mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年12月18日 更新

遠藤舞 First&Last アルバム『最終回』インタビュー【前編】うまく歌おうとか、微妙な味わいを出そうとか考えない“まんまの声”で音楽と向き合えた

2017年12月13日(水)にリリースされた、シンガー遠藤舞の最初にして最後のアルバム『最終回』。彼女の音楽への真摯な想いが丁寧に重ねられた本作を、音楽ライター藤井美保がじっくり紐解きます。音楽のルーツ、各楽曲への愛、歌うということについて…前後編でお楽しみください。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。

---初回受注限定生産盤に収録の「アイスコーヒー」は、銀色夏生さんの銀色プレゼンツの楽曲。知る人ぞ知る素敵なナンバーですね。

遠藤 マニアックですよね。これは、プロデューサーさんから「歌ってほしい」とゴリ押しされました(笑)。すごく狭いフィールドのなかで繰り広げられている歌詞の世界観が独特で。

---ドキッとする歌詞ですね。

遠藤 リアルですよね。プロデューサーさんに何かあったのかな? と勘ぐっちゃう感じでした(笑)。自分の範疇にはなかった曲なので、出会えてよかったです。

徐々にまんまの声で歌と向き合えるようになっていった気がします

---新曲もたくさん収録されています。引退を決めて以降臨んだ曲というのもあるんですか?

遠藤 それは「さよならの向こう側」(山口百恵のカバー)だけですね。それ以外、からめた曲はひとつもないんですよ。引退と紐づけてしまうとちょっと辛気くさくなっちゃうと思ったので、あえて考えず、純粋にいい作品を作るというところに集中しました。
via
---なるほど。では、それぞれうかがっていきます。「モノクロ」は遠藤さん初の自作曲ですね。

遠藤 何年か前、スタジオ作業のときにピアノをパラパラと弾いてたら曲らしいのができたので、一応録音してたんです。その後すっかり忘れてたんですが、今回アルバムを作るにあたって「曲数が足りない」ってなったとき、「そういえば、あれ!」と思い出しました。文字通りの掘り出し物です(笑)。

---チャレンジした! とかではなかったんですね(笑)。

遠藤 もうまったく。肩の力が抜けまくりです。いい歌詞といいアレンジが、私の拙い楽曲を成仏させてくれました(笑)。
---フルートのランダム・アルペジオがとってもキャッチーです。

遠藤 面白いサウンドですよね。私自身の最初のイメージではもっとバラードに近くて、バンドっぽいサウンドがいいななんて思ってたんですけど、アルバム全体を考えたときに、そっちの方向にしなくてよかったなと思いました。
---「ヒマ」はNOKKOさん作詞の曲。

遠藤 歌入れをしたのは1年ほど前ですね。スタッフの方が見つけてきてくださった曲で、聴いてすぐ「やってみたい」と思いました。メッセージ性の強い曲ばかりだとお腹いっぱいになっちゃうので、これくらいの脱力系があるのはうれしいし、すごく好きです。「ひま~」って言いながらいろんなこと思い出すって誰しもありますよね。さすがの視点だと思いました。
---曲によって声のトーンが違うなと思ったりしたのですが。

遠藤 4年前の「Today is The Day」は、さすがに若かったということがあるかもしれませんが、それだけじゃなくて、曲によってあえて声色を変えてたところもあるんです。最初の頃はそこをかなり意識してました。でも、活動するにつれて、徐々にまんまの声で歌と向き合えるようになっていった気がします。
via
---おそらく意識してないほうの落ち着いたトーンが、とても魅力的だと思いました。「いつかの日々と今日の月」もそう。大好きな曲です。

遠藤 アレンジも歌入れも2、3年前には終わっていて、ライブではよく歌ってたんですけど、なかなかCDに収録するタイミングがなかったんですよね。実は今回、一度歌の録り直しをしたんです。最初にカタチになっていたのは、歌詞を当てるくらいのゆるい感じで歌ったものだったので、歌詞の理解を深めた今のほうがよりいいものになるという期待があって。でも、最初の雰囲気を越えることができなかった。

---よく「デモテープを越えられなかった」ということをアーティストの方が口にしますが、そういうことってやっぱりあるんですね。

遠藤 子供の頃お習字で、一番最初に書いたものを越えられたことがなかったんですけど、それと同じ現象が発生したと思いました(笑)。
---歌い終わりが本当にきれいで、そこで情感が伝わります。

遠藤 ホントですか? うまく歌おうとか、ピッチに気をつけようとか、微妙な味わいを出そうとか考えることなく、ストンとそのまま歌ったのが、オケと合ったのかも。私もすごく好きな曲です。

関連リンク

形態ごとに絵柄の異なるオリジナル特典「生写真」付き商品も好評発売中!

37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

遠藤舞 First&Last アルバム『最終回』インタビュー【後編】今までお世話になった方やファンの方に対して感謝を伝える、区切りの一枚として。

遠藤舞 First&Last アルバム『最終回』インタビュー【後編】今までお世話になった方やファンの方に対して感謝を伝える、区切りの一枚として。

2017年12月13日(水)にリリースされた、シンガー遠藤舞の最初にして最後のアルバム『最終回』。彼女の音楽への真摯な想いが丁寧に重ねられた本作を、音楽ライター藤井美保がじっくり紐解きます。レコーディングへのこだわり、音楽制作、そして芸能界を引退する未来について…前後編でお楽しみください。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
仮面ライダーファンの方にも楽しんでもらえる作品に。Shuta Sueyoshi feat. ISSA「Over “Quartzer”」インタビュー【後編】

仮面ライダーファンの方にも楽しんでもらえる作品に。Shuta Sueyoshi feat. ISSA「Over “Quartzer”」インタビュー【後編】

1月16日に2ndアルバム『WONDER HACK』をリリースするShuta Sueyoshi。1月23日には、DA PUMPのISSAとコラボレーションした、20作目にして平成最後のライダーとして話題のテレビ朝日系『仮面ライダー ジオウ』の主題歌「Over“Quartzer”」をリリースする。幼少期より『仮面ライダー』のファンだったと公言するShuta Sueyoshiに、その『仮面ライダー』の魅力からソロアーティストとして活動するうえで大切にしていることについて話を聞いた。
“Shutaらしい”は僕にとって最高の褒め言葉。Shuta Sueyoshi『WONDER HACK』インタビュー【前編】

“Shutaらしい”は僕にとって最高の褒め言葉。Shuta Sueyoshi『WONDER HACK』インタビュー【前編】

1月16日に2ndアルバム『WONDER HACK』をリリースするShuta Sueyoshi。「人間の感情や脳内を、僕の作る音楽でハッキングしたい」という想いをタイトルに込めた本作は、2月からスタートする“Shuta Sueyoshi LIVE TOUR 2019 -WONDER HACK-”を見据えて制作された。そのShuta Sueyoshiに、ライブへの想いやアルバム制作について話を聞いた。
デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

2018年12月19日に自身初のベストアルバム『ボイメン・ザ・ベスト』をリリースするエンターテイメント集団BOYS AND MEN。今年で9年目となる彼らが初のベストアルバムを出す心境やMVの撮影秘話を語ってくれました。さらにナゴヤドームに向けての意気込みや2019年の目標にも迫ってみました♪巻末の読者プレゼントも要チェックです!
精神的な閉塞感から抜け出す唯一の鍵は“自分との対峙”だった。SKY-HI『JAPRISON』インタビュー

精神的な閉塞感から抜け出す唯一の鍵は“自分との対峙”だった。SKY-HI『JAPRISON』インタビュー

SKY-HIが、2018年12月12日に4枚目となるオリジナルアルバム『JAPRISON』をリリースする。“JAPanese Rap IS ON”(=日本のラップはイケてる)と“JAPAN”と“PRISON”(=刑務所、牢獄)という一見、相反する2つの意味を持つ本作に込めた想いを熱く語ってくれました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★

この記事のキーワード