mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年8月17日 更新

「原作ファンの皆さんも、初めてご覧になる方も楽しめるように…」TVアニメ『ひとりじめマイヒーロー』原作者・ありいめめこ先生インタビュー

孤独を抱える少年たちが互いを思いやって生きる、優しい絆の物語『ひとりじめマイヒーロー』。本作品の原作者・ありいめめこ先生に「『ひとりじめ』シリーズ誕生エピソード」や「TVアニメ制作秘話」「TVアニメならではの楽しみ方」などをじっくりお話いただきました。【8/17追記】巻末の読者プレゼント「ありいめめこ先生直筆サイン入り色紙」が先生のご厚意により4枚になりました♪

『ひとりじめ』シリーズ誕生秘話

--- 原作の『ひとりじめボーイフレンド』と『ひとりじめマイヒーロー』はどのように誕生したのでしょうか?
ありいめめこ(以下 ありい):『ひとりじめボーイフレンド』を描き始めたのはもう10年位前になります。まさかスピンオフで『ひとりじめマイヒーロー』もできて、こんなに長く続けさせていただけるとは思っていませんでした。実はそれまで私はゲームのアンソロジーで短編、しかもギャグ漫画ばかり描いていたので『ボーイフレンド』でほぼ初めて、恋愛モノの長編漫画を手がけることになって非常に苦労した記憶があります(笑)
物語ができたきっかけは…支倉(麻也)と(大柴)健介という幼なじみが出て来る、優しいお話を作りたいなと。それで色々描いていくうちにだんだんとキャラクターが固まってきて、学園モノで恋愛もあって、ギャグもあるけどシリアスな深い話もできて…とどんどん話が動いていったような気がします。後になって気づいたんですが私はキャラクターをちゃんと組み立ててからでないと、物語が書けないタイプだったんです。
--- 先生自身、色々な気づきのある作品だったんですね。ではアニメ化されると決まったときは感慨深いものがあったのではないですか?
ありい:『gateau』の担当編集さんから連絡が来たときは嬉しかったです。逆に喜びすぎないようにしよう、と自分に言い聞かせました。うっかり交通事故を起こしちゃうかもしれないって(笑) それにアニメは多くのスタッフさんが協力しあって作りますから、原作の私自身もここで改めて気を引き締めて掛からないと!って。

オリジナル要素を入れるということ

--- なるほど(笑) アニメでは『ひとりじめマイヒーロー』の物語と『ひとりじめボーイフレンド』の物語が重なって進行していきますね。ふたつの原作をつなげるために、どうしてもオリジナルの要素を加えることになると思うのですが、そのあたりは監督とどのような話し合いがあったのでしょう?
ありい:台本を書き始める前に制作する、シリーズ構成さんによる全体プロットの時点で最初からところどころにオリジナルの要素を入れたいとは聞いていました。原作では『ボーイフレンド』『マイヒーロー』の順番にお話が進みますが、同時に話が進むところもあって。ふたつを一緒に映像化することで『ひとりじめ』の世界観に広がりを持たせる意図もあったと思います。そうなると、「ココとココは繋げなきゃいけないから、新しく構成しよう」という部分が出てきて、そこからはアニメのスタッフさんと私たち原作スタッフとの間で話をしていく中で自然と解決策が見えてきたという感じです。
--- 人気作になればなるほど「コミックスとアニメが違う」などの意見が見受けられることもありますが、そのあたりはどのようにお考えでしょうか?

TVアニメ「ひとりじめマイヒーロー」ロングPV

ありい:アニメのスタッフさんたちと意見を交わすときには「原作ファンの皆さんが納得してくださるものにしたいよね」っていう会話がよく出てくるんです。皆さんが納得してくださるかを考えながら「ココは原作通りにした方がいいと思います」とか「ココは原作のままだと流れが良くないから変更したほうがいい」などと判断しています。
私としては、せっかくイチから物語を作り直せるチャンスでもあるので、新しい発見があってもいいと思うんです。
--- アフレコでも何度も意見を出されていましたね。「このキャラクターはこういう意図で発言しています」とか、こんなに細かく丁寧に説明してくださる原作者さんは初めて拝見しました。
ありい:そうなんです。台詞の一つ一つに対しても私の意見を丁寧に聞いてくださるんです。私はアニメの現場は初めてですが、色々な方から「素敵な現場だね」「いい人たちが集まったね」とお声をいただくので、とてもありがたい環境だなと改めて感じています。

TVアニメ制作スタッフについて

--- “チームひとりじめマイヒーロー”はどんなメンバーが集っておいでなのでしょう?
63 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

楽しさが何倍にもなるように…TVアニメ『ひとりじめマイヒーロー』キャラクターデザイン/総合作画監督・西野文那が語る作品の魅力

楽しさが何倍にもなるように…TVアニメ『ひとりじめマイヒーロー』キャラクターデザイン/総合作画監督・西野文那が語る作品の魅力

ありいめめこ原作の人気コミックス『ひとりじめマイヒーロー』の見どころを探るインタビュー第2弾★ 今回はキャラクターデザインと総合作画監督を務める西野文那さんに本作に対するこだわりや見どころをお伺いします。巻末には本日公開のスペシャルムービーも!!
「これでいいのだ!」マインドで作り上げた快作!TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「BAKA-BONSOIR!」制作インタビュー

「これでいいのだ!」マインドで作り上げた快作!TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「BAKA-BONSOIR!」制作インタビュー

“20世紀最強のギャグ漫画”と謳われた赤塚不二夫の代表作が18年ぶりにアニメで帰ってきた! 『深夜!天才バカボン』のOPを飾るエキセントリックなナンバー「BAKA-BONSOIR!」の作詞・作曲・編曲を手がけたTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDに、本作の制作への思い入れや、主要キャストによるスペシャルユニットB.P.O -Bakabon-no Papa Organization- (古田新太、入野自由、日髙のり子、野中藍、森川智之、石田彰、櫻井孝宏)のレコーディング秘話などを伺いました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

未来に向かって突き進むヒロインたちの想いを載せて。SUMMONERS 2+「DeCIDE」和氣あず未・加藤英美里インタビュー

TVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』OP主題歌「DeCIDE」が2018年8月29日にリリース!本楽曲を歌唱する主要女性キャスト5名によるスペシャルユニット“SUMMONERS 2+(サモナーズツー)”から、レム・ガレウ役の和氣あず未さんと、エデルガルト役の加藤英美里さんにお話を伺いました。巻末の読者プレゼントも要チェックです★
mu-mo station編集部 | 1,166 view
わーすた×Run Girls,Run!コラボ記事★「お互いに聞きたいこと、キラッと聞いてみた!」

わーすた×Run Girls,Run!コラボ記事★「お互いに聞きたいこと、キラッと聞いてみた!」

ただいま好評放送中のTVアニメ『キラッとプリ☆チャン』のOP・EDを歌唱するRun Girls,Run!とわーすた。それぞれ表現者としてアーティストとして気になるあれこれを質問してもらいました♪ 巻末にはわーすたからの読者プレゼント情報もありますよ!
mu-mo station編集部 | 1,164 view
自分の心の中の闇と対峙する、人間として成長した6人の姿を歌に乗せて。i☆Ris「Changing point」インタビュー

自分の心の中の闇と対峙する、人間として成長した6人の姿を歌に乗せて。i☆Ris「Changing point」インタビュー

声優とアイドルの活動を両立する6人組ハイブリッドユニットi☆Risが2018年5月9日に16thシングル「Changing point」をリリースする。これまで夢や希望を歌い続けてきた彼女たちが、結成6年目にして歌う人間の闇と葛藤とは…。メンバーの茜屋日海夏と芹澤 優に話を聞いた。巻末の読者プレゼントもお見逃し無く。
mu-mo station編集部 | 2,791 view

この記事のキーワード