mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

mu-mo station(media stationを含む)サービス終了のお知らせ
2019年5月22日 更新

kolme、“新生活”を後押しするグローバルポップな快作

どうも、音楽コンシェルジュのふくりゅうです。

今年は10連休でゴールデンウイークがあり、あっという間に5月も半ばを過ぎました。世の中には5月病という言葉があったりなかったりしますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? 生活環境が変わった方は何かと大変な季節ですよね。

そんなタイミングでオススメしたいのが、楽曲派と呼ばれ、作品力に定評を持つ3人組ユニットkolme(コールミー)。メンバー自ら、作詞作曲、ラップ、振り付け、イラストを手がけるクリエイティヴワークが魅力な彼女たち。

5月の憂鬱を、爽快な風で吹き飛ばしてくれる楽曲が最新曲「Brand new days」なのです。

kolme / Brand new days

音楽ジャーナリスト、柴那典さんも2018年にリリースされたプレイリストアルバム『Please callme!-20152018-』に続いて大プッシュしてくれています。
イントロから、耳に残るサグいフレーズからスタート(このセンス、J-POPではなかなか無いものです!)。平熱なテンションで徐々に心に火をつけてくれるラップ調のヴォーカル、ドープなベースラインが2019年の時代にジャストなサウンドメイキング。海外で繰り広げられているグローバルポップとの同時代性を感じられる、シンセポップかつ進化系ラテン風味ある音楽性に日本発 → 世界への未来を感じるのです。

さらに、kolmeの勢いは止まりません。5月20日にはDigital Single「Deep breath」のリリースも続きます。そして、今年の夏は7月20日(土) a-nation 2019 青森公演に出演が決定!!!
ちなみに、kolmeが気になった方は2019年を代表するアルバムと名高い『Hello kolme』も要チェックです。

ピアノがアクセントとなる「The liar」、「Tie me down」などの新時代を切り開くアッパーチューン。中盤以降、耳に残るのがスローファンクの快楽です。世界基準の洋楽センスを見事にジャパニーズポップスとして昇華。ありそうでなかった中毒性の高い海外同時進行、同時代性あるポップサウンドは、2019年の音楽シーンに強烈なインパクトを与えてくれます。

kolme / The liar

耳に優しく心を暖かくさせてくれる人気曲「Why not me」、気鋭の女性音楽プロデューサーChocoholicとコライト(共作)した「Today’s」や、究極!?のドエス・ソング「Say good bye」。流麗なメロディーによって刹那ポップが炸裂する「Only for now」、柔らかなラップのフロウが心地よい名曲「No need to rush」など、Spotify主要公式プレイリストに驚異の13個同時リストインし、Apple Musicでも大フィーチャーされるなど、音楽ファンから注目度急上昇中のkolme。

kolme / Tie me down

アルバムでは、センスに満ち溢れた全12曲を収録。すでに、発信力あるインフルエンサーに発見されつつありますが、2度目のフランス『Japan Expo』公演も成功し、より大きなムーヴメントを生み出すのはこれからですよ。

kolme / Why not me

関連リンク

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

kolme新境地サウンド、中毒性の高さの話。人気インディーズ・ゲーム アンダーテールの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

kolme新境地サウンド、中毒性の高さの話。人気インディーズ・ゲーム アンダーテールの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

7歳のあらた君&11歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「kolme」「ゲーム」「任天堂」「アンダーテール」「RPG」「PUBG」「ハロウィン」

この記事のキーワード