mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年9月5日 更新

このアニメでリアルタイムで見るテレビの面白さを再確認してほしい『深夜!天才バカボン』監督・脚本 細川徹インタビュー

赤塚不二夫の代表作とも言える『天才バカボン』がこの夏、前作から18年ぶりに、細川徹監督のオリジナルストーリーで放送中!バカボンのパパらお馴染みのキャラクターが現代を舞台に大暴れする内容に「テレビの限界攻めすぎ!」と大反響が起きています。その監督・脚本を務める細川徹に、本作に掛ける想いを直撃インタビューしてきました。

TEXT:永堀アツオ PHOTO:八木虎造
via
--- 細川監督と過去の『天才バカボン』との思い出からお聞かせください。

細川徹(以下、細川):アニメももちろん、子供の頃から見てました。自分が見てたのは再放送で、『元祖天才バカボン』っていう2作品目のやつなんですけど、“元祖”と“無印(編注:『天才バカボン』)”の区別もついてませんでした。だから、両方、見てたと思うんですけど、当時は、いろんなアニメが夕方に再放送されてから、その中の1つっていう感じだったんです。でも、中学生の時に、原作のマンガを読んで、あまりにぶっ壊れてるというか(笑)、マッドでピュアでびっくりしちゃって。いろんな変わった実験というか、見たことのない表現がいっぱいあった。有名なのだと、「実物大マンガ」といって、1ページまるまる、バカボンのパパの顔を描いてたり、逆に、「目が悪くなるマンガ」っていって、本当に小さく描いたり。そういう、マンガならではの遊びをいろいろしてて。それに驚いて以来、ずっと影響を受けてます。俺がモノを作る時の下地になってるんじゃないかなっていう気はしますね。
--- 現在のモノづくりにどんな影響を受けてるといえばいいですか?

細川:なんか変わったことをやろうっていうことじゃないですかね。どんな仕事でも、その仕事の中で変わったことやろう、びっくりさせよう、みたいなことを考えてるっていうか。普通だと面白くないんじゃないか、とか(笑)。そういうことになっちゃってるんじゃないかと思いますね。
--- その創作の原点とも言える『天才バカボン』の最新TVアニメ『深夜!天才バカボン』の制作に携わることになった経緯をお聞かせください。

細川:好きが高じて、自分が脚本を始めてから、フジオ・プロさんにお願いに行って、舞台で『天才バカボン』をやらせてもらったんですよ(編注:『男子はだまってなさいよ! 7 - 天才バカボン』2010年・作演出)。そのあと、アニメ『しろくまカフェ』の監督の人が、俺に仕事を頼みたいっていう時に、連絡先がわからないけど、そういえば、舞台で天才バカボンをやってたなっていうことで、フジオ・プロさんに連絡先を聞いて、俺に連絡をくれたんです。
--- あはははは。変なアプローチですね。細川さんがシリーズ構成を手がけた『しろくまカフェ』(2012~2013年)を製作した「スタジオぴえろ」は、かつて、『天才バカボン』のアニメ第3作目『平成天才バカボン』(1990年)や4作目『レレレの元祖天才バカボン』(1999~2000)も手がけてます。

細川:そうそう。スタジオぴえろさんが、昔、バカボンやってたから、『しろくまカフェ』をやってる途中から、「天才バカボンを深夜でやらせてほしい」ってずっと言ってて。元々の天才バカボンって、過激で、大人が見ても楽しいマンガだったから。夕方に流す『天才バカボン』じゃない、深夜のやつをやらせてくれないかってずっと言ってたんですよ。それも、脚本でやるつもりだったんだけど、3年前くらいに「監督もやりませんか?」って声掛けられて。その時は、びっくりしたけど、アニメでやらないことをいろいろやろうと思ってたから、普通のアニメの監督だと伝わらないだろうなと思って。それは大変そうだし、じゃあ、自分がやったほうがいいかなっていうことで、自分でやることにしちゃいましたね。
--- どのような作品にしてほしい、などのリクエストはあったのでしょうか?

細川:いや、プロデューサーの人って、だいたい「大丈夫ですよ」しか言わないんですよ(笑)。「俺、アニメの監督をやったことないだけど大丈夫かな?」って言っても、「大丈夫ですよ。実写もやってるじゃないですか」って。実写と全く違うのはわかってるはずなのに。だから、大変でしたよ(笑)。アニメの監督って専門職だから、アニメの監督じゃないとわからないこともありますからね。
--- それでも、アニメの監督では作れない変わったものを作ろうっていうことですよね。

細川:そうですね。だから、そういうものにはなってるんじゃないですかね。
--- その「そういうもの」を具体的にお伺いできますか? 監督が考える今作のテーマをお聞かせください。

細川:深夜の時間にリアルタイムで観るからこそ、面白いものだと思ってるんですね。そういうつもりで作ってます。毎週、次に何があるんだろうって、期待しながら、次の週にこんなことになったぞっていう。なるべく、リアルタイムで観てほしいんですよね。昔のテレビは録画もできなかったから、テレビの前で、何が起こるんだろうってドキドキしてたじゃないですか。そういう、昔のテレビを観てたような気持ちで観れるものになるといいなっていうのがありましたね。だから、“何をするかわからない”っていう感じに作ろうと思ってて。毎週、これが最終回かもしれないっていう気持ちというか(笑)。どこかで力尽きちゃうかもしれないくらい、毎回、違うことをやって。予想させないっていう風に作ってます。
via
--- 1話目でいきなりパパが女体化してますし。キャストも古田新太さんじゃなく、小倉久寛さん(18年前に放送された『レレレの天才バカボン』パパ役)が務めてました。

細川:1話は、18年ぶりのアニメ化なので、18年間で変わったことっていうのがテーマだったんですね。『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の連載が終わったことも大きいけど、X JAPANの復活もあって、YOSHIKIさんが一番出てくれなさそうだなと思って。『こち亀』の両さんはひょっとしたら出てくれるかもしれないじゃないですか、図々しいんだけど(笑)。一番出てくれなそうな人に行くっていうことが、今回のテーマですね。一番触っちゃいけなそうなところに近づくっていう。
--- まさか、YOSHIKIさんが『深夜!天才バカボン』のアニメに出るとも思わないですもんね。第2話のAパートは、早くも「総集編」でした。

細川:本当はバカボンが女子高生になってる実写をやりたかったんだけど、ダメだって言われて。それで、総集編になりました。
--- (笑)Bパートの衝撃は本官がレレレのおじさんやウナギイヌを撃っちゃうっていう。

細川:それは原作ではあることなので普通のことでしたね。でも、夕方のアニメでは殺せないですし、頭に穴を開けられない。赤塚キャラは可愛いっていうこともあって、ごまかしてるけど、頭に穴が開く表現はダメですからね。二人、死んでますからね、キャラが。でも、次にすぐ出すっていう赤塚漫画のパターンでやってますけど、いま、思うと、そのまま死ぬっていうパターンもアリだったかもしれませんね(笑)。もう出ないっていう。
--- いやいや、主要キャラじゃないですか。

細川:昔の香港映画とかでよくあるんですよ。死んじゃった後に続編が決まって、同じ役者が弟として出てくるっていう。そのパターンもありましたね。2話は、1つは、総集編やろうっていうことと、もう1つ、ずっと実況をつけるっていうことがやりたかった。その2つですね。で、3話で1回、普通のことをやろうと思って。実験ばかりやってると、やることがどんどん狭まってくるんですよ。だから、1回、広げようと思って。なんでもありっていうことにするために、3話で普通のやつをやってます。
--- とはいえ、3話のAパートでは胃カメラの実写が出てきました。

細川:そうだそうだ。「内面を描きたい」っていう監督の胃カメラ映像を見せるっていうのがやりたかったんだ。芸術っぽい、つまんない監督がそういうことを言ったりするんですよ。本当に面白い監督はそんなこと言わないから。
53 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「これでいいのだ!」マインドで作り上げた快作!TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「BAKA-BONSOIR!」制作インタビュー

「これでいいのだ!」マインドで作り上げた快作!TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「BAKA-BONSOIR!」制作インタビュー

“20世紀最強のギャグ漫画”と謳われた赤塚不二夫の代表作が18年ぶりにアニメで帰ってきた! 『深夜!天才バカボン』のOPを飾るエキセントリックなナンバー「BAKA-BONSOIR!」の作詞・作曲・編曲を手がけたTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDに、本作の制作への思い入れや、主要キャストによるスペシャルユニットB.P.O -Bakabon-no Papa Organization- (古田新太、入野自由、日髙のり子、野中藍、森川智之、石田彰、櫻井孝宏)のレコーディング秘話などを伺いました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
【ライブレポートマンガ】フジオロックフェスティバル 2018 @恵比寿ガーデンプレイス

【ライブレポートマンガ】フジオロックフェスティバル 2018 @恵比寿ガーデンプレイス

音楽大好きイラストレーター、ビビによるライブレポートマンガ★今回は、赤塚不二夫ボツ10年分のバカを、音に、笑いに、踊りに、祭りにギュッと詰め込んだ2018年8月1日2日開催“フジオロックフェスティバル 2018”の模様をお届け!
漢たちがテンションマックスで歌い上げる!伊豆乃風「紺碧のアル・フィーネ」内田雄馬&木村良平インタビュー

漢たちがテンションマックスで歌い上げる!伊豆乃風「紺碧のアル・フィーネ」内田雄馬&木村良平インタビュー

大学進学を機に海沿いの街にやってきた北原伊織。そこで出会ったのはとびきりの美女と酒とスキューバダイビングを愛する屈強な男たちだった…。抱腹絶倒(!?)青春ダイビングサークルアニメ『ぐらんぶる』のEDを歌唱するのは、主要男性キャスト4名によるユニット伊豆乃風! 2018年8月22日に「紺碧のアル・フィーネ」をリリースする彼らを代表して内田雄馬&木村良平に話を伺いました。
未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

TVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』OP主題歌「DeCIDE」が2018年8月29日にリリース!本楽曲を歌唱する主要女性キャスト5名によるスペシャルユニット“SUMMONERS 2+(サモナーズツー)”から、レム・ガレウ役の和氣あず未さんと、エデルガルト役の加藤英美里さんにお話を伺いました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
mu-mo station編集部 | 2,203 view
普通に恋する飾らない私を表現することで、クリエイターとしての芯を見つけた意欲作「最悪な日でもあなたが好き。」芹澤 優インタビュー

普通に恋する飾らない私を表現することで、クリエイターとしての芯を見つけた意欲作「最悪な日でもあなたが好き。」芹澤 優インタビュー

声優とアイドルのハイブリットユニット i☆Risのメンバー・芹澤 優が2018年7月25日に1stソロシングルをリリース!「最悪な日でもあなたが好き。」はHoneyWorksプロデュースによるストレートに「好き」を伝えるラブソング。これまでよりリラックスした等身大の自分自身を投影できたという本作に込めた想いを語ってもらいました。巻末の読者プレゼントも要チェック♪
mu-mo station編集部 | 1,544 view

この記事のキーワード