mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年6月4日 更新

遠い先の話ではなくて、明日を繋ぎとめるような歌を歌っていきたい。KANA-BOON『アスター』インタビュー

今年メジャーデビュー5周年を迎え、「5シーズン・5リリース・5イベント」と銘打ったアニバーサリー企画を行っているKANA-BOON。シーズン2のリリースは2018年5月30日に発売した“夏”“恋愛”がテーマのミニアルバム『アスター』。さらに勢いを増すメンバー4人が、現在のKANA-BOONのモードについて語ります。リリース日に開催された東名阪対バンツアー“Let’s go TAI-BAAN!!”の撮りおろし写真とともにお楽しみください。

TEXT:森朋之 PHOTO:山川哲矢
今年メジャーデビュー5周年を迎え、「5シーズン・5リリース・5イベント」と銘打ったアニバーサリー企画を行っているKANA-BOON。シーズン2のリリースは“夏”“恋愛”をテーマにしたミニアルバム『アスター』。ドラマティックなメロディと生々しい感情を描いた歌詞、豊かな表現力を備えたバンドサウンドを軸にした本作からは、このバンドの新たな進化が伝わってくる。5月末から6月にかけてASIAN KUNG-FU GENERATION、ORANGE RANGE、フジファブリックをゲストに招いた東名阪の対バンツアーも。さらに勢いを増すメンバー4人に、現在のKANA-BOONのモードについて語ってもらった。
via
――5周年イヤー、シーズン2のリリースはミニアルバム『アスター』。歌としての魅力がたっぷり詰まった作品ですね。

谷口鮪(Vo&Gt) ありがとうございます。前回のアルバム(『NAMiDA』)と同じように、自分たちのなかでしっかり準備する時間が取れたのが良かったのかなと。内容も『NAMiDA』を引き継いでいるところがあるんですよ。どの曲もメロディアスだし、歌っている内容もすごくパーソナルというか、実生活のなかで感じたことなので。
古賀隼斗(Gt) プリプロは鮪のウチでやってるんですよ。鮪が作ったデモをもとにして弾くんですけど、「夏蝉の音」という曲のギターソロで感情を表現しようとしたら、「何か違う」と言われて(笑)。かなり苦戦しましたね。

古賀隼斗(Gt)

via
飯田祐馬(Ba) 自分のなかで「ここまで出来るはず」と思っているところに届かなくて、悔しい思いをすることもありますからね。たとえば「線香花火」のAメロは、物語を感じられるようなベースを付けようとしたんだけど、なかなか上手くハマらなくて。その後、何百パターンくらい考えて…。
谷口 何百パターンはウソやろ(笑)。

飯田 (笑)でも、最後は上手い具合にハマって。挑戦してよかったと思いました。
――リズムの表情も豊かですよね。

小泉貴裕(Dr) 基本的には鮪が考えたリズムに沿ってるんですけど、最初は「しっかり演奏しよう」という気持ちが強かったせいか、ドラムテックの方に「ただ演奏しているだけで、つまらない」と言われて。
古賀 それはショックやな(笑)。

小泉 (笑)自分なりにアイデアを出しながら、表情の付け方を考えて、もう1回やり直して。今回もいろんなトライがありましたね。

谷口 今回は感情的な歌が多いし、メンバーそれぞれもそういう部分に挑戦したほうがいいと思ってるんです。「このギターソロ、泣ける」とか「この曲のベースが切ない」とか、プレイで感情を表現するというか。聴いてくれる人の心を揺さぶるようなプレイをもっとしたいなと思いますね。

小泉貴裕(Dr)

via
――タイトル曲の「アスター」は、今回のミニアルバムの中心になってる曲なんでしょうか?

谷口 ミニアルバムの中心というよりも、いまのKANA-BOONのテーマという感じですね。『NAMiDA』のときもそうだったんですけど、歌いたいことがハッキリしてきたんですよ。どうしようもない1日、落ち込んでしまう1日があっても、明日の希望を抱くことはやめられないし、諦められない。それが人間らしさだし、自分らしいなとも思っているんです。音楽をはじめたときから「聴いてくれる人を元気にさせたい、楽しくさせたい」という気持ちがあったんだけど、それがようやく形にできるようになったのかなと。遠い先の話ではなくて、明日を繋ぎとめるような歌を歌っていきたいんですよね。
――シングルの初回生産限定盤に付いているDVDには、シーズン1の“イベント”として行われた大阪・三国ヶ丘FUZZの5daysライブのドキュメント&ライブ映像を収録。FUZZはKANA-BOONのホームタウンともいえるライブハウスですよね。

谷口 はい。FUZZでワンマンをやらせてもらうのは6-7年ぶりだったんですけど、育ててもらったハコに対する恩返しでもあり、自分たちにとってはご褒美でもあって。楽しかったですね。(2011年に)飯田が加入してから、FUZZでワンマンをやるのは初めてだったんですよ。
飯田 俺が入る前のワンマンを客として観に行ってたんですけど、今回やってみて「あの頃の雰囲気と変わってないな」って思って。

谷口 それは俺も思った。不思議やな。
飯田 うん。当時を知らないお客さんも「きっとこんな感じでやってんだろうな」と感じてもらえたんじゃないかなと。自分たちにとってのホームやし、帰れる場所があるって幸せなことやなって思いました。
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

2018年7月18日にソロ第2弾シングル「Summer Mermaid」をリリースする宇野実彩子(AAA)。「夏を楽しく過ごせるようなサマーチューンが欲しくなったんです」という思いから生まれた表題曲は、キラキラしたサウンドと恋の楽しさがひとつになった大人なサマーラブソング。本作の制作をフックにしながら、ソロアーティストとしてのビジョンについて語ってもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!
mu-mo station編集部 | 3,039 view
どんなに心の中がぐちゃぐちゃでも、誰かのために音楽を届けたい…安田レイ「Sunny」インタビュー

どんなに心の中がぐちゃぐちゃでも、誰かのために音楽を届けたい…安田レイ「Sunny」インタビュー

2018年8月14日に先行フル配信・22日にシングルCDをリリースする安田レイ。ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』のオープニング曲として書き下ろされた表題曲「Sunny」と、初めて作曲に挑戦した「bring back the colors」に込めた想いや、今後のビジョンについても語ってくれました。ファッションアイコンとしても注目されている彼女の衣装やネイルにも注目です♪
「これでいいのだ!」マインドで作り上げた快作!TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「BAKA-BONSOIR!」制作インタビュー

「これでいいのだ!」マインドで作り上げた快作!TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「BAKA-BONSOIR!」制作インタビュー

“20世紀最強のギャグ漫画”と謳われた赤塚不二夫の代表作が18年ぶりにアニメで帰ってきた! 『深夜!天才バカボン』のOPを飾るエキセントリックなナンバー「BAKA-BONSOIR!」の作詞・作曲・編曲を手がけたTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDに、本作の制作への思い入れや、主要キャストによるスペシャルユニットB.P.O -Bakabon-no Papa Organization- (古田新太、入野自由、日髙のり子、野中藍、森川智之、石田彰、櫻井孝宏)のレコーディング秘話などを伺いました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
特別企画!ドンヘとウニョクがふたりきりでMCに挑戦!?【2018年8月11日O.A.】

特別企画!ドンヘとウニョクがふたりきりでMCに挑戦!?【2018年8月11日O.A.】

InterFM897にて毎週土曜日24:30~O.A.中のラジオプログラム『mu-mo Premier Club Presents SUPER JUNIOR-D&E fellows』公式ブログ★今週はリスナーさんにご協力いただいて、ドンヘとウニョクがMCに挑戦!?一体どうなってしまうのか(笑)番組の最後には大切なお知らせもありますので、お見逃しなく!
未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

TVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』OP主題歌「DeCIDE」が2018年8月29日にリリース!本楽曲を歌唱する主要女性キャスト5名によるスペシャルユニット“SUMMONERS 2+(サモナーズツー)”から、レム・ガレウ役の和氣あず未さんと、エデルガルト役の加藤英美里さんにお話を伺いました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
mu-mo station編集部 | 1,098 view

この記事のキーワード