mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年7月24日 更新

『unlock』のアンサー・ソング「under the same sky」に込めた“強さ”とは。urata naoya(AAA)『unbreakable』インタビュー(後編)

2018年7月25日に1年3ヶ月ぶりのNewアルバム『unbreakable』をリリースする浦田直也。前作『unlock』で全曲作詞を手がけ、「心を解放して本音を吐き出した」と力強く語っていた彼が発表するのは、昨年のツアーのバンマス・宗本康兵が全曲を作曲し、浦田が再び全曲の作詞に挑んだ意欲作。作品完成までの繊細な心の機微を、ほとばしる思いのまま語っていただきました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。

TEXT:藤井美保
--- それが『unbreakable』の歌声にも出てますよね。では、ここからは1曲ずつ紹介していただこうと思います。まず、インストのタイトル曲「unbeakable-introduction-」。

浦田:もともと2曲目となっている「Checkmate」のイントロを長めにしたいというところから始まって、せっかくだからタイトル曲にしようというふうになっていきました。イメージはライブのオープニング。ホントに子供みたいなオーダーの仕方をしました(笑)。
--- 再現お願いします!

浦田:「映画の始まりで、最初はエキストラみたいな人たちが映ってるんだけど、そのうち“♪ズクジャン!”って音がして、カメラが足元なめで上に向かって寄っていくと、その人物がクルッと振り返って、“主役キタ--- !”って瞬間あるじゃん。そんな感じがほしい」でした(笑)。康兵くんも、「オーッ! わかりやすい」と言って作曲にとりかかってくれました。そのときはまだ、いかついほうの強さに引っ張られてたと思います。遠くからでも歩いてくる威圧感を感じて、みんなが「やっべー。urata naoyaキター!」と怖がるみたいな(笑)。
--- 「Checkmete」は。

浦田:『unlock』のときは、けっこうロックなイメージで歌ったんですけど、ずっと見たり聴いたりしてくれてる人にとってのurata naoyaって、やっぱりバラードなんだろうなというのがあるんです。それをどこかで変えたいなとも思うけど、一方で裏切りたくないなとも思う。「甘い声」と言ってもらえるなら、それを存分に聴いてもらいたいなと思いますから。だから、アルバムの歌としての1曲目は、バラードにしたいと思ったんです。それも、壮大なイメージの曲。「ある瞬間幕が落ちて、照明がパン! と当たって、そこでやっと顔が見えるみたいな」というようなことを康兵くんに話しました。
--- まさにドンピシャの曲ですね!

浦田:そうなんです。1番はいつもの浦田直也のバラードなのに、2番からはいきなりテンポアップして盛り上がる。
--- 「変えたい」と「裏切りたくない」のどちらも可能にした曲。「Checkmate」はチェスで王手をくらう、追い詰められるという意味ですが、歌詞は決意と希望に満ちていますね。

浦田:追い詰められた状態になっても絶対切り開いていけるという思いをこめたかったんです。
--- 「人生(とき)動かすこの手で」という言葉が力強いです。ちなみに、AAAのファンクラブ【AAA Party】から購入すると、浦田さんのオリジナル手形がゲットできるそうですね。

浦田:はい。「この手で」という歌詞から企画しました(笑)。
--- 「you are my xxxxx」はラテン風サウンドもMusic Videoも含めてセクシーな仕上がり。

浦田:セクシーじゃなくてエロです(笑)。セクシーと言われていいのは、40代、50代になってからと思っているので。
--- なるほど。

浦田:やわらかい強さみたいなものを得て、なんでも見せられるよとなったときに、「もう大人だし、エロい姿も見せていいんじゃないかな?」と思い、康兵くんに「赤い曲をお願い」とオーダーしました(笑)。サビに昭和感があって、年代問わず喜んでもらえる曲になってると思います。

urata naoya (AAA) / 「you are my xxxxx」 Music Video

--- 「once in my life」はすごく賑やかで爽快な曲。サッカー・スタジアムを思い浮かべました。

浦田:なんかの拍子に康兵くんが、「直也くんの曲ってけっこう重いの多いよね」と言ったことがあったんです。自分でもそう思ってたから、「そうなんだよね。フツーに爽快な曲が書けなくて」と返しました。そしたら、康兵くんが、「いや、絶対書けるよ。そういう歌詞が引っ張り出せる明るい曲作ってみようか?」と言ってくれて、そう言われると、僕もなんか書けるような気になってきて、「じゃあ、青い曲書いて!」と言いました。「青ね。どういう青?」、「水色に近い青」、「わかった!」というやりとりでできた曲です。

--- 歌詞はどんなふうに?

浦田:爽快な曲だからこそ、あんまり爽快な詞を書きすぎてもダメだなと思い、「たまにつまずくことはあるけど、会えばまた笑い合えるじゃん」というような歌にしようと。たぶん、誰にでもあると思うんですよ。相談したいことがあって友だちに会いに行ってみたら、なんだか急に面白くなっちゃって、「もう今日は相談やーめた!」って思うことが(笑)。そういうちょっと屈託もあるバカ騒ぎ感が出せたらなと思いました。
--- 「♪For once in my life」の「life」がかなり高くて、ファルセットを使ってますよね。この曲に限らず、今回はハイトーンを恐れずに使ったメロディ・ラインが多い。それも宗本さんの意図ですか?

浦田:そうです。さっきもちょっと話しましたが、ライブ中、僕が伸ばす音ですごく気持ちがいいところがあるらしく、「なんかオレもゾワッとしてるよ」と言ってくれてたんですね。そういった特長が自然と出るような曲を書いてくれてました。「母音が“お”で伸びるのが気持ちいい」とも言ってくれて、自分でもなるほどと思っていたので、たぶん「お」で伸びる曲も多いと思います。
--- そういえば、「under the same sky」の歌い終わりの高い音も「お」だったりしますね。

浦田:そうです、そうです。実は「once in my life」をもらったとき、僕は即、「キー、高すぎるわ」と反応したんです。でも、康兵くんは、「いや、いちばんきれいにファルセットが出るキーにしてあるから、絶対出る」と言ってくれてた。で、仮歌入れてみたら、本当に自分でもめちゃくちゃ気持ちよく出てびっくりしました。そうそう、このアルバムの歌は、全部1日で録ったんですよ。
--- そうなんですか!

浦田:ライブも想像しながら。

--- まさにそのレコーディング自体がライブじゃないですか!

浦田:はい。でも、声が全然嗄れなかったんです。高い音の冒険があっても、無理に出してる感覚が全然なくて。自分としては、「orange」を歌う頃にはちょっと嗄れてるだろうから、ハスキーな感じで歌いたいしちょうどいいやと思ってたんですけど。

--- 残念なことに嗄れなかったと(笑)。

浦田:声に合っている曲だと、こんなにも嗄れないものなんだと本当に驚きました。たまにあるんですよ。「これ、レコーディングだから歌えたけど、ライブではヤバいかも」ってことが。そうすると、ライブでは「一旦ここで低めのキーの曲をはさもう」といった対策をとることになり、自分の実際の気持ちの流れとは違う流れになっちゃったりするんです。でも、完成した『unbreakable』が聴き終えたあとは、「これはライブでも全然余裕でイケる!」と思いました。
46 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

『unlock』からのプロセスがあってやっとフル・アルバムが完成した感じです。urata naoya(AAA)『unbreakable』インタビュー(前編)

『unlock』からのプロセスがあってやっとフル・アルバムが完成した感じです。urata naoya(AAA)『unbreakable』インタビュー(前編)

2018年7月25日に1年3ヶ月ぶりのNewアルバム『unbreakable』をリリースする浦田直也。前作『unlock』で全曲作詞を手がけ、「心を解放して本音を吐き出した」と力強く語っていた彼が発表するのは、昨年のツアーのバンマス・宗本康兵が全曲を作曲し、浦田が再び全曲の作詞に挑んだ意欲作。作品完成までの繊細な心の機微を、ほとばしる思いのまま語っていただきました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 1,045 view
私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

2018年7月18日にソロ第2弾シングル「Summer Mermaid」をリリースする宇野実彩子(AAA)。「夏を楽しく過ごせるようなサマーチューンが欲しくなったんです」という思いから生まれた表題曲は、キラキラしたサウンドと恋の楽しさがひとつになった大人なサマーラブソング。本作の制作をフックにしながら、ソロアーティストとしてのビジョンについて語ってもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!
mu-mo station編集部 | 3,197 view
10代ガールズバンドGIRLFRIEND、独占取材。甘く魅惑的な1stアルバム『CHOCOLATE』ができるまで

10代ガールズバンドGIRLFRIEND、独占取材。甘く魅惑的な1stアルバム『CHOCOLATE』ができるまで

“日本で1番のガールズバンドになる”、それを成し遂げるべく活動する4人組 GIRLFRIEND。バンド結成まで、全く楽器を触ったこともなかった彼女たちが、3年という月日でいかに成長したか。それを感じるには十分すぎる魅力を解き放つのが2018年2月21日にリリースする1stアルバム作品『CHOCOLATE』。時にはスウィートに時にはビターに。10代のメンバー各々が詞曲に携わるからこそ鳴らせる、等身大でリアルな言葉と音楽がそこにはありました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
mu-mo station編集部 | 1,368 view
urata naoya (AAA)ロングインタビュー【後編】自分の中だけにある“真実”。本当に作りたかったもの。

urata naoya (AAA)ロングインタビュー【後編】自分の中だけにある“真実”。本当に作りたかったもの。

2017年4月26日(水)にリリースされるurata naoya (AAA)のオリジナル・アルバム『unlock』。音楽への愛、作り手への敬意をしのばせた静かな筆致で数々のトップ・アーティストを紹介してきた音楽ライター・藤井美保のインタビューで、本作に込められた浦田直也の想いに迫ります。
urata naoya (AAA)ロングインタビュー【前編】歌という武器を使ってリアルなことを全部しゃべろう。

urata naoya (AAA)ロングインタビュー【前編】歌という武器を使ってリアルなことを全部しゃべろう。

2017年4月26日(水)にリリースされるurata naoya (AAA)のオリジナル・アルバム『unlock』。音楽への愛、作り手への敬意をしのばせた静かな筆致で数々のトップ・アーティストを紹介してきた音楽ライター・藤井美保のインタビューで、本作に込められた浦田直也の想いに迫ります。

この記事のキーワード