mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年6月6日 更新

まるで聴くヨガ!? 蓮沼執太&U-zhaanのコラボ作品『2 Tone』がリリース

多くのCMソングやキャンペーンソングの制作で知られる音楽家・蓮沼執太と、『ブラタモリ』出演などバラエティに富んだ活動を行うタブラ奏者・U-zhaanによるコラボレーション・アルバム『2 Tone』がリリースされました。

via

キャラクターの異なる2人によるコラボレーション作品が完成!!

多くのCMソングやキャンペーンソングの制作で知られる音楽家・蓮沼執太と、『ブラタモリ』出演などバラエティに富んだ活動を行うタブラ奏者・U-zhaanによるコラボレーション・アルバム『2 Tone』がリリースされました。

本作にはパナソニックビューティのCM曲として流れている蓮沼の新曲「Dryer」や、坂本龍一が参加している「Lal feat. Ryuichi Sakamoto」、蓮沼がU-zhaanの要望に応えて書き下ろしたタブラソロ曲「Music for Five Tablas」など全12曲が収録されています。

蓮沼執太 & U-zhaan - Green Gold Grey feat. Arto Lindsay (Official Video)

坂本龍一が主宰するレーベルcommmonsでは、蓮沼執太とU-zhaanへのメールインタビューを実施。

全22問の質問を通して謎に包まれた本作の全貌をご紹介しています。
2.アルバムタイトル『2 Tone』は、
どのように決まったのでしょうか?

Hasunuma:僕ら2人がタイトルを決められなくて困り果てたあげく…
デザインを担当して頂いた長嶋りかこさんが決めてくれました。

U-zhaan:ジャケットデザインを見ながら「この雰囲気に合うタイトルにしよう」と、アートワークを担当した長嶋りかこさんも交えた3人で話し合っているときに、長嶋さんから出た言葉です。
20.発売日は2月22日=「猫の日」ですが、猫はお好きですか?
どんな猫種がお好みですか?

Hasunuma:猫好きです。最近会ったのは長嶋りかこさんのスタジオにいた
黒いキュート猫。

U-zhaan:しばらく前に猫アレルギーが治ってから、どんどん好きになって来ました。ところで、インド人って猫好きの人がほとんどいないんですよ。
あれはなぜなんでしょうね。
北京とムンバイから送られてきたメールのやりとりは、ずっとこんな調子。
彼らの持つゆる~い雰囲気と、音楽への愛情、お互いへの信頼感が伝わってくる内容です。

私も『2 Tone』を聴いてみましたが、まるで聴くヨガのよう。
緻密に計算されてた電子音楽の上に、鼓動を思わせるタブラのあたたかさが重なって、
心がふうっと軽くなっていきます。

どの曲も生活の様々なシーンにすうっと溶け込んでしまいそうな、不思議な作品ばかりでした。
ヴォーカル曲も何曲か収録されていますので、どこか懐かしい歌詞の世界観もお楽しみいただけますよ。

新生活に向けてリフレッシュしたいときや、ちょっぴり寂しくなった時にもオススメです。
ぜひ聴いてみてくださいね。

蓮沼執太 & U-zhaan - A Kind of Love Song feat. Devendra Banhart (Official Video)

ふたりの全コメントはこちらのページでご覧いただけます

リリース情報

15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

純度100%の“今の私たちの歌声”を感じてほしい…Little Glee Monster 3rdアルバム『juice』インタビュー

純度100%の“今の私たちの歌声”を感じてほしい…Little Glee Monster 3rdアルバム『juice』インタビュー

 大みそか恒例の『第68回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たし、国民的アーティストの階段を上りつつあるLittle Glee Monster。1月17日には、Newアルバム『juice』を発売した。あくまで夢の途中段階だと語る彼女たちに、『紅白』初出場の舞台裏から最新アルバム、2020年に開催される東京五輪への夢について語ってもらった。
Da-iCE「TOKYO MERRY GO ROUND」リリース記念特集【1/6】5周年イヤーの幕開けを飾るファンキー&ハッピーなナンバー、爆誕!彼らが開いた新しい扉の先にあるものとは…?

Da-iCE「TOKYO MERRY GO ROUND」リリース記念特集【1/6】5周年イヤーの幕開けを飾るファンキー&ハッピーなナンバー、爆誕!彼らが開いた新しい扉の先にあるものとは…?

2014年にメジャーデビューを果たし、2018年はデビュー5周年イヤーとして、さまざまな仕掛けを考えているというDa-iCE。その第1弾シングルとしてリリースされるのが「TOKYO MERRY GO ROUND」だ。数々のミリオンヒット曲を生んできたヒットメーカー、コモリタミノル氏によるファンキーポップチューンは、これまでのDa-iCEにはない新しい顔を見せてくれる。そして「わるぐち」は花村想太が初単独で書き下ろしたラブソング。2つの楽曲に対する思いや5周年を迎える彼らの気持ちなどを聞いてきた。巻末の読者プレゼントも要チェック♪
mu-mo station編集部 | 15,801 view
20歳になったら見える景色が変わるかも…10代で見えていたものを珠玉の14曲に込めて。井上苑子『JUKE BOX』インタビュー

20歳になったら見える景色が変わるかも…10代で見えていたものを珠玉の14曲に込めて。井上苑子『JUKE BOX』インタビュー

女子校生シンガーとしてデビューした井上苑子の10代ラストアルバム『JUKE BOX』がリリース。「10代最後にどうしてもアルバムを出したかった」と語る彼女の思いや、これまでにない楽曲にチャレンジした理由などを聞いてみた。そして、20歳を迎える直前の井上苑子が「ハタチになったらやりたいこと」とは!? 巻末の読者プレゼントも要チェックです!
イトヲカシ、独占インタビュー。王道ポップに燃える豪華タイアップ両A面キラーチューンの誕生「アイオライト/蒼い炎」

イトヲカシ、独占インタビュー。王道ポップに燃える豪華タイアップ両A面キラーチューンの誕生「アイオライト/蒼い炎」

ネット発、路上育ちの二人組音楽ユニット・イトヲカシ。11月3日(金・祝)に3枚目のシングル『アイオライト / 蒼い炎』をリリース。映画『氷菓』主題歌「アイオライト」と、週刊少年ジャンプの人気漫画を映像化したアニメ『ブラッククローバー』のエンディング・テーマ「蒼い炎」という豪華両A面シングルだ。勢いに乗る二人に、イトヲカシならではの王道ポップソングがいかにして誕生したのかを聞いてみた。巻末の読者プレゼントもチェック!
mu-mo station編集部 | 2,050 view
新しい表現方法を手に入れたTiaの新境地とは?「Deal with the devil」インタビュー

新しい表現方法を手に入れたTiaの新境地とは?「Deal with the devil」インタビュー

2017年7月よりMBS、TOKYO MXほかにて放送開始したTVアニメ『賭ケグルイ』のオープニングテーマは、supercellのryoがプロデュース&作詞作曲を手掛けたジャズ調でアップテンポなナンバー「Deal with the devil」。この難曲を妖艶に歌い上げたTiaに、レコーディングやミュージック・ビデオ撮影の制作秘話などについて伺いました。
mu-mo station編集部 | 3,372 view

この記事のキーワード