mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年3月20日 更新

モダンでありながらクラシカル…様々な魅力を持つ国“日本=enigma”を旅してできた最新作『enigma』をMONKEY MAJIKが語る

2018年3月21日にリリースされるMONKEY MAJIKのNewアルバム『enigma』。“神秘”“謎”“解き明かせないもの”といった意味を持つタイトルを冠した本作はいかにして制作されたのか…メンバー4人に改めてインタビューしました。さらにmu-moショップとライブ会場のみで販売中の【mu-moショップ・会場限定商品】に付いてくる「MONKEY MAJIKオリジナル弁当箱3点セット」大解剖も!巻末の読者プレゼントまで要チェックです。

MONKEY MAJIK / Tokyo lights

TEXT:川倉由起子 PHOTO:八木虎造
via

僕らもいろんな可能性を秘めたひとつの“enigma”

――昨年は自身初となる全国47都道府県ツアーを敢行。日本の随所を見てきたMONKEY MAJIKが放つ最新アルバム『enigma』は、どんな作品に仕上がりましたか?

TAX:47都道府県ツアーでは日本全国、本当に津々浦々まで初めて旅をして、その土地その土地に良さがあるなということを実感しました。日本という国は、どこも本当に素晴らしい文化や伝統が根付いているんだなぁと。そんな中で、改めて“日本”というものを作品に落とし込むというか、そういったことを意識しながら作品作りをするのも面白いんじゃないかということで作ったのが今回のアルバム。完成した曲を並べて見てみると、日本語の詞はなんとなく“雲の上の存在”というか、どこか“神様的なもの”を意識しながら書いているところがあって。何かにすがりたいというか、見えないものに救いを求めているような……。そういう“遠い存在とのコミュニケーション”みたいなことが今回の詞にふんだんに入っているのは、47都道府県ツアーで日本の神秘的なところなどを見てきたことが無意識に作用したのかもしれません。
Maynard:英語の歌詞も、訳してみると同じようなテーマを持っていたりして、それはやっぱり4人で全国ツアーを回って約100日間ずっと一緒にいたことが大きいんじゃないかなって。作品へのアプローチは違っても、同じバイオリズムの中で過ごした時間が生み出したものは大いにあるんじゃないかと思います。
Blaise:僕は14~15歳の頃カナダでも全国を回ったことがあって、それもすごく楽しくていい経験だったんですが、今回の日本一周も本当に素晴らしかった。小豆島、伊勢……挙げればキリがないのですが、日本のスピリチュアルなパワーというか、そういうものも感じてきたからこそアルバムになったんじゃないかと思います。

Blaise -ブレイズ- (Vo&Gt)

via
――タイトルの“enigma”は、直訳すると“神秘”“謎”“解き明かせないもの”という意味。ただ今回は、“日本=enigma”という独自の視点でテーマを掲げて制作したんですよね。

Maynard:海外ではもともと日本のことを“ミラクル”とか“enigma”と表現することがあって。昔のエッセイや研究論文によく見られるんですけどね。それほど日本は神秘的というか、いろんな魅力を持った国で、あと僕は1986年にカナダで開催されたバンクーバー万博で“(日本は)こんなにモダンな国がこんなクラシカルなものを残していたり、リスペクトしているんだ”っていうのに驚き、不思議な国だなと思ったんです。今はもう長いこと日本にいて、その最初の印象も薄れてしまっているのですが、昨年のツアーで改めて日本の原点を見つめ直すことができたし、さらにはこのMONKEY MAJIKというバンド自体もいろんな可能性を秘めたひとつの“enigma”なのかなって。だから、そういういろんなものが重なってこういうタイトルになりました。
――アルバムのイチオシ曲をひとりずつ教えてもらえますか?

Blaise:「Venom」はすごくジャパネスクな曲だなって。英語と日本が混ざった歌詞で、洋楽と演歌をミックスした感じもあって、面白い曲になったと思います。曲中には女性ボーカルのパートがあるんですが、もともと仮歌の予定で歌ってくれていた女性の声がすごくよくて、それをそのまま採用しています。いい感じの暗さというか、今にも泣き出しそうな雰囲気が出ていて本当にグッと来るんですよ。
――聴かせていただいて、本当に心に刺さる節回しが印象的でした。ちなみに、この女性はプロシンガーの方なんですか?

Blaise:いや、音楽の活動はしていない方で、名前も明かさないでほしいみたいです(笑)。まさに“enigma”アーティスト!!
――その通りですね(笑)。ではTAXさんはいかがですか?

TAX:僕は「A.I. am Human」。映画『CYBORG 009 CALL OF JUSTICE』の主題歌として、宮城県を代表する漫画家・石ノ森章太郎先生の作品に携われたことは光栄だったし、アニメ自体もとても斬新な手法が使われていて、このバンドがずっと新しい挑戦を続けてるっていうところでは刺激を受ける部分も多かったんです。あとこの曲は何より、ライブでやっててもすごく楽しい曲で。

TAX -タックス- (Dr)

via
Blaise:楽しいよねー! 僕も好き。痩せるし(笑)。
60 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こうやって3人で集まってみて”やっぱりこの人たちしかいない”と思った。m-flo「the tripod e.p.2」インタビュー

こうやって3人で集まってみて”やっぱりこの人たちしかいない”と思った。m-flo「the tripod e.p.2」インタビュー

今年20周年を迎えたm-floがオリジナルメンバーのLISA、☆Taku Takahashi、VERVALの3人で約15年ぶりに再始動。2018年3月7日にリリースされた新作「the tripod e.p.2」で本格的な活動をスタートさせる。リユニオンに至る経緯、映画『去年の冬、きみと別れ』の主題歌「never」を含む新作の制作、今後のビジョンなどについて3人に聞いた。
イトヲカシ、独占インタビュー。王道ポップに燃える豪華タイアップ両A面キラーチューンの誕生「アイオライト/蒼い炎」

イトヲカシ、独占インタビュー。王道ポップに燃える豪華タイアップ両A面キラーチューンの誕生「アイオライト/蒼い炎」

ネット発、路上育ちの二人組音楽ユニット・イトヲカシ。11月3日(金・祝)に3枚目のシングル『アイオライト / 蒼い炎』をリリース。映画『氷菓』主題歌「アイオライト」と、週刊少年ジャンプの人気漫画を映像化したアニメ『ブラッククローバー』のエンディング・テーマ「蒼い炎」という豪華両A面シングルだ。勢いに乗る二人に、イトヲカシならではの王道ポップソングがいかにして誕生したのかを聞いてみた。巻末の読者プレゼントもチェック!
mu-mo station編集部 | 2,105 view
和楽器バンド『オトノエ』リレーインタビュー♪第2弾は黒流&町屋!【3/5】

和楽器バンド『オトノエ』リレーインタビュー♪第2弾は黒流&町屋!【3/5】

2018年4月25日に5thアルバム『オトノエ』をリリースする和楽器バンド。“ミュージアム”というテーマを掲げ、聴覚だけでなく視覚的にも楽しめる本作に秘められた、メンバーそれぞれの想いをさらに深掘りすべく、4回に渡ってリレー方式でお届けしていきます。第2弾は黒流と町屋!巻末の読者プレゼントも要チェックです★
mu-mo station編集部 | 2,181 view
「この作品で新しい自分を生み出すんだ」強い想いをもって紡ぎ出した初のセルフ・プロデュース作品。森 恵『1985』ロングインタビュー

「この作品で新しい自分を生み出すんだ」強い想いをもって紡ぎ出した初のセルフ・プロデュース作品。森 恵『1985』ロングインタビュー

2018年4月25日(水)にオリジナル作品としては実に4年ぶりとなるフル・アルバム『1985』を発表するシンガーソングライター森 恵。もともと歌唱力とギタープレイに定評のある彼女が満を持して初のセルフ・プロデュースに挑戦した本作の魅力と、音楽的ルーツまでを、じっくりたっぷり紐解きます。巻末の読者プレゼント情報もお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 1,277 view
葛藤から這い上がり、自問自答の上で行き着いた“光の方向へ向かう音”とは。戸渡陽太『光へのアーキテクチャ』インタビュー

葛藤から這い上がり、自問自答の上で行き着いた“光の方向へ向かう音”とは。戸渡陽太『光へのアーキテクチャ』インタビュー

シンガーソングライターの戸渡陽太が、2018年4月18日におよそ1年ぶりとなる新作ミニアルバム『光へのアーキテクチャ』をリリース。”自分自身と徹底的に向き合って制作した”という6曲入りの本作に込められた魂と、かき鳴らすような独特のギタースタイルとハスキーな歌声を組み合わせる音楽スタイルに至った道のりに迫ります。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。

この記事のキーワード