mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

mu-mo station(media stationを含む)サービス終了のお知らせ
2018年4月20日 更新

「この作品で新しい自分を生み出すんだ」強い想いをもって紡ぎ出した初のセルフ・プロデュース作品。森 恵『1985』ロングインタビュー

2018年4月25日(水)にオリジナル作品としては実に4年ぶりとなるフル・アルバム『1985』を発表するシンガーソングライター森 恵。もともと歌唱力とギタープレイに定評のある彼女が満を持して初のセルフ・プロデュースに挑戦した本作の魅力と、音楽的ルーツまでを、じっくりたっぷり紐解きます。巻末の読者プレゼント情報もお見逃しなく。

--- では、後ほど1曲ずつ詳しくお聞きしますね。さて、歌詞の部分なんですが、今回松井五郎さんが共同作業で入られてますよね。

森 数多くの魅力的な作品を作り続けている方なので、その世界観、積み重ねてこられた歌詞への思いというものを勉強したくもあったし、実際、世界観を広げるために松井さんの言葉が必要だと感じる曲もありました。
--- 必要と感じた曲というと、たとえば?

森 「プランクトン」です。私からは見えてないものを歌詞に乗せてもらったほうがいいだろうと思い、1曲まるまるお願いしました。松井さんはいろんな角度から物事を見ていらっしゃるので、ならではの視点をお借りしたかったんです。
--- 森さんが詞のベースを書かれているものに関しては、どういうやりとりをしましたか?

森 「最後はこういう世界観にもっていきたいんですけど、どう展開させたら面白くなりますかね」とか、「もうちょっと腑に落ちる感じにしたいんですけど」とか、いろいろ相談しました。歌詞として解決させるのか、あえて解決しないのかという選択も含めて、「もっといいものにするためには」という部分を一緒に考えていきました。
--- 「プランクトン」について具体的な話が出たので、ここから順不同で全曲網羅していきたいと思います。「プランクトン」は、歌詞にもサウンドにも、アバンギャルドな美しさがありますね。

森 このメロディラインに関しては、もうホントに自分のなかで世界観が出来上がってました。でも、できすぎてると言葉は逆に乗せにくい。世界観に縛られて自由度が減っちゃうんですね。そこを押して自分で書こうとすると、一旦浮かんだ言葉に愛着が湧き、それを取っ払うことが難しくなってしまう。それが見えたので、自分ではタッチせず、ゼロから松井さんにお願いしようと思ったんです。
--- 出来上がってきたときどう感じましたか?

森 「あ、こうきたか!」とワクワクしましたね。「アコギのフレーズとメロディラインが呼んでる世界観が、松井さんにも伝わったんだ!」とうれしくもありました。
--- オクターブ・ユニゾンの歌声にゾクッとしますし、音数の少ないなか、チェロや効果音が美しい世界を織りなしているのも魅力です。

森 歌詞が乗った段階で、根底を担う響きとしてチェロが鳴っててほしいとより思いました。あと、エレキらしからぬエレキの音が節々で鳴ってるんですけど、それも歌詞ができた段階で思いついたものです。イメージを言葉で伝えて、ミュージシャンに自由に奏でてもらい、ああいう音世界が出来上がりました。
--- 続いて、ゲストが入っている曲についてうかがっていきます。まずトロンボーンの村田陽一さんが参加されてる「確信犯」。村田さんをお迎えしようと思ったきっかけは?

森 今回お会いするまで村田さんとは面識がなかったんですけど、素晴らしいミュージシャンだと思っていたので、実は一方的に村田さんのツイッターをフォローしてたんです。そしたら、ある日村田さんが私の歌を耳にされたらしく、「いつかどこかでご一緒できる日が来ることを願ってます」というようなメッセージをくださった。すごくうれしかったですし、ちょうどアルバムのレコーディングに向けて動き出してるときだったので、「これは運命だ」と思いました(笑)。デモの段階では「確信犯」にブラス・アレンジは入れてなかったんですけど、スタッフとも「入れたら絶対カッコよくなるね」という話になり、「これはお願いしてみるしかないね」と。
--- お互いが呼び合ってたんですね。

森 ホントにそう思います。

--- この曲が持ってるちょっと猥雑な雰囲気を、ブラスがカッコよく引き立たせてますよね。

森 いやあ、うれしいです!

--- あと、この曲の「♪光射した」の「た」の息の抜き方がすごく気持ちいいいんです。

森 細かく聴いてくださってありがとうございます。

via
--- 「この街のどこか」には小倉博和さんが参加されてます。小倉さんには森さんからラブコールを?

森 はい。小倉さんって音の作り方がものすごく緻密なんですよ。フレーズの積み上げ方もそうなんですけど、音自体、サウンド自体をいろんな機材を駆使して作られるんです。
--- そうなんですか!

森 たくさんの機材を持って来られたとき、最初私ものすごくビックリしました。「エフェクティブな音を求めてるわけじゃないのに、なんでこんなに使うの?」と。お話をうかがったら、「ギターが持っている音、鳴らせる音をすべて外に出してあげたいんです。奥のほうに隠れているような音も、そのギターの持ち味だからね。だからちょっと機材の数が多くなっちゃって」と笑っていらっしゃいましたけど(笑)。
--- 本当に温かいギター・サウンドですよね。

森 エレキであっても、「エレキ・ギターってやっぱり木なんだ」という部分がちゃんと見える音になってますよね。「この街のどこか」は、生きていくなかでいろんな出逢いがあって、自分の軸となる街ができて、そこはやっぱり帰りたい場所で、ということを歌った曲。大好きな人、大好きな場所を表わすためにも、ギターを愛してる人の力が必要だなと思ってたので、お願いしてよかったです。
--- サウンドが歌詞の物語を見せてくれてますね。

森 曲が呼んでいるサウンドを、瞬時に汲み取って音にしてくださる。小倉さんにしか出せない味が詰まっていると思います。
--- そして、斎藤誠さんが参加されている「愛のかたち」。とてもロマンチックな曲ですね。斎藤さんともイベントでご一緒されたりしてましたよね。

森 はい。きっかけは誠さんのラジオに呼んでいただいたこと。番組中セッションする場面があって、一緒にギターを弾きながらいろんな曲のカバーをやったんですね。誠さんはもちろんギターも素晴らしいんですけど、やっぱりシンガー・ソングライターなので、その歌声も私、すごく好きなんです。で、去年の年始に私が企画したライブにもゲストで来ていただき、お互いの曲をセッションしたり、ハモリったりと楽しい時間を過ごさせていただきました。そうこうするうちにお互いの歌声が重なったときの感動が忘れられなくなり、「何かカタチに残したい。もうこの曲しかない」とお願いしたわけです。
--- 誠さんのハモのために当て書きしたってくらいの曲だなと。

森 そうですね。コーラスを入れてもらってるだけなんですけど、デュエット・ソングのように仕上がりました。

--- ホント、そうですね! そのコーラスも、下に行ったり、上に行ったりと技ありで。

森 誠さんの声ってナチュラルな部分も素敵なんですけど、ちょっと高いところになるとセクシーさが増すんです。今まで男性にコーラスをやっていただいたことはなかったんですけど、今の私の年齢なら男女の魅力を出し合う感じで声の響きを生かしたものが作れるんじゃないかなと。ハモのラインは完全に誠さんの声を意識しながら作りました。
65 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

葛藤から這い上がり、自問自答の上で行き着いた“光の方向へ向かう音”とは。戸渡陽太『光へのアーキテクチャ』インタビュー

葛藤から這い上がり、自問自答の上で行き着いた“光の方向へ向かう音”とは。戸渡陽太『光へのアーキテクチャ』インタビュー

シンガーソングライターの戸渡陽太が、2018年4月18日におよそ1年ぶりとなる新作ミニアルバム『光へのアーキテクチャ』をリリース。”自分自身と徹底的に向き合って制作した”という6曲入りの本作に込められた魂と、かき鳴らすような独特のギタースタイルとハスキーな歌声を組み合わせる音楽スタイルに至った道のりに迫ります。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
正反対の2曲が収まったニューシングル! lol-エルオーエル-「サヨナラの季節 / lolli-lolli」インタビュー【前編】

正反対の2曲が収まったニューシングル! lol-エルオーエル-「サヨナラの季節 / lolli-lolli」インタビュー【前編】

メンバー全員がラップに初挑戦し、新たな一面を見せたlol-エルオーエル-が2019年3月20日にニューシングル「サヨナラの季節 / lolli-lolli」をリリース! 前編では、レコーディングやMV制作秘話について語って頂きました☆巻末の読者プレゼント情報もお見逃しなく♪
仮面ライダーファンの方にも楽しんでもらえる作品に。Shuta Sueyoshi feat. ISSA「Over “Quartzer”」インタビュー【後編】

仮面ライダーファンの方にも楽しんでもらえる作品に。Shuta Sueyoshi feat. ISSA「Over “Quartzer”」インタビュー【後編】

1月16日に2ndアルバム『WONDER HACK』をリリースするShuta Sueyoshi。1月23日には、DA PUMPのISSAとコラボレーションした、20作目にして平成最後のライダーとして話題のテレビ朝日系『仮面ライダー ジオウ』の主題歌「Over“Quartzer”」をリリースする。幼少期より『仮面ライダー』のファンだったと公言するShuta Sueyoshiに、その『仮面ライダー』の魅力からソロアーティストとして活動するうえで大切にしていることについて話を聞いた。
“Shutaらしい”は僕にとって最高の褒め言葉。Shuta Sueyoshi『WONDER HACK』インタビュー【前編】

“Shutaらしい”は僕にとって最高の褒め言葉。Shuta Sueyoshi『WONDER HACK』インタビュー【前編】

1月16日に2ndアルバム『WONDER HACK』をリリースするShuta Sueyoshi。「人間の感情や脳内を、僕の作る音楽でハッキングしたい」という想いをタイトルに込めた本作は、2月からスタートする“Shuta Sueyoshi LIVE TOUR 2019 -WONDER HACK-”を見据えて制作された。そのShuta Sueyoshiに、ライブへの想いやアルバム制作について話を聞いた。
デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

2018年12月19日に自身初のベストアルバム『ボイメン・ザ・ベスト』をリリースするエンターテイメント集団BOYS AND MEN。今年で9年目となる彼らが初のベストアルバムを出す心境やMVの撮影秘話を語ってくれました。さらにナゴヤドームに向けての意気込みや2019年の目標にも迫ってみました♪巻末の読者プレゼントも要チェックです!

この記事のキーワード