mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

mu-mo station(media stationを含む)サービス終了のお知らせ
2018年12月25日 更新

カラクリ史上初となる東名阪ツアー“PALETTE TOUR Vol.1”@渋谷ストリームホールライブレポート

2018年5月にメジャーデビューを果たした、RIOSKE・TAKUYA・JUNPEI・KAZ・YUUTOの5人から成る、次世代のボーイズ・ボーカルグループ、COLOR CREATION(カラークリエイション)。グループ初となる東名阪ツアーから、12月9日(日)渋谷ストリームホール公演の模様をお届けします。

TEXT:川倉由紀子 PHOTO:鈴木恵

via
5人組ボーカルグループ・COLOR CREATION(カラクリ)初の東名阪ツアー。「来たぞ、東京―!!」と勢いよく登場した5人は、全員がブルー×白を基調とした衣装でアゲアゲ。「最高の1日にしましょう!」と集まったファンに呼びかけ、オープニング曲「Odds&Ends」からエネルギッシュにハンズアップを繰り返す。熱気十分の中スタートした「Blue Star」も会場がひとつになって手を振り、ボルテージはぐんぐん上昇。5人が集まり、お互いの目を合わせながら歌った終盤のアカペラもギュッと観客の胸を掴んでいた。
冒頭の2曲を歌い終えると、JUNPEIが「カラクリ史上、最高のライブにしようと思っています‼︎」と叫び、KAZもフロアを眺めて「見てくださいよ、この超満員!」とハイテンション。そしてYUUTOが「僕たちは毎公演セットリストが違うんですけど、次はインディーズ時代のワンマンから歌っている、まだリリースされていない曲をやります。友達への思いを綴った曲です」と曲紹介。会場が静かに暗転すると、エモーショナルなミディアムバラード「Friend」をそれぞれが自分の胸に手を当てて、振り絞るように熱唱。重低音のビートが効いたBGMに、5人のストレートな歌声がきれいに溶け合っていた。
JUNPEI

JUNPEI

via
その後はポジティブなメッセージを込めた「I’m Here」を挟み、ソロ&ユニットのコーナー。一番手のJUNPEIによるギター弾き語り曲「たばこ」は、シンガーソングライター・コレサワの楽曲。「初の東名阪ツアーということで、僕も何か初めてのことに挑戦したいと思いました。大好きな曲をカバーさせてください」とチョイスの理由を語り、いざ歌い始めると、ステージがどこか切なくノスタルジックな雰囲気に。歌と演奏に没頭しつつ、切々と歌い上げるJUNPEIに誰もがクギヅケとなっていた。その後は、TAKUYA&YUUTOが登場し、オリジナル曲「シンデレラじゃない僕でも」をパフォーマンス。このツアーのために2人で制作した曲ということで、歌詞には夢を追い続けた日々や当時の悔しさや葛藤も。ただ、そんな時間を経て今をキラキラと生きる2人は自信に満ちていて、ファンも彼らの背中を押すように手拍子をしていたのが印象的だった。
TAKUYA

TAKUYA

via
YUUTO

YUUTO

via
ライブ中盤には、ジェスチャーゲームの企画コーナーが。まず、くじ引きで担当を決める場面では、MC役になったYUUTOが派手なメガネと大きな金ネクタイを装備。そして普段のクールキャラからは大きくかけ離れた「どうも~!!」という芸人口調で湧かせる。いざゲームがスタートすると、予想だにしないハプニングも勃発! RIOSKEの全力のオタ芸、JUNPEIのちょっと微妙なU.S.A.ダンスにファンは大爆笑で、最後、負けたTAKUYA&RIOSKEチームにはハリセンの罰ゲームが。2人を代表してTAKUYAが罰を受けることになったものの、ハリセンが下りてくる瞬間、後ろから体をホールドしていたRIOSKEをひょいと背負い、代わりにRIOSKEの頭にバッチーン! さらにTake2では、「今度こそ逃げない」と誓ったTAKUYAに割り込んでYUUTOがヘディングシュートのように自らハリセンを頂戴。「TAKUYAを助けたかったんだー!(笑)」とYUUTOは叫び、TAKUYAは結局、消化不良のようにセルフハリセンでペチペチと頭を叩いてハケるというオチ…。5人の仲の良さと、たっぷりの笑いが盛り上げた楽しいひとときだった。
KAZ

KAZ

via
場内VTRを挟み、後半戦は新曲「Saturday Night」から。デニムを基調とした衣装にチェンジし、ファンキーなアップチューンでフロアを温める。そして次は、KAZのソロ曲「One Day」。14歳で歌手になると決意したという彼の想いが投影された歌詞は、胸を締め付けるようなリアリティ溢れるフレーズも。スッと胸に届く言葉たちと真摯なボーカルに誰もが耳を傾けていた。そして圧巻だったのは、RIOSKEがホイットニー・ヒューストンをカバーした「I Have Nothing」。ソウルフルな歌声が会場の隅々まで響き、そのあまりの迫力に、もっと大きな会場でこれを聴きたいと思ったほど。曲が終わると、他のメンバーが「オレたちがRIOSKEに『洋楽歌って』ってリクエストしたんだよね。今も袖でずっと見てた!」と裏エピソードも明かされたのだった。
RIOSKE

RIOSKE

via
ラストスパートは、アッパーなナンバーを次々と投下し、全員でタオルを回した「Summer Love」は青一色に染まった景色が壮観。途中のアカペラも、調和のとれた伸びやかなハーモニーがファンの心を揺さぶっていた。ついにやって来た本編ラストは「これからも僕らCOLOR CREATIONについてきてください! そんな想いを込めて歌います」(KAZ)と、彼らのファンの呼び名がタイトルに付けられた「CANVAS」を。壮大なメロディーをバックに5人が横一列で歌を届け、ファンへの愛に溢れた感動的な雰囲気でライブは幕を閉じた。
真っ白なツアーTで再登場し、汗びっしょりに盛り上がったアンコールも5人とファンの心はひとつ。来年2月にリリースする3rdシングル「Let it snow ~会いたくて~」をハートフルに聴かせると、「Everything Will Be Alright」ではパワフルに連続ジャンプ! RIOSKEが「楽しむぞー!」と叫んだ正真正銘のラストチューン「Stand Up!」まで最高潮のボルテージで駆け抜け、最後は5人が手をつないで「ありがとうございました!!」と肉声で感謝を伝えた。

via
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

“urata naoya LIVE TOUR - unbreakable - 10th Anniversary Special Final”@中野サンプラザホールライブレポート

“urata naoya LIVE TOUR - unbreakable - 10th Anniversary Special Final”@中野サンプラザホールライブレポート

昨年12月に始まったurata naoya(AAA)の“urata naoya LIVE TOUR -unbreakable-”が、2月16日、ソロデビュー10周年を記念する“10th Anniversary Special Final”として、華やかに、晴れやかに幕を閉じた。その中野サンプラザでの模様をお届けしよう。
最高のパフォーマンスで、最高の“笑顔”になれる!男女混成グループlol-エルオーエル-が作り上げる新しいライブ “lol live tour 2018 -scream-”

最高のパフォーマンスで、最高の“笑顔”になれる!男女混成グループlol-エルオーエル-が作り上げる新しいライブ “lol live tour 2018 -scream-”

2018年5月~8月に行われた“lol live tour 2018 -scream-”の最終日、Zepp Diver City公演の模様を収録したDVD/Blu-rayが2019年1月30日にリリース。 lolにとって初となるライブ作品だけに注目が集まる中、男女混成グループだからこその新しいライブをいち早く視聴しました。その魅力たっぷりのライブレポートをお届けします!
様々な角度から「LOVE」を描き続けてきた歌姫が魅せる10年間の集大成“LOVE it Tour ~10th Anniversary~”@横浜アリーナライブレポート

様々な角度から「LOVE」を描き続けてきた歌姫が魅せる10年間の集大成“LOVE it Tour ~10th Anniversary~”@横浜アリーナライブレポート

通算7枚目となるオリジナルアルバム『LOVE it』を携えておこなわれたライブツアー“LOVE it Tour ~10th Anniversary~”から、ファイナルとなった10月10日(水)の横浜アリーナ公演の模様をお届けします。
音楽は私の人生。シャイ・ガールが歌で魅せる圧巻のステージ“Beverly 2nd JOURNEY「24」”レポート

音楽は私の人生。シャイ・ガールが歌で魅せる圧巻のステージ“Beverly 2nd JOURNEY「24」”レポート

24歳の誕生日にリリースされた2nd アルバム『24』を携えて東名阪で開催されたワンマンライブツアー“Beverly 2nd JOURNEY 「24」”。2018年7月8日(日)東京 代々木 YAMANO HALLでおこなわれたファイナル公演の模様をお届け♪
自身の全てを使い“生きること”を謳歌する“Do As Infinity LIVE TOUR 2018 -ALIVE-”@東京国際フォーラムホールCライブレポート

自身の全てを使い“生きること”を謳歌する“Do As Infinity LIVE TOUR 2018 -ALIVE-”@東京国際フォーラムホールCライブレポート

Do As Infinityの新たな可能性を提示してみせた12thアルバム『ALIVE』発表から3ヶ月。本作を携えて全国5会場で開催されたライブツアー“Do As Infinity LIVE TOUR 2018 -ALIVE-”から、サウンド・プロデューサー澤野弘之をゲストに迎えて行われた5月20日(日)の東京国際フォーラムホールC公演の模様をお届けします。

この記事のキーワード