mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年5月15日 更新

5/15動画公開★“大人の恋愛”をテーマにした、全てにおいて新しい挑戦が詰まった作品。The Super Ball「Second」スペシャルインタビュー

佐々木陽吾と吉田理幹によるユニットThe Super Ball(通称スパボ)が、2018年5月16日(水)に4thシングル「Second」をリリース。2017年のアルバムリリース後に“2人が本当にやりたい音楽”を追求する時間を持ったというふたりが見出したものとは…?巻末の読者プレゼント情報もお見逃しなく。

★5/15更新★巻末に読者プレゼント応募フォームが開放!応募受付は5/31(土)まで

★5/15更新★The Super Ballスペシャル動画を公開☆インタビュー最下部をチェック♪

TEXT:川倉由起子 PHOTO:小境勝己
--- まずは前回取材した2017年2月リリースの1stアルバム『スパボ!スパボ!スパボ!』以降の活動について聞かせてください。どんな日々を過ごしていましたか?
佐々木陽吾(以下、佐々木):アルバムをリリースして、それを引っさげたツアーを回って、以降はずっと制作期間という感じでした。1stアルバムを出したところでちょっとひと段落というか、自分たちの中で改めて“2人が本当にやりたい音楽”を追求する時間に自然となっていったんです。それこそ3~4ヵ月で100曲くらいは作りましたね。
吉田理幹(以下、吉田):ものすごい数の曲を作ったよね。1stアルバムを経て、サウンド面はもちろん、2人の歌い分けやハモリとかいろんな部分を今一度突き詰めたいって思いが強くなって。あとは楽器の練習にもけっこう時間を費して、歌や演奏スキルも去年1年間で上がったのかなって。
--- YouTubeのカバー動画もコンスタントにアップしていましたよね。

吉田:そうですね。自分たちが今まで使ってなかった魅力的なコード進行とか、また新たな発見や気付きがあるんじゃないかと思って。
佐々木:そういう、いろんなものをコツコツ蓄積する時間を経てできたのが今回のNewシングル「Second」なんです。前作の「MAGIC MUSIC」と比べてもかなり幅が出たなって思います。それは今お話した2017年の時間があったからこそで、2人の“こういうのやっていきたいよね”っていうのがひとつの形になったというか、すごく納得できる作品に仕上がった手応えがあります。
via
--- では早速そんな「Second」のお話ですが、聴かせていただいて、本当に今までとはガラッと異なる作風に驚きました。

吉田:ありがとうございます。「Second」はカップリングも含め自分たちのやりたいことを全部詰められた実感があって。サウンド、曲調、声色……全てにおいて新しい挑戦だったんですが、本当に気に入っています。曲ができた経緯としては、まず自分たちの中に“大人の恋愛”をテーマにした曲を作ってみたいって思いがあったんですけど、今までそういうものを歌ったことがなかったし、僕らの27歳という年齢ももう十分大人だということで。
佐々木:でも歌詞に実体験は含まれてなくて、ほぼ妄想! 主人公のキャラクター像を考えるところから2人でイメージを膨らませていきました。
吉田:恋愛系の本を読んで想像力を働かせたり、いろいろと細かく設定を決めてね。“主人公の男の子は少し年上の女性が好きで、でもその人には彼氏がいる。彼女と2人で会うと彼氏の愚痴を言ってきて、あまりうまくいってないのかもしれない……”みたいな。

The Super Ball「Second」MV(TBS系テレビ「CDTV」5月度エンディングテーマ)

--- 主人公の男の子の気持ちが、もどかしくて切ないですよね。

佐々木:もっと言うと、かわいそうですよね(笑)。
吉田 タイトルはまさに“2番目の男”って意味なんですけど、歌詞のこだわりとしては最終的に結論を書いていないんです。そこはぜひ聴き手に想像してもらいたいなと思っていて、今後もしかしたらこっちに来てくれる可能性もありますし、個人的には“絶対オレが振り向かせる!”っていう強い気持ちで歌いました。
57 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

これは1stアルバムにしてベスト・アルバム。オーディションでの出会いから始まった、とある2人の物語。

これは1stアルバムにしてベスト・アルバム。オーディションでの出会いから始まった、とある2人の物語。

The Super Ball 1stアルバム『スパボ!スパボ!スパボ!』インタビュー他、撮り下ろし写真満載なだけでなく、妄想生電話動画も!
こうやって3人で集まってみて”やっぱりこの人たちしかいない”と思った。m-flo「the tripod e.p.2」インタビュー

こうやって3人で集まってみて”やっぱりこの人たちしかいない”と思った。m-flo「the tripod e.p.2」インタビュー

今年20周年を迎えたm-floがオリジナルメンバーのLISA、☆Taku Takahashi、VERVALの3人で約15年ぶりに再始動。2018年3月7日にリリースされた新作「the tripod e.p.2」で本格的な活動をスタートさせる。リユニオンに至る経緯、映画『去年の冬、きみと別れ』の主題歌「never」を含む新作の制作、今後のビジョンなどについて3人に聞いた。
Da-iCE「FAKESHOW」リリース記念特集【4/6】大野雄大が嘘をつくのが一番下手だと思う人は誰?

Da-iCE「FAKESHOW」リリース記念特集【4/6】大野雄大が嘘をつくのが一番下手だと思う人は誰?

Da-iCE 5周年イヤー第2弾シングル「FAKESHOW」が2018年5月30日にリリース!これまでにないスリリングなサウンドと“人間の嘘”への皮肉を込めたアイロニカルな歌詞が印象的な本作を徹底取材!全6回の短期連載でその魅力に迫ります。スペシャル動画コンテンツ『FAKEなスイーツクッキングSHOW』大野雄大編も公開★巻末の読者プレゼント情報と併せてどうぞお見逃しなく。
Da-iCE「FAKESHOW」リリース記念特集【3/6】花村想太が女の子にならつかれても良い嘘とは?

Da-iCE「FAKESHOW」リリース記念特集【3/6】花村想太が女の子にならつかれても良い嘘とは?

Da-iCE 5周年イヤー第2弾シングル「FAKESHOW」が2018年5月30日にリリース!これまでにないスリリングなサウンドと“人間の嘘”への皮肉を込めたアイロニカルな歌詞が印象的な本作を徹底取材!全6回の短期連載でその魅力に迫ります。スペシャル動画コンテンツ『FAKEなスイーツクッキングSHOW』花村想太編も公開★巻末の読者プレゼント情報と併せてどうぞお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 1,482 view
Da-iCE「FAKESHOW」リリース記念特集【2/6】和田 颯が思う、メンバーで1番嘘をつくのが下手な人とは?

Da-iCE「FAKESHOW」リリース記念特集【2/6】和田 颯が思う、メンバーで1番嘘をつくのが下手な人とは?

Da-iCE 5周年イヤー第2弾シングル「FAKESHOW」が2018年5月30日にリリース!これまでにないスリリングなサウンドと“人間の嘘”への皮肉を込めたアイロニカルな歌詞が印象的な本作を徹底取材!全6回の短期連載でその魅力に迫ります。今回からは最後にスペシャル動画コンテンツ『FAKEなスイーツクッキングSHOW』も登場★巻末の読者プレゼント情報と併せてどうぞお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 2,867 view

この記事のキーワード