mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年4月25日 更新

まだ見ぬ自分や 愛する仲間だって 守ってみせる…Run Girls, Run! 1stシングル「スライドライド」ロングインタビュー

TVアニメ『Wake Up, Girls! 新章』の放送と共に結成された声優ユニットRun Girls, Run!。2000名の中からオーディションで選ばれた林鼓子・森嶋優花・厚木那奈美の3人からなる彼女たち、Newシングル「スライドライド」が2018年1月放送開始のTVアニメ『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』のOPに大抜擢された。今回は、メンバー3人の意外な素顔や声優を目指したきっかけなどをインタビューしました。巻末の読者プレゼントも要チェックです!

TEXT:増田理穂子、昌谷大介(A4studio) PHOTO:川田洋司

長野、静岡、京都…出身地の県民(府民)性が露呈!?

――2017年から活動されているとのことですが、改めてRun Girls, Run!の魅力を教えてください。
林:魅力と言いますか、まず、“ロックを歌う声優ユニット”って珍しいと思うんですよね。今回の「スライドライド」もロックチューンですし。

森嶋:そうだね。

林:ね。かっこいい曲の持ち味が私たちランガ(Run Girls, Run!)の強味でもあり、魅力なんだと思います。
via
厚木:そうそう。あと、“3人”ってところも、注目してほしいですね。

森嶋:え、なんで?(笑)

厚木:そこ、もっちー(森嶋)が聞くの(笑)。

森嶋:(笑)。確かに声優ユニットで3人って珍しいほうかも。

厚木:うん。人数が少ない分、ライブでお客さんとの一体感も出しやすいと思うんですよね。
林:良い意味で“ホーム感”のあるライブって感じでね。

森嶋:そうそう、暖かい雰囲気があるんだよね。それに、それぞれの持ち味がしっかり調和されていると思いますね。
――現在、厚木さんと森嶋さんが20歳、林さんが15歳と一人年齢が離れていますが、そんな“3人の持ち味”というのはどういった部分なんでしょう?

森嶋:私たちって、みんな出身地が違うんですよ。はやまる(林)は静岡だし、あっちゃん(厚木)は長野、私は京都。生まれが違うだけで、“そんなに違う?”って思うところがあるぐらい性格がバラバラです。

森嶋優花

via
厚木:もっちーがナチュラルにボケたりするところとかね(笑)。

森嶋:(笑)。二人とも私がボケても後ろで見てるだけで、ツッコんでくれないんですよ。

林:だって付いて行けないレベルのボケをかましたりするんだもん(笑)。

森嶋:それはもう無意識に出ちゃうだけで…(笑)。
厚木:さすが関西人。逆に私たちが“ノリ悪いな”って思われてるかもって心配になったりするもん(笑)。でも京都の女性っておしとやかなイメージがあるけど、元気だよね、もっちーは。(感性が)大阪寄りなのかな?

森嶋:あ~、よく言われる(笑)。でもそういうあっちゃんは、“面白いことが言えない…”って悩んでなかったっけ?

厚木:うん(笑)。長野の県民性なのかわからないですけど、基本的に静かで落ち着いてる人がまわりに多かったので、こういうインタビューで“面白いネタください”っていう空気になってても、パッとすぐに応えられなくて。

林:真面目ってことだね(笑)。

厚木:どうなのかな、真面目で通ると良いけど(笑)。
森嶋:はやまるはとにかく明るいね(笑)。でも、寒さに弱い。

林:寒さに弱いって(笑)。静岡だから仕方ないじゃん!

厚木:ちょっと肌寒いだけで腕組みしてブルブルしてる(笑)。

林:いやいや、寒いものは寒いよ(笑)。意外と知られてないんですけど、静岡って沖縄の次に雪が降らない県って言われてるんですよ。そのぐらい暖かいから、長野の人の基準で話さないでほしいですよね(笑)。

林鼓子

via
――林さんは一人15歳なので妹キャラ的ポジションなのかと思っていましたが、そうではなく、歳の差を感じさせない掛け合いですね!

声優に憧れたきっかけやここまでの道は三者三様

72 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

女の子たちの“憧れ”になれるよう歌っていきたい…Run Girls, Run!飛躍を叶える2ndシングル「キラッとスタート」インタビュー

女の子たちの“憧れ”になれるよう歌っていきたい…Run Girls, Run!飛躍を叶える2ndシングル「キラッとスタート」インタビュー

林鼓子、森嶋優花、厚木那奈美からなる声優ユニットRun Girls, Run!。2017年に結成し前作「スライドライド」で堂々のデビューを果たした彼女たちが、TVアニメ『キラッとプリ☆チャン』のOPテーマに大抜擢!! 2018年5月2日に発売される「キラッとスタート」への意気込みなどをお聞きしました。巻末の読者プレゼントも要チェックです♪
わーすた×Run Girls,Run!コラボ記事★「お互いに聞きたいこと、キラッと聞いてみた!」

わーすた×Run Girls,Run!コラボ記事★「お互いに聞きたいこと、キラッと聞いてみた!」

ただいま好評放送中のTVアニメ『キラッとプリ☆チャン』のOP・EDを歌唱するRun Girls,Run!とわーすた。それぞれ表現者としてアーティストとして気になるあれこれを質問してもらいました♪ 巻末にはわーすたからの読者プレゼント情報もありますよ!
「これでいいのだ!」マインドで作り上げた快作!TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「BAKA-BONSOIR!」制作インタビュー

「これでいいのだ!」マインドで作り上げた快作!TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「BAKA-BONSOIR!」制作インタビュー

“20世紀最強のギャグ漫画”と謳われた赤塚不二夫の代表作が18年ぶりにアニメで帰ってきた! 『深夜!天才バカボン』のOPを飾るエキセントリックなナンバー「BAKA-BONSOIR!」の作詞・作曲・編曲を手がけたTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDに、本作の制作への思い入れや、主要キャストによるスペシャルユニットB.P.O -Bakabon-no Papa Organization- (古田新太、入野自由、日髙のり子、野中藍、森川智之、石田彰、櫻井孝宏)のレコーディング秘話などを伺いました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

TVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』OP主題歌「DeCIDE」が2018年8月29日にリリース!本楽曲を歌唱する主要女性キャスト5名によるスペシャルユニット“SUMMONERS 2+(サモナーズツー)”から、レム・ガレウ役の和氣あず未さんと、エデルガルト役の加藤英美里さんにお話を伺いました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
自分の心の中の闇と対峙する、人間として成長した6人の姿を歌に乗せて。i☆Ris「Changing point」インタビュー

自分の心の中の闇と対峙する、人間として成長した6人の姿を歌に乗せて。i☆Ris「Changing point」インタビュー

声優とアイドルの活動を両立する6人組ハイブリッドユニットi☆Risが2018年5月9日に16thシングル「Changing point」をリリースする。これまで夢や希望を歌い続けてきた彼女たちが、結成6年目にして歌う人間の闇と葛藤とは…。メンバーの茜屋日海夏と芹澤 優に話を聞いた。巻末の読者プレゼントもお見逃し無く。

この記事のキーワード