mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年6月6日 更新

まるで聴くヨガ!? 蓮沼執太&U-zhaanのコラボ作品『2 Tone』がリリース

多くのCMソングやキャンペーンソングの制作で知られる音楽家・蓮沼執太と、『ブラタモリ』出演などバラエティに富んだ活動を行うタブラ奏者・U-zhaanによるコラボレーション・アルバム『2 Tone』がリリースされました。

via

キャラクターの異なる2人によるコラボレーション作品が完成!!

多くのCMソングやキャンペーンソングの制作で知られる音楽家・蓮沼執太と、『ブラタモリ』出演などバラエティに富んだ活動を行うタブラ奏者・U-zhaanによるコラボレーション・アルバム『2 Tone』がリリースされました。

本作にはパナソニックビューティのCM曲として流れている蓮沼の新曲「Dryer」や、坂本龍一が参加している「Lal feat. Ryuichi Sakamoto」、蓮沼がU-zhaanの要望に応えて書き下ろしたタブラソロ曲「Music for Five Tablas」など全12曲が収録されています。

蓮沼執太 & U-zhaan - Green Gold Grey feat. Arto Lindsay (Official Video)

坂本龍一が主宰するレーベルcommmonsでは、蓮沼執太とU-zhaanへのメールインタビューを実施。

全22問の質問を通して謎に包まれた本作の全貌をご紹介しています。
2.アルバムタイトル『2 Tone』は、
どのように決まったのでしょうか?

Hasunuma:僕ら2人がタイトルを決められなくて困り果てたあげく…
デザインを担当して頂いた長嶋りかこさんが決めてくれました。

U-zhaan:ジャケットデザインを見ながら「この雰囲気に合うタイトルにしよう」と、アートワークを担当した長嶋りかこさんも交えた3人で話し合っているときに、長嶋さんから出た言葉です。
20.発売日は2月22日=「猫の日」ですが、猫はお好きですか?
どんな猫種がお好みですか?

Hasunuma:猫好きです。最近会ったのは長嶋りかこさんのスタジオにいた
黒いキュート猫。

U-zhaan:しばらく前に猫アレルギーが治ってから、どんどん好きになって来ました。ところで、インド人って猫好きの人がほとんどいないんですよ。
あれはなぜなんでしょうね。
北京とムンバイから送られてきたメールのやりとりは、ずっとこんな調子。
彼らの持つゆる~い雰囲気と、音楽への愛情、お互いへの信頼感が伝わってくる内容です。

私も『2 Tone』を聴いてみましたが、まるで聴くヨガのよう。
緻密に計算されてた電子音楽の上に、鼓動を思わせるタブラのあたたかさが重なって、
心がふうっと軽くなっていきます。

どの曲も生活の様々なシーンにすうっと溶け込んでしまいそうな、不思議な作品ばかりでした。
ヴォーカル曲も何曲か収録されていますので、どこか懐かしい歌詞の世界観もお楽しみいただけますよ。

新生活に向けてリフレッシュしたいときや、ちょっぴり寂しくなった時にもオススメです。
ぜひ聴いてみてくださいね。

蓮沼執太 & U-zhaan - A Kind of Love Song feat. Devendra Banhart (Official Video)

ふたりの全コメントはこちらのページでご覧いただけます

リリース情報

15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

このアニメでリアルタイムで見るテレビの面白さを再確認してほしい『深夜!天才バカボン』監督・脚本 細川徹インタビュー

このアニメでリアルタイムで見るテレビの面白さを再確認してほしい『深夜!天才バカボン』監督・脚本 細川徹インタビュー

赤塚不二夫の代表作とも言える『天才バカボン』がこの夏、前作から18年ぶりに、細川徹監督のオリジナルストーリーで放送中!バカボンのパパらお馴染みのキャラクターが現代を舞台に大暴れする内容に「テレビの限界攻めすぎ!」と大反響が起きています。その監督・脚本を務める細川徹に、本作に掛ける想いを直撃インタビューしてきました。
『unlock』からのプロセスがあってやっとフル・アルバムが完成した感じです。urata naoya(AAA)『unbreakable』インタビュー(前編)

『unlock』からのプロセスがあってやっとフル・アルバムが完成した感じです。urata naoya(AAA)『unbreakable』インタビュー(前編)

2018年7月25日に1年3ヶ月ぶりのNewアルバム『unbreakable』をリリースする浦田直也。前作『unlock』で全曲作詞を手がけ、「心を解放して本音を吐き出した」と力強く語っていた彼が発表するのは、昨年のツアーのバンマス・宗本康兵が全曲を作曲し、浦田が再び全曲の作詞に挑んだ意欲作。作品完成までの繊細な心の機微を、ほとばしる思いのまま語っていただきました。巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 1,115 view
私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

私の曲が、女の子が輝いて生きていくためのヒントになれたらいい。“大人かわいい”ラブソング「Summer Mermaid」宇野実彩子インタビュー

2018年7月18日にソロ第2弾シングル「Summer Mermaid」をリリースする宇野実彩子(AAA)。「夏を楽しく過ごせるようなサマーチューンが欲しくなったんです」という思いから生まれた表題曲は、キラキラしたサウンドと恋の楽しさがひとつになった大人なサマーラブソング。本作の制作をフックにしながら、ソロアーティストとしてのビジョンについて語ってもらった。巻末の読者プレゼントも要チェック!
mu-mo station編集部 | 3,634 view
王道で真っすぐ、ひねくれていない物語。アニメ『ブラッククローバー』吉原達矢監督が考える主題歌の役割、BiSH「PAiNT it BLACK」の魅力

王道で真っすぐ、ひねくれていない物語。アニメ『ブラッククローバー』吉原達矢監督が考える主題歌の役割、BiSH「PAiNT it BLACK」の魅力

2017年10月からテレビ東京系で放送中のテレビアニメ『ブラッククローバー』。4月クールを目前に控え、さらなる盛り上がりをみせているが、本作で指揮をとる吉原達矢監督がアニメ制作におけるポリシーや、近年重要度を増している主題歌へのこだわりなどを語った。1月クールOP「PAiNT it BLACK」を担当したBiSHからのコメントも!
モダンでありながらクラシカル…様々な魅力を持つ国“日本=enigma”を旅してできた最新作『enigma』をMONKEY MAJIKが語る

モダンでありながらクラシカル…様々な魅力を持つ国“日本=enigma”を旅してできた最新作『enigma』をMONKEY MAJIKが語る

2018年3月21日にリリースされるMONKEY MAJIKのNewアルバム『enigma』。“神秘”“謎”“解き明かせないもの”といった意味を持つタイトルを冠した本作はいかにして制作されたのか…メンバー4人に改めてインタビューしました。さらにmu-moショップとライブ会場のみで販売中の【mu-moショップ・会場限定商品】に付いてくる「MONKEY MAJIKオリジナル弁当箱3点セット」大解剖も!巻末の読者プレゼントまで要チェックです。
mu-mo station編集部 | 3,601 view

この記事のキーワード