mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年8月22日 更新

「ふたりで『東方神起です』と挨拶できたのが一番嬉しい」“東方神起 ASIA PRESS TOUR”レポート

2017年8月21日(月)、東京・六本木ヒルズにて東方神起の本格的な再始動を発表する記者会見が行われました。約2年ぶりに登場したふたりの模様を、撮りおろし写真とともにお届けします!

8月21日にソウルと東京、22日には香港のアジア3都市を巡回したアジアプレスツアー“東方神起 ASIA PRESS TOUR”は、ユンホとチャンミンが「東方神起」として2年ぶりに行う公式イベント。

アジア中で待ち望まれてきた再始動に際し、どこかの国だけでなく各地でしっかりと再始動を宣言し、それぞれの場所での活動を発表したいという希望からアジア3カ国でのプレスツアー実施となりました。

東方神起

via

ファンの皆さんや家族、そしてお互いの存在に改めて感謝

ドレスアップしたユンホとチャンミンが登場!

この日、韓国で会見をしたばかりとは思えない元気な様子で壇上に上がったふたりはニッコリ。

『こんばんは東方神起です』
ユンホ:東方神起のユンホです。久しぶりにこういう場所に立てて感無量です。この前の“SM TOWN”ではひとりでステージを努めましたが、やっぱりチャンミンと一緒にこうして舞台に上がると落ち着きますね。これが新たなスタートだと思って短い時間ですが、たっぷりお話したいと思います。
もう既に色々と決まっているそうですよ…って皆さん、もう知ってるんでしょ?(笑)
チャンミン:東方神起のチャンミンです。僕は社会に出てきて、せめて1日くらいは休めるんじゃないかなと思ってたんですけど、結局休めませんでした(笑)。でも東方神起の再始動の記者会見に、こんなにたくさんの方に集まっていただけてすごく嬉しいです!

東方神起

via

お互いの存在について。この2年間でどう変わりましたか?

ユンホ:いままで10年以上、隣で活動してきたんですけど、2年ほど離れてお互いの存在を改めて考えました。辛い時、悲しい時、何も言わずに隣にいてくれるチャンミンがものすごくありがたくて、これが“家族”なんじゃないかなと感じました。
チャンミンはこの2年でちょっと大人っぽくなりましたね。久しぶりに会って、イケてるなって思いました(笑)
チャンミン:ユンホは元々そうだったんですが、さらに頼もしくなったというか。変わらず家族の中でいう兄貴みたいな存在感でいてくれて、ありがとうと伝えたいです。

自分自身、この2年間で変わったと思うことは?

チャンミン:僕は髪の毛がものすごく短くなって、とにかく見た目が変わりましたよね(笑) まだ鏡の中の自分にビックリしています。それから社会にでてまだ3日目なので、カメラのシャッター音にもまだ慣れてなくて、ちょっぴり怖いくらいです(笑)
…えっと、昔と変わったなというのは、新聞とか本とか活字を読むのが好きになりました。それと家族やファン、ユンホ、スタッフの皆さんといった方が僕の周りにいてくださることの大切さ、ありがたさを改めて実感しました。
ユンホ:この2年間で“東方神起のユンホ”ではなく、“人間チョン・ユンホ”として活動する中で「これから僕は、そして東方神起はどういう風になっていけばいいのか」とじっくり考えることができました。今後は「東方神起は情熱です!」といった言葉よりまず行動を起こして、自分たちの魅力で皆さんを魅了できるアーティストになりたいと思います。

2017年11月より、日本5大ドームツアーが開催!!

11月には、実に2年7ヶ月ぶりとなる日本5大ドームツアーが開催決定!
(なんと、海外アーティスト史上初の3度目となる全国5大ドームツアー)

11日の札幌ドームを皮切りに、大阪、東京、福岡、名古屋と5つの都市で計14回開催される予定です。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

人工知能で音楽はどう変化する? 新ユニットPANDORAを始動させた小室哲哉が語る「音楽のこれから」

人工知能で音楽はどう変化する? 新ユニットPANDORAを始動させた小室哲哉が語る「音楽のこれから」

TM NETWORKをはじめ、シンセサイザーを駆使した音作りで早くからデジタル技術を音楽に取り入れてきた小室哲哉。この度、浅倉大介との新ユニット“PANDORA(パンドラ)”を結成して音楽シーンへ新たなアプローチを試みる事になった彼に、AIで音楽はどのように変化していくのか、そして小室哲哉自身の音楽はどのように進化するのか伺いました。
mu-mo station編集部 | 1,781 view
Da-iCE「君色」リリース記念“君色占い”【5/5】おもてなしの「マグカップの色」でグループの絆が深まるかも?

Da-iCE「君色」リリース記念“君色占い”【5/5】おもてなしの「マグカップの色」でグループの絆が深まるかも?

2017年8月30日(水)発売の12thシングル「君色」にちなみ、全5回に渡りDa-iCEメンバー5人に色にまつわる心理テストを実施した短期連載もついに最終回!メンバーをもてなす「マグカップの色」が教えてくれる本当の姿とは…? 巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 2,940 view
今は雨でも、流れ星が見えたら願いをかけて伝説を残していこう…和楽器バンド「雨のち感情論」インタビュー

今は雨でも、流れ星が見えたら願いをかけて伝説を残していこう…和楽器バンド「雨のち感情論」インタビュー

和楽器とロックを融合した唯一無二の音楽を奏でる和楽器バンド。なんと、デビュー4年目にして1stシングル「雨のち感情論」を2017年9月6日にリリース! なぜ、今シングルなのか。そしてタイトルに込められた思いとは。メンバーを代表して鈴華ゆう子(Vo)、町屋(Gt)、黒流(和太鼓)の3人に話を聞きました。巻末の読者プレゼントも要チェック!!
mu-mo station編集部 | 9,177 view
Da-iCE「君色」リリース記念“君色占い”【4/5】「赤いアイテム」は何の象徴?

Da-iCE「君色」リリース記念“君色占い”【4/5】「赤いアイテム」は何の象徴?

2017年8月30日(水)発売の12thシングル「君色」にちなみ、Da-iCEメンバー5人に色にまつわる心理テストを実施した第4弾! 「赤いアイテム」から見えてくる深層心理に迫ります。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 2,902 view
Do As Infinityの過去、現在、そして未来。「To Know You」制作で見えてきた“私達が存在する意味”

Do As Infinityの過去、現在、そして未来。「To Know You」制作で見えてきた“私達が存在する意味”

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』『進撃の巨人』の劇伴で知られる澤野弘之をサウンドプロデューサーに迎えたシングル第二弾を2017年9月27日にリリースするDo As Infinity。夢にあふれた街「東京」をテーマに制作されたポジティブな「To Know You」と、アイデンティティの深層に迫り心の琴線に触れるバラード「唯一の真実」という壮大な世界観の作品となっています。この作品に込められた想いに迫るべく、彼らの過去、現在、そして世界へと広がる未来を紐解きました。
mu-mo station編集部 | 2,073 view

この記事のキーワード