mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年7月18日 更新

2018年下半期大注目King Gnuの話、さいたま鉄道博物館のリニューアルがすごいの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「King Gnu」「フジロックフェスティバル」「BANANA FISH」「さいたま鉄道博物館」「DAY6」

2018年下半期大注目King Gnuの話

via
どうも、音楽コンシェルジュのふくりゅうです。

2018年下半期、さっそくの大注目作品が登場しました。

フジロックへも出演、今聴くべき4人組バンドKing Gnu(キング・ヌー)。
ライブでのキラーチューン「Flash!!!」がヤバすぎます。

King Gnu - Flash!!!

そんなKing Gnuが7月13日に恵比寿LIQUIDROOM、
7月16日に大阪Shangri-LaでワンマンLIVE“King Gnu One-Man Live 2018 “Flash!!!” ”を行ったのです。
クリエイティヴ・チームPERIMETRONによる最新ミュージック・ビデオ「Flash!!!」が
公開直後から30万再生を突破するなど、バズったタイミングでの要注目のステージ。
前回に続きチケットは即SOLD OUT。
会場は彼らの登場を待ちわびる超満員のオーディエンスでいっぱいとなりました。

開場時に、フロアに鳴り響いていたSEは祭囃子と花火の音色。開演予定時刻から15分が経過、
メンバーがステージに登場してバンド・アンセム「Vinyl」、「ロウラブ」から本編スタート。

King Gnu - Vinyl

アッパーなキラーチューン「あなたは蜃気楼」では、高笑いするイントロダクションが鳴った瞬間に声援が飛び交うなど、楽曲を聴きこんでいるオーディエンスが多いことを匂わせてくれました。そんななか、80年代にヒットした伝説的コミックのアニメ作品『BANANA FISH』エンディング・テーマに起用された「Player X」を披露。

King Gnu - あなたは蜃気楼

ギターと鍵盤を魔法のごとく自在に操る鬼才、常田大希(Guitar,Vocal)と、
ピュアネスと混沌を併せ持つ井口理(Vocal,Keyboard)によるツイン・ボーカル掛け合いの高揚感。
楽しそうにテクニカルなプレイを解き放つ新井和輝(Bass)と、
漫画の世界から飛び出してきたような大味な魅力を感じさせる勢喜遊(Ds,サンプラー)による圧巻のロック・サウンド。
井口による、傍若無人に振る舞うかのようなMCも、すでにファンの間ではお馴染みであり名人芸のように楽しめました。

King Gnu - Tokyo Rendez-Vous

テクニカルなプレイをロックにダイナミックに表現する、音楽性の高さが魅力なKing Gnu。
当日は、懐かしくもシアトリカルな初期チューン「Heloin」を披露。
ディズニーランドの幽霊アトラクション、“ホーンテッドマンション”のような怪しきメロディーに会場の空気は一変していきます。

中盤ではワンマンでのスペシャルらしく、ゲストにラッパーRyohu(KANDYTOWN)を迎えての「Jump around」、バンド・バージョンからよりドープに深化した「McDonald Romance」にも驚かされました。
さらに、新曲「Hitman」では、キャッチーなシンセ・リフが琴線に触れる歌モノ曲を聞かせ、
「Teenager forever」では開放感あるギターポップ・サウンドが甘酸っぱい高揚感を解き放つ最強展開。

アンコールでは、配信がスタートしたばかりの最新キラーチューン「FLASH!!!」を披露し、
オーディエンスを熱狂の渦へと巻き込み、現時点での完全体を表現したロックスター然としたステージとなりました。
今夏、“フジロックフェスティバル”RED MARQUEEステージへの出演など、King Gnuによる快進撃は止まりません。 

そして、7月16日の大阪公演では11月には赤坂BLITZ、梅田クラブクアトロ、名古屋クラブクアトロでKing Gnuの自主企画LIVEを開催することも発表されました。
詳細は後日オフィシャル・サイトでの発表を待ちましょう。

さいたま鉄道博物館のリニューアルがすごいの話

はい、続いては当コラム恒例のさいたま情報。

さいたまが世界へ誇るレジャースポットといえば
大宮からひと駅の場所に位置する「鉄道博物館 - THE RAILWAY MUSEUM -」。
7月から新館がオープンしたのですが、
いやここ、本当にすごいっす。

鉄道の歴史を、時代ごとの改札や切符などの小物、
販売システムなどを完全再現した「歴史ステーション」の展示に感動。
展示の仕方が完全に21世紀スタイルなのです(語彙なくてすまん……)。

The Railway Museum Official trailer

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

access×TRFによる最新「Get Wild」の話、昭和カルチャーと平成カルチャーの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

access×TRFによる最新「Get Wild」の話、昭和カルチャーと平成カルチャーの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「TRF」「access」「MAMAMOO」「昭和」「平成」「TM NETWORK」「K-POP」
2018年エナジー補給外歩き用「夏うた」5選の話、callmeの「熱中症」4コマ漫画の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

2018年エナジー補給外歩き用「夏うた」5選の話、callmeの「熱中症」4コマ漫画の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「夏うた」「サザンオールスターズ」「SISTAR」「ヒョリン」「初音ミク」「callme」「K-POP」
2018年間違いないNEXTブレイクの話、埼玉が誇るパワースポット氷川神社の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

2018年間違いないNEXTブレイクの話、埼玉が誇るパワースポット氷川神社の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「DEVILMAN crybaby」「SONY WI-1000X」「Reol」「氷川神社」「ポプテピピック」
2017年要注目のニューカマー10組、大宮カフェラウンジ『bekkan』の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

2017年要注目のニューカマー10組、大宮カフェラウンジ『bekkan』の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

5歳のあらた君&10歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「GIRLFRIEND」「LILI LIMIT」「みるきーうぇい」「緑黄色社会」「King Gnu」「YODAKEE」「kero kero bonito」「踊Foot Works」「ときめき♡宣伝部」「集団行動」「bekkan」
お台場TIFで観たcallme〜神宿〜たこ虹〜とき宣の話、あらた君のアサガオの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

お台場TIFで観たcallme〜神宿〜たこ虹〜とき宣の話、あらた君のアサガオの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

6歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」「callme」「神宿」「たこやきレインボー」「ときめき宣伝部」「PASSPO☆」「お台場」

この記事のキーワード