mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

mu-mo station(media stationを含む)サービス終了のお知らせ
2019年6月4日 更新

今までとはまた違った一面をみせられる楽曲となりました。BOYS AND MEN「頭の中のフィルム」インタビュー

2019年5月29日にニューシングル「頭の中のフィルム」をリリースするBOYS AND MEN。 今作の制作秘話や1月14日に行われたナゴヤドームの感想を、田村侑久・辻本達規・小林豊・本田剛文・吉原雅斗の5人が語ってくれました!巻末の読者プレゼントもお見逃し無く♪

TEXT:川倉由起子 PHOTO:栗栖誠紀
BOYS AND MEN

BOYS AND MEN

左から:吉原雅斗、辻本達規、小林豊、田村侑久、本田剛文
――「頭の中のフィルム」は、ロックバンド・10-FEETのTAKUMAさんが“卓真”名義で楽曲提供してくださった1曲。まず、どういった経緯で今回のコラボが実現したのでしょう?
小林 豊(以下 小林) 今までいろんな方々に楽曲を作っていただいたんですが、また新たな方とご一緒することによってボイメンのさらに違った面を見せられるんじゃないかと。

辻本達規(以下 辻本) 10-FEETさんの人間味のある歌詞だったり熱い楽曲って、すごくパワーがあるなと思っていて。そういたところに惹かれて、僕らサイドからオファーさせていただきました。

本田剛文(以下 本田) 10-FEETさんとは1回だけフェスで一緒になったくらいで、今まで絡みというものはほぼなかったんです。ただ、勝手にシンパシーは感じていて。10-FEETさんって、地元の京都をすごく愛していらっしゃって、「京都大作戦」という主催フェスも開催されているじゃないですか。僕らも名古屋を大切にしつつ、全国へ……というのが主な活動テーマなので、そういった“地元愛”的なところは似てるのかなって。

辻本 しかも、僕らが今回のラブコールを送る前から10-FEETさんはボイメンを知っててくれたみたいなんです。どこで知ってくださったかは分からないんですが、ご自身のラジオで僕らの名前を出してくれたことがあるって話を人づてに聞いて、すごくうれしかったです。
辻本達規

辻本達規

――TAKUMAさんにオファーする際、楽曲のイメージやリクエストはボイメン側から伝えたんですか?
本田 いや、そういうのは全然なく。TAKUMAさんから見た僕らのイメージで……というか、スタンスとしては10-FEETさんの世界観に僕らが触れさせていただくという気持ちでしたね。あと今回、小林主演のドラマ「ミナミの帝王ZERO」のタイアップということもあったので、そのへんも意識して作っていただいていると思います。

田村侑久(以下 田村) その結果、僕らが今まで歌ったことのないような青春っぽさを感じるロック曲に仕上がって。

小林 ドラマとリンクしてる部分も結構あって、そこはきっと、ドラマを見てもらえたら繋がりに気付くと思います。

吉原雅斗(以下 吉原) 後半に出てくる名古屋弁のセリフパートも聞きどころで、デモ音源からTAKUMAさん自身が名古屋弁でセリフを入れてくださっていたのはビックリした。

辻本 しかもめっちゃ上手だったよね。

田村 練習してくださったんだろうな。

本田 ありがたいよね。ちなみにセリフパートは“いきなり何か名古屋弁で話し出した!”みたいな印象を受けるかもしれないけど、言ってる内容は歌全体とちゃんとリンクしてて。個人的には、伝えたいことがここでさらにハッキリする大事なパートだなって感じた。

田村 ライブでいつか、生バンドでやってみたいね。

小林 お、それいい!

本田 願わくば10-FEETさんとコラボしたり? ……って、そんな夢みたいなこと言っていいんかな(笑)。

辻本 “願望”だから大丈夫。言っとけ、言っとけ。

本田 じゃあ、あくまでも“願望”で(笑)。ステージでそういう演出が叶ったら最高やな。
本田剛文

本田剛文

――MVはどんな仕上がりになっていますか?
吉原 今回はストーリー仕立てです!

本田 ざっくり説明すると、小林が悪いやつらに捕まって、ほかのメンバーが助けに行くっていう。もう、大乱闘です(笑)。自分たちで言うのもあれですけど、男目線で見ても結構カッコいいものになったんじゃないかなって。

田村 殺陣の先生もついてもらって、迫力のあるシーンがいっぱい撮れたと思う。

辻本 一人ひとりにキャラ設定というか、特技みたいな技が決められてて。監督の品川(祐)さんが「こういうのがいいんじゃない?」って、僕らに合ったキャラを考えてくれたんですけど……。

吉原 僕だったら柔術。

辻本 オレはドロップキック。

本田 土田(拓海)はボクシングキャラだっけ?

辻本 そう。パンパンパン!って、結構ラッシュ決めてたね。

吉原 なのに、つっちー(土田)はなぜか悲しそうな顔をしてるっていう。あそこ、ちょっと面白い。

本田 “本当は人のことなんて殴りたくないのに~”みたいな。

吉原 きっと昔、リングで敵を再起不能にしちゃったんだろうな。

田村 そういう裏設定も、実は土田の中であったのかもね(笑)。
田村侑久

田村侑久

――捕まってしまう小林さんはどんなシーンを撮ったんですか?
小林 僕はただ捕まってる感じなんで、みんなほど戦ってはいなくて。ある意味、ストーリーテラーの立ち位置というか。

本田 いやいや。言うほどストーリーはテルしてない(笑)。

吉原 そのワード、言いたいだけやろ!(笑)
小林豊

小林豊

小林 わはははは。でもある意味、物語のキーマンというか。今までとはまた違う表情を見てもらえたらなって思いますね。
45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

デビューからの僕たちがこの1枚にまとまりました!BOYS AND MEN『ボイメン・ザ・ベスト』インタビュー

2018年12月19日に自身初のベストアルバム『ボイメン・ザ・ベスト』をリリースするエンターテイメント集団BOYS AND MEN。今年で9年目となる彼らが初のベストアルバムを出す心境やMVの撮影秘話を語ってくれました。さらにナゴヤドームに向けての意気込みや2019年の目標にも迫ってみました♪巻末の読者プレゼントも要チェックです!
これで勝負できるなって感じました。ラストアイドル「大人サバイバー」インタビュー

これで勝負できるなって感じました。ラストアイドル「大人サバイバー」インタビュー

2019年4月17日に6thシングル「大人サバイバー」をリリースするラストアイドル。 MVの制作秘話や1周年記念コンサートの感想などを、グループを代表して、阿部菜々実・長月翠・間島和奏・篠田萌・畑美紗起の5人が語ってくれました!巻末の読者プレゼントもお見逃し無く!
これから前へ進もうとするすべての人たちを応援したいという思いを込めて歌いました!ときめき♡宣伝部「ときめき♡宣伝部のVICTORY STORY/青春ハートシェイカー」インタビュー

これから前へ進もうとするすべての人たちを応援したいという思いを込めて歌いました!ときめき♡宣伝部「ときめき♡宣伝部のVICTORY STORY/青春ハートシェイカー」インタビュー

人気アイドルを続々排出しているスターダストプロモーション所属の6人組ユニット、ときめき♡宣伝部。この春、avexからグループ初となる両A面シングル「ときめき♡宣伝部のVICTORY STORY/青春ハートシェイカー」を4月10日にリリース。疾走感あるアップテンポの「ときめき♡宣伝部のVICTORY STORY」と相対する恋する女子ゴコロをキュートに歌い上げる「青春ハートシェイカー」2つの顔を見せてくれた彼女たちに楽曲の印象や泣き叫ぶメンバー続出だったMV撮影の秘話まで教えてもらいました。
正反対の2曲が収まったニューシングル! lol-エルオーエル-「サヨナラの季節 / lolli-lolli」インタビュー【前編】

正反対の2曲が収まったニューシングル! lol-エルオーエル-「サヨナラの季節 / lolli-lolli」インタビュー【前編】

メンバー全員がラップに初挑戦し、新たな一面を見せたlol-エルオーエル-が2019年3月20日にニューシングル「サヨナラの季節 / lolli-lolli」をリリース! 前編では、レコーディングやMV制作秘話について語って頂きました☆巻末の読者プレゼント情報もお見逃しなく♪
「いい曲が生まれた。これで次に進んでいける」と思えたニューアルバム moumoon『NEWMOON』インタビュー

「いい曲が生まれた。これで次に進んでいける」と思えたニューアルバム moumoon『NEWMOON』インタビュー

moumoonが2019年3月6日に8枚目のオリジナルアルバム『NEWMOON』をリリース。全15曲のCD初収録音源に加え、映像付き商品には「FULLMOON LIVE TOUR 2018 ~Flyways~」が完全収録される。新曲についての制作秘話やツアーを振り返っての感想を語ってもらいました!巻末の読者プレゼントもお見逃しなく♪

この記事のキーワード