mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2019年1月29日 更新

新たな革命を起こし、誰も成し得なかったことをやる…THE RAMPAGE from EXILE TRIBE「THROW YA FIST」インタビュー

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが、2019年1月30日に初のアリーナツアーと同じタイトルを冠したキックオフ・シングル「THROW YA FIST」をリリースする。カップリングの2曲は、こちらも初となるドラマ&アニメタイアップが決定しており、ますます勢いに乗る彼ら。グループを代表してLIKIYA・陣・RIKU・川村壱馬・吉野北人が本作への熱い想いを語ってくれました。

TEXT:川倉由紀子
PHOTO:小境勝巳
STYLIST:松川総 (TRON)
HAIR&MAKE:谷川一志(kind)/ 上野綾子(kind)/ 葉っぱ(kind)/ 高畑奈月(kind)

via
――ニューシングル「THROW YA FIST」は、2月からスタートするアリーナツアーのタイトル“THROW YA FIST”を冠したキックオフ・シングル。直訳すると“拳を掲げろ”という意味ですね。

吉野 はい。初のアリーナツアーをすごく連想させるような曲になっていると思います。

川村 みんなで拳を掲げる……その景色が僕らも早く見たいですね。楽曲の聴きどころとしては、メンバー16人の声を収録した「Throw ya fist in the air(=天に拳を掲げろ)」の掛け声。聴けば一発で分かると思いますが、ものすごい迫力なんです。

陣 レコーディングは今回パフォーマーも参加させていただいたんですが、全員で大きなマイクを囲んで歌う画が凄まじいというか……。

LIKIYA さすがに全員はブースに入れないから、ロビーみたいなところに特別にマイクを立ててもらったんだよね。いやー、みんな張り切ってた!(笑)。

RIKU 陣くん、(指を鳴らす仕草で)こんなことやってたもんね。いっちょやったる!!みたいな(笑)。
RIKU

RIKU

VOCAL
via
陣 わはははは。いっちょ前に“レコーディング!”みたいなのはあったかも。でもオレだけじゃなく、あの日のパフォーマーはみんな謎の自信に満ち溢れてたよ。

川村 全員いるから絶対大丈夫っしょ、みたいな(笑)。

RIKU バイブスでイケるっしょ!みたいな(笑)。

陣 うん(笑)。ヤマショー(山本彰吾)なんて、ちょっとイキがってフード被ってたから。

LIKIYA (後藤)拓磨なんて1人だけ横ノリしてたもん(激しく左右に揺れる後藤の真似)。

<一同爆笑>
LIKIYA

LIKIYA

PERFORMER / LEADER
via
RIKU でも、そんな陣くんもキャップ被ってなかった?

陣 被ってた(笑)。だからまぁ、パフォーマーチームもどこか憧れがあったんやろうな。みんな生き生きしてたから。

吉野 特に陣さんの声がめっちゃデカかったですよ。しかも、すぐ陣さんって分かる(笑)。普段の陣さんの声をそのままデカくした感じだから。

陣 あー。ただただシャウトしてたわ(笑)。
陣

PERFORMER / LEADER
via
――イントロから鳴り響く16人の掛け声はインパクト絶大ですが、ボーカルの3人は背中を押される感じもありましたか?

川村 そうですね。この“軍団”感というか、“クルー”感みたいなものは16人いるTHE RAMPAGEだからできることだなって。こういう掛け声やガヤみたいなものって、普段はボーカルチームが1人3種類くらいの声を出して録ってたりするんですよ。でも元の声の成分は一緒だから、やっぱり16通りの個性のある声は圧巻というか。

陣 正直言うと、最初はパフォーマーのうち何人かだけ……という話だったんです。でもマネージャーさんが「全員のほうがいいんじゃない?」って提案してくださって。

RIKU 全員で本当に良かったですよね。

吉野 16人の想いがしっかり込められた曲になったのかなと思います。
吉野北人

吉野北人

VOCAL
via
――楽曲は、1stアルバムのリード曲「LA FIESTA」も手掛けたトラックメイカー・Ava1ancheの提供。デモを初めて聴いたときの印象はどうでしたか?

RIKU デモは全員がいる場で聴いたんですよ。そしたらみんな一斉に“あー!!”ってなって。

吉野 最初のイントロから掴まれましたよね。勢いがあって尖ってて、サビ前のちょっと落としてからアゲていく感じもすごいなって。

川村 僕はデモをもらってからずっとお風呂で聴いてました。スピーカーが濡れないよう袋に入れて。個人的には、Ava1ancheさんのトラックがすごい好きで。「LA FIESTA」も含め、自分たちの中で好きな曲はもれなくAva1ancheさんの曲なんです。 
川村壱馬

川村壱馬

VOCAL
via
――「THROW YA FIST」のMVはどんな仕上がりになっていますか? 撮影エピソードもあれば教えてください。

吉野 すごく広々とした自然の中で、今までにはないような新鮮な感覚で撮影ができました。

陣 コンセプトとしては、16人が新たな革命を起こしていくイメージ。誰も成し得なかったことをやる……というのがTHE RAMPAGEのスタイルともリンクするし、結構パンチの効いた映像になってると思います。

川村 僕だったら拡声器みたいなのを持って車の上から歌ってたり。司令塔みたいな表現もさせてもらいました。男らしさ全開です!

RIKU 僕はなぜか、ものすごい数のマイクをぐるぐる巻きにしたダンベルみたいに重いやつを持たされたんですよ(笑)。

吉野 あれ、花束みたいだった(笑)。
吉野北人

吉野北人

VOCAL
via
RIKU すごかったよね。でも結局それを下に置いていいよってことになって、最終的にはセットの一部みたいになってたという。

陣 置いたんかい!(笑)パフォーマーのパートは、一発撮りのソロパフォーマンスに注目。いつもは何回かテイクを重ねたりするのを、今回は時間がタイトというのもあって1人1回勝負の状況になったんですよ。でもそれもある意味この曲のテーマに合ってるというか、今の自分らの力を1回で出そうということで。

LIKIYA それこそが自分たちの実力だよねって。

陣 そう。1回きりのプレッシャーと戦うパフォーマーたちの姿も、MVに上手く描かれてたらいいなと思いますね。

RIKU ……(小声で)でも陣くん、もう1回やりたがってたよね?

陣 ちょ、それは内緒!(笑)くっそー!みたいな後悔もあったけど、まあそれは自分たちで決めたことやから。

LIKIYA 寒かったし、足場もよくない場所だったけど、みんなすごいガムシャラにやってたと思うよ。
37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

“EXILE魂”を継承しながら、自分たちのカラーも明確化してきた。THE RAMPAGE from EXILE TRIBE『THE RAMPAGE』インタビュー

“EXILE魂”を継承しながら、自分たちのカラーも明確化してきた。THE RAMPAGE from EXILE TRIBE『THE RAMPAGE』インタビュー

これまでの活動の全てが詰まった、ベストアルバムとも呼ぶべき1stアルバム『THE RAMPAGE』が2018年9月12日にリリースされる。EXILE TRIBEのDNAを受け継ぐ彼らにとって “THE RAMPAGEらしさ” とは?タイトルに込められた想いや新曲についても、グループを代表してLIKIYA・陣・RIKU・川村壱馬・吉野北人にたっぷりと伺いました。
GIRLFRIEND、第二章スタート! NEW SINGLE「ヒロインになりたい」で魅せる新たな一面とは。

GIRLFRIEND、第二章スタート! NEW SINGLE「ヒロインになりたい」で魅せる新たな一面とは。

まさにキラッキラのポップスター誕生! 昨年、1stアルバム『CHOCOLATE』をリリースし着実に躍進を続ける4人組ガールズバンド、GIRLFRIEND。かっこいい女の子のイメージが強かった彼女たちが、新たな魅力を放つべくシングル「ヒロインになりたい」を2019年2月27日にリリースします。GIRLFRIEND物語のヒロインである4人の素顔を感じる新曲は、等身大だからこその可愛らしさ満載。第二章を封切った新曲への思いやこだわりを訊いてきました。
仮面ライダーファンの方にも楽しんでもらえる作品に。Shuta Sueyoshi feat. ISSA「Over “Quartzer”」インタビュー【後編】

仮面ライダーファンの方にも楽しんでもらえる作品に。Shuta Sueyoshi feat. ISSA「Over “Quartzer”」インタビュー【後編】

1月16日に2ndアルバム『WONDER HACK』をリリースするShuta Sueyoshi。1月23日には、DA PUMPのISSAとコラボレーションした、20作目にして平成最後のライダーとして話題のテレビ朝日系『仮面ライダー ジオウ』の主題歌「Over“Quartzer”」をリリースする。幼少期より『仮面ライダー』のファンだったと公言するShuta Sueyoshiに、その『仮面ライダー』の魅力からソロアーティストとして活動するうえで大切にしていることについて話を聞いた。
“Shutaらしい”は僕にとって最高の褒め言葉。Shuta Sueyoshi『WONDER HACK』インタビュー【前編】

“Shutaらしい”は僕にとって最高の褒め言葉。Shuta Sueyoshi『WONDER HACK』インタビュー【前編】

1月16日に2ndアルバム『WONDER HACK』をリリースするShuta Sueyoshi。「人間の感情や脳内を、僕の作る音楽でハッキングしたい」という想いをタイトルに込めた本作は、2月からスタートする“Shuta Sueyoshi LIVE TOUR 2019 -WONDER HACK-”を見据えて制作された。そのShuta Sueyoshiに、ライブへの想いやアルバム制作について話を聞いた。
デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

2018年12月19日に自身初のベストアルバム『ボイメン・ザ・ベスト』をリリースするエンターテイメント集団BOYS AND MEN。今年で9年目となる彼らが初のベストアルバムを出す心境やMVの撮影秘話を語ってくれました。さらにナゴヤドームに向けての意気込みや2019年の目標にも迫ってみました♪巻末の読者プレゼントも要チェックです!

この記事のキーワード