2019年5月14日 更新

【GW後編】漫画家・岡叶さんと音楽フェスへ!

漫画家、岡叶さんと一緒にさいたまスーパーアリーナで開催されたVIVA LA ROCK(5月3日〜6日の4日間開催)最終日に行ってきました!

屋内フェス初参加の漫画家、岡叶さんと過ごしたVIVA LA ROCK

 コミック『デイズ・オン・フェス』の漫画家、岡叶さんと一緒にVIVA LA ROCK(以下、ビバラ)最終日(2019年5月6日)にさいたまスーパーアリーナに行ってきました!
 岡さんがこの日見たライブを特別にイラストに描いてくれました。まずはこちら、昨年末に番組ゲストにもお迎えした沖縄の4人組・ヤングオオハラ。「初めてライブを見たけど、すごく良いライブだった!」と岡さん。また、「若いパワーに溢れてて元気をもらえました」とも。

 この日、もう一つイラストに描いたくださったのが打首獄門同好会。フェスに出演していたら絶対に見るバンドで、打首ワールドが炸裂したライブに岡さんも大興奮! 岡さん曰く「笑えるライブっていいですよね〜、本当に何度見ても、打首獄門同好会のライブは楽しい!」と、その時の様子をイラストにかいてくださったのがこちら。

漫画家、岡叶さんとフェスの思い出に彩りを添える体験

 実は岡さんのフェスの楽しみの一つが‘フェス飯’。ビバラは屋内&会場外に飲食ブースがあって、会場外のエリアはチケットがなくても遊びに来ることが出来るんです! しかも、キッズランドもあったり、ライブの合間まで楽しめちゃいます。すべての飲食ブースをくまなくチェックした結果、焼きたての半熟卵がとろりとしたピザが最高に美味で、岡さんも「おいし〜♡」と頬張ってました。

 フェス飯を食べていたら、会場の外のステージを見に来たLUNKHEADのボーカル&ギター・小高さんと偶然にも遭遇。実は岡さん、「LUNKHEADも大好き!」という事で小高さんとの写真を撮影してくださいました。この後、ファンの方に声をかけられ、気さくにお話をされていた小高さん。
 LUNKHEADのライブも、もちろん見させて頂きました!ビバラ初出演でしたが、今の自分たちが出せる力を最大限に発揮している姿はとてもカッコよかった。オーディエンスも彼らの気迫に応え、白熱したステージでした。全ての演目が終わり、「20周年(バンド結成)おめでとう〜!」と、ステージに特大ケーキがでてくる登場するサプライズもあり、ちょっと照れ気味なメンバーの姿も微笑ましかった。

 「屋内のフェスで天気も気にしなくていいですね。音も響いてよく聞こえるし、快適!」と話していた岡さん。加えて、アリーナ席が解放されているのでゆっくり椅子席に座りながら楽しめるのも嬉しいポイントだなぁと思ったフェスでした。
 これから夏フェスシーズンに突入しますが、岡さんと今後も一緒にフェスに行く予定です。「なかなか都心から離れられなかったので、地方のキャンプフェスに行って自然の中でお酒と音楽を浴びたい!」と言っていた岡さん。この日の出来事や、これからのフェス体験が『デイズ・オン・フェス』にも描かれていくかな〜と密かに楽しみです。
15 件