mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年8月2日 更新

普通に恋する飾らない私を表現することで、クリエイターとしての芯を見つけた意欲作「最悪な日でもあなたが好き。」芹澤 優インタビュー

声優とアイドルのハイブリットユニット i☆Risのメンバー・芹澤 優が2018年7月25日に1stソロシングルをリリース!「最悪な日でもあなたが好き。」はHoneyWorksプロデュースによるストレートに「好き」を伝えるラブソング。これまでよりリラックスした等身大の自分自身を投影できたという本作に込めた想いを語ってもらいました。巻末の読者プレゼントも要チェック♪

TEXT:永堀アツオ PHOTO:川田洋司
via
--- これまでの2枚のミニアルバムは太田雅友(SCREEN mode)プロデュースでしたが、1stソロシングル「最悪な日でもあなたが好き。」は初めてHoneyWorksプロデュースとなってますね。

芹澤 優(以下、芹澤):今回はTVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』のタイアップということで、作品の世界感に沿ったものにしたいなとは思っていて。オープニングはカッコいい系で来るのかなとか、いろいろ想像しながら、じゃあ私が歌うEDテーマ曲で、どうしたらこの世界に寄り添えるのかなって思った時に、自分が演じているシェラちゃんのディアヴロに対する恋心みたいなものを私が歌えたらなって思って。恋愛ソングだったら誰に書いてもらおうかなって考えたときに、個人的にも大好きで、キュンキュンする曲の天才だと思う、HoneyWorksさんがいいな~ってことでお願いしました!
--- 楽曲を最初に受け取ってどう感じました?

芹澤:やっぱりもう…天才だな~って思いましたね。今回、楽曲をお願いする時に、自分の熱意みたいなものが伝わったらいいなと思って、HoneyWorksさんの曲の好きなところを熱烈に語って。で、そこから何かインスピレーションを受けて楽曲を作っていただけたらと思いますっていうふうに相談をさせていただいて。そしたら私がこういうのが好きだって言った部分をほとんど曲に反映してくださってて、本当にすごいなって思いました。
--- 具体的にはどんなリクエストしたんですか?

芹澤:まずはシェラちゃんがまっすぐ突き進むタイプの女の子なので、純粋なストレートな恋愛表現がいいってお願いしました。あと、HoneyWorksさんの曲で、歌の中で急に台詞っぽい言葉が入ってくる部分がすごく好きだっていうことをお伝えしたら、「ため息だってでちゃう」のあとの「はあ~」っていう溜息とか、「あなたが好き…答えは?」っていう台詞が入っていたり、頭に残って口ずさみたくなるような英語の歌詞もキャッチーで好きですって伝えて、入れていただいたりしました。『ただ私は英語の発音悪いです』とも伝えたんですけど(笑)、本当に全部叶えてくださって。ありがたいなって思いましたね。
--- 「私の名前を呼んで」のあとの隙間感とかも。

芹澤:あれは、たぶんHoneyWorksさんがファンとのコールをイメージしてくださったんだと思うんです。すごいですよね。全部がたまたまじゃなくて、Gomさんが仕掛けてくださったんだろうなと思います。
via
--- 先ほど、シェラちゃんの気持ちとありましたが、改めて、シェラちゃんはどんな女の子といえばいいですか。かなりセクシーな表現もありますが……。

芹澤:そうなんですよね。私も父親が見たらと思うと心配でしょうがないです(笑)。原作ファンの方々に「俺のイメージはこうだったのに」って言われるんじゃないかっていう不安も少しありましたが…ただ、シェラちゃんはそういうセクシー感もあるんですけど、あんまりあざとくないというか、いい意味で、頭空っぽというか、自分が好きだから突き進むみたいな、雰囲気を明るくしてくれるそういうムードメーカー的な女の子でもあって。この曲では、そういう女の子の邪念のないまっすぐな好きっていう気持ちを表現してますね。Gomさんも原作を読んでくださったみたいで、夢の中でも朝も夜もどんな時でもディアヴロのことを大好きな女の子だっていうところが楽曲に出てるなと思いますね。
--- そこはご自身の恋愛観とは近いところがありますか?

芹澤:いやぁ、それが私も本当にそういうタイプなんですよね。意外だと思うんですけど、本当に一直線! 一途! や、マジですよ! マジマジのマジなんですよ!恋愛してる時は恋愛の曲ばっかり聴くみたいなタイプです。好きな人の夢が見たくて、写真を枕の下に入れちゃったりとかして(笑)。やばいですよ。しかも相手がどんなにヤなやつでも好きなんですよ。この曲も2番で、意地悪でもとか、不愛想でも好きってありますけど、私も好きになっちゃうと、どんなに嫌な噂をまわりから聞いても好き!ってなっちゃいます。
--- このタイトルも共感できる?

芹澤:すっごく私っぽいなって思ってます。私、けっこう顔に全部出ちゃうタイプというか、嫌な日は嫌な顔しちゃうんですよ。最悪な日は最悪な顔しちゃって。だから、ファンの人にも全部、気づかれちゃったりするんです。あいつ今日、元気ないぞ、みたいな。嫌なことは嫌だって言っちゃいますし。完成されたアイドルに最悪な日なんかないイメージあるじゃないですか。でも私、昔の「ショートケーキが好きです♪」みたいなアイドルじゃなくて、リアリティのあるアイドルだから、いろんなことを隠せないし、この「最悪な日でもあなたが好き。」っていうタイトルはすごい自分っぽいなって思ってます。
via
--- (笑)では、歌入れはどんなアプローチで臨みましたか。キャラのボイス担当でもありつつ、1stシングルでもあります。どんなバランスで歌いましたか。

芹澤:これはキャラクタ―ソングっていうイメージはなくて、私は第三者としてシェラちゃんの気持ちを歌ってみた、という感じですね。今までミニアルバムを2枚出させていただきましたが、1枚目も2枚目も表題曲がわりとアイドル感満載で「Voice for YOU!」は芹澤 優、夢叶えます!みたいな感じ、「PRINCESS POLICY」は私だけ見て!みたいな感じで、すごいアイドル色が強くて。そこを自分も推していきたいと思ってたんですけど、今回のこの曲に関しては、どっちかというとアイドルでも声優でもない、普通に恋する芹澤 優だったら? って想像しながら歌ったので、逆に肩の力が抜けて、本当にお布団の上で好きな人のことを思いながら口ずさむようなイメージで歌わせていただきました。
--- ご自身の等身大に近いイメージ?

芹澤:そうですね。あんまり作りこんだりせずに歌わせていただきました。あとGomさんも細かくディレクションをしてくださったので、作るところはちゃんと作って、ありのままのところはそのままでって感じでやりましたね。
--- 「大好きだよ」も歌い方がひとつひとつ違いますね。

芹澤:そうですそうです。1個目2個目でまたちょっと違ったりとかするんです。でも、私の持ってきたものに対して、それをつぶすようなことは絶対にしない方なので、私が想像もできないところをもっと味付けしてくれたようなイメージで、一緒に作っていった感がより強くて。楽曲に対して、すごく愛情を持ってくれてるんだなっていうのを感じてうれしかったです。何でもいいよーっていうより、ここはこう歌ってほしいんだ! っていう熱意を感じられたことがうれしかったですね。
--- アニメのエンディングで実際に流れたのを聴いてみていかがでしたか。

芹澤:今回エンディングがイラストなんですけど、原作の表紙とか挿絵を描いてる鶴崎貴大さんが描いてくださってて。原作ファンの方にはより印象強い曲になるような気がするし、個人的にシェラちゃんがすっごいかわいくて、大好きなんですよ。最後にシェラとレムがアップになってる絵とかも、もうすっごいかわいくて。服装は全然ピュアではないし(笑)、いろんな規制と戦ってるんだなーっていうのは感じるんですけど、イラストと歌が交わることでキャラクターたちのまっすぐな思いが伝わってくるし、自分の名前が出るのも感動しましたね。キャラクターのところにも出るし、歌唱のところにも出て。2個も出てきてうれしかったです。
53 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自分の心の中の闇と対峙する、人間として成長した6人の姿を歌に乗せて。i☆Ris「Changing point」インタビュー

自分の心の中の闇と対峙する、人間として成長した6人の姿を歌に乗せて。i☆Ris「Changing point」インタビュー

声優とアイドルの活動を両立する6人組ハイブリッドユニットi☆Risが2018年5月9日に16thシングル「Changing point」をリリースする。これまで夢や希望を歌い続けてきた彼女たちが、結成6年目にして歌う人間の闇と葛藤とは…。メンバーの茜屋日海夏と芹澤 優に話を聞いた。巻末の読者プレゼントもお見逃し無く。
mu-mo station編集部 | 2,791 view
未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

TVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』OP主題歌「DeCIDE」が2018年8月29日にリリース!本楽曲を歌唱する主要女性キャスト5名によるスペシャルユニット“SUMMONERS 2+(サモナーズツー)”から、レム・ガレウ役の和氣あず未さんと、エデルガルト役の加藤英美里さんにお話を伺いました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
mu-mo station編集部 | 1,154 view
始まるのは何だ!? 始めなきゃだゼンブ!!  i☆Risの新たなスタートを宣言する3rdアルバム『WONDERFUL PALETTE』インタビュー

始まるのは何だ!? 始めなきゃだゼンブ!! i☆Risの新たなスタートを宣言する3rdアルバム『WONDERFUL PALETTE』インタビュー

2017年11月1日(水)にリリースされるi☆Risの3rdアルバム『WONDERFUL PALETTE』。声優とアイドルのハイブリッドユニットとして活動する彼女たちが、結成5年を迎えて今思うこととは…。それぞれが示した“いまの自分”と“未来への道”を紐解いていく。巻末の読者プレゼントも要チェック!
mu-mo station編集部 | 2,588 view
D-selections 澁谷梓希×TECHNOBOYS 松井洋平 対談インタビュー【後編】2人が語るDセレの魅力と可能性。もう一曲コラボするならどんな曲!?

D-selections 澁谷梓希×TECHNOBOYS 松井洋平 対談インタビュー【後編】2人が語るDセレの魅力と可能性。もう一曲コラボするならどんな曲!?

D-selectionsの澁谷梓希さんとTECHNOBOYS松井洋平さんによるスペシャル対談もいよいよ後編! 個性的な男女5名のアーティストが集結しているD-selectionsの魅力とミュージック・ビデオ撮影の裏側、そして今後の展望などについて伺いました。
D-selections 澁谷梓希×TECHNOBOYS 松井洋平 対談インタビュー【前編】ベガス感を増幅させる劇伴と美しくもカオスな「LAYon-theLINE」に込められた意図

D-selections 澁谷梓希×TECHNOBOYS 松井洋平 対談インタビュー【前編】ベガス感を増幅させる劇伴と美しくもカオスな「LAYon-theLINE」に込められた意図

2017年8月23日にリリースされるTVアニメ『賭ケグルイ』ED曲「LAYon-theLINE」を歌唱するD-selectionsからリーダーの澁谷梓希さん、そして本作をプロデュースしたTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDから松井洋平さんにおいでいただき対談インタビューが実現!! ふたりによる熱いトークを前後編に分けてお届けします。

この記事のキーワード