP主題歌「DeCIDE」が2018年8月29日にリリース!本楽曲を歌唱する主要女性キャスト5名によるスペシャルユニット“SUMMONERS 2+(サモナーズツー)”から、レム・ガレウ役の和氣あず未さんと、エデルガルト役の加藤英美里さんにお話を伺いました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
mu-mo station編集部 | 1,098 view
Da-iCE『BET』リリース記念特集【6/6】僕たちはこれまでも、そしてこれからもDa-iCEにすべてを賭けていく

Da-iCE『BET』リリース記念特集【6/6】僕たちはこれまでも、そしてこれからもDa-iCEにすべてを賭けていく

2018年8月8日に4thアルバム『BET』をリリースしたDa-iCE。メンバー全員が楽曲制作に携った本作の魅力に迫るべくスタートした短期連載もついに最終回★メジャーデビュー満5周年を前に、彼らが結成当初から大切にしてきたことや、今後のDa-iCEについても熱く語ってくれました!巻末の読者プレゼントも要チェックです♪
mu-mo station編集部 | 4,715 view

この記事のキーワード