mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年6月7日 更新

2017年5月31日、待望のデビュー・アルバム『AWESOME』をリリース! 次世代シンガーBeverlyが歌う意味、歌う理由

小栗旬×西島秀俊 出演ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』主題歌(オープニング曲)「I need your love」で一躍注目を集めるシンガー、Beverly(ビバリー)。突き抜けるハイトーンボイスを武器にアルバム『AWESOME』でデビューを飾る彼女が歌う理由とは…?

---日本語は学校で勉強してるんですか?

Beverly はい。日本語は難しいけど面白いです。特に数。ヒトツ、フタツ、ミッツとか、イッピキ、ニヒキ、サンビキとか、ツイタチ、フツカ、ミッカとか。「どうしてそんなにいろいろ違うんですか?」といつも先生に質問しまくってます(笑)。他の言語にはないていねいな言葉もたくさんありますね。「よろしくお願いします」とか「ごちそうさま」とか「いただきます」とか。
---たしかにそうですね。カルチャー・ショックは何かありましたか?

Beverly たくさんありました。まず空港に降りてすぐ、エスカレーターの立つ位置が決まっていることにビックリしました。あと、名刺や書類とか何か物を渡すときは、相手にとって正しい向きにするということにも。日本の人は本当にきちんとしてますね。もちろんトイレにも驚きました。洗浄機能だけじゃなく、水の音がしたり音楽が鳴ったり(笑)

デビュー・アルバム『AWESOME』に込めた想い

---では、ここから1stアルバム『AWESOME』の話にいきましょう。どういうアルバムをイメージしていましたか?

Beverly キーワードはチャレンジでした。フィリピンでは主にバラードを歌ってましたが、このアルバムではアップテンポも多いし、ジャンルもさまざまです。曲によって違うアプローチが必要でしたし、そもそもリズムのある曲を歌うこと自体がチャレンジでした。
---「I need your love」が『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の主題歌となりました。お話がきたときどう思いましたか?

Beverly ビックリしたと同時にすごくうれしかったですね。フィリピンでは日本のドラマも放送されていて、私は『花より男子』で小栗旬さんのことも知っていたので。

PHOTO:川田洋司
via
---その小栗さんがBeverlyの歌声をとても気に入ったことが、起用のきっかけとなったそうですね。

Beverly 私のライブを偶然目にした小栗さんが、ドラマのプロデューサーさんに推薦してくださったんです。ドラマ制作チームともアイディアを出し合って作ったのが「I need your love」。いい経験でした。

Beverly(ビバリー) / 「I need your love」Music Video

---日本語の発音が完璧だと思ったのですが、歌入れはどんなふうに?

Beverly メロディを覚えた段階で、まずプロデューサーさんと作詞をしてくださった坂田麻美さんから発音を習いました。それがだいぶ身についたところで一度通して歌い、うまくいかないところを「もう一回」、「もう一回」と時間をかけて直していきました。
---意味はどうしましたか?

Beverly マネージャーさんに訳してもらいましたが、ちょっと知るともっと知りたくなって、自分でも一語一語調べていきました。たとえば歌い出しの「聞こえないフリで」の「聞こえない」は"I can't hear"で、「フリ」は"pretend"で、というふうに。理解が深まると、表現がよりしやすくなりました。
---心とちゃんとつながって聞こえるのは、その努力の成果なんですね。挿入歌の「Empty」はジャジーで大人っぽい曲。Beverly自身が英語詞を手がけていますね。どうしようもない思いが伝わります。

Beverly ダークな曲なので、すごくせつない想いを書きたかったんですけど、私は失恋といってもフツーの失恋しかしてなくて(笑)。だから想像力を総動員させて書きました。あのドラマの恋愛シーンにピッタリの感じになったんじゃないかと自分では思ってます。

Beverly / Lip Sync Live Movie【Empty】from AWESOME

---うなりが入った歌声がとてもソウルフルです。

Beverly それもチャレンジでした。とにかくTVで自分の曲が流れるのがうれしくて、毎回家で一緒に歌ってます(笑)。

---「Unchain My Heart」もまた大人っぽくて素敵です。

Beverly これも失恋の歌ですね。サビの「♪A broken heart〜」は、泣き叫ぶイメージで歌いました。

---MISIAの「つつみ込むように」を手がけた島野聡さんの曲ですね。

Beverly はい。歌のディレクションもやってくださいました。作詞はシンガーのEmyliさん。スゴい方たちとご一緒できて本当に光栄です。

Beverly / Lip Sync Live Movie【Unchain My Heart】from AWESOME

---さて、もう何曲かクローズアップしていきましょう。1曲目の「Tell Me Baby」では、地声の超ハイトーンに驚かされました。

Beverly 私自身もびっくりしたんですよ(笑)。ハイトーンが出せるとは思ってたんですけど、どこまで出るかは知らなかったので、ドキドキしながらトライしました。クリアできて新たな武器を得た感じがしました。背中を押してくれたプロデューサーさんに感謝です。

---「Just Once Again」は、昨年“a-nation”で歌ってましたね。

Beverly ちょっと恥ずかしい思い出があります。バラードなので感情をこめて歌ってたら、お客さんが手を振ってくれたんですね。それが見えた瞬間、私は迷いながらも「応えなきゃ」と手を振り返しました。あとで映像を見たら「♪私だけ 愛して」と歌いながら手を振る姿がすごくチグハグで、「何してるの?」って自分に思いました(笑)。バラードのときは、ちゃんと歌い終えてから手を振るほうがいいってわかりました。
50 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

“ひとりじゃない 君がいるよ”これは普遍的な愛の歌。Beverly 1stシングル「A New Day」インタビュー

“ひとりじゃない 君がいるよ”これは普遍的な愛の歌。Beverly 1stシングル「A New Day」インタビュー

母国フィリピンで数々の賞に浴した後、活動拠点を日本に移し、昨年デビュー・アルバム『AWESOME』でその実力を証明したBeverly。その後も、アリアナ・グランデのサポート・アクトを務めたり、ASEANに集う各国首脳陣の前でパフォーマンスを行うなど話題は尽きない。もはやカリスマ的歌姫と言っても過言ではないのだが、その素顔は異国の地で夢に向かって一生懸命頑張るキュートな女の子。フジテレビ月9ドラマ『海月姫』の主題歌含む1stシングル「A New Day」(2018年2月28日発売)を軸に、そんなBeverlyの今に迫ってみました。
音楽は私の人生。シャイ・ガールが歌で魅せる圧巻のステージ“Beverly 2nd JOURNEY「24」”レポート

音楽は私の人生。シャイ・ガールが歌で魅せる圧巻のステージ“Beverly 2nd JOURNEY「24」”レポート

24歳の誕生日にリリースされた2nd アルバム『24』を携えて東名阪で開催されたワンマンライブツアー“Beverly 2nd JOURNEY 「24」”。2018年7月8日(日)東京 代々木 YAMANO HALLでおこなわれたファイナル公演の模様をお届け♪
lol「love & smile 」インタビュー【後編】“love”と“smile”にちなんだエピソードを告白!プライベートな部分も明らかになるかも?

lol「love & smile 」インタビュー【後編】“love”と“smile”にちなんだエピソードを告白!プライベートな部分も明らかになるかも?

2018年7月11日(水)に8thシングル「love & smile」をリリースするlol(エルオーエル)。“love“と“smile”が詰め込まれた、この夏恋がしたくなる!とびきりのサマーチューン。後編では最近笑ったエピソードに妄想デートコース?メンバー5人の“love“と“smile”を大発表!巻末の読者プレゼントも要チェックです★
“24時間”歌のことを考えるBeverlyの“24歳のリアル”と、その未来とは。新たな魅力を見せる2ndアルバム『24』インタビュー

“24時間”歌のことを考えるBeverlyの“24歳のリアル”と、その未来とは。新たな魅力を見せる2ndアルバム『24』インタビュー

印象的なハイトーン・ボイスを武器に数々のタイアップ曲を勝ち取り、実力を磨いてきたBeverlyが、2018年6月20日、自身の24歳のバースデーにアルバム『24』をリリース。“24時間”歌とともに生きるBeverlyの決意と愛を込めた本作の聴きどころを、じっくり語ってもらいました。巻末の読者プレゼントも要チェックです。
モダンでありながらクラシカル…様々な魅力を持つ国“日本=enigma”を旅してできた最新作『enigma』をMONKEY MAJIKが語る

モダンでありながらクラシカル…様々な魅力を持つ国“日本=enigma”を旅してできた最新作『enigma』をMONKEY MAJIKが語る

2018年3月21日にリリースされるMONKEY MAJIKのNewアルバム『enigma』。“神秘”“謎”“解き明かせないもの”といった意味を持つタイトルを冠した本作はいかにして制作されたのか…メンバー4人に改めてインタビューしました。さらにmu-moショップとライブ会場のみで販売中の【mu-moショップ・会場限定商品】に付いてくる「MONKEY MAJIKオリジナル弁当箱3点セット」大解剖も!巻末の読者プレゼントまで要チェックです。

この記事のキーワード