mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年6月26日 更新

10周年に改めて“多彩なダンスで魅せる”情熱的な夏の恋物語。SKE48「いきなりパンチライン」インタビュー

SKE48の10周年イヤー第2弾シングル「いきなりパンチライン」が2018年7月4日にリリース! 松井珠理奈が2作ぶりにセンターを務める本作は“全身全霊で踊るダンスに定評のあるSKE48”が情熱的に魅せるダンスに挑んだ意欲作。須田亜香里、江籠裕奈、菅原茉椰、佐藤佳穂の4人にこの曲の聴きどころや、全編踊りっぱなしのMV撮影秘話、そしてSKE48のこれからについて語ってもらいました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。

TEXT:永堀アツオ PHOTO:川田洋司

2018/7/4 on sale SKE48 23rd.Single「いきなりパンチライン」MV full

--- 10周年イヤーの幕開けを飾った前作「無意識の色」から半年ぶり、通算23枚目となるNewシングル「いきなりパンチライン」がリリースされます。最初に受け取った時はどんな印象を受けましたか?

江籠裕奈:夏に発売するシングルといえば、さわやかなイメージの曲が多かったんですけど、これまでとは違う、熱い夏ソングになりそうだなって感じていて。歌詞も<いきなりキスなんてどうだい?>って攻めた感じになっているし、サビもキャッチーで特徴的だなと思うので、ファンの方に一緒に口ずさんでもらえるような、ライブでも盛り上がる曲になったらいいなと思ってます。
佐藤佳穂:SKE48の10周年に向けた熱さも出てるなって思ってて。ファンの方もメンバーも熱くなって、いい10周年が迎えられる曲だと思いました。
菅原茉椰:今までの夏曲は“ザ・アイドル”っていう感じの曲だったと思うんですけど、今回はアイドルだけどこんな表情もできるんだよっていうところを見てもらえる曲になっていますし、歌詞もメロディも耳に残りやすいので、たくさんの方に聴いていただけたら嬉しいなって思います。
須田亜香里:みんなが言ってるように、夏シングルだけど、いつもの爽やかな感じじゃなく、情熱的な曲をいただいたことには、なにか意味があるなと思って。秋元先生が今の私たちに合わせて、この曲をくれたんだなって感じたんですよ。今の私たちがいただくべくしていただいた曲だと思っています。

須田亜香里

via
--- 10周年の第2弾シングルとして、どんな意味があると感じました?

須田:歌詞の挑戦的なところとか、印象的なパンチラインを持ちなさいっていう意味もあるかもしれないんですけど、私はMVもこの曲を歌う上でとても重要だと感じていて、改めて、SKE48といえばダンスだっていう部分をもっともっと見せていったらという意味が含まれているのかなって思ってます。
--- あかりんは「SKE48=ダンス」と言ってますが、皆さんはどう思います? 今、SKE48といえば? という質問にはなんて答えますか?

江籠:熱い気持ちですかね。SKE48は負けず嫌いが多くて。だからこそ、ファンの方も一緒になって熱くなってくれる。みんなが負けないっていう熱い気持ちを持ってるところが強みというか、SKE48のいいところだなと思います。
佐藤:私はメンバーの個性の強さだと思ってます。1人1人、個人の仕事でも目立つことことができるメンバーが集まった時に、そこでバラバラになるんじゃなくて、まとまることができる。それがSKE48かなと思います。
菅原:みんなが言ってた意見に賛成です。ダンスだけを取っても、今までのSKE48にはガムシャラなダンスっていうイメージもあったと思うんですけど、最近は魅せるダンスもさらにできるようになってきましたし。佳穂ちゃんが言ってた通り、本当に個性豊かなメンバーが集まってて。本当にいつもうるさいくらい(笑)、1人1人にちゃんとキャラがあって。個性の強うキャラばかりだけど、1つになるときは1つになる。……なんて言ったらいいのかな、天の川的な感じかな。今、急に降りてきました! 星がいっぱい集まって、1つの大きな川に見える。そういうグループだと思います。

菅原茉椰

via
--- (笑)個性の強いメンバーが多いとありましたが、佐藤さんは今回、初の選抜入りです。まず、佐藤さんから選抜入りした心境を聞かせてください。

佐藤:初選抜の発表があったときは珠理奈さん以外の選抜メンバーが集まって、2時間くらい話し合いをして。
江籠:いきなり集められて、いきなり話し合い。

佐藤:だから、喜びよりも緊張の方が強くて。「10周年に向けて、みんなの気持ちを確かめ合いたい」っていうことで、それぞれの10周年に向けた気持ちを話し合ったんですけど。

須田:このメンバーが選抜ですって会議室に集められて。湯浅支配人が2時間みっちり、全員に発言の機会を与えて。一番後輩だから、ビビるよね。
65 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

2018年7月18日にソロ第2弾シングル「Summer Mermaid」をリリースする宇野実彩子(AAA)。「夏を楽しく過ごせるようなサマーチューンが欲しくなったんです」という思いから生まれた表題曲は、キラキラしたサウンドと恋の楽しさがひとつになった大人なサマーラブソング。本作の制作をフックにしながら、ソロアーティストとしてのビジョンについて語ってもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!
mu-mo station編集部 | 3,509 view
『unlock』からのプロセスがあってやっとフル・アルバムが完成した感じです。urata naoya(AAA)『unbreakable』インタビュー(前編)

『unlock』からのプロセスがあってやっとフル・アルバムが完成した感じです。urata naoya(AAA)『unbreakable』インタビュー(前編)

2018年7月25日に1年3ヶ月ぶりのNewアルバム『unbreakable』をリリースする浦田直也。前作『unlock』で全曲作詞を手がけ、「心を解放して本音を吐き出した」と力強く語っていた彼が発表するのは、昨年のツアーのバンマス・宗本康兵が全曲を作曲し、浦田が再び全曲の作詞に挑んだ意欲作。作品完成までの繊細な心の機微を、ほとばしる思いのまま語っていただきました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 1,087 view
「これでいいのだ!」マインドで作り上げた快作!TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「BAKA-BONSOIR!」制作インタビュー

「これでいいのだ!」マインドで作り上げた快作!TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「BAKA-BONSOIR!」制作インタビュー

“20世紀最強のギャグ漫画”と謳われた赤塚不二夫の代表作が18年ぶりにアニメで帰ってきた! 『深夜!天才バカボン』のOPを飾るエキセントリックなナンバー「BAKA-BONSOIR!」の作詞・作曲・編曲を手がけたTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDに、本作の制作への思い入れや、主要キャストによるスペシャルユニットB.P.O -Bakabon-no Papa Organization- (古田新太、入野自由、日髙のり子、野中藍、森川智之、石田彰、櫻井孝宏)のレコーディング秘話などを伺いました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

TVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』OP主題歌「DeCIDE」が2018年8月29日にリリース!本楽曲を歌唱する主要女性キャスト5名によるスペシャルユニット“SUMMONERS 2+(サモナーズツー)”から、レム・ガレウ役の和氣あず未さんと、エデルガルト役の加藤英美里さんにお話を伺いました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
mu-mo station編集部 | 2,193 view
Da-iCE『BET』リリース記念特集【6/6】僕たちはこれまでも、そしてこれからもDa-iCEにすべてを賭けていく

Da-iCE『BET』リリース記念特集【6/6】僕たちはこれまでも、そしてこれからもDa-iCEにすべてを賭けていく

2018年8月8日に4thアルバム『BET』をリリースしたDa-iCE。メンバー全員が楽曲制作に携った本作の魅力に迫るべくスタートした短期連載もついに最終回★メジャーデビュー満5周年を前に、彼らが結成当初から大切にしてきたことや、今後のDa-iCEについても熱く語ってくれました!巻末の読者プレゼントも要チェックです♪
mu-mo station編集部 | 6,013 view

この記事のキーワード