mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2019年1月9日 更新

今作は今まで以上に制作に関わらせて頂きました。Q’ulle『我夢者羅』インタビュー

1月16日に約1年ぶりとなる「我夢者羅」を発売するQ’ulle。今作は今まで以上に制作に関わらせて頂いたと話す彼女たち。そんな今作に込めた想いや制作秘話、さらに今後の夢についてたっぷり語ってもらいました!巻末の読者プレゼントもお見逃しなく♪

via
いくら:Q’ulleチームの皆さんにも手伝ってもらって。最後の最後まで直して。プリプロの段階でできてた歌詞がレコーディング直前に全く変わって。かっこいい仕上がりになってよかったなって思うんですけど、改めて歌詞を見ると、すごいふざけてるなって思うし。真面目にふざけるのってすごい難しいんだなって思いました。複数人での作詞も初めてだし、ふざけて書くのも初めてだし。でも、ライブでは楽しいと言ってもらえるので、ライブで映える曲ができたんじゃないかなと思います。

やっこ:最初にあった歌詞から変わるってなって。ほんとにどうしようと思って。こんなに楽しい曲なのに、この世の終わりかっていうくらいの顔になって、ヤバイヤバイって、みんなで書いてて。今までのQ’ulleにはない、アルバムだからこそ見せれる顔なのかなと思います。

——Q’ulleのいろんな顔が見えるアルバムになってますね。

いくら:そうですね。昨年、培ったものや出会いをぎゅっと凝縮した1枚になっていると思います。1人でも多くの人に共感してもらえれば、もっともっと、大きくなれると思うので、まずはこのアルバムをたくさんの方に届けたいなと思います。
via
——最後に個人としての夢をお伺いしてもいいですか? 

いくら:私は個人的な夢もQ’ulleになっちゃいますね。Q’ulleがドカンと売れることが私の個人的な夢でもあります。家族がもっともっと増えたらいいなと思うし、大家族になって、みんなで我武者羅に走っていきたいです。

ゆずき:私は常に生きるのしんどいと思って生きてるタイプなんですけど(笑)、それって、音楽に救ってもらえてると思ってるんですよ。こうして、私たちが我武者羅にしてることも誰かの救いになってると思うので、音楽でちゃんと伝えていきたいと思ってます。あとは、「Q’ulleにやべえシャウトする奴いるらしいぜ」って思ってもらえるようになりたい。今まではそれで離れて行っちゃう人もいるのかなって思ったりもしたんですけど、強みになったらいいなと思っているので、私のできる最大のことを強めていきたいなって思います。

やっこ:私も強くなりたいです。Q’ulleをやる前もそうだし、Q’ulleになってからもそうなんですけど、自分がもっと強かったらよかったのにって思うことが結構あって。ステージに立って、感情が最高潮になった時は、自分のことが無敵だって思うんですよ。そういうことはなかなかないし、今は周りの人にたくさん助けられている状況なので、自分が強くあれば、みんなのことももっと救えると思うし。パフォーマンスでも、歌でも、ラップでも、みんなのことを助けられる強さが持てるようになりたいです。

まぁむ:渋谷にめっちゃ大きい広告が出るのが夢です! 渋谷をジャックしたいですね。

まなこ:Q’ulleはネットから飛び出たので、ネットとリアルを繋ぎたいっていう大きな夢があって。「踊ってみた」のファンに人にはQ’ulleを知ってもらって、その先の外の世界も知ってほしいし、リアルでフェスやライブに行ってる人には、Q’ulleから「踊ってみた」っていうカテゴリーがあることを知ってもらいたいっていう思いがあるので、これからも「踊ってみた」を続けていきたいし、Q’ulleを通して、ネットとリアルをつなぐ架け橋になりたいなって思ってます。

Q'ulle / avex 1st Digital Single 「ナツシルベ」 みんなで踊ってみた ver.

関連リンク

Q’ulleからの読者プレゼント情報

Q’ulle『我夢者羅』特集をご覧の方の中から、抽選で3名様に「直筆サイン入りチェキ」をプレゼント!

下記応募フォームより奮ってご応募ください!! ※ご応募にはmu-mo ID(登録無料)が必要となります。未登録の方は応募フォームからご登録いただけます。
via

【応募締め切り】2019年2月1日(金)23:59まで

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

仮面ライダーファンの方にも楽しんでもらえる作品に。Shuta Sueyoshi feat. ISSA「Over “Quartzer”」インタビュー【後編】

仮面ライダーファンの方にも楽しんでもらえる作品に。Shuta Sueyoshi feat. ISSA「Over “Quartzer”」インタビュー【後編】

1月16日に2ndアルバム『WONDER HACK』をリリースするShuta Sueyoshi。1月23日には、DA PUMPのISSAとコラボレーションした、20作目にして平成最後のライダーとして話題のテレビ朝日系『仮面ライダー ジオウ』の主題歌「Over“Quartzer”」をリリースする。幼少期より『仮面ライダー』のファンだったと公言するShuta Sueyoshiに、その『仮面ライダー』の魅力からソロアーティストとして活動するうえで大切にしていることについて話を聞いた。
新たな革命を起こし、誰も成し得なかったことをやる…THE RAMPAGE from EXILE TRIBE「THROW YA FIST」インタビュー

新たな革命を起こし、誰も成し得なかったことをやる…THE RAMPAGE from EXILE TRIBE「THROW YA FIST」インタビュー

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが、2019年1月30日に初のアリーナツアーと同じタイトルを冠したキックオフ・シングル「THROW YA FIST」をリリースする。カップリングの2曲は、こちらも初となるドラマ&アニメタイアップが決定しており、ますます勢いに乗る彼ら。グループを代表してLIKIYA・陣・RIKU・川村壱馬・吉野北人が本作への熱い想いを語ってくれました。
“Shutaらしい”は僕にとって最高の褒め言葉。Shuta Sueyoshi『WONDER HACK』インタビュー【前編】

“Shutaらしい”は僕にとって最高の褒め言葉。Shuta Sueyoshi『WONDER HACK』インタビュー【前編】

1月16日に2ndアルバム『WONDER HACK』をリリースするShuta Sueyoshi。「人間の感情や脳内を、僕の作る音楽でハッキングしたい」という想いをタイトルに込めた本作は、2月からスタートする“Shuta Sueyoshi LIVE TOUR 2019 -WONDER HACK-”を見据えて制作された。そのShuta Sueyoshiに、ライブへの想いやアルバム制作について話を聞いた。
自身3度目のツアーで全国7箇所を回った"Beverly 2nd JOURNEY「24」~ Winter ~"@代々木YAMANO HALLライブレポ

自身3度目のツアーで全国7箇所を回った"Beverly 2nd JOURNEY「24」~ Winter ~"@代々木YAMANO HALLライブレポ

今回は過去最多、全国7箇所を回り、自身3度目のツアーとなった"Beverly 2nd JOURNEY「24」~ Winter ~"から最終公演となった代々木YAMANO HALL公演の模様をお届けします。
カラクリ史上初となる東名阪ツアー“PALETTE TOUR Vol.1”@渋谷ストリームホールライブレポート

カラクリ史上初となる東名阪ツアー“PALETTE TOUR Vol.1”@渋谷ストリームホールライブレポート

2018年5月にメジャーデビューを果たした、RIOSKE・TAKUYA・JUNPEI・KAZ・YUUTOの5人から成る、次世代のボーイズ・ボーカルグループ、COLOR CREATION(カラークリエイション)。グループ初となる東名阪ツアーから、12月9日(日)渋谷ストリームホール公演の模様をお届けします。

この記事のキーワード