mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年12月5日 更新

男であろうと女であろうと戦うときは剥き出しになる、強烈な欲望とエゴイズムを言葉に託して。Do As Infinityが語る「化身の獣」

Do As Infinityがサウンド・プロデューサー澤野弘之とタッグを組んでのシングル第三弾「化身の獣」が2017年12月6日(水)にリリース。TVアニメ『十二大戦』EDテーマであるタイトル曲は伴都美子(Vo)と大渡亮(Gt)が「獣」に变化するダークな世界観のMVも話題だ。かと思えばクリスマスキャンペーン用に書き下ろされた“渋谷系”サウンドの「Lovely Day」他も収録された本作の充実ぶりについて、制作チームとしてのお互いの関係性も含めメンバー2人に話を伺いました。

 Do As Infinityがサウンド・プロデューサー澤野弘之とタッグを組んでのシングル第三弾「化身の獣」が、12月6日にリリースされる。中毒性のある強烈なロックナンバーで、現在放映中のTVアニメ『十二大戦』のエンディングテーマとしてオンエアされるや多くの新たなファンを獲得。伴と大渡が「獣」となるMVも強烈な仕上がりとなっている。【CD+DVD】盤には、そのMVとニュー・ロマンティクスの香り漂うもうひとつの新曲「Silver Moon」が、【CD only】盤にはボーナス・トラックとして、渋谷マークシティのクリスマスキャンペーン用に書き下ろされた「Lovely Day」も収録されている。活動の充実ぶりに拍車がかかっているDo As Infinityに、制作チームとしてのお互いの関係性も含めて大いに語っていただきました。

TEXT:藤井美保

Do As Infinity

via

毒と呼べるような強いものが、ドロッと出た感じ

---「化身の獣」の曲作りはどんなプロセスで行われたんですか?

大渡 「To Know You」の制作が終わってから、アルバムを視野に入れた楽曲作りに向かっていこうということで、澤野さんにもあらためて楽曲の依頼をしたんですね。これまでDo As Infinityはバラエティに富んだ作品を作ってきているので、そういった方向でアルバムとして起承転結がつくよう、アップ、スロー、ミディアムをそれぞれ何曲か書いてほしいというまだざっくりとしたお願いではあったんですけど。すると、このロックチューンがすぐ上がってきました。

---テレビアニメ『十二大戦』のエンディングテーマとしてドンピシャなムードを持った曲ですね。ミステリアスでドキッとする言葉も強烈でした。作詞にはどう取り組みましたか?

伴 原作を読んで、自分がどう感じるかを頭の片隅に入れたうえでのスタートではあったんですけど、曲自体からもらったイメージも強かったんです。何度も何度も聴いているうちにその輪郭がクッキリ見えてきて、1コーラス目の冒頭から、まぁわらわらと言葉が出てきました。それを厳選しつつ紡いでいった感じです。

---『十二大戦』とリンクする部分も多く感じられました。

伴 刺激を受けましたね。十二支の名前を持った戦士たちが、それぞれのたったひとつの願いを叶えるために手段を選ばないような戦いを繰り広げるといった内容なんですけど、それってもしかしたら誰しもが心の奥底に抱いているものなんじゃないかなと思ったんです。男であろうと女であろうと戦うときは剥き出しになる。その姿に人間のエゴの凄まじさを感じて、妄想が膨らみました。
---「邪気」、「形相」、「裸体」、「嗚呼」と、古語に近い劇画チックな言葉が並んでいるのも今回の特徴かと。

伴 そこはアニメに影響されました。ああいう変身願望は私にもありますしね。ただこの歌詞では、変身をロマンチックな側面ではなく、もうちょっとリアリティのある「化け」としてホラー的に表現してます。

---その言葉とリズムのハマりがまたカッコいいなと。

伴 澤野さんから、譜割りと音の玉数についてはきっちりとリクエストされてるんです。たぶん、ご自身のなかに方眼紙のように世界ができているんでしょうね。そこに合わせていくのは大変ではあるけれど、いろいろ試みるのが楽しくなってきて、「よし、自分の限界を超えてやろう!」というくらいの勢いになっていきました。

伴都美子(Vo)

via
---歌詞の内容にも取り組む姿勢にも強いものがあったんですね。

伴 毒と呼べるような強いものが、ドロッと出た感じです(笑)。

大渡 実は他の歌詞の候補もあったんですけど、伴ちゃんのこのエグい感じが曲の雰囲気にすごく合ってましたね。誰目線の言葉なのかといったところで、2、3箇所ビシッと添削はさせてもらったんですけど。ま、人の褌で相撲取ってる感じではありますが(笑)。

伴 アハハハ。

大渡 メロディと語感が合ってるかということも、いつも細かく見せてもらってます。メロディと歌詞のコンビネーションが完璧なときって、歌詞カードがなくてもわかるじゃないですか。それこそがエンターテインメント。日常の感覚でいるときにスッと入ってくるものを求めると、時には厳しい意見にもなりますね。伴ちゃんが頑張ってくれたおかげで、聴いて共有でき、読んで納得できるものになったんじゃないかと思います。
---「化身の獣」というタイトルもまた強烈です。

伴 最初の案にダメ出しをくらいまして、その悔しさをバネに別の案をいっぱい出して、私のイチオシは「化身の獣」と宣言したうえで、「さぁ、自由に選んでください」と。
---音的にはいわゆるビッグ・サウンド。インパクトがあります。

大渡 適度に80sの入った新しいサウンドだと思いました。澤野さんの曲は、デモの段階でもう彼の設計図通りに出来上がってるんですね。ただ、シンセでデモができてくるので、どこがギター・パートとして必要なのかが時々読めないこともある。過去2曲のシングルのレコーディング中、「エッ、そこ、ギターですか?」ということがあったので、今回は事前に僕が弾くべき箇所を確認させてもらいました。ま、そういう意外な部分も含めて面白いんですけど。

---化け物が首を振って雄叫びをあげているように思えるソロがカッコいいと思いました。

大渡 サウンドの流れでいうと谷の部分なんですけど、そこに人間くさい部分を付加したいと思ったので、脂っこいエモーショナルな感じのロック・ギター然としたソロにしてみました。
---コンパクトですがグッと掴まれます。

大渡 何かひっかかりのあることがやれたらなと思い、それを実践したというところはあります。「化身の獣」と同じく、僕もどうも欲張りな生き物のようで(笑)。
---そのアプローチが、Do As Infinityの味になってると思います。歌も貪欲な感じになってますね。

伴 歌詞を書いている段階でもう世界を掴んでいたので、迷いなく歌えました。

---コーラスの分厚い積みがサウンドの要ともなってます。

伴 澤野さんの楽曲をやるようになってから、それまではやってこなかった積み方をするようになりました。
---楽曲のイメージはMVにも踏襲されていますね。特にラストの亮さんは衝撃的でした。

大渡 カラコンと牙の威力ですね。しかも牙は、ちゃんと自分たち用にオーダーメイドしまして。

伴 亮くん、ああいうの好きでしょ?

大渡 そうだね。これは後々も使えるなと思って、「俺も作りたい!」と嬉々として手を挙げました(笑)。

Do As Infinity / 化身の獣 -テレビアニメ「十二大戦」エンディングテーマ(JUNI TAISEN:ZODIAC WAR)- Sound Produced by 澤野弘之

---楽曲にもMVにも貪欲さがいいカタチで反映されているんですね。さて、たった今の「欲」は?

大渡 (即答)もっとギター弾きたいです。

伴 オーッ、スゴーい!

大渡 伴ちゃんは?

伴 百八の煩悩と言いますが、私はそれ以上にあるんじゃないかな。

---「嗚呼、欲ばかり」は伴さんの実感でもあるのかも。

大渡 いいと思いますよ。ハイエナジーの伴ちゃんも(笑)。

キラキラしてる人がさらに輝ける“自分なりの渋谷系”「Lovely Day」

39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

『十二大戦』キャストインタビュー【十一】丑の戦士・失井(うしい)役 梅原裕一郎さん

『十二大戦』キャストインタビュー【十一】丑の戦士・失井(うしい)役 梅原裕一郎さん

【小説】西尾維新×【イラストレーション】中村光がタッグを組んだTVアニメ『十二大戦』。誇り高き十二人の戦士の決戦の記録を描いた本作品で、“ただ殺す”丑の戦士・失井(うしい)を演じる梅原裕一郎さんにお話を伺いました。
mu-mo station編集部 | 4,325 view
『十二大戦』キャストインタビュー【九】卯の戦士・憂城(うさぎ)役 岡本信彦さん

『十二大戦』キャストインタビュー【九】卯の戦士・憂城(うさぎ)役 岡本信彦さん

【小説】西尾維新×【イラストレーション】中村光がタッグを組んだTVアニメ『十二大戦』。誇り高き十二人の戦士の決戦の記録を描いた本作品で、“異常に殺す”卯の戦士・憂城(うさぎ)を演じる岡本信彦さんにお話を伺いました。
mu-mo station編集部 | 5,732 view
パノラマパナマタウン、独占取材。アニメ『十二大戦』主題歌「ラプチャー」の真意を聞く。〜生きたまま 死ぬんじゃねぇぞ〜

パノラマパナマタウン、独占取材。アニメ『十二大戦』主題歌「ラプチャー」の真意を聞く。〜生きたまま 死ぬんじゃねぇぞ〜

西尾維新×中村 光のタッグで話題のTVアニメ『十二大戦』のオープニング曲に抜擢された「ラプチャー」を手がけるインディーズバンド“パノラマパナマタウン”。その詞曲をすべて手がける岩渕想太(Vo&Gt)に『十二大戦』の物語や、彼自身の幼少期について聞いてみました。落ち着きながら丁寧に言葉を選び、哲学を感じさせる発言に心が躍りました。言葉の魅力を持つ新しい才能を持つバンドの登場です。巻末の読者プレゼントも要チェックです。
mu-mo station編集部 | 2,245 view
『十二大戦』キャストインタビュー【十】寅の戦士・妬良(とら)役 五十嵐裕美さん

『十二大戦』キャストインタビュー【十】寅の戦士・妬良(とら)役 五十嵐裕美さん

【小説】西尾維新×【イラストレーション】中村光がタッグを組んだTVアニメ『十二大戦』。誇り高き十二人の戦士の決戦の記録を描いた本作品で、“酔った勢いで殺す”寅の戦士・妬良(とら)を演じる五十嵐裕美さんにお話を伺いました。
mu-mo station編集部 | 2,585 view
『十二大戦』キャストインタビュー【八】辰の戦士・断罪兄弟(たつみ きょうだい)兄役 江口拓也さん

『十二大戦』キャストインタビュー【八】辰の戦士・断罪兄弟(たつみ きょうだい)兄役 江口拓也さん

【小説】西尾維新×【イラストレーション】中村光がタッグを組んだTVアニメ『十二大戦』。誇り高き十二人の戦士の決戦の記録を描いた本作品で、“遊ぶ金欲しさに殺す”辰の戦士・断罪兄弟(たつみ きょうだい)兄を演じる江口拓也さんにお話を伺いました。
mu-mo station編集部 | 6,347 view

この記事のキーワード