mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年6月6日 更新

ケータイ世代が泣いた!笑った!共感した! もう一度聴きたい、思い出の着うたソング特集

ケータイからダウンロードする「着うた」ブームが到来した2000年代前半。 思わず涙してしまう共感度120%の「泣き歌」が流行りました。ちょっぴりせつなくて、でも笑顔になれる。そんな時代を象徴する着うたソングの火付け役となった大ヒット曲をまとめてご紹介!

「着うた」で日本の音楽カルチャーが激変!?

携帯やスマホに好きな歌をダウンロードして聴くことなんて今や当たり前!
でも一昔前はCDを買って、ウォークマンなどのポータブルオーディオプレーヤーに録音をして音楽を楽しむことが主流だったこと、覚えていますか?

そう!ケータイの登場により、それまでの音楽の常識をひっくり返すとともに、「着うた」という新しい音楽カルチャーを生み出したのです!!

ちょっと聴いて「いいな」と思った歌や、友達がオススメしてくれた曲をケータイで調べてすぐにダウンロードができてしまうという使い勝手の良さと、思わず周りに「この曲聴いて!!」と伝えたくなる共感度が見事にマッチして「泣ける着うた」が2000年代前半から次々に登場しました。

あの頃の思い出を振り返ってみたくなる、せつなくて甘酸っぱい想いがたっぷり詰まったもう一度聴きたい「着うた」をまとめてお届けします!

男も女も涙した!?永久保存したい、最強に泣ける青山テルマのアンサーソング!

2007年にリリースされ、驚異の口コミ効果で着うたフル配信でミリオンを達成したSoulJaの「ここにいるよ feat.青山テルマ」で注目を浴びた歌手といえば青山テルマ!アンサーソングとなる「そばにいるね」はなんと着うた配信850万ダウンロードを記録。

当時の着うたフルで史上初のダウンロード数200万件を突破し、超ロングセラーとしてケータイ世代に支持されていた人気ソングです。

不器用だけど一途に愛してくれる…、恋をしたことがある人全員の心に響く、泣きソングです♡

青山テルマ「そばにいるね featuring SoulJa」| mu-mo(ミュゥモ)

2008年着うた®ダウンロードで850万を記録した遠距離ラブソング。女性視点、男子視点から見た曲の内容が多くの共感を生みました。

奇跡のコラボ!同世代を大興奮の渦に巻き込んだミリショーの神曲

2009年に加藤ミリヤと清水翔太がタッグを組んで話題となったコラボソングといえば「Love Forever」。

着うたでも次々にダウンロードされ、当時では異例の230万ダウンロードを記録!「君に出会えてよかった」そんなシンプルな言葉の裏にあるその想いは、人生で1番愛した人に向けて誓う永遠の愛。

こんな風に本気で愛せる人と出会いたい!!と何度でも思わせてくれる究極のラブチューンです。

加藤 ミリヤ×清水 翔太「Love Forever」| mu-mo(ミュゥモ)

女ゴコロの名手と男ゴコロの匠の生み出した、最強のコラボ・ラブソング。別れとそれぞれの決意を描いた切ない歌詞が10代から20代の男女の心を鷲掴みし、累計280万ダウンロードを記録しました。

いつの時代に聴いても泣かしてくれる、実力派シンガー・JUJU

泣き歌の鉄板シンガーとして外せないのがJUJU!映画「余命1ヶ月の花嫁」の主題歌だった「明日がくるなら」は2009年着うた配信2大サイトで1位を獲得し、着うたフル配信でミリオンを達成した大ヒットソング!スポンテニアとのフィーチャリング「君のすべてに」も記憶に残っているはず。

最近ではバブル時代の名曲「六本木心中」などJUJUお気に入りの懐かしの歌謡曲をカバーしているのでこちらもぜひチェックしたいところ!

JUJU with JAY'ED「明日がくるなら」| mu-mo(ミュゥモ)

映画『余命1ヶ月の花嫁』主題歌。“泣ける”と話題の映画の内容とマッチした歌詞の世界が感動の波を広げていき、2009年の年間配信チャート1位、配信累計300万ダウンロード突破しました。

スポンテニア「君のすべてに (feat.JUJU) featuring JUJU」| mu-mo(ミュゥモ)

“セツナ系”と呼ばれるバラードが人気を博すきっかけにもなったヒットソング。壮大なメロディとラップの掛け合いが日本中の心を揺さぶり、2008年累計300万以上ダウンロー ド突破しました。
ケータイ片手に泣いたり笑ったり。着うたの普及によって、音楽がより身近な存在となった今。

その火付け役ともいえる泣ける名曲たちを「今」だからこそ再び聴いてみてはいかがでしょうか♪
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ジャズがあればどこまでだっていける気がする。JUJU『DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~』インタビュー

ジャズがあればどこまでだっていける気がする。JUJU『DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~』インタビュー

デビュー15週年を迎えたJUJUが、アルバム『DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~』を12月5日に発売する。シリーズ第3弾となる今作は、前2作に引き続き松尾潔氏が総合プロデュースの元、NHK総合『世界はほしいモノにあふれてる』のオープニングテーマ「Remember(The Good Times)」から「Fly Me To The Moon」をはじめとする、ジャズ初心者にも耳馴染みのある名曲を多数収録した珠玉のアルバムが完成した。
JAY'ED「気付いたら過去の曲に頼っていた」仲間に支えられリスタート

JAY'ED「気付いたら過去の曲に頼っていた」仲間に支えられリスタート

2017年6月21日、約3年ぶりのNewアルバム『Here I Stand』をリリースするJAY'ED。「ヒット曲が出なかった時期は数字に振り回され、純粋に音楽と向き合えていなかった」という彼に、ようやくたどり着いた2ndステージへの想いと、支えてくれたEXILE ATSUSHIをはじめとする仲間の存在についてお伺いしました。
「毎日がクレイジー!」伝説のディスコ・ジュリアナ東京のDJジョン・ロビンソンがバブル時代を語る!【独占インタビュー】

「毎日がクレイジー!」伝説のディスコ・ジュリアナ東京のDJジョン・ロビンソンがバブル時代を語る!【独占インタビュー】

就職先は一流企業!高給が当たり前!ハイブランドを身に纏い、愛車はスーパーカー!今では考えられないような贅沢三昧ができた1980年代後半から1990年代初頭の超好景気といえば「バブル時代」。 夜な夜な若者たちが集うディスコにはワンレン・ボディコンの美女たちが「お立ち台」でゴージャスな羽付き扇子を振り回して踊り狂う…!!なにもかもが華やかだったバブル時代の伝説的ディスコ「ジュリアナ東京」で毎晩引く手多数だった現役DJジョン・ロビンソンの独占インタビューに成功!!
CDが100万枚以上売れた時代:TRF、globe、浜崎あゆみ

CDが100万枚以上売れた時代:TRF、globe、浜崎あゆみ

様々なバブルを振り返る第2弾。今回のテーマは「CDバブル」。 バブル経済崩壊後の日本は、様々な音楽が溢れ、沢山のヒット曲が生まれ、CDが100万枚以上売れる、“ミリオンヒット”が続々登場。 カラオケやドライビングミュージックをはじめ、コミュニケーション手段だけでなく、人々の生活に欠かせないものになりました。
バブル時代を彩ったヒット曲たち:ヒット曲やディスコナンバーを紹介

バブル時代を彩ったヒット曲たち:ヒット曲やディスコナンバーを紹介

1986年から1991年の間に起こった空前絶後、超絶怒涛の 好景気。ブランドを愛し、ブランドに愛された若者たちが、毎夜ディスコで踊り狂っていた。お立ち台、扇子、ボディコン。全ての饗宴の生みの親、マハラジャ&ジュリアナ東京が、この時代を彩っていたといっても過言ではありません。そんなバブル時代の音楽事情をご紹介。

この記事のキーワード