mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年5月10日 更新

11人になって何が進化したのか。これまでの学びの中から掴み取った“E-girlsのエンターテイメント”とは?『E.G.11』ロングインタビュー

2017年6月にE.G.familyという新体制が発表され11人体制になったE-girlsが、2018年5月23日にNewアルバム『E.G.11』をリリース。磨き続けることでダイヤモンドのように「最高に輝く」「多彩に輝く」「永遠に輝く」エンターテイメントを届ける彼女たちが、いま改めて考えるE-girlsの姿を語るオフィシャルインタビューが届きました。

一同「ゴツゴツ?(笑)」

佐藤晴美「ゴツゴツって凄い表現(笑)。踊っている感が凄く伝わってくる」
SAYAKA「まちがえました、ガツガツです(笑)。とにかくリハーサルも念入りにやったし、私たち以外に若いイケてるダンサーさんたちに出ていただいて、もう本当にザ・ダンザブルな楽曲になっているんです」
佐藤晴美「私は「Making Life!」で、この曲はこれから先も11人とファンのみなさんとの楽しい思い出をたくさん作っていってくれる曲なんだろうなと思っています。今までもE-girlsの盛り上げ曲みたいな楽曲はたくさんありましたが、新体制以降のオリジナル曲の中ではこの曲が最もお客さんと一緒になってアガれるお楽しみどころ的な位置づけになっているというか。そういうスパイスとして活きてくる可能性を何回かライヴをやって実際に感じました。なので、今までもこれからも自分としてはこの曲に期待していますし、E-girlsと一緒に盛り上がれる代表曲として育っていく気がしています」
山口乃々華「私は「Love☆Queen」のカップリング曲「Smile For Me」もライヴで育っていく曲だと思います。昨年の『E-girls LIVE 2017 ~E.G. EVOLUTION~』で初めて新生E-girlsをお披露目した時に新生のくくりの一番最後の曲としてパフォーマンスさせていただいたのですが、歌詞のメッセージ性が強く、みんなの心境に寄り添ってくれる感覚がありました。11人体制のE-girlsにとって、ずっとずっと大事な曲になっていくだろうなと感じました」
楓「私はE-girlsをいろんな方に知っていただくきっかけになった曲ということで、やっぱり「Follow Me」を挙げたいです。今回3人で新たに再録したNewバージョンの「Follow Me」をパフォーマンスできることも嬉しかったのですが、この間イベントでパフォーマンスした時、何年経ってもまったく色褪せないこの曲の力を改めて感じたんです。これまでもいろんな場所でパフォーマンスしてきた曲ですが、11人でもこの楽曲を通していろんな思い出を作っていきたいなと凄く思いました」

via
武部柚那「あと、「ごめんなさいのKissing You」も「Follow Me」に続くE-girlsの代表曲ともいえるポップな曲ですよね。しかも、今回E.G.11バージョンではゲームの機械音のような音を入れたアレンジになっていて、よりキャッチーさが際立っているので個人的にもぜひ聴いてもらいたいです。あと、もう1曲、新曲の「Show Time」も思い入れという点では絶対に外せない曲です」
--- 「Show Time」はアルバムのリード曲でもありますね。かなり気合いを入れて作ったと聞いていますが?

武部柚那「楽曲を決める段階から「この曲で今のE-girlsの力を証明していきたい」と意気込んでいて、このアルバムのためだけに作られたと言っても過言ではないくらい本当に気合いを入れました。スタッフさんとも試行錯誤しながら何回も歌い直したり録り直しをして、時間も手間もかけたので、完成した時の感動と達成感も大きかったです」

E-girls / Show Time (Music Video) ~歌詞有り~

藤井夏恋「本当に「Show Time」はザ・ダンス的な1曲で、とにかく踊りまくって強い女性像を全面に出しています。歌詞も攻めていくラップ・パートやインパクトがあって本当にカッコいいんです。これまでE-girlsとしていろんな楽曲に挑戦してきましたし、ダンス曲もたくさんありましたが、この曲はそれを超えてさらにエッジの利いた攻め感のある曲になっています。ここでまた新たな扉が開いたと感じています」
楓「攻め感や強めなイメージは今の自分たちが目指したいアーティスト像でもあって、「Show Time」はまさにその象徴となっている曲だと思います。この1年、いろんな楽曲に挑戦していく中で男性にも負けないパワフルなダンスや、媚びない強さを表現できるところが唯一無二のE-girlsらしさというところに辿り着いたのですが、そこに特化して作ったのが「Show Time」なんです。だから、今回のアルバムはバラエティ豊かな作品ではあるけれども、全体を通してこの曲が表現するカッコいい女性像というか、女の子たちが憧れるような力強く、でもセクシーさもあるアーティスト像を打ち出せたかなと思っています」
藤井夏恋「楓ちゃんの言う通り、カッコいいガールズ・グループというアーティス像はE-girlsの太い軸だと思います。このアルバムでそれをしっかり築けた気がするので、これからはここを起点にして、もっともっと幅広い表現ができるようになっていきたいです」
--- 幅広い表現というのはジャンルを問わないジャンルレスなアーティストを目指したいということですか?

藤井夏恋「はい、まさにジャンルレスだと思います。それこそが他のグループにはない、E-girlsならではのグループ像であり、自分たちが理想とするアーティスト像だと思います」
佐藤晴美「今、ふたりが言ったように『E.G.11』はまさにジャンルレスな曲がいっぱい詰まっているので、悲しい時も楽しい時も手に取ってもらえるアルバムだと思います。これまでE-girlsは明るく楽しいポジティヴな曲がメインでしたが、今回はその楽しさにプラスしてネガティヴな気持ちにも寄り添ってくれる楽曲も増えています。そんなE-girlsの新しい引き出しにも触れ、それをパワーに変えてもらえたら嬉しいです」
武部柚那「今回の『E.G.11』は「E-girlsを感じたい!」と思った時、存分に味わってお腹いっぱいになれるアルバムなので、ぜひお手元に(笑)。みなさんの日常に寄り添ってともに過ごす友達のような存在になってくれると思います」
83 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

一緒にいられる幸せを大切にしたい…5年間で見えてきた愛のカタチを歌に載せて。MACO『BEST LOVE MACO』インタビュー

一緒にいられる幸せを大切にしたい…5年間で見えてきた愛のカタチを歌に載せて。MACO『BEST LOVE MACO』インタビュー

2018年6月20日に初のベストアルバム『BEST LOVE MACO』をリリースするシンガーソングライターMACO。2014年にメジャーデビューして以降、ラブソングを中心に共感を呼ぶ歌詞と歌声で10~20代の男女に絶大な人気を誇る彼女がベスト盤に込めた想いとは。親友・鷲尾伶菜(E-girls/Flower)とのコラボ楽曲や、同郷のGLAYの名曲カバーの制作秘話にも迫ります。巻末の読者プレゼントも要チェック♪
『unlock』からのプロセスがあってやっとフル・アルバムが完成した感じです。urata naoya(AAA)『unbreakable』インタビュー(前編)

『unlock』からのプロセスがあってやっとフル・アルバムが完成した感じです。urata naoya(AAA)『unbreakable』インタビュー(前編)

2018年7月25日に1年3ヶ月ぶりのNewアルバム『unbreakable』をリリースする浦田直也。前作『unlock』で全曲作詞を手がけ、「心を解放して本音を吐き出した」と力強く語っていた彼が発表するのは、昨年のツアーのバンマス・宗本康兵が全曲を作曲し、浦田が再び全曲の作詞に挑んだ意欲作。作品完成までの繊細な心の機微を、ほとばしる思いのまま語っていただきました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 1,045 view
私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

2018年7月18日にソロ第2弾シングル「Summer Mermaid」をリリースする宇野実彩子(AAA)。「夏を楽しく過ごせるようなサマーチューンが欲しくなったんです」という思いから生まれた表題曲は、キラキラしたサウンドと恋の楽しさがひとつになった大人なサマーラブソング。本作の制作をフックにしながら、ソロアーティストとしてのビジョンについて語ってもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!
mu-mo station編集部 | 3,197 view
漢たちがテンションマックスで歌い上げる!伊豆乃風「紺碧のアル・フィーネ」内田雄馬&木村良平インタビュー

漢たちがテンションマックスで歌い上げる!伊豆乃風「紺碧のアル・フィーネ」内田雄馬&木村良平インタビュー

大学進学を機に海沿いの街にやってきた北原伊織。そこで出会ったのはとびきりの美女と酒とスキューバダイビングを愛する屈強な男たちだった…。抱腹絶倒(!?)青春ダイビングサークルアニメ『ぐらんぶる』のEDを歌唱するのは、主要男性キャスト4名によるユニット伊豆乃風! 2018年8月22日に「紺碧のアル・フィーネ」をリリースする彼らを代表して内田雄馬&木村良平に話を伺いました。
どんなに心の中がぐちゃぐちゃでも、誰かのために音楽を届けたい…安田レイ「Sunny」インタビュー

どんなに心の中がぐちゃぐちゃでも、誰かのために音楽を届けたい…安田レイ「Sunny」インタビュー

2018年8月14日に先行フル配信・22日にシングルCDをリリースする安田レイ。ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』のオープニング曲として書き下ろされた表題曲「Sunny」と、初めて作曲に挑戦した「bring back the colors」に込めた想いや、今後のビジョンについても語ってくれました。ファッションアイコンとしても注目されている彼女の衣装やネイルにも注目です♪

この記事のキーワード