mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2019年2月5日 更新

第3章の終わりと第4章の始まりとなった"超LIVE 2019 〜新たなる道へ〜"@Zepp DiverCityライブレポ

一期生の渡邉ひかる、宮崎理奈、溝手るか、二期生の浅川梨奈、内村莉彩の卒業ライブとなった1月11日(金)東京・Zepp DiverCity公演の模様をお届けします。

宮崎:私は8年7ヶ月、全力を注いできました。私は今、このステージに立てて本当に幸せだなと思っています。自分で卒業を決断して、別れを惜しみながら、このステージに立てるのは世界で一番幸せものだと思っています。これからは別の道を歩んでいきます。だけど、その道の先で、ステージで一緒にゲラゲラ笑える日が来るのかな、なんて思ってます。第4章が日本武道館に立ったときは、私、MCで参加させてもらいます! 宮崎にMCを任せてもいいなと思われるくらい大きくなって帰ってきます! これからは女優と道を、スパガに負けないように全力で進んでいきたいと思います!

via
ひかる:まさか2010年に受けたSUPER☆GiRLSを自分で決断して、卒業する日がくるなんて思っていませんでした。入った時は16歳で、右も左もわからないまま、ただただがむしゃらに走ってきました。本当にいろんなことがあって、苦しかったり、辛かったり、投げ出したくなることもいっぱいありました。でも、横を見れば大好きな仲間や支えてくださるスタッフさん、大きな愛で手を差し伸べてくださるファンの方がいたから、1人だと思ったことは一度もありませんでした。1人だったら見れなかった景色を見れて、皆さんといっぱい笑っていっぱい泣いて、最高な思い出を作ることができました。SUPER☆GiRLSは私にとっての全てです。これから進んでいく道は違うけど、夢に向かって、進むことには変わりはありません。私自身はSUPER☆GiRLSで見られなかった場所やしたことないことに、がむしゃらにしがみついて、自分の可能性を広げていきたいなと思っています。

via
溝手:今の私がこんなにも歌うことが好きなのはスパガがあったからです。今後、音楽活動を続けていきますが、事務所を離れることになりました。スパガになる前、9歳の頃から13年間お世話になった事務所を離れることはたくさん悩んだし、正直、不安な気持ちでいっぱいですが、またゼロからの気持ちで頑張りたいと思います。スパガがくれた、皆さんがくれたシンガーソングライターになりたいという夢を必ず叶えるので待っていてください。そして、今、ステージに立って改めて思うのは、本当に素敵なメンバーに出会えたなということです。みんなで作り上げてきたSUPER☆GiRLSが、愛おしすぎて、もう本当に苦しいくらいで……。こんな私をこんな素敵なグループのリーダーにしていただいて、本当にありがとうございました。

via
卒業メンバーの挨拶のあと、幸愛、石橋、阿部、長尾の4人から花束が贈られた。5人の卒業メンバーとともに一度は卒業することを決意したが、スパガのためにグループに残ることを決めた新リーダーの幸愛は「今日まで実感もなかったけど、リーダーになって、第4章を引っ張るって決めてから、泣かないように、弱音を言わないようにしてきたけど、本当はすごく寂しいし、これからももっと一緒に居たかったなって思います」と涙を流しながらも、「すごく寂しい気持ちはあるけど、残るって決めたから、がんばるって決めたから、また武道館に立って、5人に観に来てもらえるようにグループを精一杯守っていきたいと思います」と決意を表明。メンバーそれぞれが「さみしいよー」とつぶやく中、9人では最後の曲となる「おもいでアップデート」で目を合わせながら歌い、溝手の「終わってしまったね。みなさん、たくさんの愛を心からありがとうございます」という言葉で第3章の活動は締めくくられた。

via
アンコールには新メンバーも含む総勢16名が登壇し、この日2度目となる「花道!!ア~ンビシャス」を紙吹雪が舞う中で賑やかに披露。1番を第3章メンバー、2番を第4章メンバーが歌い、溝手から幸愛、宮崎から阿部と声のバトンが手渡された。そして、最後の最後に代表曲「MAX!乙女心」でひかるがソロダンスを披露し、溝手がおなじみとなったソロパートのメロディラインを変えて歌うと、フロアからは大きな歓声を拍手が湧き起こった。曲が終わると、16人から9人、そして、最後の残った5人が手を繋いでお辞儀をして退場。約3時間に及んだライブは終了。スクリーンには卒業メンバーからの手書きのメッセージに続き、「TO BE CONTINUED」という文字が映し出され、第4章のメンバー11人は結成10周年のアニバーサリーイヤーに向けて歩み始めた。

via
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

さらなる飛躍に期待の、史上最高の大きな挑戦。BiSH「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR THE FINAL “THE NUDE”」LIVE Blu-ray/DVD 全曲レビュー

さらなる飛躍に期待の、史上最高の大きな挑戦。BiSH「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR THE FINAL “THE NUDE”」LIVE Blu-ray/DVD 全曲レビュー

“楽器を持たないパンクバンド” BiSH初のホールツアー「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR」ファイナルとなった幕張メッセ公演の映像商品が、2019年4月3日に早くもリリース。約17,000人の中心で輝く、飛躍を続ける6人の輝く姿を見逃すな。
“urata naoya LIVE TOUR - unbreakable - 10th Anniversary Special Final”@中野サンプラザホールライブレポート

“urata naoya LIVE TOUR - unbreakable - 10th Anniversary Special Final”@中野サンプラザホールライブレポート

昨年12月に始まったurata naoya(AAA)の“urata naoya LIVE TOUR -unbreakable-”が、2月16日、ソロデビュー10周年を記念する“10th Anniversary Special Final”として、華やかに、晴れやかに幕を閉じた。その中野サンプラザでの模様をお届けしよう。
最高のパフォーマンスで、最高の“笑顔”になれる!男女混成グループlol-エルオーエル-が作り上げる新しいライブ “lol live tour 2018 -scream-”

最高のパフォーマンスで、最高の“笑顔”になれる!男女混成グループlol-エルオーエル-が作り上げる新しいライブ “lol live tour 2018 -scream-”

2018年5月~8月に行われた“lol live tour 2018 -scream-”の最終日、Zepp Diver City公演の模様を収録したDVD/Blu-rayが2019年1月30日にリリース。 lolにとって初となるライブ作品だけに注目が集まる中、男女混成グループだからこその新しいライブをいち早く視聴しました。その魅力たっぷりのライブレポートをお届けします!
自身3度目のツアーで全国7箇所を回った"Beverly 2nd JOURNEY「24」~ Winter ~"@代々木YAMANO HALLライブレポ

自身3度目のツアーで全国7箇所を回った"Beverly 2nd JOURNEY「24」~ Winter ~"@代々木YAMANO HALLライブレポ

今回は過去最多、全国7箇所を回り、自身3度目のツアーとなった"Beverly 2nd JOURNEY「24」~ Winter ~"から最終公演となった代々木YAMANO HALL公演の模様をお届けします。
カラクリ史上初となる東名阪ツアー“PALETTE TOUR Vol.1”@渋谷ストリームホールライブレポート

カラクリ史上初となる東名阪ツアー“PALETTE TOUR Vol.1”@渋谷ストリームホールライブレポート

2018年5月にメジャーデビューを果たした、RIOSKE・TAKUYA・JUNPEI・KAZ・YUUTOの5人から成る、次世代のボーイズ・ボーカルグループ、COLOR CREATION(カラークリエイション)。グループ初となる東名阪ツアーから、12月9日(日)渋谷ストリームホール公演の模様をお届けします。

この記事のキーワード