mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年12月26日 更新

“今が変化のタイミング” SKE48、次の10年へのスタートを宣言する一曲「無意識の色」センター・小畑優奈インタビュー

2018年はSKE48の10周年イヤーとなる記念の年。そんな特別な年のスタートを飾るのは22枚目のシングル「無意識の色」。前作に続きセンターを務める小畑優奈に単独インタビューを敢行! 連続センターに抜擢された率直な思いや、前作とは違う新しい自分を見せたという彼女に話を聞いた。MV収録の秘話や、新たなオリジナル特典「歴代衣装着用生写真」についての話もチェックして!

TEXT:中屋麻依子 PHOTO:川田洋司

2018/1/10 on sale SKE48 22nd.Single 「無意識の色」MV full

2度目のセンターポジション…クールでカッコイイ小畑優奈を見せたい

――「無意識の色」は前シングルとはガラリと雰囲気が異なり、カッコよさが前面に出た楽曲ですね。

最初に聴いたとき「すごく難しい曲」と思いました。楽曲だけでなく、歌詞も難しい! 関係性を色で表す発想がなかったので、歌詞を理解するまでに苦戦しました。でも、読み込むうちに出会いによって自分の色が変化していく感じが掴めてきた気がします。
via
――「意外にマンゴー」に続き、「無意識の色」でもセンターを飾った気持ちは?

「意外にマンゴー」の一度で終わるのは嫌だったので、素直に嬉しかったです。SKE48が10周年ということもあって、きっと珠理奈さんがセンターだろうなと思っていたんですけど、私にセンターを任せていただいたので、SKE48にとって良い意味での変化をもたらすことができればと思っています。
――2度目のセンターとして見せたかったものはありますか?

「意外にマンゴー」は明るくハッピーな楽曲だったので笑顔を押し出しましたが、「無意識の色」はアップテンポでかっこいい曲。だから、前回とは違った、クールでカッコイイ小畑優奈を見せたいと思いました。
――確かに、MVのダンスもカッコイイ感じですよね。

ダンスは全体的に“キレ”がポイントで、キビキビと踊るようにしています。メンバーと角度を合わせるよう気を付けていて。MVの撮影は上から撮ることが多かったので、みんなとダンスがズレないよう、周りの気配を感じながら踊っていました(笑)。

SKE48 22ndシングル発売〜全国ツアー次回開催決定のお知らせ

――そんなカッコいいダンスとは対照的に、メンバーが10周年のパーティーをしているシーンはすごくかわいかったです!

あのシーンは本当にパーティーをしているんです! メンバーで料理を作る係、小物係、準備をする係と分かれていて、それぞれがパーティーに向けて準備をしています。そこはみんな素で楽しんでいるので、ぜひ、注目していただきたいです! ちなみに私は小物係だったんですけど、クラッカーがあったので、料理をしているチームの後ろにまわってナイショでバーン!! といたずらしちゃいました(笑)。
via
――小畑さん、案外、いたずら好きなんですね。

そうなんです! 隣に並んでいる子に突然、耳に息を「フーッ」って吹きかけて驚かせたりします(笑)。
――それはなかなかですね(笑)。今回、タイトルや歌詞に「色」がよく出てきますか、小畑さんは自分を何色だと思いますか?

うーん、透明かな。「奇跡の透明少女」というキャッチコピーをつけていただいたことがあるので(笑)。
via
――仲良しの日高優月さんは何色だと思います?

赤! いつもはじけているし、オラオラ感があるので赤にしか思えない(笑)。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こうやって3人で集まってみて”やっぱりこの人たちしかいない”と思った。m-flo「the tripod e.p.2」インタビュー

こうやって3人で集まってみて”やっぱりこの人たちしかいない”と思った。m-flo「the tripod e.p.2」インタビュー

今年20周年を迎えたm-floがオリジナルメンバーのLISA、☆Taku Takahashi、VERVALの3人で約15年ぶりに再始動。2018年3月7日にリリースされた新作「the tripod e.p.2」で本格的な活動をスタートさせる。リユニオンに至る経緯、映画『去年の冬、きみと別れ』の主題歌「never」を含む新作の制作、今後のビジョンなどについて3人に聞いた。
SUPER JUNIOR-D&EのDONGHAEとEUNHYUKが“春を感じる洋楽”とは?【2018年4月21日O.A.】

SUPER JUNIOR-D&EのDONGHAEとEUNHYUKが“春を感じる洋楽”とは?【2018年4月21日O.A.】

InterFM897にて毎週土曜日24:30~O.A.中のラジオプログラム『mu-mo Premier Club Presents SUPER JUNIOR-D&E fellows』公式ブログ★今夜のプレイリストは“春を感じる洋楽”!ドンヘとウニョクにとって春といえば?今回は特別に連想ゲーム形式で答えてもらいました♪
mu-mo station編集部 | 1,492 view
和楽器バンド『オトノエ』リレーインタビュー♪第2弾は黒流&町屋!【3/5】

和楽器バンド『オトノエ』リレーインタビュー♪第2弾は黒流&町屋!【3/5】

2018年4月25日に5thアルバム『オトノエ』をリリースする和楽器バンド。“ミュージアム”というテーマを掲げ、聴覚だけでなく視覚的にも楽しめる本作に秘められた、メンバーそれぞれの想いをさらに深掘りすべく、4回に渡ってリレー方式でお届けしていきます。第2弾は黒流と町屋!巻末の読者プレゼントも要チェックです★
mu-mo station編集部 | 2,179 view
「この作品で新しい自分を生み出すんだ」強い想いをもって紡ぎ出した初のセルフ・プロデュース作品。森 恵『1985』ロングインタビュー

「この作品で新しい自分を生み出すんだ」強い想いをもって紡ぎ出した初のセルフ・プロデュース作品。森 恵『1985』ロングインタビュー

2018年4月25日(水)にオリジナル作品としては実に4年ぶりとなるフル・アルバム『1985』を発表するシンガーソングライター森 恵。もともと歌唱力とギタープレイに定評のある彼女が満を持して初のセルフ・プロデュースに挑戦した本作の魅力と、音楽的ルーツまでを、じっくりたっぷり紐解きます。巻末の読者プレゼント情報もお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 1,277 view
葛藤から這い上がり、自問自答の上で行き着いた“光の方向へ向かう音”とは。戸渡陽太『光へのアーキテクチャ』インタビュー

葛藤から這い上がり、自問自答の上で行き着いた“光の方向へ向かう音”とは。戸渡陽太『光へのアーキテクチャ』インタビュー

シンガーソングライターの戸渡陽太が、2018年4月18日におよそ1年ぶりとなる新作ミニアルバム『光へのアーキテクチャ』をリリース。”自分自身と徹底的に向き合って制作した”という6曲入りの本作に込められた魂と、かき鳴らすような独特のギタースタイルとハスキーな歌声を組み合わせる音楽スタイルに至った道のりに迫ります。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。

この記事のキーワード