mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2019年3月13日 更新

MONKEY MAJIK『COLLABORATED』インタビュー いろんなジャンルのアーティストと制作したら面白いんじゃないかと思った。

MONKEY MAJIKが2019年3月6日に初となるコラボアルバム『COLLABORATED』をリリース。コラボアルバムが実現した経緯やコンセプトライブへの意気込みまで語って頂きました!巻末の読者プレゼントも要チェックです!

TEXT:川倉由起子 PHOTO:八木虎造

via MONKEY MAJIK
――昨年の話になりますが、サンドウィッチマンとのコラボ曲「ウマーベラス」が大きな反響を呼びましたね。学生を中心に、ダンス動画がTik Tokでも大盛り上がりで。
Maynard:最近いろんなところで「Tik Tokの人だ!」って言われるんですよ(笑)。

Blaise:街で子供に会うと「『ウマーベラス』踊ってます!」みたいな。この曲がテーマソングになってる「『サンドのぼんやり~ぬTV』見てます」っていうのも多い。

Maynard:20年近くやってるのに「Tik Tokの人だ!」っていうのは反応に困る部分もあるけど(笑)、そう言ってくれるのは20年前にはまだ生まれてない子供たちがほとんどなので。全く新しい世代に届いてるんだって思うと嬉しいし、なんか、ドラマ「西遊記」(2006年)の主題歌をやらせてもらってた時を思い出しますね。小学生もみんな「Around The World」を知ってて。

TAX:最近は普通に大人として接してた人に「小学生の時、(「Around The World」を)聴いてました」って言われたりする。

DICK:高校生の頃に「Around The World」を聴いてた人は、結婚して子供がいたりするかも。その世代を超えてく感じが面白い。

TAX:次はまた10年後に「『ウマーベラス』聴いてました!」とか言われるんだろうな(笑)。でも純粋に嬉しいよね。今までにはないツールで曲が盛り上がってるってことは。今後もどんな音楽の広がりがあるんだろうって、無限の可能性を感じます。

via TAX-タックス-(Dr)
――そんな「ウマーベラス」を含む、MONKEY MAJIK初のコラボレーションアルバム「COLLABORATED」が完成。どのようにして制作された1枚ですか?
Maynard:きっかけとしては、「ウマーベラス」が大きいです。この曲をサンドウィッチマンさんと作った時に、思った以上にちゃんとしたものになったというか、自分たちでも手応えがあったんです。それで、もっといろんなジャンルのアーティストに声を掛けて、コラボアルバムを作ったら面白いんじゃないかと。あとは来年20周年ってことで、今後きっと大きなパーティーをやるだろうから、そこにフレンズにも来てもらえたらいいなって思ったんですよね。

via Maynard-メイナード-(Vo&Gt)
――そういうことだったんですね。ちなみに今回のコラボアーティストは全員が男性。これは理由があるんですか?
Blaise:いや、偶然だね。本当にたまたま。
TAX:レコード会社の人に「女性も入れたほうがいいんじゃないですか?」って言われて、そこで気付いた(笑)。
Maynard:あ、全員男だ!って。
DICK:その時点でもう曲はほぼ決まってたから、変えることはしなかったですけど。
Blaise:そうね。性別は関係ないし。

via Blaise-ブレイズ-(Vo&Gt)
――では、それぞれのアーティストをチョイスした理由や経緯を教えてもらえますか?
Maynard:まずは一緒にやりたい人をみんなでピックアップしていったんですよ。中華料理店だったんですけど、回転テーブルを回しながら1人ずつ紙に名前を書いていって。

DICK:結構な数のリストになった。

Blaise:ズラーッとね。そうして結果決まったアーティストは、それぞれのスタイルやジャンルは全然違うけど、MONKEY MAJIKもそれぞれとどこか似てる雰囲気もあると思う。

Maynard:例えば岡崎体育くんは、僕とBlaiseが朝ドラ「まんぷく」で共演したことがきっかけで話が進んで。僕はもともと彼がデビュー当時から気になってたので、撮影後に改めてオファーをして、僕たちのライブの打ち上げにも来てもらっていろいろ話して、このコラボが実現しました。
大橋トリオさんは昔フェスで知り合って、本当に素晴らしいアーティストなのでずっと一緒にやりたいと思ってて。THE CHARM PARKは、大橋さんのツアーメンバーで、昨年メジャーデビューもしているシンガーソングライター。すごくカッコいいアーティストなので、ぜひコラボしたいとオファーしました。あとは……UQiYOも新潟のフェスで会ったんだよね?

Blaise:そう。僕らが会場入りする時に彼らがプレイしてて、「誰これ? すごいカッコいい曲だね」ってみんな一斉に注目して。その後バックステージで挨拶して、「いつかいいタイミングで面白いことがやりたいね」って話をしたんです。

Maynard:SIRUPは「SUMMER SONIC」とかフェスでも一緒になることがあって、とにかくカッコいいなと思ってた。ノスタルジックな音楽がツボでした。

via Maynard-メイナード-(Vo&Gt)
TAX:ウクレレで参加してくれた近藤利樹くんはまだ小学生。でも、小学生に見えないよね。

Blaise:うん。すごく頭もいいし、ナイスガイ。

Maynard:彼ももともとライブイベントで見て、「何この子、めちゃめちゃカッコいい!」ってなったんですよ。当時は今よりもっと小さかったけど。
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

モダンでありながらクラシカル…様々な魅力を持つ国“日本=enigma”を旅してできた最新作『enigma』をMONKEY MAJIKが語る

モダンでありながらクラシカル…様々な魅力を持つ国“日本=enigma”を旅してできた最新作『enigma』をMONKEY MAJIKが語る

2018年3月21日にリリースされるMONKEY MAJIKのNewアルバム『enigma』。“神秘”“謎”“解き明かせないもの”といった意味を持つタイトルを冠した本作はいかにして制作されたのか…メンバー4人に改めてインタビューしました。さらにmu-moショップとライブ会場のみで販売中の【mu-moショップ・会場限定商品】に付いてくる「MONKEY MAJIKオリジナル弁当箱3点セット」大解剖も!巻末の読者プレゼントまで要チェックです。
今までとはまた違った一面をみせられる楽曲となりました。BOYS AND MEN「頭の中のフィルム」インタビュー

今までとはまた違った一面をみせられる楽曲となりました。BOYS AND MEN「頭の中のフィルム」インタビュー

2019年5月29日にニューシングル「頭の中のフィルム」をリリースするBOYS AND MEN。 今作の制作秘話や1月14日に行われたナゴヤドームの感想を、田村侑久・辻本達規・小林豊・本田剛文・吉原雅斗の5人が語ってくれました!巻末の読者プレゼントもお見逃し無く♪
今の自分たちだからこそできる表現のすべてをこのアルバムに詰めました。BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE『BALLISTIK BOYZ』インタビュー

今の自分たちだからこそできる表現のすべてをこのアルバムに詰めました。BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE『BALLISTIK BOYZ』インタビュー

EXILE TRIBE初のメンバー7人全員がマイクを持ち、ダンス、ラップ、ボーカルを披露する実力派グループBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEが2019年5月22日にメジャーデビューを果たす。武者修行からメジャーデビューまでの思い出やデビューアルバムの制作秘話、今後の目標について語っていただきました!
タイトルから目を引く楽曲作りにこだわりました。EXILE SHOKICHI『1114』インタビュー

タイトルから目を引く楽曲作りにこだわりました。EXILE SHOKICHI『1114』インタビュー

ファースト・ソロ・アルバム「THE FUTURE」から1114日。2019年5月15日に全曲の作詞/作曲を手掛けた2nd アルバム「1114」を発売する。アルバム制作秘話や聴きどころ、今後の挑戦について語って頂きました!
これで勝負できるなって感じました。ラストアイドル「大人サバイバー」インタビュー

これで勝負できるなって感じました。ラストアイドル「大人サバイバー」インタビュー

2019年4月17日に6thシングル「大人サバイバー」をリリースするラストアイドル。 MVの制作秘話や1周年記念コンサートの感想などを、グループを代表して、阿部菜々実・長月翠・間島和奏・篠田萌・畑美紗起の5人が語ってくれました!巻末の読者プレゼントもお見逃し無く!

この記事のキーワード