mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年12月26日 更新

“今が変化のタイミング” SKE48、次の10年へのスタートを宣言する一曲「無意識の色」センター・小畑優奈インタビュー

2018年はSKE48の10周年イヤーとなる記念の年。そんな特別な年のスタートを飾るのは22枚目のシングル「無意識の色」。前作に続きセンターを務める小畑優奈に単独インタビューを敢行! 連続センターに抜擢された率直な思いや、前作とは違う新しい自分を見せたという彼女に話を聞いた。MV収録の秘話や、新たなオリジナル特典「歴代衣装着用生写真」についての話もチェックして!

TEXT:中屋麻依子 PHOTO:川田洋司

2018/1/10 on sale SKE48 22nd.Single 「無意識の色」MV full

2度目のセンターポジション…クールでカッコイイ小畑優奈を見せたい

――「無意識の色」は前シングルとはガラリと雰囲気が異なり、カッコよさが前面に出た楽曲ですね。

最初に聴いたとき「すごく難しい曲」と思いました。楽曲だけでなく、歌詞も難しい! 関係性を色で表す発想がなかったので、歌詞を理解するまでに苦戦しました。でも、読み込むうちに出会いによって自分の色が変化していく感じが掴めてきた気がします。
via
――「意外にマンゴー」に続き、「無意識の色」でもセンターを飾った気持ちは?

「意外にマンゴー」の一度で終わるのは嫌だったので、素直に嬉しかったです。SKE48が10周年ということもあって、きっと珠理奈さんがセンターだろうなと思っていたんですけど、私にセンターを任せていただいたので、SKE48にとって良い意味での変化をもたらすことができればと思っています。
――2度目のセンターとして見せたかったものはありますか?

「意外にマンゴー」は明るくハッピーな楽曲だったので笑顔を押し出しましたが、「無意識の色」はアップテンポでかっこいい曲。だから、前回とは違った、クールでカッコイイ小畑優奈を見せたいと思いました。
――確かに、MVのダンスもカッコイイ感じですよね。

ダンスは全体的に“キレ”がポイントで、キビキビと踊るようにしています。メンバーと角度を合わせるよう気を付けていて。MVの撮影は上から撮ることが多かったので、みんなとダンスがズレないよう、周りの気配を感じながら踊っていました(笑)。

SKE48 22ndシングル発売〜全国ツアー次回開催決定のお知らせ

――そんなカッコいいダンスとは対照的に、メンバーが10周年のパーティーをしているシーンはすごくかわいかったです!

あのシーンは本当にパーティーをしているんです! メンバーで料理を作る係、小物係、準備をする係と分かれていて、それぞれがパーティーに向けて準備をしています。そこはみんな素で楽しんでいるので、ぜひ、注目していただきたいです! ちなみに私は小物係だったんですけど、クラッカーがあったので、料理をしているチームの後ろにまわってナイショでバーン!! といたずらしちゃいました(笑)。
via
――小畑さん、案外、いたずら好きなんですね。

そうなんです! 隣に並んでいる子に突然、耳に息を「フーッ」って吹きかけて驚かせたりします(笑)。
――それはなかなかですね(笑)。今回、タイトルや歌詞に「色」がよく出てきますか、小畑さんは自分を何色だと思いますか?

うーん、透明かな。「奇跡の透明少女」というキャッチコピーをつけていただいたことがあるので(笑)。
via
――仲良しの日高優月さんは何色だと思います?

赤! いつもはじけているし、オラオラ感があるので赤にしか思えない(笑)。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

10周年に改めて“多彩なダンスで魅せる”情熱的な夏の恋物語。SKE48「いきなりパンチライン」インタビュー

10周年に改めて“多彩なダンスで魅せる”情熱的な夏の恋物語。SKE48「いきなりパンチライン」インタビュー

SKE48の10周年イヤー第2弾シングル「いきなりパンチライン」が2018年7月4日にリリース! 松井珠理奈が2作ぶりにセンターを務める本作は“全身全霊で踊るダンスに定評のあるSKE48”が情熱的に魅せるダンスに挑んだ意欲作。須田亜香里、江籠裕奈、菅原茉椰、佐藤佳穂の4人にこの曲の聴きどころや、全編踊りっぱなしのMV撮影秘話、そしてSKE48のこれからについて語ってもらいました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
自分自身を鼓舞しながら、進化して、下克上を狙う。たこやきレインボー史上、もっともクールなダンスナンバー「虹色進化論」インタビュー

自分自身を鼓舞しながら、進化して、下克上を狙う。たこやきレインボー史上、もっともクールなダンスナンバー「虹色進化論」インタビュー

大阪発の5人組アイドルグループ・たこやきレインボーがミュージックカード「虹色進化論」を2018年6月20日にリリースする。タイトルが示すとおり彼女たちの“進化”とそれに至る葛藤を描く、たこ虹としては異色のダンスナンバーだ。これまでのカラフルなアイドル像をあえて脱ぎ捨てて挑んだ本楽曲への覚悟を彼女たちに聞いてみた。巻末の読者プレゼント情報もお見逃しなく。
デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

2018年12月19日に自身初のベストアルバム『ボイメン・ザ・ベスト』をリリースするエンターテイメント集団BOYS AND MEN。今年で9年目となる彼らが初のベストアルバムを出す心境やMVの撮影秘話を語ってくれました。さらにナゴヤドームに向けての意気込みや2019年の目標にも迫ってみました♪巻末の読者プレゼントも要チェックです!
精神的な閉塞感から抜け出す唯一の鍵は“自分との対峙”だった。SKY-HI『JAPRISON』インタビュー

精神的な閉塞感から抜け出す唯一の鍵は“自分との対峙”だった。SKY-HI『JAPRISON』インタビュー

SKY-HIが、2018年12月12日に4枚目となるオリジナルアルバム『JAPRISON』をリリースする。“JAPanese Rap IS ON”(=日本のラップはイケてる)と“JAPAN”と“PRISON”(=刑務所、牢獄)という一見、相反する2つの意味を持つ本作に込めた想いを熱く語ってくれました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
心に空いた穴は“音楽”でしか埋まらなかった。伊藤千晃『New Beginnings』インタビュー

心に空いた穴は“音楽”でしか埋まらなかった。伊藤千晃『New Beginnings』インタビュー

音楽活動を本格始動した伊藤千晃が、2018年12月5日に初のソロミニアルバム『New Beginnings』をリリースする。自分をさらけ出したと語る本作について、恥ずかしさも覗かせつつ、等身大の自分を表現することへの真っ直ぐな想いを語ってくれました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★

この記事のキーワード