mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年12月26日 更新

“今が変化のタイミング” SKE48、次の10年へのスタートを宣言する一曲「無意識の色」センター・小畑優奈インタビュー

2018年はSKE48の10周年イヤーとなる記念の年。そんな特別な年のスタートを飾るのは22枚目のシングル「無意識の色」。前作に続きセンターを務める小畑優奈に単独インタビューを敢行! 連続センターに抜擢された率直な思いや、前作とは違う新しい自分を見せたという彼女に話を聞いた。MV収録の秘話や、新たなオリジナル特典「歴代衣装着用生写真」についての話もチェックして!

全49種の「歴代衣装着用生写真」小畑優奈が着用したのは?

――オラオラですか(笑)。ちなみにmu-moショップで【歴代衣装着用生写真付き】「無意識の色」を購入するとメンバーが歴代シングル衣装を着用したオリジナル特典「歴代衣装着用生写真」が付いてきますが、小畑さんはどんな衣裳を?

私は「片想いFinally」「未来とは?」「意外にマンゴー」を着ました。特に「未来とは?」は自分が研修生のとき、先輩たちが衣装を着て踊っているのを見て「自分も着てみたいな」と思っていたのですごく嬉しかったです。
via
――2018年はSKE48の10周年イヤーになりますが、SKE48として、そして小畑さん個人の目標を教えてください。

SKE48としては10周年を盛り上げるために、自分もどんどん頑張っていきたいと思っています。個人的にはもっとバラエティ番組に出てみたい! 出演させていただいた時、すごく緊張したんですけど、とてもおもしろくて。いつか、ドッキリ番組の仕掛人もやってみたいです!
via

関連リンク

※特典には数に限りがあり、無くなり次第終了となります。ご了承ください。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こうやって3人で集まってみて”やっぱりこの人たちしかいない”と思った。m-flo「the tripod e.p.2」インタビュー

こうやって3人で集まってみて”やっぱりこの人たちしかいない”と思った。m-flo「the tripod e.p.2」インタビュー

今年20周年を迎えたm-floがオリジナルメンバーのLISA、☆Taku Takahashi、VERVALの3人で約15年ぶりに再始動。2018年3月7日にリリースされた新作「the tripod e.p.2」で本格的な活動をスタートさせる。リユニオンに至る経緯、映画『去年の冬、きみと別れ』の主題歌「never」を含む新作の制作、今後のビジョンなどについて3人に聞いた。
SUPER JUNIOR-D&EのDONGHAEとEUNHYUKが“春を感じる洋楽”とは?【2018年4月21日O.A.】

SUPER JUNIOR-D&EのDONGHAEとEUNHYUKが“春を感じる洋楽”とは?【2018年4月21日O.A.】

InterFM897にて毎週土曜日24:30~O.A.中のラジオプログラム『mu-mo Premier Club Presents SUPER JUNIOR-D&E fellows』公式ブログ★今夜のプレイリストは“春を感じる洋楽”!ドンヘとウニョクにとって春といえば?今回は特別に連想ゲーム形式で答えてもらいました♪
mu-mo station編集部 | 1,492 view
和楽器バンド『オトノエ』リレーインタビュー♪第2弾は黒流&町屋!【3/5】

和楽器バンド『オトノエ』リレーインタビュー♪第2弾は黒流&町屋!【3/5】

2018年4月25日に5thアルバム『オトノエ』をリリースする和楽器バンド。“ミュージアム”というテーマを掲げ、聴覚だけでなく視覚的にも楽しめる本作に秘められた、メンバーそれぞれの想いをさらに深掘りすべく、4回に渡ってリレー方式でお届けしていきます。第2弾は黒流と町屋!巻末の読者プレゼントも要チェックです★
mu-mo station編集部 | 2,179 view
「この作品で新しい自分を生み出すんだ」強い想いをもって紡ぎ出した初のセルフ・プロデュース作品。森 恵『1985』ロングインタビュー

「この作品で新しい自分を生み出すんだ」強い想いをもって紡ぎ出した初のセルフ・プロデュース作品。森 恵『1985』ロングインタビュー

2018年4月25日(水)にオリジナル作品としては実に4年ぶりとなるフル・アルバム『1985』を発表するシンガーソングライター森 恵。もともと歌唱力とギタープレイに定評のある彼女が満を持して初のセルフ・プロデュースに挑戦した本作の魅力と、音楽的ルーツまでを、じっくりたっぷり紐解きます。巻末の読者プレゼント情報もお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 1,277 view
葛藤から這い上がり、自問自答の上で行き着いた“光の方向へ向かう音”とは。戸渡陽太『光へのアーキテクチャ』インタビュー

葛藤から這い上がり、自問自答の上で行き着いた“光の方向へ向かう音”とは。戸渡陽太『光へのアーキテクチャ』インタビュー

シンガーソングライターの戸渡陽太が、2018年4月18日におよそ1年ぶりとなる新作ミニアルバム『光へのアーキテクチャ』をリリース。”自分自身と徹底的に向き合って制作した”という6曲入りの本作に込められた魂と、かき鳴らすような独特のギタースタイルとハスキーな歌声を組み合わせる音楽スタイルに至った道のりに迫ります。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。

この記事のキーワード