mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年9月11日 更新

待望の6年半ぶり最新ソロアルバム、桑田佳祐 『がらくた』楽曲レビュー

テキスト:ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)

via

ソロ・アルバム『がらくた』の試聴会に参加

桑田佳祐

via
真夏の渋谷、六本木通り沿いの坂道を汗をタラタラ流しながら登り、ビクターエンタテインメントのビルへたどり着き、ソロ活動30年となる桑田佳祐の、6年半ぶりの最新ソロアルバム『がらくた』の試聴会に参加してきました。

発売日は8月23日(水)。今回、海外アーティストのように事前にプロモーション盤が配布されないとのことで、貴重なる試聴タイミングを逃すまいと伺わせていただいたのです。

アルバムでは、究極のポップスアルバムという触れ込みの通り、ロックンロール、ジャズ、ドゥーワップ、サイケデリック、フィリーソウル、ラテン、レゲエ、ヒップホップ、歌謡曲などなど、あらゆるポップミュージックを各種取り揃えたかのように、いい意味で幕の内弁当風に表現されていたのが印象的でした。

『がらくた』=人が生きてきた歴史、味わい深さを描いている言葉なのだと思います。

それこそ、『がらくた』のキーとなるのは、桑田佳祐が幼少期から親しんでいた歌謡曲からの影響なのでしょう。日本語で表現する音楽に乗せられた言葉の美しさ、響きへのこだわり。年齢相応に、死を予感させるメッセージ性を感じさせてくれたのは新境地なのかもしれません。

今夏、ロックフェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』2日目のトリで出演し、約6万人を魅了した桑田佳祐。大人気な「ヨシ子さん」を代表する、新鮮な音楽的実験が興味深い『がらくた』では、編曲者としても名を連ねているキーボーディストの片山敦夫による和のフィルターによって、新たなるケミストリーが生まれているなと思いました。

桑田佳祐『がらくた』

via

桑田佳祐 ニュー・アルバム『がらくた』全曲“直感感想”レビュー

2017年8月23日発売〈タイシタレーベル〉

1曲目:過ぎ去りし日々 (ゴーイング・ダウン)

 ロックンロールナンバー。テーマは「無理したってしょうがないじゃない」。原由子によるコーラス、復活したレベッカとしても活躍する小田原豊によるドラムが印象的でした。

2曲目:若い広場(平成29年度前期・NHK連続テレビ小説「ひよっこ」主題歌)

 ムード歌謡風。金原千恵子によるストリングスがポップでキャッチー。香住ヶ丘合唱団によるあたたかなコーラスがせつなくもポップ。ベースは井上富雄が参加しています。

桑田佳祐 - 若い広場(Full ver. + AL『がらくた』トレーラー)

3曲目:大河の一滴(UCC BLACK無糖TVCMソング)

 昭和ディスコティックな4つ打ちビート。「男は自惚れ(エゴイスト) 女は自由人(ボヘミアン)」のフレーズが心に残ります。歌詞での「宮益坂下、ラケルでオムレツ」は、学生時代の懐かしき思い出? フィメール・ヴォイスは今村明美がアクセント強めで参加しておりました。
49 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

続々新曲が!? TKプロデュースDef Willの話:塗り絵で500円分RAKERUの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

続々新曲が!? TKプロデュースDef Willの話:塗り絵で500円分RAKERUの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「Def Will」「RAKERU」「桑田佳祐」「登利平鳥めし」「翔んで埼玉」
小学生に流行っているX JAPAN 「紅」の話、2018年上半期要注目3アーティストDA PUMP、DEAN FUJIOKA、callmeの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

小学生に流行っているX JAPAN 「紅」の話、2018年上半期要注目3アーティストDA PUMP、DEAN FUJIOKA、callmeの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「X JAPAN」「進撃の巨人」「DA PUMP」「DEAN FUJIOKA」「callme」「Red Velvet」
小学生カラオケ事情の話、Tik Tokと倖田來未の話、スマスピで再定義されるキッズ音楽視聴環境の話【音楽コンシェルジュふくりゅう】

小学生カラオケ事情の話、Tik Tokと倖田來未の話、スマスピで再定義されるキッズ音楽視聴環境の話【音楽コンシェルジュふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「カラオケ」「Tik Tok」「スマートスピーカー」
callme最新“プレイリスト・アルバム”配信の話、新橋、昼からオープンなクラフトビア・バー発見【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

callme最新“プレイリスト・アルバム”配信の話、新橋、昼からオープンなクラフトビア・バー発見【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「callme」「IBREW SHINBASHI」「大手町牧場」
小室哲哉100曲ベスト発売の話、DEAN FUJIOKAに学ぶ「Echo」&アジアン・フードの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

小室哲哉100曲ベスト発売の話、DEAN FUJIOKAに学ぶ「Echo」&アジアン・フードの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「小室哲哉」「DEAN FUJIOKA」「新加坡肉骨茶」「東京豆花工房」
mu-mo station編集部 | 1,184 view

この記事のキーワード