mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年5月10日 更新

11人になって何が進化したのか。これまでの学びの中から掴み取った“E-girlsのエンターテイメント”とは?『E.G.11』ロングインタビュー

2017年6月にE.G.familyという新体制が発表され11人体制になったE-girlsが、2018年5月23日にNewアルバム『E.G.11』をリリース。磨き続けることでダイヤモンドのように「最高に輝く」「多彩に輝く」「永遠に輝く」エンターテイメントを届ける彼女たちが、いま改めて考えるE-girlsの姿を語るオフィシャルインタビューが届きました。

坂東希「新体制となった「Love☆Queen」以降ひとりひとりがE-girlsとどう向き合っていくかを真剣に悩み模索して、全員の意見を反映させながら楽曲を作り上げていったんです。なので、DISC1には等身大の自分たちが思い描いたE-girls像がより明確に表現されています。そして、今も新しいE-girlsに向けてどんどん積み重ねているという感じです」
石井杏奈「DISC2は3人のボーカルが再録して新たに色をつけた、新体制になる前のE-girlsの曲が入っているので、今まで聴いてきたものとはまた違う雰囲気になっていますし、イメージが変わる曲もあると思います。でも、どの曲にもこれまでの歴史や思い出、それぞれの物語がしっかりと受け継がれているのでDISC1で新たなE-girlsを聴きつつDISC2では振り返ってもらうような、聴きわけをしてもらえたら嬉しいです。私たちもDISC2を聴くと、キャッチーで明るい暖色系の曲が多いので「E-girlsはやっぱりこれだよね」って原点に戻れますし、初心を思い出せるんです」
--- DISC1とDISC2を合わせて全34曲が収録されていますが、特に思い入れのある曲を挙げていただけますか?

鷲尾伶菜「私は「Love☆Queen」です。新体制になって初めてのシングルということで、みんなが不安だった時期に一番近くにいてくれた楽曲なのですが、歌詞も自分たちの背中を押してくれるような内容でどんなに時間が経っても、この曲を聴けば当時のことを思い出せる。歴史を重ねていくにつれてその気持ちが強くなり感動も増していく曲だと思うので、これからもずっと大切に歌っていきたいです」

鷲尾伶菜

via

E-girls / Love ☆ Queen (Music Video) ~歌詞有り~

須田アンナ「パフォーマンスやビジュアルも、みんなで「こうしたい、ああしたい」と意見を盛り込んで、自分たちがこの時に感じていたE-girls像を全力で表現した曲。だから、メンバー全員、特別な気持ちを持っていると思います」
鷲尾伶菜「あとドラマ『きみが心に棲みついた』の主題歌になった「Pain, pain」も忘れられない曲です。ドラマのストーリーに沿った世界観になっていてミステリアスな始まりや歌い出しも気に入っていますし、サビになるとパッと雰囲気が変わるところも聴き応えがあると思います。E-girlsの新たなイメージを表現できた曲として印象に残っています」
YURINO「私は「北風と太陽」も思い入れが強いです。この曲はリハーサルの振り写しの段階からすごく踊り込んだのですが、みんながバラバラの方向を向いて踊る振りの時、メンバーとメンバーの目が自然に合ったりもして、ちょっとリラックスしながら踊れました。MVもドローン撮影で広々とした草原の中、メンバーだけしかいない空間で歌い、踊ったのが楽しかったです。スタッフさんは映らないように遠くの方に隠れていたから見渡せば誰もいないメンバーだけの世界という感じで、それがすごく清々しくて気持ちよかったです」
藤井夏恋「私は「あいしてると言ってよかった」です。このMVは数々の作品を撮られている映画監督の中島哲也さんに撮っていただいたんですが、撮る前にオーディションをしたり演技経験の少ないメンバーが撮影中に即興でお芝居をしたりもして本当に大変だったんです。でも、そうやってみんなで必死になってひとつの作品に取り組んだ経験は今でも印象に残っていますし、忘れられない思い出になりました」

藤井夏恋

via
坂東希「シングルでは初のバラードとなった「あいしてると言ってよかった」は、リリースしてからも「E-girlsはこう見られている」という客観的な意見を受け止めた曲でした。それを元に自分たちが何を求められているのかを何度も話し合い、どうやって新しいアプローチをしていこうか考えたのですが、その一方でE-girlsらしさも絶対に守らなきゃいけないということも実感しました。今後、自分たちで曲を作り上げていくためのきっかけや指針になった曲でもあります」
石井杏奈「私は2曲あって1曲目は新曲の「Just a little」。これは歌詞が凄くかわいくて、女の子が一途に男の子を想いつつ恋に奮闘する様子が描かれているんです。女の子なら誰でも共感できる曲だと思うので、恋愛中の方も片思いしている方にもぜひ聴いてもらいたいです。2曲目は2015年にリリースした「Anniversary!!」で、当時私は先輩方を見ながら「早く大人になりたいな」、「時間が早く進めばいいのにな」と思っていた時があったんです。ちょうどタイムリーにこの曲の歌詞を読んで、こうやって焦っている時間がもったいないし、今、この瞬間もきっと将来の宝物になるんだろうなと思えました。そこで自分の人生観も変わったので、個人的に思い入れの深い1曲として選びました」

石井杏奈

via
須田アンナ「個人的には、新曲の「Keep on」が自分好みの曲だと思います。強気でガンガン歌っているところがE-girlsっぽいというか。負けそうな時でも「負ける気がしない!」と攻めていっちゃう感じが一番のE-girlsらしさだと思っているのですが、この曲はそういう攻め感が全面に出ていると思います。音も進化版「DANCE WITH ME NOW!」という感じでわかりやすく力強いサウンドになっていて、そこも個人的にタイプです」
SAYAKA「私は今須田アンナが言った「DANCE WITH ME NOW!」が思い入れのある曲です。今まで「DANCE WITH ME NOW!」はこれまでのE-girlsの楽曲の中で一番ゴツゴツ踊った楽曲になっています」
83 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

一緒にいられる幸せを大切にしたい…5年間で見えてきた愛のカタチを歌に載せて。MACO『BEST LOVE MACO』インタビュー

一緒にいられる幸せを大切にしたい…5年間で見えてきた愛のカタチを歌に載せて。MACO『BEST LOVE MACO』インタビュー

2018年6月20日に初のベストアルバム『BEST LOVE MACO』をリリースするシンガーソングライターMACO。2014年にメジャーデビューして以降、ラブソングを中心に共感を呼ぶ歌詞と歌声で10~20代の男女に絶大な人気を誇る彼女がベスト盤に込めた想いとは。親友・鷲尾伶菜(E-girls/Flower)とのコラボ楽曲や、同郷のGLAYの名曲カバーの制作秘話にも迫ります。巻末の読者プレゼントも要チェック♪
『unlock』からのプロセスがあってやっとフル・アルバムが完成した感じです。urata naoya(AAA)『unbreakable』インタビュー(前編)

『unlock』からのプロセスがあってやっとフル・アルバムが完成した感じです。urata naoya(AAA)『unbreakable』インタビュー(前編)

2018年7月25日に1年3ヶ月ぶりのNewアルバム『unbreakable』をリリースする浦田直也。前作『unlock』で全曲作詞を手がけ、「心を解放して本音を吐き出した」と力強く語っていた彼が発表するのは、昨年のツアーのバンマス・宗本康兵が全曲を作曲し、浦田が再び全曲の作詞に挑んだ意欲作。作品完成までの繊細な心の機微を、ほとばしる思いのまま語っていただきました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 1,115 view
私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

2018年7月18日にソロ第2弾シングル「Summer Mermaid」をリリースする宇野実彩子(AAA)。「夏を楽しく過ごせるようなサマーチューンが欲しくなったんです」という思いから生まれた表題曲は、キラキラしたサウンドと恋の楽しさがひとつになった大人なサマーラブソング。本作の制作をフックにしながら、ソロアーティストとしてのビジョンについて語ってもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!
mu-mo station編集部 | 3,634 view
映画館を後にするお客さんが、明るく楽しい気持ちになるようなエンディング曲に。「Wonderland」Dream Amiインタビュー

映画館を後にするお客さんが、明るく楽しい気持ちになるようなエンディング曲に。「Wonderland」Dream Amiインタビュー

2018年10月24日に映画 『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』の主題歌となっている「Wonderland」をリリースするDream Ami。目指すアーティスト像と重なるところがあったと語る彼女が歌詞に込めた想いや、E-girls卒業から1年が経った現在の心境を語ってくれました。
歌えることへの感謝と、次のステップに向け気持ちを新たにしたアルバム。足立佳奈『Yeah!Yeah!』インタビュー

歌えることへの感謝と、次のステップに向け気持ちを新たにしたアルバム。足立佳奈『Yeah!Yeah!』インタビュー

“LINE×SONY MUSICオーディション”で12万5千人の中からグランプリに選ばれたシンデレラガール、足立佳奈が2018年10月17日に待望の1stアルバム『Yeah!Yeah!』をリリースする。社会現象ともなった“キムチの歌”の裏話や、来年20歳を迎える彼女が 描く今後の夢とは!?巻末の読者プレゼントも要チェックです★

この記事のキーワード