mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年3月30日 更新

王道で真っすぐ、ひねくれていない物語。アニメ『ブラッククローバー』吉原達矢監督が考える主題歌の役割、BiSH「PAiNT it BLACK」の魅力

2017年10月からテレビ東京系で放送中のテレビアニメ『ブラッククローバー』。4月クールを目前に控え、さらなる盛り上がりをみせているが、本作で指揮をとる吉原達矢監督がアニメ制作におけるポリシーや、近年重要度を増している主題歌へのこだわりなどを語った。1月クールOP「PAiNT it BLACK」を担当したBiSHからのコメントも!

text:磯部正和

原作のイメージを壊さず再現することを大切にしている

――週刊少年ジャンプで連載されている人気作のアニメ化ですが、原作者の田畠裕基さんとどんな話をされたのでしょうか?

吉原監督:雑な言い方になってしまいますが、「ド派手にしてほしい」みたいなオーダーはありました。見栄えは良いにこしたことはないので、自分のなかでも派手にしようということは意識していました。それ以外のことはあまり細かく言われていません。基本お任せという感じです。

――アニメ化で監督が気をつけた部分はどこですか?

吉原監督:原作にある魔法発動の段取りや、魔法自体の表現になるべく寄り添おうという部分はぶれないように心掛けていました。原作のイメージを壊さず再現することを大切にしています。
via
――吉原監督からみた『ブラッククローバー』の魅力とは?

吉原監督:ストーリーが王道で「ひねくれずにこうなるんだろうな」というところに真っすぐに進んでいってくれる安心感がありますし、テンポも良くて誠実で気持ちがいい作品です。田畠先生の画力の高さがあるという要素も大きいと思いますが、キャラクターもビジュアルもとても魅力的です。

――これまでもアニメを手掛けていますが、原作コミックをアニメ化する際、どんなポリシーをお持ちでしょうか?

吉原監督:脚本の段階で、原作の雰囲気を絶対に壊したくないという思いはあります。原作が第一にあってのアニメだと思っているので、しっかりと世界観を再現することにはこだわっています。もちろん、原作に寄り添いつつ、アニメならではの魅力を模索することはチャレンジしていきたいと思っています。
――映像とともに、アニメの大きな要素となっているのが声だと思いますが、キャスティング選びの基準は?

吉原監督:キャラクターすべてが僕の一存ではありませんが、メインキャストはおおむね任されています。一番重要視しているのは、原作を読んだときのキャラクターのイメージです。感覚的なことなので、言葉でうまく表現できないのですが、コマをみたあと、目を閉じて声を聞いたとき、キャラクターの顔が浮かぶかというのが一つの判断基準です。
via

キャスティングは、自分のなかではかなり満足している

――本作のキャスティングはいかがでしたか?

吉原監督:今回は結構すんなりといきました。自分のなかではかなり満足したものになっています。

――監督にとって好みのタイプの声優さんはいますか?

吉原監督:その都度、キャラクターによって違います。例えば技術的に優れている人を使いたいキャラクターもいれば、技術が足りなくても声質がキャラクターにぴったりな場合もあります。技術をとったり、声質をとったり、そのキャラクターに応じて選択しています。

――キャスト選びというのは大変な作業ですか? それとも楽しいですか?

吉原監督:基本的には楽しいのですが、『ブラッククローバー』に関しては、タイトルもビッグですし、関わってくる声優さんの数も膨大で、悩ましい部分もありました(笑)。
via

王道で真っすぐ、ひねくれていない主題歌

――近年、アニメヒットの一つの要因として主題歌というものにも大きな注目が集まっていますが、アニメとの連動性などはどのようにお考えですか?

吉原監督:オープニング曲に関しては、PVとかプロモーション用映像など、作品の顔になる存在だと思っているので、作品全体のテーマが表現される必要があります。
――『ブラッククローバー』に関してはどんな作品性がオープニング曲に反映されているのでしょうか?

吉原監督:先ほども申し上げましたが、王道で真っすぐ、ひねくれていない爽快感のある作品なので、オープニング曲も、気持ち良さと爽快なアクションが融合した格好良さが表現できる曲がいいなと思ってオーダーしました。
――本作は、クールごとに主題歌が変わりますが、現在オープニングに使用されているBiSHの「PAiNT it BLACK」にはどんな印象を持っていますか?

吉原監督:お話をいただいて初めて彼女たちの歌を聴かせていただいたのですが、メロディも格好いいし、声も魅力的。作品のテーマである真っすぐさや爽快感ともマッチしていたので、作品を盛り上げてくれるだろうなという直感はありました。すごく気に入ったので、BiSHさんの他の曲も聴かせていただいています。

BiSH / PAiNT it BLACK[OFFICIAL VIDEO]

34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

何も持ってなかった子たちが偶然や努力が重なって何者かになっていく…『THE EMPiRE STRiKES START!!』EMPiRE×渡辺淳之介 対談インタビュー

何も持ってなかった子たちが偶然や努力が重なって何者かになっていく…『THE EMPiRE STRiKES START!!』EMPiRE×渡辺淳之介 対談インタビュー

BiS、BiSHら話題のユニットを輩出し続け、いま乗りに乗っている音楽プロダクション“WACK”から新たなグループが誕生する。2018年4月11日に1stアルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』をカセットテープでリリースするEMPiRE(エンパイア)だ。プロデューサー渡辺淳之介とともに彼女たちの魅力、戦略、そして今後の展望を語ってもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!
『感覚ピエロ』横山直弘、秋月琢登×『ブラッククローバー』アスタ役 梶原岳人 鼎談 【後編】アスタ役を射止めた裏話&自分に似てるキャラ談義

『感覚ピエロ』横山直弘、秋月琢登×『ブラッククローバー』アスタ役 梶原岳人 鼎談 【後編】アスタ役を射止めた裏話&自分に似てるキャラ談義

2017年10月よりテレビ東京系にて放送が開始されたTVアニメ『ブラッククローバー』。同作で主人公・アスタの声優を務める梶原岳人さんと、OP(オープニング)曲「ハルカミライ」を手掛けるロックバンド『感覚ピエロ』のギターボーカル・横山直弘さんとギター・秋月月琢登さんによる鼎談後編となる今回は、物語の魅力やキャラクターなどをテーマにお話を伺った。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく!
『感覚ピエロ』横山直弘、秋月琢登×『ブラッククローバー』アスタ役 梶原岳人 鼎談 【前編】OP曲「ハルカミライ」に込めた想い&梶原さん出演MV秘話

『感覚ピエロ』横山直弘、秋月琢登×『ブラッククローバー』アスタ役 梶原岳人 鼎談 【前編】OP曲「ハルカミライ」に込めた想い&梶原さん出演MV秘話

2017年10月よりテレビ東京系にて放送が開始されたTVアニメ『ブラッククローバー』のOP曲「ハルカミライ」。力強いサウンドと疾走感溢れるメロディーラインが印象的なこの曲は、個性豊かな4人のメンバーからなるロックバンド『感覚ピエロ』によって手がけられた。今回はギターボーカルの横山直弘さんとギターの秋月琢登さん、そして『ブラッククローバー』で主人公・アスタの声優を務める梶原岳人さんに、同曲の魅力などを語り明かしてもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!
このアニメでリアルタイムで見るテレビの面白さを再確認してほしい『深夜!天才バカボン』監督・脚本 細川徹インタビュー

このアニメでリアルタイムで見るテレビの面白さを再確認してほしい『深夜!天才バカボン』監督・脚本 細川徹インタビュー

赤塚不二夫の代表作とも言える『天才バカボン』がこの夏、前作から18年ぶりに、細川徹監督のオリジナルストーリーで放送中!バカボンのパパらお馴染みのキャラクターが現代を舞台に大暴れする内容に「テレビの限界攻めすぎ!」と大反響が起きています。その監督・脚本を務める細川徹に、本作に掛ける想いを直撃インタビューしてきました。
漢たちがテンションマックスで歌い上げる!伊豆乃風「紺碧のアル・フィーネ」内田雄馬&木村良平インタビュー

漢たちがテンションマックスで歌い上げる!伊豆乃風「紺碧のアル・フィーネ」内田雄馬&木村良平インタビュー

大学進学を機に海沿いの街にやってきた北原伊織。そこで出会ったのはとびきりの美女と酒とスキューバダイビングを愛する屈強な男たちだった…。抱腹絶倒(!?)青春ダイビングサークルアニメ『ぐらんぶる』のEDを歌唱するのは、主要男性キャスト4名によるユニット伊豆乃風! 2018年8月22日に「紺碧のアル・フィーネ」をリリースする彼らを代表して内田雄馬&木村良平に話を伺いました。

この記事のキーワード