mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年8月31日 更新

普通に恋する飾らない私を表現することで、クリエイターとしての芯を見つけた意欲作「最悪な日でもあなたが好き。」芹澤 優インタビュー

声優とアイドルのハイブリットユニット i☆Risのメンバー・芹澤 優が2018年7月25日に1stソロシングルをリリース!「最悪な日でもあなたが好き。」はHoneyWorksプロデュースによるストレートに「好き」を伝えるラブソング。これまでよりリラックスした等身大の自分自身を投影できたという本作に込めた想いを語ってもらいました。巻末の読者プレゼントも要チェック♪

via
--- MVはアニメとは全く違った世界観になってますね。

芹澤:いつもは私、自分がアイドルやってるってところがけっこう好きなので、衣装もフリフリを着たり、がっつりダンス踊ったりっていうのがメインだったんですけど、今回は衣装もダンスもなくて、全編私服のドラマ仕立てになっていて。わりと恋する芹澤 優の等身大が見えるんじゃないかなと思います。あと、個人的に映像のお芝居ってあんまりやらないので、けっこう苦戦しました。しんどかったです(笑)

芹澤 優/最悪な日でもあなたが好き。-Music Video-Short Ver.

--- どんなところに苦戦しました?

芹澤:私、基本オーバーリアクションなんですよ。お芝居って、みなさん、ナチュラルにやられるじゃないですか。自分がバイトしてて、レジ打ちしてるところに彼氏役の俳優さんが来て、いたずらをして去っていくみたいなシーンがあって。それに対して、最初はプンって怒るけど、ちょっかい出されてうれしくて、でも、みんないるから恥ずかしいみたいな顔してくださいって言われて。どんな顔だよ!みたいな(笑)。知らんし! って思いながら、そういう顔を何度も撮ったし、コップ割っちゃうシーンでびっくり!みたいな顔をするんですけど、やっぱりオーバーリアクションらしくて、目がグリン!ってなっちゃって(笑)
--- あはははは。ホラーかコメディになっちゃう。

芹澤:いや、そんなんじゃなくていい! って言われて。ナチュラル……ナチュラルってなんやねんってすごい思いましたね。自然な芝居……自然体って難しいですね。
--- (笑)衣装は八変化されてます。

芹澤:お気に入りは、最初の歌いだしのところで着ている、オフショルダーの紺のワンピースが好きで。やっぱ自分、デコルテ美人みたいなとこあるので、ぜひ鎖骨を堪能していただきたいですね(笑)

via
--- カップリングの「神×太陽×サマーパーティ」はどんなコンセプトで?

芹澤:HoneyWorksさんの遊び心みたいなものがすごい入ってて。「神・潮×太陽」で、私のファンへの神対応、塩対応みたいなものとか(笑)
--- 塩対応なんですか?

芹澤:いや、私は超神ですよ! i☆Risやってる時は6人メンバーがいるので、他のメンバーばっか見る人とかもいるんですけど、そういうヤツの名前すら覚えてやる! みたいな。んで「なんで俺の名前わかるの?」みたいな(笑)。見てるよ、盗み聞いてるよ、みたいなところで、けっこう私は神対応だなと思いますね。あと、遊び的には、表題曲で何度も「あなたが好き」って言ってるのに、カップリングでは「一度しか言わないよ、好きって」って言ってて。「嘘やん! さっきあんな言ってたやん!」みたいな(笑)。これは遊びです。対比です!
--- あはははは。さっきはあんなに言っていたのにっていう。あと、「Ready Go」が「セリコ」に聞こえますね。

芹澤:ファンの方には、ぜひ、先に歌詞を見て言葉遊びに気づいていただきたいですね。あとは、ガヤも多いし、ワンワンニャンニャンみたいな鳴き声もあって。これはもうライブ映えっていう感じで、自由に楽しく歌わせていただきました。
--- 多彩な声色が詰まってますよね。最初の前口上は拡声器でやっていますし。

芹澤:早口なので黒柳徹子さんをイメージしてやってくださいって言われました(笑)。私なりの徹子さんでやりました。あれも楽しいですよね。Gomさんのアイディアです。
--- 結果的には、2曲とも等身大のラブソングになってます。

芹澤:より生々しい感じですよね。飾らない私みたいなのが出た1枚になったんじゃないかなと思います。これを聴いて好きになったら、たぶんライブ来たりしても「あれ、想像と違う」っていうふうにはならないというか。皆さんがこの2曲を聴いて受け取った私がけっこうそのまま私な気がするので、ありのままな私を出せた一枚だと思います。
--- これまでは「理想のアイドルを目指す」って言ってましたが。

芹澤:理想のアイドルを思いっきりやってる自分も嘘じゃないというか、それもそれで自分っぽくて好きなのですが、その時々でいろいろ自分の中で考えて、クリエイターとしても意志の通った新しいものをまた見せられたらなと思います。
--- ソロのアーティストとしては今後はどう考えてますか?

芹澤:去年ソロデビューして。この約1年間は、同世代で活躍されてるアーティストの方たちに追いつかなきゃみたいな焦りが大きかったんですけど、今回こうやってTVアニメのタイアップでリリースさせていただいて、焦ることではないのかなと思うようになりました。今は、長い目で自分のことを見ていきたいなって思ってますね。私、すごい童顔なんで、30歳間際になっても全然キュートな感じだと思うんですよ。だから、来年再来年くらいまでに絶対売れないと死ぬ! みたいな発想じゃなくて、もっとゆっくりゆっくりいろんなものを摂取して、見て、とっておきの芹澤 優になれたらいいなと思ってます。
--- 23歳でヒロインとエンディングをやってるっていうのは順調じゃないですか?

芹澤:そうですかね……? でも私、たぶん負けず嫌いがひどすぎて。自分より上だと思う人が数人いるだけでもう「ハッハッハッハッ……死んだほうがいい!」みたいな気持ちになりがちだったんですよ(笑)。でも、そういうことしてると肩の力が入ってきちゃうじゃないですか。今回、すごく力が抜けたシングルになっていて、そういう自分がすごく好きだなって思うので、これからも焦る気持ちより、ひとつひとつリラックスして楽しく、いろいろ勉強しながら成長していき、最終的には……やっぱり一番になりたいです! 一番っていうのはブレないですね。
53 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自分の心の中の闇と対峙する、人間として成長した6人の姿を歌に乗せて。i☆Ris「Changing point」インタビュー

自分の心の中の闇と対峙する、人間として成長した6人の姿を歌に乗せて。i☆Ris「Changing point」インタビュー

声優とアイドルの活動を両立する6人組ハイブリッドユニットi☆Risが2018年5月9日に16thシングル「Changing point」をリリースする。これまで夢や希望を歌い続けてきた彼女たちが、結成6年目にして歌う人間の闇と葛藤とは…。メンバーの茜屋日海夏と芹澤 優に話を聞いた。巻末の読者プレゼントもお見逃し無く。
未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

TVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』OP主題歌「DeCIDE」が2018年8月29日にリリース!本楽曲を歌唱する主要女性キャスト5名によるスペシャルユニット“SUMMONERS 2+(サモナーズツー)”から、レム・ガレウ役の和氣あず未さんと、エデルガルト役の加藤英美里さんにお話を伺いました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
始まるのは何だ!? 始めなきゃだゼンブ!!  i☆Risの新たなスタートを宣言する3rdアルバム『WONDERFUL PALETTE』インタビュー

始まるのは何だ!? 始めなきゃだゼンブ!! i☆Risの新たなスタートを宣言する3rdアルバム『WONDERFUL PALETTE』インタビュー

2017年11月1日(水)にリリースされるi☆Risの3rdアルバム『WONDERFUL PALETTE』。声優とアイドルのハイブリッドユニットとして活動する彼女たちが、結成5年を迎えて今思うこととは…。それぞれが示した“いまの自分”と“未来への道”を紐解いていく。巻末の読者プレゼントも要チェック!
D-selections 澁谷梓希×TECHNOBOYS 松井洋平 対談インタビュー【後編】2人が語るDセレの魅力と可能性。もう一曲コラボするならどんな曲!?

D-selections 澁谷梓希×TECHNOBOYS 松井洋平 対談インタビュー【後編】2人が語るDセレの魅力と可能性。もう一曲コラボするならどんな曲!?

D-selectionsの澁谷梓希さんとTECHNOBOYS松井洋平さんによるスペシャル対談もいよいよ後編! 個性的な男女5名のアーティストが集結しているD-selectionsの魅力とミュージック・ビデオ撮影の裏側、そして今後の展望などについて伺いました。
D-selections 澁谷梓希×TECHNOBOYS 松井洋平 対談インタビュー【前編】ベガス感を増幅させる劇伴と美しくもカオスな「LAYon-theLINE」に込められた意図

D-selections 澁谷梓希×TECHNOBOYS 松井洋平 対談インタビュー【前編】ベガス感を増幅させる劇伴と美しくもカオスな「LAYon-theLINE」に込められた意図

2017年8月23日にリリースされるTVアニメ『賭ケグルイ』ED曲「LAYon-theLINE」を歌唱するD-selectionsからリーダーの澁谷梓希さん、そして本作をプロデュースしたTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDから松井洋平さんにおいでいただき対談インタビューが実現!! ふたりによる熱いトークを前後編に分けてお届けします。

この記事のキーワード