mu-moステーション | あらゆるエンタメをもっと楽しむ

2017年9月6日 更新

人工知能で音楽はどう変化する? 新ユニットPANDORAを始動させた小室哲哉が語る「音楽のこれから」

TM NETWORKをはじめ、シンセサイザーを駆使した音作りで早くからデジタル技術を音楽に取り入れてきた小室哲哉。この度、浅倉大介との新ユニット“PANDORA(パンドラ)”を結成して音楽シーンへ新たなアプローチを試みる事になった彼に、AIで音楽はどのように変化していくのか、そして小室哲哉自身の音楽はどのように進化するのか伺いました。

「今まで活動してきた自分の世界観を形にしたい」

 そんな時代、小室さんが大事にするのが「自分なりの音楽を突き詰めること」です。

 「90年代から今まで活動してきた自分の世界観。それを音楽で形にしていきたい。それぞれの曲は違うんだけど、俯瞰(ふかん)すると何か色がでている。そうなると、大成功だと思う」

 ユーザーの好みが多様化し、それを加速させる様々なサービスが生まれる現代。音楽家に求められるのは「人としてのセンス」だと言います。

 「センスを磨いて、維持する。人間だとこれくらいで飽きちゃう、みたいなのがわかるように。集中力も、記憶力も、AIほど忍耐強くないから」

PHOTO:川田洋司
via

「いい音楽、最終的に決めるのは人間」

 小室さんは、遠くない未来、作詞家、作曲家、編曲家に(IBMが開発した)ワトソンのようなAIの名前が入ることも考えられると言います。

 「でも、囲碁や将棋のように勝負がないのが音楽。人工知能と人間が名前を一緒に連ねるんだけど、どっちの音楽がいいかは最終的に人が決める」

 「時々、まけてもいいし、勝ってもいい」

 それでも人間にしかできないことは「いつか、自分が無くなってしまうことを自覚できること」。

 「いつか曲作りができなくなる恐怖。機械は警告は出すけど、本当に怖がることはできない。そんな感覚までAIが持ち出したら、すごいと思う」

PHOTO:川田洋司
via

関連リンク

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

“ULTRA JAPAN”で感じたこと&キンミヤ焼酎の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

“ULTRA JAPAN”で感じたこと&キンミヤ焼酎の話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

5歳のあらた君&10歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「ULTRA JAPAN 2017」「PANDORA」「Underworld」「水曜日のカンパネラ」「キンミヤ焼酎」「広尾81」「エウレカセブン」
小室×浅倉+Beverly=PANDORAの話、国内最大級のビールフェスの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

小室×浅倉+Beverly=PANDORAの話、国内最大級のビールフェスの話【音楽コンシェルジュ ふくりゅう】

5歳のあらた君&10歳のみー君の2人の息子に囲まれて、音楽業界の荒波を駆け抜ける男・ふくりゅう(埼玉県在住)。 “音楽コンシェルジュ”を名乗る彼が今週気になるあの話題を、愛する息子たちと一緒に切り取ります! 巻末の担当編集による編集後記まで楽しんでくださいね♪ ★今週の気になりワード★「PANDORA」「小室哲哉」「浅倉大介」「Beverly」「仮面ライダービルド」「STEPHENSMITH」「けやきひろば ビール祭り」
2017年5月31日、待望のデビュー・アルバム『AWESOME』をリリース! 次世代シンガーBeverlyが歌う意味、歌う理由

2017年5月31日、待望のデビュー・アルバム『AWESOME』をリリース! 次世代シンガーBeverlyが歌う意味、歌う理由

小栗旬×西島秀俊 出演ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』主題歌(オープニング曲)「I need your love」で一躍注目を集めるシンガー、Beverly(ビバリー)。突き抜けるハイトーンボイスを武器にアルバム『AWESOME』でデビューを飾る彼女が歌う理由とは…?
mu-mo station編集部 | 1,037 view
Da-iCE「君色」リリース記念“君色占い”【5/5】おもてなしの「マグカップの色」でグループの絆が深まるかも?

Da-iCE「君色」リリース記念“君色占い”【5/5】おもてなしの「マグカップの色」でグループの絆が深まるかも?

2017年8月30日(水)発売の12thシングル「君色」にちなみ、全5回に渡りDa-iCEメンバー5人に色にまつわる心理テストを実施した短期連載もついに最終回!メンバーをもてなす「マグカップの色」が教えてくれる本当の姿とは…? 巻末の読者プレゼントもお見逃しなく。
mu-mo station編集部 | 2,940 view
今は雨でも、流れ星が見えたら願いをかけて伝説を残していこう…和楽器バンド「雨のち感情論」インタビュー

今は雨でも、流れ星が見えたら願いをかけて伝説を残していこう…和楽器バンド「雨のち感情論」インタビュー

和楽器とロックを融合した唯一無二の音楽を奏でる和楽器バンド。なんと、デビュー4年目にして1stシングル「雨のち感情論」を2017年9月6日にリリース! なぜ、今シングルなのか。そしてタイトルに込められた思いとは。メンバーを代表して鈴華ゆう子(Vo)、町屋(Gt)、黒流(和太鼓)の3人に話を聞きました。巻末の読者プレゼントも要チェック!!
mu-mo station編集部 | 9,177 view

この記事のキーワード