mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年9月12日 更新

引退直前、安室奈美恵「SWEET 19 BLUES」の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「安室奈美恵」「90年代」「SWEET 19 BLUES」「小室哲哉」「引退」

安室奈美恵「SWEET 19 BLUES」の話

どうも、音楽コンシェルジュのふくりゅうです。

安室奈美恵さんの引退の日、9月16日が近づいてきました。
90年代J-POPソングが流れる青春音楽映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』でも、
安室ソングは、時代を彩る名曲として輝いていました。

あらためて1996年に発表された、
安室さん代表曲のひとつ「SWEET 19 BLUES」を、
かつて小室さんに伺ったお話を思い出しながら
振り返ってみたいと思います。
本作の注目は、メロディーと歌詞が織りなす “情景の浮かぶせつなさ”です。
当時、渋谷カルチャーが飽和してきたタイミングでもあり、
いち早くその匂いを感じていた女子高生の気持ちを描いた言葉たち。

「SWEET 19 BLUES」TV-CM / 安室奈美恵 (Namie Amuro)

上記、TVCMで安室さんが発する
「世の中かっこつけてて でもそれよりかっこよくなきゃいけない」という、
当時の女子が思い描いていた心情を吐き出したセリフにも着目したいところ。

みんなといると楽しい。
でも、楽しいことだけがずっと続くわけではないという、
友達とセンター街で別れてから、ひとり家路につく寂しさや閉塞感。

今と同じことがずっと続くことはないかもしれないという無常観。
ハッピーなだけではない不安感が物語として
「SWEET 19 BLUES」には込められています。

「SWEET」と「19」と「BLUES」を組み合わせることで生まれる心情表現。

「SWEET」と「BLUES」は対極であり、
「19」という19歳という年齢が、その間として融和しているのです。

ラスト「誰も見たことのない顔誰かに見せるかもしれない」という歌詞で終える、
その先の物語が続いていきそうな展開も秀逸です。

安室&小室コンビ、本作でR&Bをいち早く90’sメジャーシーンで取り入れ
一般的知名度を向上させ、ブレイクさせた功績も大きいです。

この2年後、1988年2月に
MISIAが渋谷宇田川町のレコードショップを中心に大きなヒットを飛ばした
「つつみ込むように…」をリリース。
姉妹デュオとして活躍したDOUBLEのデビュー。
さらに12月には宇多田ヒカルが登場しました。

R&Bやダンス・ミュージック文化の地盤を固め、
時代を牽引したのは「SWEET 19 BLUES」が収録された
アルバム『SWEET 19 BLUES』でした。

そして、安室さんがすごかったのは、
その後、20代〜30代〜40代という引退を迎える日まで
たゆまぬ努力を重ね、トップでい続けたこと。
まさに、彼女と同じ時代を生きれたことに喜びを感じています。

mu-moステーション編集部 編集後記

どうも、mu-moステーション編集部のRです。

天気が落ち着いて来たと思ったら
気温が一気に下がって、秋の匂いがしてきました。

安室奈美恵さんの引退まで残り数日となりましたね。
私が物心ついた時にはもうすでにビック・スターなので
引退するということが今でも信じ難いです。

正直、どれだけ偉大なのかわかりませんでしたが
様々な番組での特集で海外のファンの人たちを見ると
日本のみならず、色んなところで愛されているなあ。と感じました。

安室奈美恵

via
ファンの方を見ていると引退はしてほしくないと思いますが
ご本人が決めたことなので温かく見守りたいと思います。

引退当日はどうなるのか。
楽しみでもありつつ、悲しい気持ちになりますね。
そして、私もこんな歴史的な出来事を経験できたことを誇りに思います。

関連リンク

16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

小室哲哉新曲「みんなに会いたい」の話、『ぼくらの七日間戦争』の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

小室哲哉新曲「みんなに会いたい」の話、『ぼくらの七日間戦争』の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「小室哲哉」「映画」「SUNNY」「サウンドトラック」「90年代」「ぼくらの七日間戦争」
木根尚登、幻のTM名曲を熱唱の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

木根尚登、幻のTM名曲を熱唱の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「TM NETWORK」「木根尚登」「35周年」「安室奈美恵」「韓国」「iKON」
小室哲哉100曲ベスト発売の話、DEAN FUJIOKAに学ぶ「Echo」&アジアン・フードの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

小室哲哉100曲ベスト発売の話、DEAN FUJIOKAに学ぶ「Echo」&アジアン・フードの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「小室哲哉」「DEAN FUJIOKA」「新加坡肉骨茶」「東京豆花工房」
mu-mo station編集部 | 1,319 view
進化する小室哲哉 Def Will最新曲の話、大宮で蛍が見られるよの話 【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

進化する小室哲哉 Def Will最新曲の話、大宮で蛍が見られるよの話 【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「Def Will」「市民の森」「平井 大」
TVドラマで副音声が流行中の話、下半期注目のニューカマーの話 【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

TVドラマで副音声が流行中の話、下半期注目のニューカマーの話 【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「安室奈美恵」「コンフィデンスマンJP」「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」「DEAN FUJIOKA」「おっさんずラブ」

この記事のキーワード