mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年10月31日 更新

ビクターのコンベンションの話、囲碁の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&10歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「BRIAN SHINSEKAI」「集団行動」「Ivy to Fraudulent Game」「囲碁」

BRIAN SHINSEKAI

via

レコード会社の方々と挨拶大会

どうも、音楽コンシェルジュのふくりゅうです。

先週は、ビクターのコンベンション“MUSIC STORM2017”がEX THEATER ROPPONGIで行われたので行ってきました。コンベンションとは、CDショップのディーラーさんや配信会社、メディアなどを対象に、オススメの今後のリリース情報や、イチ押しニューカマー・アーティストを各部門のレーベルヘッドやアーティスト自身がステージに立ち、3時間に渡ってトーク&ライブするという会です。

ちなみに、終演後には懇親会がありお酒や軽食がふるまわれました。ビクター犬、ニッパー君焼印なミニ・ハンバーガーがカワイイ! ていうかずっと知り合いと喋りっぱなしだったのでこれしか食べられませんでした(泣)。まだ解禁前情報もありそうなので、その辺気をつけながらレポって行きましょう。

ニッパー君焼印なミニ・ハンバーガー

via

80’s meets EDM!? BRIAN SHINSEKAI

気になったのは1番目に登場したBRIAN SHINSEKAI。壮大なアーティスト名がついてますが、いわゆる一人ユニットなんです。かつてはブライアン新世界という名義で、17歳の時に“閃光ライオット”へも出演された経歴を持つなど只者ではありません。当時、ロック色強いイメージだったのですが、今回のステージでは打ち込みを多用したEDMを経由した80’sエレクトロ・ポップなサウンドで会場を揺るがしていました。先行配信された「首飾りとアースガルド」など、来年1月24日に発売予定のアルバム『Entree』に収録される楽曲をサブスクリプション限定で5ヶ月先行で公開していくなど、デジタルに特化したマーケティングで注目を集めている次世代アーティスト。あれです、TM NETWORKやSOFT BALLET好きにオススメしたいなぁ。

BRIAN SHINSEKAI - 首飾りとアースガルド

中毒性高いキャッチーな魅力、集団行動

相対性理論のコンポーサーだった真部脩一を中心とした新バンド、“まだどこにもない集団のために”結成された
集団行動。ヴォーカルには講談社が主催するアイドルオーディション“ミスiD2016”ファイナリスト齋藤里菜を迎えていることにも注目。というか、今回のコンベンション随一の安定感あるステージを見せてくれました。真部さんによる超絶キャッチーなメロディ、オーラ半端ない齋藤さんの歌声の美しさ、いいなぁ。まさに一度聴くと耳から離れない中毒性の高い新しいポップスだと思います。そういえば、バンドメンバーの一般公募もされていましたよね。2018年には2枚目のアルバムも予定されているとのことで要注目です。終演後、懇親会で齋藤さんは名刺を持ちながら挨拶回りされていたのですがとてもキュートでした。

集団行動 - ホーミング・ユー

衝撃のライブ、Ivy to Fraudulent Game

ラストに登場したのが、ロックバンドIvy to Fraudulent Game(アイヴィー トゥー フロウジュレント ゲーム)。ほんとはこんな関係者ばかりの前でライブなんてしたくなかった、とでも言いたそうなバツの悪い空気の中、次の瞬間一気に爆裂したサウンドを繰り広げるツンデレ感にやられました。めちゃかっこいい。あれです、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTなどを思い起こさせる最強にロックなライブでした。しかもドラマーが作詞作曲を担当しているらしいです。この冬、ビクターエンタテインメントのロックレーベルGetting Betterへ移籍。12月からはバンド史上初となる全国ワンマンツアーの開催。要注目な逸材ですね。ちなみに、群馬出身だそうでMCでもそれを必ず話しており、そんな郷土愛の強いところにも惚れちゃいました。

Ivy to Fraudulent Game "Dear Fate," (Official Music Video)

みー君10歳 meets 囲碁

話は変わって息子ネタです。みー君10歳は、囲碁を習っているんです。きっかけは、4年の秋頃に小学校で触れる機会があり、今では毎週囲碁教室に通っております。父親である私は将棋は好きですが囲碁はルールが全く分からず、というかどうしてもあの世界観を理解できず覚えられません。

子供の習い事って、親にとって悩みどころですよね。以前誰から聞いたか、スポーツと外国語と楽器の3つを一つずつでも習得しておくと、海外へ行った際もコミュニケーションのきっかけになるなど身につけておくべき、とありましたが、おいらはスポーツは得意ではありましたが、今は全然なので結果、3つとも微妙です。

まぁ、音楽好きという点でいろんな方と話せたり交流できたりはしている人生なのでラッキーだとは思いつつ。あ、話が逸れました……。そんな、みー君が埼玉県のミニ囲碁大会で賞状をもらってきました。あれです、こういうの親の喜びってやつですよね。雨が降ってたので賞状はしわくちゃになってましたが、後ほど額に入れて飾りたいなと思います。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2017年要注目のニューカマー10組、大宮カフェラウンジ『bekkan』の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

2017年要注目のニューカマー10組、大宮カフェラウンジ『bekkan』の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

5歳のあらた君&10歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「GIRLFRIEND」「LILI LIMIT」「みるきーうぇい」「緑黄色社会」「King Gnu」「YODAKEE」「kero kero bonito」「踊Foot Works」「ときめき♡宣伝部」「集団行動」「bekkan」
お台場TIFで観たcallme〜神宿〜たこ虹〜とき宣の話、あらた君のアサガオの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

お台場TIFで観たcallme〜神宿〜たこ虹〜とき宣の話、あらた君のアサガオの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」「callme」「神宿」「たこやきレインボー」「ときめき宣伝部」「PASSPO☆」「お台場」
access×TRFによる最新「Get Wild」の話、昭和カルチャーと平成カルチャーの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

access×TRFによる最新「Get Wild」の話、昭和カルチャーと平成カルチャーの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「TRF」「access」「MAMAMOO」「昭和」「平成」「TM NETWORK」「K-POP」
2018年エナジー補給外歩き用「夏うた」5選の話、callmeの「熱中症」4コマ漫画の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

2018年エナジー補給外歩き用「夏うた」5選の話、callmeの「熱中症」4コマ漫画の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「夏うた」「サザンオールスターズ」「SISTAR」「ヒョリン」「初音ミク」「callme」「K-POP」
2018年下半期大注目King Gnuの話、さいたま鉄道博物館のリニューアルがすごいの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

2018年下半期大注目King Gnuの話、さいたま鉄道博物館のリニューアルがすごいの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「King Gnu」「フジロックフェスティバル」「BANANA FISH」「さいたま鉄道博物館」「DAY6」

この記事のキーワード