mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

mu-mo station(media stationを含む)サービス終了のお知らせ
2018年4月20日 更新

「この作品で新しい自分を生み出すんだ」強い想いをもって紡ぎ出した初のセルフ・プロデュース作品。森 恵『1985』ロングインタビュー

2018年4月25日(水)にオリジナル作品としては実に4年ぶりとなるフル・アルバム『1985』を発表するシンガーソングライター森 恵。もともと歌唱力とギタープレイに定評のある彼女が満を持して初のセルフ・プロデュースに挑戦した本作の魅力と、音楽的ルーツまでを、じっくりたっぷり紐解きます。巻末の読者プレゼント情報もお見逃しなく。

--- 斎藤さんの声ってちょっと黒っぽいというか。

森 スモーキーなんですよね。

--- そうそう。この曲の森さんの表情もちょっとハスキーで色っぽいので、相性抜群でした。サウンドに、個人的に「私の青春」みたいなオマージュも入っていてキュンとしました。

森 気づいてくださったんですね。

--- あれは狙ってたんですか?

森 メンバーに「こういうイメージなんだ」と、男性が裏声でずっと軽やかに歌っているある曲を聴かせたら、「じゃあ、あの印象的なフレーズを入れようよ」と盛り上がったんです。80年代の音楽の素晴らしさを引き継ぎながら、自分なりに解釈して出すという部分にも当てはまるので、アリだなと。
--- 森さんって何歳だっけ? と思いました(笑)。

森 「確信犯」と「この街のどこか」にも、そういったオマージュが入っているので、ぜひ「何の曲だろう?」と探してみてほしいです。

via
--- では、戻ってアルバム1曲目の「Around」から。イントロの掻き鳴らし系のカッティングがカッコいいんですね。基本的にアコギは森さんが弾いてるんですか?

森 ほぼほぼ全部弾いてます。「Around」は、「新しいものを作りたい。どんどん作っていくぞ」と意気込んで最初に作った曲ですね。気づけばアルバムの1曲目になったので、「必然だったんだろうな」と自分でも思いました。裏テーマには、「全部聴き終わったあと、このアルバムをずっとアラウンドしてほしい」という願いがあったりします。
--- 「廻るよ 廻れよ 廻すよ世界」に背中を押されます。

森 その歌詞の裏に、実はアラウンドしているエレキのフレーズがあるんです。歌詞以外のところでもそういうふうに世界観を作っているので、ぜひ耳を澄ましてみてください。
--- 「推し曲」となっている「いつかのあなた、いつかの私」は、本当に魅力的な曲だと思いました。

森 女性って「ただ聞いてほしいだけの想い」を抱えることが多いと思うんですね。男性って解決したがるけど(笑)。

--- そうですね。

森 愚痴にしろ、うれしいこと、悲しいことにしろ、ただ聞いてほしい。という感じで、自分はこうありたい、こうしていきたいという想いを、ただこの曲のなかに置きに行きました。

--- どういうきっかけで生まれた曲ですか?

森 いつも私の相談に乗ってくれる友人がいて、私は話を聞いてもらうたびにホッとして、「長電話してごめんね。ありがとね」と言ってたんです。そんな友人がある日、「実は私にも悩みがあって」と打ち明けてくれた。それが、私以上にものすごく大きな悩みだったんです。すごく驚いたし、そんな状態のときに人の話を親身になって聞けるってスゴいな、敵わないなとも思いました。その悩みの解決策はすぐに見つからないかもしれないけど、そこに辿り着くまでの道のりの中で、今度は私がいくらでも話を聞くし、ご飯食べてリフレッシュできるんだったらいつでも飛んでいくよとも。「いつかのあなた、いつかの私」は、その友人のために何か支えとなる曲を作りたいと思って出来た曲なんです。
--- 歌詞から、痛みを知ってなお誰かを照らす人になりないと願うエネルギーみたいなものを感じ、心を打たれました。

森 ひとりのアーティストとして、いろんな希望や夢を届けていきたいという思いはもちろんあるんですけど、でも、生きてると、そういうものを受け取れないときもたくさんありますよね。人の光がまぶしすぎるときもあるし、苦しみを共有することなんかできないぐらいの状態のときもある。ただ、そういうときでも、「あ、森 恵もあんなこと歌ってたな」とふと思い出せたとしたら、少しは気持ちも和らぐんじゃないかなと思うんです。解決することがすべてじゃなくて、そこまでの道のりで何かを感じることもやっぱり大事なんじゃないかなと。
--- そうですね。

森 音楽を作り始めたら、ひとまずCDというカタチに終着点を置かなければいけないけど、ライブでそれを奏でるときにはいくらでもアレンジは変えられるし、その変化のプロセスを楽しめたりたりするんですね。それと同じで、人の想いも変化して当たり前だと思うし、逆に変化していくものと変化しないものとがあるからこそ素晴らしいとも思う。そういったことを、今回のアルバム制作を通してすごく実感しました。その気づきみたいなものもこの曲には入ってます。
--- では、ピアノだけで歌っている「そばに」にいきましょう。この曲にある祈りのようなものが、k.d.ラングがカバーするレナード・コーエンの「ハレルヤ」を彷彿とさせました。インディーズのときからの曲とうかがっていますが、森さんにとってどういう曲ですか?

森 実は、私のことを可愛がってくれた祖父が亡くなったときに書いた曲なんです。友だちのようにいつもそばにいてくれた優しさを忘れたくないなと思ってカタチにしたので、恋愛のラブソングというよりファミリーのラブソングに聞こえる人も多いかもしれません。この曲にはホントにたくさんの出会いをもらいましたね。その方たちがずっと応援してくれて今の自分がある。だから、曲への感謝の気持ちみたいなものもすごくあります。ただ、「歌ってほしい」という声が多い分、リアレンジには悩みました。みなさんにとってはどうしても昔のイメージが強いはずですしね。でもまあ、セルフ・プロデュースだからそこは自由に、ということで、今回はピアノに身を任せて歌うというシンプルなスタイルを選びました。
--- 昨年のキリスト品川教会グローリアス・チャペルコンサートで、ギターを持たずに歌うということに挑戦しましたよね。

森 はい。まるまる1公演ギターを全然弾かないというのは、あれが初めてでした。

--- それが、ピアノだけで歌うという発想につながりましたか?

森 「そばに」をピアノだけで歌うというプラン自体は、品川教会より以前にあったんですけど、たしかにあのコンサートは、ギターを持たずに自分の歌声をどう響かせるかということを見つめ直す絶好の機会でしたね。ま、ピアノだけで歌えば、今回のアルバムのいいアクセントになるし、森 恵の歌を純粋に味わっていただけるんじゃないかなと思って臨みました。曲を書いたきっかけはおじいちゃんでしたが、今では歌うたびにいろんなファンの方の顔が浮かびます。
--- 「コルク」はベースが印象的な曲。あと、「喋ってるの?」みたいなスライド・ギターもカッコいいですね。

森 サウンド的にテデスキ・トラックス・バンドのイメージがちょっとあったので、そういうニュアンスを取り入れて弾いてもらいました。ベースが印象的というのはすごくうれしいです。ベースが独特な聞こえ方をする曲を作りたくて、自分の考えたベースラインから作っていった曲なので。

via
--- 「Going there」はいちばん爽やかな曲かも。ペダルスチールの音のせいか、広大なアメリカを感じます。

森 私、運転免許は持ってないんですけど、ドライブしたい気持ちはすごくあるんです(笑)。で、4 年ほど前、NAMMショー(毎年行われる世界最大の楽器見本市)出演のためロスに行ったとき、「この街並みから広大な草原に向けて走り出したらどんなに気持ちいいだろう」と思った。そういう妄想で書いた曲です。乾いた土埃りが立つようなサウンド感にしてみました。
--- そして「Howl」。「Around」や「確信犯」と同様、滑舌に目を見張るものがありますね。

森 この言葉を詰め込む感じは今っぽくもあるかもしれないんですけど、実はつぶやいたり喋ったりするように歌う70年代フォークのスタイルだったりもするんですね。歌入れを終えたとき、自分は無意識のうちに地元の先輩である吉田拓郎さんをイメージしてたのかもと思いました。あと、この曲には、エレキのプレイですごく気に入っている箇所があります。ラストでコーラスが「WOWOW」と歌っている裏で鳴ってるプレイなんですけど。
--- ああ、けっこうバトルしてますよね。

森 はい。吠えてる感じ。まさに「Howl」だなと。でも、メンバーはタイトルがどうなるかを知らずにあの吠えるようなプレイをしてた。だから、私としては「歌詞の言霊が伝わったプレイ」と思えてうれしかったんですけど。
65 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

葛藤から這い上がり、自問自答の上で行き着いた“光の方向へ向かう音”とは。戸渡陽太『光へのアーキテクチャ』インタビュー

葛藤から這い上がり、自問自答の上で行き着いた“光の方向へ向かう音”とは。戸渡陽太『光へのアーキテクチャ』インタビュー

シンガーソングライターの戸渡陽太が、2018年4月18日におよそ1年ぶりとなる新作ミニアルバム『光へのアーキテクチャ』をリリース。”自分自身と徹底的に向き合って制作した”という6曲入りの本作に込められた魂と、かき鳴らすような独特のギタースタイルとハスキーな歌声を組み合わせる音楽スタイルに至った道のりに迫ります。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
正反対の2曲が収まったニューシングル! lol-エルオーエル-「サヨナラの季節 / lolli-lolli」インタビュー【前編】

正反対の2曲が収まったニューシングル! lol-エルオーエル-「サヨナラの季節 / lolli-lolli」インタビュー【前編】

メンバー全員がラップに初挑戦し、新たな一面を見せたlol-エルオーエル-が2019年3月20日にニューシングル「サヨナラの季節 / lolli-lolli」をリリース! 前編では、レコーディングやMV制作秘話について語って頂きました☆巻末の読者プレゼント情報もお見逃しなく♪
仮面ライダーファンの方にも楽しんでもらえる作品に。Shuta Sueyoshi feat. ISSA「Over “Quartzer”」インタビュー【後編】

仮面ライダーファンの方にも楽しんでもらえる作品に。Shuta Sueyoshi feat. ISSA「Over “Quartzer”」インタビュー【後編】

1月16日に2ndアルバム『WONDER HACK』をリリースするShuta Sueyoshi。1月23日には、DA PUMPのISSAとコラボレーションした、20作目にして平成最後のライダーとして話題のテレビ朝日系『仮面ライダー ジオウ』の主題歌「Over“Quartzer”」をリリースする。幼少期より『仮面ライダー』のファンだったと公言するShuta Sueyoshiに、その『仮面ライダー』の魅力からソロアーティストとして活動するうえで大切にしていることについて話を聞いた。
“Shutaらしい”は僕にとって最高の褒め言葉。Shuta Sueyoshi『WONDER HACK』インタビュー【前編】

“Shutaらしい”は僕にとって最高の褒め言葉。Shuta Sueyoshi『WONDER HACK』インタビュー【前編】

1月16日に2ndアルバム『WONDER HACK』をリリースするShuta Sueyoshi。「人間の感情や脳内を、僕の作る音楽でハッキングしたい」という想いをタイトルに込めた本作は、2月からスタートする“Shuta Sueyoshi LIVE TOUR 2019 -WONDER HACK-”を見据えて制作された。そのShuta Sueyoshiに、ライブへの想いやアルバム制作について話を聞いた。
デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

2018年12月19日に自身初のベストアルバム『ボイメン・ザ・ベスト』をリリースするエンターテイメント集団BOYS AND MEN。今年で9年目となる彼らが初のベストアルバムを出す心境やMVの撮影秘話を語ってくれました。さらにナゴヤドームに向けての意気込みや2019年の目標にも迫ってみました♪巻末の読者プレゼントも要チェックです!

この記事のキーワード