mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

mu-mo station(media stationを含む)サービス終了のお知らせ
2018年3月13日 更新

人には超えなくちゃいけないことがたくさんあると思うから。SWANKY DANK「Amazing Dreams」ロングインタビュー

テレビ東京系にて好評放送中のテレビアニメ『ブラッククローバー』の1月クール EDテーマ「Amazing Dreams」。この曲を手がけたのは、国内のみならず、韓国や台湾でのライブも成功させてきた今最も注目のロックバンドSWANKY DANK(スワンキーダンク)!今回は、新曲「Amazing Dreams」に込めた想いや制作秘話、そしてSWANKY DANK結成エピソードや今後の展開について、メンバーにインタビューしました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。

「サビでいかにインパクトを与えられるか」

――今回「Amazing Dreams」の制作過程で、こだわられた部分や苦労した点を教えてください。

YUICHI:うーん、けっこうこだわったのは、レコーディング時のサウンドのバランスですかね。
KOJI:そうそう。各自のパートを繰り返し聴きながら何回も微調整して、かなりじっくり音作りしていった曲だと思う。

SHUN:だね。「ここで雰囲気変えたいな」って思う部分が多い曲なんですけど、ドラムの場合、一口に“雰囲気を変える”って言っても、シンバルを使うのかとか、楽器の選択肢が多いんですよ。
KO-TA:あー、SHUNちゃんけっこう悩んでたもんね。「この部分はどの音が合ってるか」とか。

SHUN:そうなんだよね。自分のチョイス次第では、他の楽器も調整が必要になってくるので、全体を合わせるまでが大変だったかもしれませんね。
SHUN(Dr.)

SHUN(Dr.)

via
――疾走感で突き抜けるナンバーですが、完成させるまではじっくり調整を重ねた1曲なんですね!では曲としての聴きどころのポイントは?

KOJI:基本的にどこか一か所っていうよりは、曲全体を楽しんで聴いてもらいたいんですよね。流れとしても「あ、こんなところでギター入ってくるんだ」とか、意外性も楽しめる曲だと思うので。

KO-TA:うん、そうだね。なかなかギターがメロディアスなんですけど、ボーカルとのバランスも考えられているので、良い意味で2つのメロディパートが共存しているって言うのかな。
YUICHI:そうそう、それでいてヘビーな重低音もしっかり効かせてるから、ハードなニュアンスも伝わると嬉しいですね。

SHUN:ドラムに関して言うと、音の聴こえ方にこだわりを持って叩いているので、注意して聴いてもらうと細かいことしてるんですよ、実は。

KO-TA:細かいこと…?

SHUN:普通に演奏したら「うるさい」って思われてしまうところを、自分なりにメロディーの邪魔をしないようにアレンジしたりしてたから。
YUICHI:なるほどね。俺も、基本はコードギターなんだけど、よく見てもらうと独自のコードの押さえ方とかしてる。

KOJI:ほぼ自己満じゃん(笑)。

YUICHI:そうだね、ライブとかで、よ~く見てもらえればわかるレベル(笑)。
YUICHI(Gt&Vo)

YUICHI(Gt&Vo)

via
――作詞はKOJIさんがされていますが、どのように『ブラクロ』とのリンクを意識されましたか?

KOJI:序盤はアスタの想いを綴って、その後に「黒の暴牛」の仲間たちの絆みたいなものを表現してて。曲全体でひとつのストーリーになるように意識して作りましたね。あとはサビでいかにインパクトを与える詞にできるかっていうのもこだわりました。ちなみに俺は、ヤミさんの「限界を超えろ」ってセリフが大好きで、歌詞に入れようかちょっと悩んだんですよ。
YUICHI:直接そのセリフは入れてないけど、(「Amazing Dreams」の歌詞は)けっこうメッセージとしては近いんじゃない?

KOJI:そうだね。やっぱりマンガだけの世界じゃなくても、人って超えなくちゃいけないことがたくさんあると思うから。

KO-TA:アスタだって、魔法が使えない苦悩を抱えながらも、努力でカバーしようとしてるしね。
KOJI:そうそう、そういう部分を、歌詞を通じて受け取ってもらえたら嬉しいですね。

KO-TA:そう言えば、サビでめちゃくちゃ悩んでたとこあったよね?

KOJI:あー、そうそう。一人称を「俺」か「僕」かで悩んだんですよ。サビで「僕の命が終わるまで どんな痛みも受け入れよう」って詞があって。今までのうちらのバンドのイメージでいくなら「俺」なんだけど、この曲のメッセージ性で考えるなら「僕」の方がいいんだよなぁ…って。
SHUN:でも、この話にはオチがあって。こいつ(KOJI)頭抱えるくらい悩んでたのに、自分でAメロの歌い出しのフレーズで「僕」ってすでに使ってたんだよな(笑)。

KOJI:(笑)。冒頭のところでは一切悩まずに、もう無意識ですんなり「僕」を使ってたという…。メンバーに「もう『僕』って最初に使ってるじゃん」ってツッコまれたときはすげぇ恥ずかしかった…(笑)。
――それだけ作詞に没頭するほどこだわって作り上げた曲だったんですね!

MVは“パルクール×ロック”という意外なコラボ

57 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

わかりやすいくらいシンプルな歌詞で、春を歌う。ポップスの王道を突き進むビッケブランカ「ウララ」インタビュー

わかりやすいくらいシンプルな歌詞で、春を歌う。ポップスの王道を突き進むビッケブランカ「ウララ」インタビュー

2018年4月18日に4曲入りの1stシングル「ウララ」をリリースするビッケブランカ。2017年7月にリリースされた1stフルアルバム『FEARLESS』によって、新世代のポップマエストロとして名乗りを上げた彼自身のルーツ、音楽制作に対する独特なこだわりに迫ります。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
何も持ってなかった子たちが偶然や努力が重なって何者かになっていく…『THE EMPiRE STRiKES START!!』EMPiRE×渡辺淳之介 対談インタビュー

何も持ってなかった子たちが偶然や努力が重なって何者かになっていく…『THE EMPiRE STRiKES START!!』EMPiRE×渡辺淳之介 対談インタビュー

BiS、BiSHら話題のユニットを輩出し続け、いま乗りに乗っている音楽プロダクション“WACK”から新たなグループが誕生する。2018年4月11日に1stアルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』をカセットテープでリリースするEMPiRE(エンパイア)だ。プロデューサー渡辺淳之介とともに彼女たちの魅力、戦略、そして今後の展望を語ってもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!
『感覚ピエロ』横山直弘、秋月琢登×『ブラッククローバー』アスタ役 梶原岳人 鼎談 【後編】アスタ役を射止めた裏話&自分に似てるキャラ談義

『感覚ピエロ』横山直弘、秋月琢登×『ブラッククローバー』アスタ役 梶原岳人 鼎談 【後編】アスタ役を射止めた裏話&自分に似てるキャラ談義

2017年10月よりテレビ東京系にて放送が開始されたTVアニメ『ブラッククローバー』。同作で主人公・アスタの声優を務める梶原岳人さんと、OP(オープニング)曲「ハルカミライ」を手掛けるロックバンド『感覚ピエロ』のギターボーカル・横山直弘さんとギター・秋月月琢登さんによる鼎談後編となる今回は、物語の魅力やキャラクターなどをテーマにお話を伺った。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく!
『感覚ピエロ』横山直弘、秋月琢登×『ブラッククローバー』アスタ役 梶原岳人 鼎談 【前編】OP曲「ハルカミライ」に込めた想い&梶原さん出演MV秘話

『感覚ピエロ』横山直弘、秋月琢登×『ブラッククローバー』アスタ役 梶原岳人 鼎談 【前編】OP曲「ハルカミライ」に込めた想い&梶原さん出演MV秘話

2017年10月よりテレビ東京系にて放送が開始されたTVアニメ『ブラッククローバー』のOP曲「ハルカミライ」。力強いサウンドと疾走感溢れるメロディーラインが印象的なこの曲は、個性豊かな4人のメンバーからなるロックバンド『感覚ピエロ』によって手がけられた。今回はギターボーカルの横山直弘さんとギターの秋月琢登さん、そして『ブラッククローバー』で主人公・アスタの声優を務める梶原岳人さんに、同曲の魅力などを語り明かしてもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!
1つのジャンルに固執することなく、世の中的にいいとされるものだけを聴いて育ってきた世代…ビッケブランカ『wizard』インタビュー

1つのジャンルに固執することなく、世の中的にいいとされるものだけを聴いて育ってきた世代…ビッケブランカ『wizard』インタビュー

ビッケブランカが、2ndアルバム『wizard』を11月21日に発売する。現在放送中の新垣結衣と松田龍平がダブル主演を務める日本テレビ系ドラマ『獣になれない私たち』挿入歌「まっしろ」やTVアニメ『DOUBLE DECKER! ダグ&キリル』(TOKYO MXほか)EDテーマ「Buntline Special」などの話題曲を収録したアルバム制作やタイトルに込めた想い、音楽ルーツについて話を聞いた。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく♪

この記事のキーワード