mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

mu-mo station(media stationを含む)サービス終了のお知らせ
2017年10月26日 更新

イトヲカシ、独占インタビュー。王道ポップに燃える豪華タイアップ両A面キラーチューンの誕生「アイオライト/蒼い炎」

ネット発、路上育ちの二人組音楽ユニット・イトヲカシ。11月3日(金・祝)に3枚目のシングル『アイオライト / 蒼い炎』をリリース。映画『氷菓』主題歌「アイオライト」と、週刊少年ジャンプの人気漫画を映像化したアニメ『ブラッククローバー』のエンディング・テーマ「蒼い炎」という豪華両A面シングルだ。勢いに乗る二人に、イトヲカシならではの王道ポップソングがいかにして誕生したのかを聞いてみた。巻末の読者プレゼントもチェック!

――イントロのピアノの掴みも好きだし、歌メロも超耳に残るメロディーラインなんですよ。サビで心を鷲掴みされるいい曲で。

伊東:ありがとうございます。偶然『ブラッククローバー』の世界観にバチッとハマったんですよ。
――エンディング・テーマとなった『ブラッククローバー』という作品を、どのように受け止めてますか?

伊東:少年漫画の王道っていう感覚ですね。劣勢状態からの逆転劇が生み出す爽快感。主人公の才能が、どんどん花開いていく展開が気持ちいいと思うんですよ。

宮田:最初から強い主人公は、あんまり見たくないもんね。

伊東:そう、あんまり見たくないよね。

宮田:『ワンパンマン』くらいだよね(笑)。

伊東:あそこまで振り切っていたら面白いけどね(笑)。
――歌詞ではどことなく切ない要素がありながらも、力強い意志を感じられて。普遍的な言葉を使われていてリアルなメッセージ性を感じます。無理やり感じゃない、共感できる言葉だと思いました。

伊東:学校という狭い社会の中で輝けなかった人たちに向けて、学生の時に感じてたことを書いています。学校を卒業して、学校っていう檻がパキッと崩壊したときに、もっともっと世界は広かったんだってことを感じたんですよ。それを伝えたかった。でも、その場で「広い世界が広がってるよ」って言っても、狭い世界の中で生きていると「そんなん知るかよ」ってなると思うんです。そこで音楽の力を使ってメッセージを届けたかったんです。

TVアニメ「ブラッククローバー」PV

――『ブラッククローバー』は魔法ファンタジーな世界観だけど、少年による群像劇な成長物語なので歌詞の物語とリンクしますよね。

伊東:そうですね。

――いま、僕の息子が秋で11歳になるんですけど、「蒼い炎」を聴いてほしいなって思いました。どうやって受け取めるかが楽しみで。アニメもスタートしたし、それこそ『週刊少年ジャンプ』って、今は幅広い世代が読んでいますよね。

伊東:そっか。ふくりゅうさんも読みつつ、子どもも一緒に楽しめるんですね。

宮田:僕らにとっても、『週刊少年ジャンプ』は、読んでないと話題についていけないみたいな存在でしたからね。

伊東:「読んでないの?」っていう質問すらなかった気がする。でも、そんな中、俺はかたくなに週刊誌を読まなかったからなぁ(笑)。

宮田:え、読んでなかったっけ?

伊東:実は読んでない。僕は完全なる単行本派で。

宮田:ははは(笑)。発売日や放送を毎週ワクワクさせる存在ってすげぇなって思います。俺らもそんな存在になりたいな。
伊東:そうだね。『ブラッククローバー』は、本当に少年漫画の王道ですね。

宮田:僕らも王道の音楽を目指したいと言い続けているので、合致してますね。
――「蒼い炎」はイントロのピアノによるフレーズが、ヒット感あるなって思いました。

宮田:それは嬉しいです。イヤー・キャッチをいっぱい作りたいなって。ピアノはすごく好きなんですけど、なかなか難しいんです。

――そしてサビも力強い。元気をもらえるサビの力を持っていますよね。

伊東:「残された僕らは」っていうフレーズがメロディと一緒に生まれたんですよ。ふと、学校で輝けない人達の気持ちを自分は知ってる、と思って。「残された僕らは何かになりたくて」っていうメロディと共にでてきて。このメロディを歌いたいというか、このメロディは誰かに歌ってほしくないくらい好きなメロディだなって。大事な曲ですね。
――劣勢からひっくり返していこうっていう想いは、イトヲカシの歴史とも繋がりますね。

伊東:やっぱり我々は元々は別でバンド活動をしていて、それで上手くいかなくてお互いバンドは解散してイトヲカシを結成したというプロセスを経てますから。

宮田:歌詞を読んだ時に、僕自身の背中を押してくれる楽曲だなって思いました。やっぱりみんな何者かになりたいし、自分が何者かを知りたいし。老若男女いろんな方々に聴いてもらいたいですね。
イトヲカシ

イトヲカシ

via
――「蒼い炎」っていうタイトルは?

伊東:これは秘めた闘志というか、タイトルでも社会のひとつの枠組みのなかで輝くことができない人達の熱い想いを描きたかったんです。理科の実験で使うバーナーって、あれって酸素の量を調節できるじゃないですか? はじめにポッとつけた時は赤い炎なんですよ。でも、酸素の量を調節して温度を上げていくと、それがどんどん蒼い炎になっていくんです。で、蒼い炎で沸点が高くなった時に、蒼色がどんどん透明になっていくんですよ。だから、見えない蒼い炎は赤い炎よりも熱いっていうことを表現したかったんです。
―—わ〜、めちゃくちゃ勇気づけられます。「蒼い炎」めちゃくちゃいい曲ですよね。

イトヲカシ:嬉しいです!!!

――本当に。これがしかも、影響力強そうな『ブラッククローバー』のタイアップということで、いい相乗効果を期待したいです。そういえば、アートワークにもこだわりがあるんですよね?

伊東:そうなんですよ。月と太陽的というか、天文的な世界観で創っていただいて。
「アイオライト/蒼い炎」ジャケット

「アイオライト/蒼い炎」ジャケット

via
――アーティスト写真も不思議な世界観ですよね。

伊東:目を引きたいなと、狙ってますね。

宮田:お気に入りなんで。“NO MORE 映画泥棒”感が(笑)。異空間な違和感があって。

――二人ともイケメンなのに今回も顔出しされてませんが、そこでのこだわりはやっぱり続くんですね。

伊東:ははは(笑)。やっぱり大切にしたいなとは思ってて。

――ライブに行ったら顔出してるわけですしね。

伊東:ライブだと歌いにくいんで、単純にそんな理由なんですけどね(笑)。

関連リンク

40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イトヲカシの快進撃っぷりを感じられたお台場でのツアーファイナル。新曲「SUMMER LOVER」が超絶キャッチー!

イトヲカシの快進撃っぷりを感じられたお台場でのツアーファイナル。新曲「SUMMER LOVER」が超絶キャッチー!

2017年7月16日(日)に東京・Zepp Tokyoにて行われた“イトヲカシ 2nd one-man tour”最終公演。サプライズで本邦初公開となる新曲が2曲も飛び出すなど、最後まで挑戦し続けたライブの模様を音楽コンシェルジュ・ふくりゅうがお届けします!!
イトヲカシが生み出す、応援歌でありJ-POP王道を突き抜ける至宝のポップサウンド『中央突破』ロングインタビュー【後編】

イトヲカシが生み出す、応援歌でありJ-POP王道を突き抜ける至宝のポップサウンド『中央突破』ロングインタビュー【後編】

2017年6月21日(水)に待望の1stフルアルバム『中央突破』をリリースするイトヲカシに、最新作『中央突破』に収録された全10曲の“応援歌”に託された思いを伺いました。メンバーが文字通り筆を走らせた「直筆『中央突破』暑中お見舞いはがき」のプレゼント情報や、メンバーが紹介するオリジナル特典「オリジナル缶ミラー」も要チェック★
イトヲカシが生み出す、応援歌でありJ-POP王道を突き抜ける至宝のポップサウンド『中央突破』ロングインタビュー【前編】

イトヲカシが生み出す、応援歌でありJ-POP王道を突き抜ける至宝のポップサウンド『中央突破』ロングインタビュー【前編】

ネット発、路上育ちの2人組音楽ユニット“イトヲカシ”が2017年6月21日(水)に待望の1stフルアルバム『中央突破』をリリース! 「王道の音楽をやりたい」というテーマを常に掲げてきた彼らが本作に込めた思いとは…? 「直筆『中央突破』暑中お見舞いはがき」のプレゼント情報や、メンバー自ら紹介するオリジナル特典も要チェックです!!
TKセッションも収録、名曲ばかりの木根尚登25周年記念コンサート映像作品『木根尚登25周年記念コンサート「キネバラ」』インタビュー

TKセッションも収録、名曲ばかりの木根尚登25周年記念コンサート映像作品『木根尚登25周年記念コンサート「キネバラ」』インタビュー

2018年5月30日にリリースされるBlu-ray/DVD『木根尚登25周年記念コンサート「キネバラ」』。本作に収録される昨年12月開催のメモリアルライブについて、また当日披露された数々の名曲にまつわる制作秘話やファンの間で話題となった盟友・小室哲哉とのトークショーの真実、そして25年の音楽生活の思い出を、音楽コンシェルジュ・ふくりゅうが独占インタビュー!巻末の激レア読者プレゼントもお見逃しなく。

この記事のキーワード