mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年10月31日 更新

きゃりーぱみゅぱみゅパンプキンライブ 2017“THE SPOOKY OBAKEYASHIKI ~PUMPKINS STRIKE BACK~”ライブレポート

2017年10月128日(土)29日(日)に開催された、きゃりーぱみゅぱみゅ初のハロウィンライブ“THE SPOOKY OBAKEYASHIKI ~PUMPKINS STRIKE BACK~”。日本の妖怪たちとともに行われた、ハートフルで可愛くて、ちょっぴり怖い(!?)一夜の模様をたっぷりの写真とともにお届けします。

TEXT:川倉由起子

PHOTO:Aki Ishii
via

きゃりーが妖怪に祟られる!? 怖くて可愛いパーティがスタート!

きゃりーぱみゅぱみゅ初となるハロウィン単独公演“THE SPOOKY OBAKEYASHIKI ~PUMPKINS STRIKE BACK~”。2日間で1万5千人を動員した本公演は、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』、ドラマ・映画『信長協奏曲』、アニメ『TIGER & BUNNY(タイバニ)』などを手がける脚本家・西田征史がライブ本編の脚本を担当。ファンタジーの中にどこか毒々しさも感じる、きゃりーならではのエンターテイメントショーとなった。
 思い思いの仮装をした観客も多く来場した客席は、いつもとひと味違うスペシャル感のある雰囲気。“日本のお化け屋敷”がテーマということで、妖しげなライトが照らす場内は開演前からハロウィンムード満点。

ライブ冒頭に流れたオープニングムービーでは、きゃりーの楽屋に、ぬらりひょん、九尾の狐、から傘お化けが現れ、「西洋のモンスターばかりでなく日本の妖怪にも力を貸しなさい!」「観客を恐怖のどん底に叩き落としてやりましょう!」ときゃりーに迫る。無茶な要求を最初は断るきゃりーだったが、「断ると、お客さんも祟ることになりますよ」という言葉に渋々承諾…。

そうして映像が終わると、巨大な屋敷のセットをバックに勢いよくきゃりーが登場。しかしその衣装は、映像の中で着ていたものとは別もの。妖怪たちがステージ、照明、きゃりーの衣装までもホラーテイストに変えてしまったのだ!

PHOTO:Aki Ishii
via
 冒頭から“きゃりー大ピンチ!?”なストーリーで始まったライブは、1曲目「ファッションモンスター」から大盛り上がり。アジアンテイストのアクセサリーを髪に付け、提灯柄の赤いドレスを身にまとったきゃりーは「ハッピーハロウィン!」と叫び、「インベーダーインベーダー」「CANDY CANDY」など人気曲で会場をひとつにしていく。

「シリアスひとみ」では屋敷のセットの2階に先ほどの妖怪たちも登場。会場の熱を目の当たりにし、その後の転換タイムで「もっと本気で怖がらせて!」と詰め寄ると、次にきゃりーはカラスをイメージした黒い羽根のトップス&黒スキニーという衣装で空中から登場。これまでになかった大人っぽいスタイルで、浮遊感あるバラード「スローモ」を歌う。

地上に着地すると「カラスコスです! 黒は珍しいですね。羽根のあたりが美川憲一さんを彷彿とさせる感じですけど(笑)」と笑いを取り、そのままMCへ…。

PHOTO:Aki Ishii
via

PHOTO:Aki Ishii
via
会場を見渡し、気になる仮装に触れながらファンとコミュニケーションをとるきゃりーは、ジブリ映画『千と千尋の神隠し』のカオナシを発見し、その完成度の高さに「これ、優勝か!?」とビックリ。他にもさまざまな仮装で彩られた華やかな客席に、嬉しそうな表情を見せていた。

その後はリズミカルに「ふりそでーしょん」を熱唱し、長い髪を振り乱して踊る貞子ダンサーズとダンスバトルを展開。きゃりーはキレのあるブレイクダンスを披露し、最後はバク転も大成功!

その後のMCで「この1ヵ月、毎日練習しました」と苦労もにじませたカッコよすぎる挑戦に、会場中から大きな拍手&歓声が起こっていた。
 ライブ後半は「にんじゃりばんばん」でトロッコに乗り、アリーナ中央でパフォーマンス。「もったいないらんど」では再びステージに出てきた妖怪たちとノリノリ♪ 

きゃりーのライブを体感するうちに妖怪たちも少し気持ちが変化したようで、「ずっと人間を怖がらせることにこだわってきたけど、楽しませる方が楽しかった」と告白。そして「このまま人間を楽しませて、私たちも楽しい思いをしたら成仏できる」と言い、物語は心温まる展開へと流れていくのだった。

PHOTO:Aki Ishii
via

PHOTO:Aki Ishii
via
次の衣装チェンジでは、いつものきゃりーらしいパステルピンクのトップスに変身。しかしよく見ると、胸元には人魂をあしらったモチーフ、スカートにも巫女さんがお祓いする大幣がたっぷりついていて、頭にはスワロフスキーがついたろうそくをハチマキで固定。彼女曰く「テーマはハッピーな霊媒師」とのことだが、改めてその発想力には脱帽。その姿のまま会場の後ろまで巨大トロッコでぐるりと回りながら「良すた」「キミに100パーセント」を披露した。
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

きゃりー流のお祭りの世界に大興奮★きゃりーぱみゅぱみゅ“KPP JAPAN IYAHOI TOUR 2017”ファイナル公演レポート!

きゃりー流のお祭りの世界に大興奮★きゃりーぱみゅぱみゅ“KPP JAPAN IYAHOI TOUR 2017”ファイナル公演レポート!

2017年4月20日(木)、東京・NHKホールにてきゃりーぱみゅぱみゅの2017年全国ホールツアーファイナルが行われました。“いやほい”という言葉から連想された“各国のありそうでなかったお祭り”をテーマに繰り広げられた、カラフルなステージの模様を写真もたっぷりにお届けします☆
音楽は私の人生。シャイ・ガールが歌で魅せる圧巻のステージ“Beverly 2nd JOURNEY「24」”レポート

音楽は私の人生。シャイ・ガールが歌で魅せる圧巻のステージ“Beverly 2nd JOURNEY「24」”レポート

24歳の誕生日にリリースされた2nd アルバム『24』を携えて東名阪で開催されたワンマンライブツアー“Beverly 2nd JOURNEY 「24」”。2018年7月8日(日)東京 代々木 YAMANO HALLでおこなわれたファイナル公演の模様をお届け♪
私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

2018年7月18日にソロ第2弾シングル「Summer Mermaid」をリリースする宇野実彩子(AAA)。「夏を楽しく過ごせるようなサマーチューンが欲しくなったんです」という思いから生まれた表題曲は、キラキラしたサウンドと恋の楽しさがひとつになった大人なサマーラブソング。本作の制作をフックにしながら、ソロアーティストとしてのビジョンについて語ってもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!
mu-mo station編集部 | 3,213 view
自身の全てを使い“生きること”を謳歌する“Do As Infinity LIVE TOUR 2018 -ALIVE-”@東京国際フォーラムホールCライブレポート

自身の全てを使い“生きること”を謳歌する“Do As Infinity LIVE TOUR 2018 -ALIVE-”@東京国際フォーラムホールCライブレポート

Do As Infinityの新たな可能性を提示してみせた12thアルバム『ALIVE』発表から3ヶ月。本作を携えて全国5会場で開催されたライブツアー“Do As Infinity LIVE TOUR 2018 -ALIVE-”から、サウンド・プロデューサー澤野弘之をゲストに迎えて行われた5月20日(日)の東京国際フォーラムホールC公演の模様をお届けします。
デビュー40周年記念!“サザンオールスターズ キックオフライブ 2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」”ライブレポート

デビュー40周年記念!“サザンオールスターズ キックオフライブ 2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」”ライブレポート

サザンオールスターズのデビュー40周年を記念し、2日間にわたり東京・NHKホールで開催されたプレミアムライブより、2018年6月26日公演の模様をレポート! 誰もが聴いたことがある名曲が次々に披露されたほか、サザンらしいくすっと笑えるサプライズも。この夏、大型フェスへの出演も発表された彼らの唯一無二のバンドたる所以を存分に見せつけた2時間40分の模様を、撮りおろし写真とともにお届けします。

この記事のキーワード