mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2018年3月2日 更新

“ひとりじゃない 君がいるよ”これは普遍的な愛の歌。Beverly 1stシングル「A New Day」インタビュー

母国フィリピンで数々の賞に浴した後、活動拠点を日本に移し、昨年デビュー・アルバム『AWESOME』でその実力を証明したBeverly。その後も、アリアナ・グランデのサポート・アクトを務めたり、ASEANに集う各国首脳陣の前でパフォーマンスを行うなど話題は尽きない。もはやカリスマ的歌姫と言っても過言ではないのだが、その素顔は異国の地で夢に向かって一生懸命頑張るキュートな女の子。フジテレビ月9ドラマ『海月姫』の主題歌含む1stシングル「A New Day」(2018年2月28日発売)を軸に、そんなBeverlyの今に迫ってみました。

TEXT:藤井美保 PHOTO:HIRO EDWARD SATO
衣装協力:PINKO Stylist:KEISUKE YOSHIDA Hair&Make:YOHEI MIYAMOTO (INTI)

Beverly / A New Day Music Video

---「A New Day」を最初に聴いたときの印象は?

Beverly イントロのピアノの音が素敵で、聴いた瞬間すぐに心のなかでヒットしました。すごくドラマチックなバラード。バラードは得意ジャンルでもあるので、早く歌いたいと思いました。
---歌詞についてはどう感じましたか?

Beverly 恋愛だけじゃなくて、家族や友だちとの関係にも当てはまる普遍的な愛の歌だなと思いました。実際私もいろいろな人たちを思い出したんですよ。特に母ですね。
---フィリピンで頑張ってた10代の日々と重なりますか?

Beverly はい。さまざまな歌のコンペにいつも母と一緒に行ってました。ステージから誰よりも大きな声援を送ってくれる母が見えると心強かった。本当にいつも隣で見守ってくれてましたね。
---特に好きな歌詞はありますか?

Beverly やっぱり「ひとりじゃない 君がいるよ」です。ひとつ夢がかなって日本に住むようになった今は、ファンの方たちやスタッフさんの姿も重なります。故郷のフィリピンじゃなくても、「ひとりじゃない」と思える。ホントに幸せです。だから、感謝の気持ちでこの曲を歌えました。
---聴く人の味方になってくれる歌だなと思いました。

Beverly みんなそれぞれ問題を抱えてますよね。でも、この曲を聴くときだけは嫌なことは忘れて笑顔になってほしいんです。笑顔は日々を照らして新しい明日を連れてきてくれる。ベストを尽くして、あきらめないで、自分だけの「A New Day」をつかんでほしいなと思います。
via
---日本語がすごく上達していますね。今回歌詞の意味はそのまま日本語で理解しましたか?

Beverly まず作詞の(坂田)麻美さんから、細かく主人公の気持ちの解説をしていただきました。でも、もっともっと深く知りたかったので、今回も一度英語に翻訳して、自分なりのストーリーとして理解していきました。
---1年前とはだいぶ違いますか?

Beverly そうですね。日本語が成長するにしたがって、意味も自然と入ってくるようになってます。
---今回、生バンドでのレコーディングだったそうですね。

Beverly 一緒にスタジオに入って、同時に録りました。

---ワオ! いわゆる一発録り?

Beverly はい。ライブ・レコーディングです。生演奏の素晴らしさにつられて感情が溢れ出るので、より生きいきとした表現ができたと思います。

---14人編成のストリングスのレコーディングにも?

Beverly 立ち会わせていただきました。なんかもう天国にいるみたいで、耳が本当に気持ちよかったです。
---ライブ・レコーディングでよさが出せるというのは、Beverlyのひとつの強みですね。

Beverly ありがとうございます。またぜひやりたいです。
via
---月9ドラマ『海月姫』の主題歌ともなっています

Beverly すごく光栄です。もともとラブコメ好きなので、明るくて可愛いストーリーにすぐ引き込まれました。ドラマと一緒に「A New Day」が多くの人に届くのもうれしいです。
---視聴者からの声は返ってきてますか?

Beverly ツイッターのコメントはよく読んでます。漢字は読めないので、スタッフさんに教えてもらいながらですが。
42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こうやって3人で集まってみて”やっぱりこの人たちしかいない”と思った。m-flo「the tripod e.p.2」インタビュー

こうやって3人で集まってみて”やっぱりこの人たちしかいない”と思った。m-flo「the tripod e.p.2」インタビュー

今年20周年を迎えたm-floがオリジナルメンバーのLISA、☆Taku Takahashi、VERVALの3人で約15年ぶりに再始動。2018年3月7日にリリースされた新作「the tripod e.p.2」で本格的な活動をスタートさせる。リユニオンに至る経緯、映画『去年の冬、きみと別れ』の主題歌「never」を含む新作の制作、今後のビジョンなどについて3人に聞いた。
神さまが声というギフトをくれて、このJOURNEYに連れ出してくれたから…“Beverly 1st JOURNEY「AWESOME」Encore Tour”レポート

神さまが声というギフトをくれて、このJOURNEYに連れ出してくれたから…“Beverly 1st JOURNEY「AWESOME」Encore Tour”レポート

10月に行われた初のワンマンが即完したことから、急きょ開催が決定したアンコールツアー“Beverly 1st JOURNEY「AWESOME」Encore Tour”。その東京公演の模様を藤井美保がレポート!2018年2月28日(水)にリリースする1stシングル「A New Day」情報も要チェックです♪
人工知能で音楽はどう変化する? 新ユニットPANDORAを始動させた小室哲哉が語る「音楽のこれから」

人工知能で音楽はどう変化する? 新ユニットPANDORAを始動させた小室哲哉が語る「音楽のこれから」

TM NETWORKをはじめ、シンセサイザーを駆使した音作りで早くからデジタル技術を音楽に取り入れてきた小室哲哉。この度、浅倉大介との新ユニット“PANDORA(パンドラ)”を結成して音楽シーンへ新たなアプローチを試みる事になった彼に、AIで音楽はどのように変化していくのか、そして小室哲哉自身の音楽はどのように進化するのか伺いました。
mu-mo station編集部 | 2,334 view
2017年5月31日、待望のデビュー・アルバム『AWESOME』をリリース! 次世代シンガーBeverlyが歌う意味、歌う理由

2017年5月31日、待望のデビュー・アルバム『AWESOME』をリリース! 次世代シンガーBeverlyが歌う意味、歌う理由

小栗旬×西島秀俊 出演ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』主題歌(オープニング曲)「I need your love」で一躍注目を集めるシンガー、Beverly(ビバリー)。突き抜けるハイトーンボイスを武器にアルバム『AWESOME』でデビューを飾る彼女が歌う理由とは…?
mu-mo station編集部 | 1,313 view
モダンでありながらクラシカル…様々な魅力を持つ国“日本=enigma”を旅してできた最新作『enigma』をMONKEY MAJIKが語る

モダンでありながらクラシカル…様々な魅力を持つ国“日本=enigma”を旅してできた最新作『enigma』をMONKEY MAJIKが語る

2018年3月21日にリリースされるMONKEY MAJIKのNewアルバム『enigma』。“神秘”“謎”“解き明かせないもの”といった意味を持つタイトルを冠した本作はいかにして制作されたのか…メンバー4人に改めてインタビューしました。さらにmu-moショップとライブ会場のみで販売中の【mu-moショップ・会場限定商品】に付いてくる「MONKEY MAJIKオリジナル弁当箱3点セット」大解剖も!巻末の読者プレゼントまで要チェックです。
mu-mo station編集部 | 3,053 view

この記事のキーワード