mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年10月25日 更新

★10/24(火)更新★東方神起からのコメント動画が届きました!

アルバムリリースコメント到着! 【アーカイブ】2017年8月21日(月)、東京・六本木ヒルズにて東方神起の本格的な再始動を発表する記者会見が行われました。約2年ぶりに登場したふたりの模様を、撮りおろし写真とともにお届けします!

★10/24(火)更新★東方神起からのコメント動画が届きました!

【mu-moショップ限定】東方神起 復帰記念アルバム『FINE COLLECTION~Begin Again~』メンバーコメント

アーカイブ:2017年8月21日(月) 東方神起記者会見

8月21日にソウルと東京、22日には香港のアジア3都市を巡回したアジアプレスツアー“東方神起 ASIA PRESS TOUR”は、ユンホとチャンミンが「東方神起」として2年ぶりに行う公式イベント。

アジア中で待ち望まれてきた再始動に際し、どこかの国だけでなく各地でしっかりと再始動を宣言し、それぞれの場所での活動を発表したいという希望からアジア3カ国でのプレスツアー実施となりました。

東方神起

via

ファンの皆さんや家族、そしてお互いの存在に改めて感謝

ドレスアップしたユンホとチャンミンが登場!

この日、韓国で会見をしたばかりとは思えない元気な様子で壇上に上がったふたりはニッコリ。

『こんばんは東方神起です』
ユンホ:東方神起のユンホです。久しぶりにこういう場所に立てて感無量です。この前の“SM TOWN”ではひとりでステージを努めましたが、やっぱりチャンミンと一緒にこうして舞台に上がると落ち着きますね。これが新たなスタートだと思って短い時間ですが、たっぷりお話したいと思います。
もう既に色々と決まっているそうですよ…って皆さん、もう知ってるんでしょ?(笑)
チャンミン:東方神起のチャンミンです。僕は社会に出てきて、せめて1日くらいは休めるんじゃないかなと思ってたんですけど、結局休めませんでした(笑)。でも東方神起の再始動の記者会見に、こんなにたくさんの方に集まっていただけてすごく嬉しいです!

東方神起

via

お互いの存在について。この2年間でどう変わりましたか?

ユンホ:いままで10年以上、隣で活動してきたんですけど、2年ほど離れてお互いの存在を改めて考えました。辛い時、悲しい時、何も言わずに隣にいてくれるチャンミンがものすごくありがたくて、これが“家族”なんじゃないかなと感じました。
チャンミンはこの2年でちょっと大人っぽくなりましたね。久しぶりに会って、イケてるなって思いました(笑)
チャンミン:ユンホは元々そうだったんですが、さらに頼もしくなったというか。変わらず家族の中でいう兄貴みたいな存在感でいてくれて、ありがとうと伝えたいです。

自分自身、この2年間で変わったと思うことは?

39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

SUPER JUNIOR-D&EのDONGHAEとEUNHYUKが“子供の頃に聴いていた洋楽”とは…?【2017年11月15日O.A.】

SUPER JUNIOR-D&EのDONGHAEとEUNHYUKが“子供の頃に聴いていた洋楽”とは…?【2017年11月15日O.A.】

InterFM897にて毎週水曜日24:00~O.A.中のラジオプログラム『mu-mo Premium club presents SUPER JUNIOR-D&E fellows』公式ブログ★記念すべき初回放送の今夜のプレイリストは“子供の頃に聴いていた洋楽”。ダンスに定評のあるドンヘとウニョクらしいセレクトとなりました。子供の頃の思い出とともにお楽しみください。
mu-mo station編集部 | 4,816 view
Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【後編】削ぎ落としたなかで奏でられるものを…サウンドとボイスの隙間から生まれる大人の音楽とは

Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【後編】削ぎ落としたなかで奏でられるものを…サウンドとボイスの隙間から生まれる大人の音楽とは

スムーズで、クールで、セクシーで、音に身を委ねていると、いい女、いい男になった気分に。そんな素敵な勘違いをさせてくれるSkoop On Somebodyの『State Of Soul』。今年20周年を迎えた彼らの新作にして6年ぶりのオリジナル・アルバムだ。スキルにもハートにも大人の魅力いっぱい。なのに、「今まででいちばんやんちゃな作品」という。「CDが売れない時代というけど、これから絶対さらにいいものが生まれてくるはず」とも。大人が夢見るフューチャー・ソウル。それは若い世代の憧れの世界でもあるはず。アルバムに込めた思いを、じっくりと訊きました。
mu-mo station編集部 | 1,013 view
パノラマパナマタウン、独占取材。アニメ『十二大戦』主題歌「ラプチャー」の真意を聞く。〜生きたまま 死ぬんじゃねぇぞ〜

パノラマパナマタウン、独占取材。アニメ『十二大戦』主題歌「ラプチャー」の真意を聞く。〜生きたまま 死ぬんじゃねぇぞ〜

西尾維新×中村 光のタッグで話題のTVアニメ『十二大戦』のオープニング曲に抜擢された「ラプチャー」を手がけるインディーズバンド“パノラマパナマタウン”。その詞曲をすべて手がける岩渕想太(Vo&Gt)に『十二大戦』の物語や、彼自身の幼少期について聞いてみました。落ち着きながら丁寧に言葉を選び、哲学を感じさせる発言に心が躍りました。言葉の魅力を持つ新しい才能を持つバンドの登場です。巻末の読者プレゼントも要チェックです。
mu-mo station編集部 | 1,417 view
Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【前編】好き嫌いは分かれるけど、嗜好品としては最上級…大人のためのフューチャー・ソウルを

Skoop On Somebody、6年ぶりのオリジナル・アルバム『State Of Soul』を語る【前編】好き嫌いは分かれるけど、嗜好品としては最上級…大人のためのフューチャー・ソウルを

スムーズで、クールで、セクシーで、音に身を委ねていると、いい女、いい男になった気分に。そんな素敵な勘違いをさせてくれるSkoop On Somebodyの『State Of Soul』。今年20周年を迎えた彼らの新作にして6年ぶりのオリジナル・アルバムだ。スキルにもハートにも大人の魅力いっぱい。なのに、「今まででいちばんやんちゃな作品」という。「CDが売れない時代というけど、これから絶対さらにいいものが生まれてくるはず」とも。大人が夢見るフューチャー・ソウル。それは若い世代の憧れの世界でもあるはず。アルバムに込めた思いを、じっくりと訊きました。
mu-mo station編集部 | 1,594 view
『感覚ピエロ』横山直弘、秋月琢登×『ブラッククローバー』アスタ役 梶原岳人 鼎談 【後編】アスタ役を射止めた裏話&自分に似てるキャラ談義

『感覚ピエロ』横山直弘、秋月琢登×『ブラッククローバー』アスタ役 梶原岳人 鼎談 【後編】アスタ役を射止めた裏話&自分に似てるキャラ談義

2017年10月よりテレビ東京系にて放送が開始されたTVアニメ『ブラッククローバー』。同作で主人公・アスタの声優を務める梶原岳人さんと、OP(オープニング)曲「ハルカミライ」を手掛けるロックバンド『感覚ピエロ』のギターボーカル・横山直弘さんとギター・秋月月琢登さんによる鼎談後編となる今回は、物語の魅力やキャラクターなどをテーマにお話を伺った。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく!

この記事のキーワード